E1yuhyjcpzdorg618ozv

CATEGORY | 車

シボレーのトレイルブレイザーを紹介!中古の値段や評価は?

2018.10.14

シボレートレイルブレイザーは、日本の道路事情に適応する、ミドルサイズのSUVとして、人気の車。シボレートレイルブレイザーはスズキから販売されていたこともあって中古車も出回っています。アメリカンなシボレートレイルブレイザーの燃費、維持費、中古値段、評価を解説。

  1. シボレートレイルブレイザーを中古で楽しむ
  2. シボレートレイルブレイザー中古の燃費は?
  3. シボレートレイルブレイザー中古の維持費は?
  4. シボレートレイルブレイザー中古の値段は?
  5. シボレートレイルブレイザー中古の評価①:アメリカ車のおおらかなイメージ
  6. シボレートレイルブレイザー中古の評価②:日本の道路事情に対応
  7. シボレートレイルブレイザー中古の評価③:アメリカ車が初めての人にもおすすめ
  8. シボレートレイルブレイザー中古の評価④:装備がアメリカンフィーリング
  9. シボレートレイルブレイザー中古をドレスアップ
  10. シボレートレイルブレイザーは中古でも十分楽しめるSUV
シボレートレイルブレイザーは、ミドルサイズのSUV。SUV。初代のシボレートレイルブレイザーは2001年から2008年まで発売されました。2001年から2006年まで日本のスズキ自動車が正規輸入販売元となったこともあって、よりたくさんの車が日本市場に出回りました。
シボレートレイルブレイザーは、日本で、アメリカ車の雰囲気を味わえるSUVとしては、中古車の球数があるという点でとてもおすすめになります。初代モデルは2001年から2008年まで発売されて、そのあとは、北米では販売されず、タイでのアジア戦略車になったようです。大きさ的にアメリカ本国よりもアジア圏に適しているのでしょう。
アメリカ車に乗る時に気になるのが燃費。燃費は車の評価の大きなポイントになっています。燃費の良さは魅力ですが、アメリカ車に乗るならば、燃費の悪さは維持費とともに、覚悟する必要があるでしょう。気になる、シボレートレイルブレイザーの燃費ですが、リッター約6キロ弱から7キロ程度の燃費のようです。アメリカ車のフィーリングを感じられる大排気量のSUVの燃費としては納得の燃費数値ではないでしょうか。
燃費とともに車の評価の重要なポイントがシボレートレイルブレイザーの維持費です。大排気量で大型のアメリカ車の維持費は、国産の車と比べて高い維持費を覚悟しなければなりません。維持費が高くても、アメリカ車の雰囲気を楽しみたいという人も多いはず。維持費として考えなければならない基本は、まずは税金です。プラスして考えなければならないのが、車検やメンテナンスにかかる修理費用などの維持費。
自動車税は、排気量に応じて段階的に高くなりますので、大排気量のシボレートレイルブレイザーは高くなり維持費としては多くかかることになります。エコカー減税の対象外である点や、年式が古い車は重課税が加わることで税金としての維持費が増えることになります。
アメリカ車は、日本車に比べると一般的に故障が多いといわれています。故障にかかる値段も高くなることで維持費も高いと予測されます。税金やメンテナンスの値段を考えると、シボレートレイルブレイザー中古の維持費は、日本車に比較すると高くなることを覚悟しなければならないようです。
シボレートレイルブレイザー中古の値段は、2001年から2008年という比較的年数がたっているせいか、比較的こなれてきているようです。格安の中古車では、40万円以下の値段の車もあるようです。程度がいい中古車の値段が200万円程度ですからミドルサイズで大排気量のアメリカ車としては値段の選択肢の多い中古車といえるでしょう。
シボレートレイルブレイザー中古の値段で、多く出回っているのは、50万〜140万円の値段で、中古車市場での球数も比較的多いのが特徴です。日本ではスズキ自動車が正規輸入先として販売したことでアメリカ車としては販売台数が多いことも、程度がいいアメリカ車を見つけやすく値段も安定している理由になっているのかもしれません。
シボレートレイルブレイザー中古の評価でもっとも大きなポイントは、やはりアメリカ車のゆったりとした余裕のイメージ。ミドルサイズのSUVといってもやはりい大きい。室内の居住空間も十分です。シボレートレイルブレイザーの上級モデルである『webCG』においては、ホイールベースと全長が410mm大きくなっているので、まさにアメリカンな車です。
シボレートレイルブレイザーはSUVといっても、現在日本のSUV車に求められるように、アウトドアの悪路ではなく、圧倒的に街中の走りに使われるシーンが多い車です。日本においてSUVに求められるのは、普通の道を快適に走る性能です。そういった意味では、シボレートレイルブレイザーは一般道や高速道路で、とても快適な走りをする車です。
シボレートレイルブレイザーは、大排気量のエンジンをのせているため、余裕をもった走りを実現します。一般道や高速道路で快適なサウンドを響かせながらエンジンは快適に回転します。足回りの設定は、ソフトでゆったりとした設定です。
シボレートレイルブレイザーは、アメリカ車のおおらかさを体験できる車として、アメリカ車をはじめて乗る人にもおすすめの車です。ミドルサイズで運転しやすいことと、中古車市場でも出回っている数が多く、程度のいい中古車を探すことができる点もおすすめのポイントになります。価格も、50万〜140万円であれば、比較的購入しやすい価格であるといえます。
シボレートレイルブレイザーは、扱いやすいアメリカ車として、初めての人にもおすすめですが、そこはアメリカ車ですので、故障が多くなることは覚悟が必要です。また、税金などの維持費や燃費も決して良くはありません。そんなデメリットを差し引いても、フロントにデザインされたシボレーマークは、カッコよくて、目立つこと間違えなしの威力があります。
シボレートレイルブレイザーの評価で多いのが、柔らかなゆったりとした乗り心地、アメリカ車のルックスとともに、装備がアメリカンフィーリングな点があげられます。ちょっとゴージャスな装備が付いているところもアメリカ車の特徴。
シボレートレイルブレイザーには、寒冷地にも適用できるように、シートヒーターが付いていたり、高速の時に快適なクルーズコントロールや、電動で動くシートが装備されていたりします。
ラゲッジルームが広いのもシボレートレイルブレイザーの魅力にひとつ。たくさんの荷物を積むことができます。自電車やマリンスポーツ、ウインタースポーツなどのスポーツに行くときやアウトドアやキャンプに出掛ける時に重宝します。
シボレートレイルブレイザーはの楽しみ方に、ドレスアップがあります。フロント部分をがちがちにドレスアップしてワイルドに仕上げると、男らしいスタイルにできあがります。カラーリングをブラックで統一するのも人気のスタイルです。
太めのタイヤに交換して、機動力が強い印象にドレスアップするのもシボレートレイルブレイザーによく似合います。ホワイトカラーの車にブラックのパーツを組み合わせると、引き締まった印象が強調されます。
ライトのカラーで、イエローやオレンジのカラーを加えていくと、ポイントカラーになって、インパクトが強くなります。フロントフェイスをドレスアップすることで印象がガラッと変わります。
シボレートレイルブレイザーは、アメリカ車の中では日本で数多く販売されたモデルのひとつです。2001年から2008年まで発売された年式が古い車ですが、そこはアメリカ車の風格か、デザインは古さをあまり感じさせません。中古車市場で手ごろな値段になっているシボレートレイルブレイザーはアメリカンな雰囲気を楽しめる車として注目したいモデルです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BlqYryelBe3/?tagged=%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%BC