Uvr31eixxnmjaktbrnic

セットアップ

CATEGORY | セットアップ

紺色のパンツがあれば上品に決まる!おすすめコーデ10選!

2018.02.18

メンズファッションの定番ボトムスと言えば、紺色のパンツです。紺色が持つ上品さ、清潔さをうまく引き出すスタイリングができれば、相手に与える印象は格段に上がります。そこで、紺色パンツを使った上品なコーディネートをご紹介しましょう。

  1. 紺色の持つ魅力
  2. 紺色パンツのおすすめメンズコーデ 1. カットソーイージージョガーパンツ×ボートネックTシャツ
  3. 紺色パンツのおすすめメンズコーデ 2. ノープリーツアンクルパンツ×ステンコート
  4. 紺色パンツのおすすめメンズコーデ 3. クロップドテーパードスラックス×ジャケット×ハイネックベスト
  5. 紺色パンツのおすすめメンズコーデ 4. イージースラックス×ジャケット
  6. 紺色パンツのおすすめメンズコーデ 5. スタンダードジーンズ×ブルゾン
  7. 紺色パンツのおすすめメンズコーデ 6. スリムスキニーデニム×ワッフルパーカー×ボーダーカットソー
  8. 紺色パンツのおすすめメンズコーデ 7. テーパードパンツ×オーバーサイズTシャツ×ロングガウン
  9. 紺色パンツのおすすめメンズコーデ 8. アンクルパンツ×セットアップスーツ×ストライプオーバーシャツ
  10. 紺色パンツのおすすめメンズコーデ 9. ストレッチデニムパンツ×テーラードジャケット×Tシャツ
  11. 紺色パンツのおすすめメンズコーデ 10. エバークリースパンツ×カーディガン
  12. 紺色のパンツで一つ上の上品を
引用: https://photo1.ganref.jp/photo/0/258ff8918521f80531e8bfb13080d9eb/thumb5.jpg
紺色は、周りに「品格がある」「知的である」といった印象を与えることができるようです。それは、「青」が持つ冷静・誠実といったイメージと、「黒」が持つ高級・都会といったイメージからもたらされるようです。青と黒を混ぜた紺色は、この2色のイメージのいいとこどりができる、素晴らしい色なのです。
その一方、「青」の冷たい感じや「黒」の重苦しいイメージから、紺色に「カタブツ」「近寄りがたい」といったイメージを持つ人もいるようです。そこで、もう一色をチョイスしてツートンカラーにしたり、差し色にワンポイント添えると、イメージはぐっと上がります。
それでは、「紺パン」のおすすめコーディネート10選を見ていきましょう。
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/ekfamw/20160416225635898/20160416225635898_500.jpg
ジョガーパンツには、ホワイトのボートネックTシャツのインナーと、アウターをネイビーのジャケットでまとめています。ネイビーとホワイトでまとめたシンプルコーデが、アーバンな感じを醸し出しています。

このコーデで使用したアイテムはこちら

引用: http://i7.wimg.jp/closet/ekfamw/20160416155843991_500.jpg
ジャージ素材で柔らかいながらも、ハリがあるので、スポーティなコーデだけでなく、きれいめコーデでも使える一本です。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/x4ku58/20180205153504221/20180205153504221_500.jpg
ワッフル生地でスウェットライクに着ることができるニットに、ハリ感のあるボンディング生地のステンコートを、アンクルパンツと合わせて、ネイビー・ブルー系でまとめたコーデ。ニットは程よいゆとりがあり、軽やかイメージのパンツとの組み合わせがおしゃれですね。

このコーデで使用したアイテムはこちら

引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/615/27937615/27937615_B_04_500.jpg
軽やかなイメージのアンクル丈のパンツです。裾はダブル仕上げで、ルーズっぽくならず、きれいめな印象です。ラインがキレイに見えるテーパードシルエットがおしゃれ感を演出してくれるアイテムです。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/x510z5/20180209183413331/20180209183413331_500.jpg
クロップドパンツのボトムスには、ベージュのジャケットとカーキのハイネックベストをトップスに配したコーディネート。インナーを明るめのサックスブルーシャツにして、落ち着いた配色の中での差し色感をおしゃれに演出しています。

このコーデで使用したアイテムはこちら

引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/114/23975114/23975114B_16_D_500.jpg
スリムなシルエットが今っぽい、クロップド丈のパンツ。ウエストはゴムを使っているので、楽々履けるのがうれしいところ。ストレッチがありながらハリもあるので、きれいめコーデでぜひ使いたいアイテムです。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/qky3pq/20180209105854621/20180209105854621_500.jpg
インナーもジャケットもワントーンでまとめたセットアップコーデ。ネイビーでまとめているので、シックな佇まいを演出してくれる、大人らしい組み合わせです。スニーカーのホワイトが目を引きます。

このコーデで使用したアイテムはこちら

引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/264/29162264/29162264B_b_03_500.jpg
しわ加工を施して、ウエストを紐で縛るイージータイプのスラックス。表にステッチが出ない「無双」仕立ての縫製がおしゃれ。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/7dj4dm/20171119184953799/20171119184953799_500.jpg
デニムパンツをブラックのブルゾンと合わせて、シックな感じにまとめたスタイリング。サイズのオーバー感とファスナーのゴツさがオトコっぽさを魅せてくれます。一方、ラム革が外気の寒さから守ってくれる、やさしさもあふれる冬のコーディネートです。

このコーデで使用したアイテムはこちら

引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/273/3420273/3420273_b_21_500.jpg
ベーシックなデニムは1本は持っておきたいマストアイテム。シンプルなデザインの中にも、ディテールにこだわり、おしゃれな1本に仕上がっています。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/wzpqly/20170125103309370/20170125103309370_500.jpg
太めのピッチのボーダーのカットソーがひときわ目を引くコーデ。インナーにワッフルパーカーを忍ばせたレイヤードスタイルがカジュアル感を高めています。スキニーデニムのスリムさが上下のメリハリを演出。スニーカーを含めてホワイトとネイビーの2色でシンプルかつおしゃれにまとめました。

このコーデで使用したアイテムはこちら

引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/610/14986610/14986610_B_02_500.jpg
ナチュラルな色落ちがおしゃれなデニム。テーパードシルエットで細身に仕上げたスキニータイプのデザインです。ストレッチも効いていて、履き心地も動きやすさも申し分ありません。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/ibhsvp/20180206152847142/20180206152847142_500.jpg
ブラックのオーバーサイズTシャツとネイビーのロングガウンにテーパードシルエットのパンツをコーディネート。上半身にボリュームを持たせて、ボトムスとのメリハリをつけて、ラフさを演出しています。

このコーデで使用したアイテムはこちら

引用: http://www.dot-st.com/images/rageblue/goods/itemImg76/768478/item_768478_main_88_b.jpg
テーパードシルエットで足元をおしゃれにすっきり見せてくれるパンツです。ウールを混紡しているので、さらりとした肌触りとともに光沢感もあり、上質感があるアイテムに仕上がっています。ウエストにはゴムが入っているので、イージーライクに履くことができますよ。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/qky3pq/20180209163639207/20180209163639207_500.jpg
セットアップでまとめたコーディネート。インナーにはネイビーストライプのオーバーシャツで、遊びゴコロを演出しながらも、おしゃれなカラーリングでイヤミがありません。色数も少ないので、シックに決まるスタイリングです。

このコーデで使用したアイテムはこちら

引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/615/29160615/29160615B_b_05_500.jpg
ストレッチ性とソフトな風合いが気持ちイイはきごこちのパンツです。着回しやすいテーパードシルエットもうれしい、スタイリングしやすいアイテムです。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/1l952d/20170919192608407/20170919192608407_500.jpg
テーラードジャケットにホワイトTシャツの上半身に対して、ストレッチのデニムパンツを履いたシンプルなコーディネート。ネイビーのグラデーションを上下で楽しめるおしゃれな組み合わせになりました。

このコーデで使用したアイテムはこちら

引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/904/20645904/20645904B_b_11_500.jpg
デニムの風合いはそのままに、ストレッチを効かせた履き心地は快適そのもの。シャツやパーカーといったカジュアルテイストでも、ジャケットと合わせるモードスタイルでもキマる、オールマイティなデニムパンツです。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/0m4wem/20180118173135587/20180118173135587_500.jpg
ネイビーのエバークリースパンツには、上に同系のネイビーカーディガンを羽織って、ボリューム感を演出した組みあわせ。インナーの柄物ニットがいいアクセントになり、ホワイトのスニーカーも合わせることで、清潔感を醸し出すコーディネートになりました。

このコーデで使用したアイテムはこちら

引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/424/28617424/28617424B_16_D_500.jpg
ドレッシーなスタイリングにも決まる、うつくしいシルエットが魅力のパンツです。ステッチングで入れたクリースのラインが、さらにスマートな印象に仕上がっており、オンでもオフでも使えるアイテムです。
引用: http://photohito.k-img.com/uploads/photo14/user13508/9/5/9557cbad32a722ba827661658bc6aa35/9557cbad32a722ba827661658bc6aa35_l.jpg
メンズファッションの定番・紺のパンツにも、いろいろなデザインやカタチがありますね。品の良さを与えてくれる紺色。それを足元にまとえば、トップスに合わせるアイテムによって、カジュアルにもモードにも演出することができます。あなたが試してみたいコーディネートはありましたか。