Kqdgjjp7zt1hjchmfctz

シャツ

CATEGORY | シャツ

ベージュシャツが万能って知ってた?おすすめコーデ大特集!

2018.03.01

ベージュのコートやジャケットはおしゃれなアイテムであるのは皆さんご存じだと思いますが、実は、ベージュのシャツも万能アイテムであるのです。今回はその知られざるポテンシャルを秘めているベージュのシャツを用いたおすすめコーデを紹介していきます。

  1. ベージュシャツの魅力
  2. ベージュシャツのおすすめおしゃれコーデで押さえるべきところ
  3. ベージュシャツのおすすめおしゃれコーデNo.1 シンプルに無地で
  4. ベージュシャツのおすすめおしゃれコーデNo.2 柄入りでアクセント
  5. ベージュシャツのおすすめおしゃれコーデNo.3 チラ見せコーデ
  6. ベージュシャツのおすすめおしゃれコーデNo.4 3分の2まで閉めて首もとをおしゃれに
  7. ベージュシャツのおすすめおしゃれコーデNo.5 ジャケットやカーディガンでモダンに
  8. ベージュシャツのおすすめおしゃれコーデNo.6 ベージュでアクセント
  9. ベージュシャツのおすすめおしゃれコーデNo.7 コートでさらに引き出す
  10. ベージュシャツはおしゃれコーデにおすすめ
ベージュは優しい印象を与える色であります。しかし多くの人はコートやジャケット、ボトムスでベージュのアイテムを使用したコーデなら経験があり、トップスのコーデでもカットソーやセーターなどのアイテムで使用する程度にとどまり、なかなかベージュのシャツを使用する人は多くありません。しかし、ベージュのシャツは他の色のシャツと比べデザイン性が高く、白やネイビーkの色のシャツと比べ、単体で使用しても十分コーデとして成り立つぐらいおしゃれなアイテムです。また、チェック柄のシャツと同様羽織って着ると言う手法もできるため、着まわしかたの幅が広いのが魅力です。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/527/23282527/23282527B_14_D_500.jpg
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/245/24668245/24668245B_14_D_500.jpg
ではおすすめのコーデを紹介する前に、実際に自分でコーデをする場合の注意点を説明していきます。先の説明にも書きましたが、ベージュシャツは単体で着ても、インナーのシャツやカットソーに羽織っても十分着こなせます。中のインナーもどんな色でも合いますので万能なアイテムと言うのも頷けます。出端にに気を付けるべきかと言うと、ボトムスです。上半身は暖かく明るい色で仕上がるため、ボトムスを黒やネイビーなどのダークカラーのアイテムをチョイスすると色のバランスがとれ、スタイリッシュに仕上がりますので、この点に気を付ければ間違いありません。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/920/29154920/29154920_14_D_500.jpg
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/630/25970630/25970630B_14_D_500.jpg
では早速、実際に使えるおすすめコーデを紹介していきます。まず最初は、ベージュシャツの無地のものを使った場合のコーデを紹介していきます。先に紹介した注意点を意識してコーデをするのがポイントです。ベージュのシャツは無地のものを選びましょう。胸ポケットにワンポイントで入っているものを選ぶとそのワンポイントがアクセントとなり良い感じを演出してくれます。ボトムスは黒のスッキリとしたシルエットのパンツを選びましょう。おすすめは黒のスキニーパンツです。このときシューズも黒のスニーカーや革靴をチョイスすると、より引き締まった印象になります。お好みで黒のハットやショルダーバックを加えても良いでしょう。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/hkbzf6/20171127211358464/20171127211358464_276.jpg
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/6u47q3/20150911160715224/20150911160715224_276.jpg
先程のシャツのみの、今度は一部に柄が入ったものを使用したコーデを紹介していきます。先程のコーデだとなんかシンプルすぎて味気がないと言うかたは、是非このコーデをしてみることをおすすめします。ベージュの色合いを存分に発揮するため、あえて一部分のみにチェック柄が入っているものを選んだり、胸ポケットの蓋の部分が色ちが井面のを選ぶとそれがアクセントとなり、無地のものよりも少しかは納屋かになり、カジュアルな印象が増します。ボトムスは細身のジーンズなどをチョイスするとスタイリッシュに仕上がります。靴もそれに合わせてスニーカーにするとよりカジュアルな仕上がりとなります。
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/6u47q3/20151029163155742/20151029163155742_276.jpg
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/rgya0j/20171121013619247/20171121013619247_276.jpg
ここからは、レイヤードスタイルのコーデを中心に紹介していきます。シャツの利点は、インナーとして使用してコーデをすることができる点です。それはもちろんベージュシャツでも同じことが言えます。この場合トップスには黒やネイビーなどのダークカラーのニットやセーターを合わせると、ベージュシャツのちらっと見える襟の部分がアクセントとなり、スタイリッシュな仕上がりになります。ボトムスについては、アウターをセーターの上にはおらない場合は、少しゆったりめの黒パンツや、グレー系のスラックスなどを合わせるとバランスよく仕上がります。アウターを追加する場合は黒か緑カーキ系のスキニーパンツをチョイスしてあげると良いでしょう。
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/tuqiu0/20160609214339882/20160609214339882_276.jpg
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/jpt4g9/20141116223308988/20141116223308988_276.jpg
先に紹介したコーデの、今度はトップスとインナーを入れ換えたようなコーデを紹介していきます。インナーはなるべくボーダー柄のロングシャツをチョイスするのが望ましいです。そして絵上のトップスにベージュシャツをチョイスします。このとき前の部分を3分の2まで閉める程度に抑えるのがおすすめです。こうすることで少しラフですがきれいなv字ラインができ、そのしたから見えるインナーのボーダー柄が見事にアクセントとなり、おしゃれに仕上がります。ボトムスは、黒のスキニーパンツをチョイスするとスタイリッシュで洗練された印象になり、カーゴパンツを採用すると、カジュアルな感じに仕上がりますので、好みに合わせてチョイスしましょう。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/j4v91d/20180205224557030/20180205224557030_500.jpg
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/nof9h4/20170907213612566/20170907213612566_276.jpg
今度はジャケットやカーディガンを使って、モダンに仕上がるコーデを紹介していきます。ベージュシャツはインナーとしてチョイスし、その上に黒のカーディガンやジャケットを羽織るように仕上げましょう。トップスにカーディガンを採用する場合は、ボトムスを黒のスキニーパンツやチノパンなどをチョイスし、全体的にスッキリとしたシルエットにするとおしゃれに仕上がります。ジャケットの場合は少しラフめなジーンズにするとカジュアルな仕上がりになります。少し趣向を凝らしてダメージジーンズにすると、ワイルドな印象もプラスされ、男らしさがグッと増しますので、興味のあるかたは是非この組み合わせもお試しいただければと思います。
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/6u47q3/20150916162233386/20150916162233386_276.jpg
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/16tsev/20170402182204950/20170402182204950_276.jpg
今度もまたベージュのシャツをトップスとして使用した場合のコーデを紹介していきます。先程とは違い今回は羽織る程度に押さえましょう。このコーデのポイントは、トップスのベージュのシャツ以外は黒やダークグリーンなど、ダークカラーのアイテムで統一することです。こうすることでダークカラーの思い感じをベージュのシャツが和らげてくれて、バランスの良い仕上がりになります。また、ボトムスをあえて白のジーンズをチョイスし、中のインナーをプリントシャツにするのもありです。その場合は同じベージュのシャツでも、濃いめの色のものをチョイスすると良い感じに仕上がります。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/hr4trv/20170417215900976/20170417215900976_500.jpg
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/3gmknw/20180125132945083/20180125132945083_500.jpg
最後に、コートを使用した冬にうってつけのコーデを紹介します。ベージュは冬のファッションアイテムでもその優しさと暖かさを与えます。その良さをしっかり引き出すにはコートが一番おすすめです。なるべくトップスはベージュシャツ1枚に押さえるのが理想的ですが、それでも寒いときは間にカーディガンなどを挟むとより大人っぽくなります。白のコートを着る場合は、あえてカーディガンなどは間に挟まず、マフラーなどを使った方がスタイリッシュに仕上がります。ボトムスは、黒のスキニーパンツやチノパンなどをチョイスし、靴は黒かもしくは茶色の靴をチョイスするとおしゃれに仕上がります。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/x4ku58/20171004110823955/20171004110823955_500.jpg
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/v9a5ze/20161024121409966/20161024121409966_500.jpg
いかがでしたか。ベージュシャツは単体でも効果を発揮し、また、インナーに使ったりトップスとして使ったりと、非常に万能なアイテムとなっています。コーデする上では黒やカーキ色のアイテムを少し取り入れることを意識すれば、誰でも簡単におしゃれなコーデができます。あとはボトムスや靴のチョイスも、上半身のシルエット感を意識して選ぶとスタイリッシュに仕上げやすくなりますので、この点にも是非注意していただければと思います。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/atlmht/20180108172200300/20180108172200300_500.jpg
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/bcu9cd/20180207160430564/20180207160430564_500.jpg