Fpxhxxiuwqy31bzeftzf

CATEGORY | 車

シボレーのボルトEVが人気?日本での販売や新型情報をご紹介!

2018.10.14

シボレーのボルトEVは、人気の新型EV(電気自動車)です。シボレーのボルトEVは現在は日本では販売されていませんが価格やバッテリーが気になるところです。シボレーボルトはEVとPHVの仕様が販売されています。EVもPHVも注目したいところです。

  1. 新型シボレーボルトEV・PHVは今のアメリカ車の代表的なモデル
  2. シボレーボルトにはEVとPHVがある
  3. 新型シボレーボルトEV・PHVは世界的な戦略車
  4. 新型シボレーボルトEV・PHVのデザインは?
  5. 新型シボレーボルトEV・PHVのバッテリーは?
  6. 新型シボレーボルトEV・PHVの価格は?
  7. 新型シボレーボルトEV・PHVのライバルは?
  8. シボレーボルトのライバル①:トヨタ プリウス
  9. シボレーボルトのライバル②:日産リーフ
  10. シボレーボルトのライバル③:フォルクスワーゲン e-up!
  11. シボレーボルトのライバル④:BMW i3
  12. 新型シボレーボルトEV・PHVは日本での販売が待ち遠しい車
湯水のようにガソリンをつかってきたアメリカでも、今や世界的なエネルギー問題に注目しないわけにはいきません。世界の自動車業界の流れはEV・PHVであり、シボレーボルトは、その中心となるアメリカ車です。
シボレーポルトEV・PHVは、アメリカで大人気で、あるだけでなく、シボレーの世界に向けての戦略車として増産されています。スモールからミドルのボディーは環境問題を踏まえた、アメリカ車の新しいスタイルとして、定着しつつあるようです。
2015年にコンセプトモデルが公開されてから、1年後の2016年年末にアメリカで、発売されて大人気のモデルになっています。世界では、ヨーロッパの戦略車になっています。残念ながら、シボレーのボルトEVは日本では販売されていませんが、日本での販売が待ち遠しいモデルです。
シボレーボルトにはEVとPHVがあり、現在の自動車産業が注目しているEVとPHVを満たしたラインナップはシボレーボルトの大きな魅力です。日本においてもEVとPHVは大人気ですので、新型シボレーボルトの販売は待ち遠しいところです。
シボレーボルトEVは、レンジエクステンダーEVに分類されるモデルです。レンジエクステンダーEVとは、バッテリーに充電した電力により車の走行を行いますが、走行に必要な電力が不足すると、エンジンが始動し、発電機が回り、発電された電力で車を走らせるシステムです。
EVやPHVの普及は、地球環境への配慮も大きな要因で、地球温暖化の原因といわれている、ガソリン車の出す排気ガスによる、二酸化炭素の排出を抑えることが目標とされます。環境保護は、世界規模で考えなければならない大きな課題ですので、世界中の自動車目メーカーは大きな使命を持つことになります。
新型シボレーボルトEV・PHVは、シボレーの世界戦略車で、ミドルやスモールカーの激戦区であるヨーロッパ市場で販売されています。ヨーロッパでは、シボレーのブランド名ではなく、オペルのブランド名で販売されています。
シボレーボルトEVのデザインは、アメリカ車の常識を覆すほどコンパクトでかわいらしい印象です。コンパクトなボディーですが、フロントマスクには、シボレーのトレードマークがしっかりと輝いていて、アメリカ車の新しい時代を感じさせます。
ボディーラインは、まるで日本車のような印象で、国産車といわれても分からないかもしれません。しかし、そこは、フロントマスクのシボレーマークが強いイメージを発散して、アメリカ車であることを主張しています。日本の道路事情にも合ったサイズですので、日本での発売が期待されます。
シボレーボルトEVのサイドの流れるラインとバックにかけての印象は、芸術的で美しい形状です。
シボレーボルトEVの充電はフロントのサイドから行う仕様になっています。
シボレーボルトEVの内装はシンプルで使い易さを重視した設計。居住空間を考慮した設計は好印象です。
EV・PHVで注目したいのがバッテリー。シボレーボルトEVのバッテリーは韓国LGエレクトロニクスと共同で開発した、バッテリーを採用していて、バッテリー一回の充電で長距離の走行が可能です。バッテリー充電時間も短いところも魅力です。
EVの魅力のひとつが、バッテリー充電で車が動かせるところです。ガソリン車は、ガソリンスタンドに行ってガソリンを入れなければなりませんが、EVは、自宅で充電しておけば車を動かすことが可能です。
ボルトEVは高性能モーターが掲載されていて、出力、トルク、加速は問題ない出来です。高性能モーターを高品質のバッテリーが支えています。EVの魅力のひとつにコストがあります。ガソリン車に比べると、コスパがよくなります。EV・PHVの性能は今後もどんどん進化することが予測されます。車の将来を考えるとEV・PHVは車の中心的なモデルとなっていくかもしれません。
気になるシボレーボルトEV・PHVの価格ですが、いまだに日本で発売されていないため、新車価格も、中古価格も参考となる価格が見つからない状況です。
価格は、日本市場に入ってきたときに人気が出るかどうかの重要なポイントになりますので、車格に合った適切な価格での販売が望ましいところです。日本においてもEV・PHVは大人気ですので、アメリカ車の個性がプラスされた新しいアメリカ車の代表的なモデルであるシボレーボルトEV・PHVは、選択肢のひとつになるはずです。
今や、世界中の自動車メーカーが、EV・PHVのモデルの開発に注力しています。ガソリン大国のアメリカでさえもEV・PHVへの注目度は高く、今の時代の中心的なモデルになっています。シボレーボルトEV・PHVは、北米で人気のある車ですが、EV・PHVにはたくさんのライバルが存在します。
トヨタ プリウスは、日本だけではなく、世界を代表するハイブリット車です。量産されたハイブリット車としては世界初の世界的な戦略車です。北米でも人気で、シボレーボルトのライバル車になっています。日本においては、最もポピュラーで、人気のある車のひとつという地位を確立しています。地球環境にやさしい車という印象とともに、トヨタを代表する車種になっています。
5ドアハッチバックの電気自動車という車種的にみても日産リーフはシボレーボルトのライバル車のひとつといえるでしょう、日産リーフは2010年から北米でも発売され、ヨーロッパや中国でも販売されている日産の世界戦略車にひとつです。日産リーフは、世界でも大人気の車で、日産の統一感のあるフロントマスクを採用しているところも魅力的です。
フォルクスワーゲン e-up!は、フォルクスワーゲンが量産に乗り出したEVモデルです。タウンユースに向いたモデル。
BMWのイメージをのこしつつ、新しい可能性を感じさせる車がBMW i3 です。BMW i3は装備によって重量が重くなりがちなEV車の問題点を解決するために、軽量な素材を多く採用して設計し、軽量化を図ったモデルです。丸みのあるデザインも可愛くて魅力的です。ドイツ車の質感の良さは、シボレーボルトのライバルとして存在感のあるモデルです。
シボレーボルトEV・PHVは、アメリカで大人気のモデル。残念ながら日本での販売はまだですが、日本の道路事情にも適したボディーサイズですので発売が待ち遠しいモデルです。地球環境を重視する考え方は今後ますます大きくなっていく事が予測されますので、EV・PHVは自動車設計の基本となることが予測されます。アメリカ車の新しいスタイルとしてシボレーボルトEV・PHVは、アメリカ車を牽引していくモデルとなっていくのではないでしょうか。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/0ychQpCxn3/?tagged=%E3%82%B7%E3%83%9C%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%88