Vfkwzjoekhkrxqttfbvq

キッチン収納

CATEGORY | キッチン収納

くるみの食べ方とは?ローストせずに生でも美味しく食べられる?

2018.10.18

店頭で売られているくるみは、ローストされているものが多いですが、生のくるみも売られていて、ローストしたものよりくるみを剥いた状態のままの生くるみの食べ方のほうが栄養価が高いです。生くるみの美味しい食べ方や味付けや保存方法やくるみの殻の割り方を紹介します!

  1. ローストしたくるみよりも栄養価が高い生くるみの食べ方などを紹介!
  2. 生くるみとローストしたクルミの違い
  3. ローストされていない生くるみの食感
  4. ローストされたくるみと生くるみの栄養分の違い
  5. ローストされていない生くるみの食べ方
  6. ローストされていない生くるみの食べ方は味付けをして食べるのも美味しい
  7. くるみの殻を割るときにはくるみ割り器を使うと簡単
  8. くるみ割り器が家にないときのくるみの殻の割り方
  9. ローストされていない生くるみは浸水しての食べ方がおすすめ
  10. ローストされていない生くるみの食べ方の浸水の方法
  11. ローストされていない生くるみの美味しい食べ方のための保存方法
  12. ローストされていない生くるみの美味しい食べ方のために知っておきたい賞味期限
  13. くるみの食べ方は食べ過ぎには注意をする必要がある
  14. 生くるみにはローストされているくるみとは違う魅力がある!
引用: https://taimoukoi.info/img/walnut480.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/714LMTQH7JL._SX425_.jpg
スーパーなどで販売されているくるみは、ローストされているのがほとんどなので、日本人が日常的に食べている美味しいくるみは、ローストされているくるみが多くなっています。しかしローストされているくるみよりも生くるみのほうが栄養価が高くなっています。その美味しい生くるみの食べ方などのことを紹介するので、生くるみのことを知りたいならチェックしてみましょう!
引用: https://www.californiakurumi.jp/california_walnut/wp/wp-content/themes/california_walnut/images/trade/img_component.jpg
引用: https://img.tkjm.jp/webshop/005/132/sl_10154.jpg
生くるみは、くるみを剥いたままの状態のくるみのことで、ローストをしていないのが生くるみです。くるみは生でも大丈夫なので心配に思われるかもしれませんが、くるみは生でも食べることができます。日本はくるみは殻ごと販売しているようなことは少なくなっているので、日本ではローストをしている、くるみが主流になっています。しかし海外では生のくるみも普通に食べられていたりします。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTkcaolNszFg97QsLDECFNbwQFjAjAtqzNOudqeWfX2x1HqTj4C
引用: https://im.belluna.jp/gourmet/ph/G/1880/541880/DLARGE.JPG
ミックスナッツに含まれているようなくるみは、ローストがされていることが多いので、カリッとしている軽い食感になっているのが特徴になっていますが、生くるみの場合は火が入れられていないので、ローストされたくるみよりも、食感は柔らかいのが特徴になっています。
引用: https://arima.co.jp/netshop/upload/save_image/def/NUT012_c.jpg
生くるみとローストをしたくるみでは栄養分にも違いが生じます。くるみは多くの栄養素が含まれていて、スーパーフードとも言うことができるほど栄養素が豊富です。そのくるみはローストしてしまうと熱によりビタミン類が減少をしてしまい、脂質は熱により酸化してしまいます。なのでくるみで栄養を摂るのであれば、生くるみのほうが良いのですが、ローストしたくるみにも良いところがあり、くるみは加熱をすることでポリフェノールが増えるので、ローストしたくるみにも、デメリットだけではなくメリットもあります。
引用: https://shop.r10s.jp/happycompanyonlineshop/cabinet/03276923/img64677013.jpg
引用: https://shop38-makeshop.akamaized.net/shopimages/nhc8949/0000000009692.jpg
生くるみはスーパーのようなお店で見かけるようなことはまずありませんが、通販をチェックすると、生くるみは多く販売されています。殻を剥いた状態で生くるみは販売されていて、多くは無塩タイプになっているので、くるみに味付けもされてはいません。真空パックなどでくるみが新鮮な状態で包装がされていて、味付けがされていないので、自然のままの状態のくるみを楽しむことができます。
引用: https://tguchi.s3.amazonaws.com/uploads/topic_item/image/52889/retina_pixta_4927223_S.jpg
引用: https://precious.ismcdn.jp/mwimgs/d/1/-/img_d19ef7ef956253f6a41933747e1f1be2422832.jpg
生くるみは味付けがされていなくても、甘みがあるので美味しいですが、他に生くるみに味付けをしたいのであれば、塩とか蜂蜜などをかけるのが定番の生くるみの味付けです。他にも生くるみはヨーグルトに入れてみたり、お菓子作りにも活用したりと、生くるみは多くの場面で活用をすることができ、味付けをすることで別の味の楽しみ方をすることができます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61z16gRk4qL._SY355_.jpg
引用: http://gigaplus.makeshop.jp/designshopjp/2141/088z_s3.jpg
くるみの殻の割り方は、くるみ割り器が家にあるのであれば、それを使えば簡単にくるみを割ることができます。くるみ割り器の割り方には、ペンチのようなタイプや、ハンマーのようなタイプと多くのくるみの割り方の種類があり、割り方のタイプが違うと使用方法も異なっています。ペンチタイプの場合は割り方は殻を挟みぎゅっと力を入れるだけで殻を割ることができ、ハンマータイプの場合の割り方ははてこの原理によりくるみの殻を割る仕組みになっています。
引用: https://www.e-noson.com/noutama/wp-content/uploads/2017/03/kurumi-1.jpg
くるみ割り器が家になくても、くるみを一晩水に漬けておいて、殻を柔らかくしてから、フライパンを使って殻を軽く炒ることで、くるみの繋ぎ目のところに隙間ができ、そこにドライバーなどの道具を使うことで開けることができます。コツを掴むことで素手で割ることもできるようになります。そのときには2つのくるみを使って、1つのくるみの柔らかいところに2つ目のくるみの繋ぎ目の部分を当てることで、1つ目のくるみを割ることができます。
引用: https://i0.wp.com/mitarashi.net/wp-content/uploads/2016/07/82e0afa335b52458259b8009f14f7215.jpeg?resize=300%2C225&ssl=1
生くるみはそのままでも美味しいですが、浸水(ソーク)して食べるようにするのがおすすめです。生くるみの中には酵素抑制物質が含まれているので、それをそのまま摂取をしてしまうと、生きた酵素を摂ったとしても、打ち消されますし、他にもタンパク質の消化をするときの妨げにもなってしまうとされています。そのようなことにならないように、生くるみを数時間水に浸ければ、酵素抑制物質を中和させることができます。生くるみは浸水させても味が劣化することはないので、美味しい生くるみのまま食べることができます。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20150725/23/salon-amika/b9/30/j/t02200293_0240032013376568907.jpg
生くるみを浸水するやり方は、剥いた状態の生くるみに、ボウルに張った水に生くるみを2時間ほど浸けておくだけです。しばらく水に生くるみを浸けていると、水が黄色とか茶色に変色をしますが、これは酵素抑制物質が生くるみから抜けたというサインになっています。これにより美味しくて安全に生くるみを食べることができます。
引用: https://i2.wp.com/mitarashi.net/wp-content/uploads/2016/07/e5ac7119ef077dbb2da3f3f20bed36a3.jpeg?resize=300%2C225&ssl=1
市販されている生くるみであれば、密閉がされている袋に入れられて販売がされています。自宅で生くるみを保存するときも同様に、密閉をすることができる袋に生くるみを入れて冷蔵庫の中に生くるみを入れて保存をします。ローストしてあるくるみであれば、冷暗所でも長期保存をすることができますが、生くるみの場合の保存は冷蔵庫で保存をするようにしましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51ONWvgQfNL._SX425_.jpg
生くるみには決まった賞味期限はありませんが、ローストをしたくるみよりも劣化しやすくなっているので、できるだけ早めに食べてしまうようにするのがおすすめです。生くるみは目安では長くても一ヶ月ほどで食べるようにしましょう。また開封済みの生くるみは冷蔵庫で保存をするようにして、早めに食べきってしまうようにしましょう。
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/i/ikashiya/20170108/20170108000007.jpg
くるみはナッツの中でも栄養が豊富に含まれていますが、1日の摂取量を守って、くるみを食べるようにすると、より栄養の吸収率を高めることが可能です。くるみの1日の適量は25gとなっていて、くるみの数だと7粒ほどとなります。これ以上のくるみを食べたとしても栄養の吸収率が悪くなってしまうので、それほどおすすめをすることはできません。またくるみはカロリーも高いので食べ過ぎると太りやすくなってしまいます。なのでくるみを食べるのであれば、適量を守って食べるようにするのが、健康のためには効果的です。
引用: http://www.imagawa-seika.co.jp/shop/nuts/images/kurumi.jpg
生くるみはローストされているくるみとは、また違った魅力があります。殻を剥いたままの状態の生くるみには甘みがあり、なにも付けたりしないでおやつやおつまみとして食べるのも、生くるみは向いていますし、お菓子の材料としても生くるみは活躍してくれます。ローストしたくるみでは感じられない、くるみ本来の味を生くるみは楽しむことができ、栄養価も高いので、生くるみを食べたことがなければ、実際に通販で生くるみを購入して食べてみるのがおすすめです!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://cdn.macaro-ni.jp/assets/img/shutterstock/shutterstock_107464955.jpg