Jonxufp8agq4bd8bekdf

家電

CATEGORY | 家電

マックブック/プロ/エアー比較!価格&スペックからおすすめを紹介!

2018.10.18

アップルのマックブックをご存じですか?マックブックは、マックブック、マックブックエアー、マックブックプロが設定されています。マックブック、エアー、プロのおすすめモデルとは?3つのマックブックの価格やメリット、スペック、選び方を比較し、おすすめをご紹介します!

  1. マックブックとは?
  2. マックブック・エアー・プロ比較!おすすめは!?①スペックの重要な部分を知っておこう!
  3. マックブック・エアー・プロ比較!おすすめは!?②マックブック
  4. マックブック・エアー・プロ比較!おすすめは!?③13インチ マックブックエアー
  5. マックブック・エアー・プロ比較!おすすめは!?④13インチ マックブックプロ(デュアルコア)
  6. マックブック・エアー・プロ比較!おすすめは!?⑤13インチ マックブックプロ(クアッドコア)
  7. マックブック・エアー・プロ比較!おすすめは!?⑥15インチ マックブックプロ
  8. マックブック・エアー・プロ比較!おすすめは!?⑦マックブック価格比較!
  9. マックブック・エアー・プロ比較!おすすめは!?⑧おすすめマックブックならこれ!13インチ マックブックプロ(デュアルコア)
  10. 自分にあったおすすめのマックブックを使おう!
マックブックをご存じですか?マックブックとは、iphoneやipadで絶大な人気を誇る、アップル社が製造販売しているノートパソコン(以下ノートPC)です。OSもアップル社独自のものになっており、「Mac」と呼ばれていますが、これは「Macintosh」の略称です。
引用: http://switch-box.net/wp-content/uploads/2015/01/free-resources-mac-photos-06.jpg
パソコン(以下PC)といえば、いろいろなメーカーのものがありますが、OSのシェアは、世界的に見ても、圧倒してWindowsのシェアが高いものでした。日本も例外ではなく、会社関係を見ても、圧倒的にWindowsのシェアが高いものになっています。
引用: http://switch-box.net/wp-content/uploads/2015/01/free-resources-mac-photos-08.jpg
しかし、最近では、Macの人気が上昇、特に若い世代からの人気は非常に高く、マックブックのシェア率が、大きく拡大してきています。マックブックの最大のメリットは、PCとOSのメーカーが一緒ということ。それだけでも多大なメリットがあるといえるPCなのです。
引用: http://switch-box.net/wp-content/uploads/2015/01/free-resources-mac-photos-07.jpg
しかし、マックブックには5種類のモデルが用意されており、グレードで分けると、「マックブック」「マックブックエアー」「マックブックプロ」の3種類に分けられます。そこで、格モデルを比較しながら、おすすめのマックブックをご紹介しますので、選び方の参考にしてください。
ノートPC、PCとも、メーカーやグレードによって、スペックに違いが出てくるのは当然のことですが、マックブックも当然グレードによってスペックが違います。とはいっても、スペックの違いをどこで見るのかを、ご存じ出ない方もいることと思いますので、注目点を挙げておきます。
引用: http://switch-box.net/wp-content/uploads/2015/01/free-resources-mac-photos-05.jpg

CPUプロセッサ

PCの格となる部分。グレードによって、このプロセッサに大きな違いが出てきます。このプロセッサは、PCの拡張性や動作速度に多大な影響を与えていますので、PCのパーツの中でも、最も重要な部分になり、PCの選び方のポイントにもなります。
引用: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/de/thumb/5/58/Core_i_Familie_Haswell.svg/785px-Core_i_Familie_Haswell.svg.png
プロセッサには、Core i3、Core i5、Core i7の他、CeleronやPentiumなどもあります。この中で最上級となるのは、Core i7ですが、マックブックはCore m3、Core i5、Core i7で構成されており、グレードによってプロセッサに違いがあり、GHzによって処理速度が変わります。

HDDとSSD

これも選び方のポイントになりますが、HDDとSSDは、PCの記憶装置のことを指します。HDDはハードディスクドライブ、SSDはソリッドステートドライブのこといいます。ワンランク上になるSSDは、フラッシュメモリを用いることで、書込・読込速度を速くすることを可能にしました。
○HDD
引用: https://publicdomainq.net/images/201703/19s/publicdomainq-0007099anl.jpg
○SSD
引用: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/7/7d/Sf-ssd.jpg/1024px-Sf-ssd.jpg
一番基本となるモデル、マックブック。Turbo Boost処理によって、パワフルさを持っています。スリムになったボディが特徴で、軽量化もされています。第7世代プロセッサの採用により、必要とされるパフォーマンスが詰め込まれています。
引用: https://shop.r10s.jp/akindo/cabinet/l21/mnyk2ja.jpg

マックブックのスペック

ディスプレイ:12インチ対角LEDバックライトRetinaディスプレイ
プロセッサ:Core m3(1.2GHz) Core i5(1.3GHz) Core i7(1.4GHz)
※Turbo Boost使用時は最大で3.6GHz
バッテリー駆動時間:最大10時間
記憶装置:SSD 256GB~512GB
キーボード:感圧タッチトラックパッド
重量:00.92kg
引用: https://tshop.r10s.jp/akindo/cabinet/l21/mnyh2ja.jpg?downsize=266:*
マックブックエアーは、記憶容量が3段階に分けられていますが、マックブックの中でも一番リーズナブルな価格設定が魅力です。プロセッサは第5世代のデュアルコアで、Core i5とCore i7の2種類。効率に優れた機能に低価格と、メリットも多いモデルです。
引用: https://shop.r10s.jp/akindo/cabinet/l21/mqd32ja.jpg

13インチマックブックエアーのスペック

ディスプレイ:13.3インチ対角LEDバックライトワイドスクリーンディスプレイ
プロセッサ:Core i5(1.8GHz) Core i7(2.2GHz)
※Turbo Boost使用は時最大で3.2GHz
バッテリー駆動時間:最大12時間
記憶装置:SSD 128GB~512GB
キーボード:Multi-Touchトラックパッド
重量:1.35kg
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/n/cielbleu320_4547597993088_1
13インチ マックブックプロ(デュアルコア)は、このサイズののーとPCではかなりハイスペックなモデルとなっています。同サイズの他社製品と比較してもハイスペックというのがメリットで、安定したパフォーマンスを持っているというのが特徴です。
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/n/denkizoku_mpxv2ja

13インチ マックブックプロ(デュアルコア)のスペック

ディスプレイ:13.3インチ対角LEDバックライトRetinaディスプレイ
プロセッサ:Core i5(2.3GHz) Core i7(2.5GHz)
※Turbo Boost使用時は最大で4.0GHz
バッテリー駆動時間:最大10時間
記憶装置:SSD 128GB~1TB
キーボード:感圧タッチトラックパッド
重量:1.37kg
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/n/wraplus_350
こちらは13インチ マックブックプロのクアッドコアモデル。クアッドコアにしたことでハイスペックになり、高パフォーマンスを発揮するモデルです。また、キーボードにはTouch Barも備えられており、シリーズ最大のSSD容量もメリットです。
引用: https://shop.r10s.jp/akindo/cabinet/l24/mr9r2ja.jpg

13インチ マックブックプロ(クアッドコア)

ディスプレイ:13.3インチ対角LEDバックライトRetinaディスプレイ
プロセッサ:クアッドコア Core i5(2.3GHz) Core i7(2.7GHz)
※Turbo Boost使用時は最大で4.5GHz
バッテリー駆動時間:最大10時間
記憶装置:SSD 256GB~2TB
引用: https://shop.r10s.jp/akindo/cabinet/l21/mpxx2ja.jpg
最上位モデルで、最大のメリットはモデル最大の15インチディスプレイ。特にデスクトップPCを使う方には、どうしても12インチ、13インチでは小さく感じてしまいます。スペックもトップクラスの6コアで、Core i9プロセッサ搭載は、このモデルだけです。
引用: https://shop.r10s.jp/akindo/cabinet/l21/mptu2ja.jpg

15インチ マックブックプロのスペック

ディスプレイ:15.4インチ対角LEDバックライトRetinaディスプレイ
プロセッサ:6コア Core i7(2.2GHz・2.6GHz) Core i9(2.9GHz)
※Turbo Boost使用時は最大で4.8GHz
バッテリー駆動時間:最大10時間
記憶装置:SSD 128GB~1TB
キーボード:感圧タッチトラックパッド(Touch Bar、Touch ID)
重量:1.83kg
引用: https://shop.r10s.jp/akindo/cabinet/l24/mr962ja.jpg
マックブックを分けていくと、5種類のマックブックに分けられます。この5種類は、それぞれがそれぞれの特徴を持っていますが、スペックや性能によって、価格にも差が出てきます。では、この5種類の価格を比較してみましょう。
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/n/try3_4547597993088_3
マックブック:14万2800円
13インチ マックブックエアー:9万8800円
13インチ マックブックプロ(デュアルコア):14万2800円
13インチ マックブックプロ(クアッドコア):19万8800円
15インチ マックブックプロ:25万8800円
※価格はメーカー希望税抜価格で表示
スペックやプロセッサの違いによって、価格は大きく変わってきますが、最上位モデルとなる15インチ マックブックプロでは、25万円以上と、非常に個高額なPCとなりますが、それだけ高性能に作られているということです。
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/n/try3_4547597993088_4
最終的におすすめするのは、13インチ マックブックプロ(デュアルコア)のCore i5の512GBです。おすすめにした選び方ですが、スペック面と価格面から見てみました。若干512GBの容量は少ないと感じるかもしれませんが、512GBあれば、使っていても十分な容量です。
引用: https://shop.r10s.jp/akindo/cabinet/l24/mr9v2ja.jpg
また、プロセッサのCore i5を選んだのは、実はCore i7と比較して劣るものの、それでも高スペックで、Core i7にすると価格が上がる点から、このモデルを選びました。選び方には個人の好みもありますが、最終的に価格面から考えて、このモデルがおすすめです。
マックブックは、プロ・エアーそれぞれのモデルによってメリットに違いがありますが、どれも優れたノートPCです。選び方には個人の考えや好みが優先されますが、ここでおすすめしたものを参考にしていただき、自分なりの選び方で、自分に合うモデルを見つけてください!
引用: http://switch-box.net/wp-content/uploads/2015/01/free-resources-mac-photos-01.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/macbook13IMGL4506_TP_V.jpg