Tulrxxvwyja3itukeqhv

ワイン

CATEGORY | ワイン

珪藻土コースターの汚れの落とし方!コーヒー・ワインのシミをなくす!

2018.10.08

最近人気になっている珪藻土グッズ。コースターはいろいろな飲み物を乗せるので汚れが気なり、汚れの落とし方をチェックしておきたい所。コーヒーやワインのシミやカビはハイターで落とせる。珪藻土コースターの汚れの落とし方をチェックしてみよう!

  1. 珪藻土コースターの気になる汚れの落とし方とは?
  2. コーヒーやワインのシミ・カビなどの汚れを落とせる便利な珪藻土コースター!珪藻土とは?
  3. 珪藻土コースターの汚れの落とし方はハイターが有効!その方法とは?
  4. 珪藻土コースターの汚れの落とし方手順①:キッチンハイターを珪藻土コースターにかける
  5. 珪藻土コースターの汚れの落とし方手順②:30秒から1分ほど置いてから水で洗い流す
  6. 珪藻土コースターのメンテナンスのポイント
  7. 珪藻土コースターの汚れを落として、キレイで清潔に使いこなそう!
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61nexBoMy5L._SY355_.jpg
最近人気の珪藻土グッズ。その中でも、家庭で活用できるグッズとして珪藻土コースターも人気商品の一つだ。すでに使っている人なら、珪藻土コースターを使ってワインやコーヒーなどに使う事もあるだろう。飲み物をこぼしたときに気になるシミやカビ。いくら珪藻土コースターといえども、汚れは気になってしまうもの。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/911HAq9njyL._SX355_.jpg
そのすぐれた吸水性がアダとなってしまい、シミやカビを作ってしまう珪藻土コースター。はたして、しつこい汚れやシミなどがついてしまった場合には、どのように対処すれば良いのだろうか。ハイターを使った汚れの落とし方などもふくめて、珪藻土コースターの汚れの落とし方をチェックしてみよう!
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71gRoCoaPUL._SX355_.jpg
珪藻土(けいそうど、diatomite、diatomaceous earth)は、藻類の一種である珪藻の殻の化石よりなる堆積物(堆積岩)である。ダイアトマイトともいう。珪藻の殻は二酸化ケイ素(SiO2)でできており、珪藻土もこれを主成分とする。 珪藻が海や湖沼などで大量に増殖し死滅すると、その死骸は水底に沈殿する。死骸の中の有機物の部分は徐々に分解されていき、最終的には二酸化ケイ素を主成分とする殻のみが残る。

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/517bn0jN2PL._SY355_.jpg
珪藻土とは、長年に渡って藻類が蓄積して化石となった石。珪藻土は吸水性に優れており、バスマットになどにも羊羊されている。その他、カビが出にくく、乾きやすいので、生活に置いては使い勝手が良い。珪藻土を使ったコースターが汚れてしまった場合は、どのように対処すれば良いのだろうか?
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81IAgN7NIML._SY679_.jpg
珪藻土コースターといえども、やはりコーヒーやワインのシミがついてしまうこともあり得る。そんなときに効果的なのがキッチンハイター。コレを使えば、珪藻土コースターの汚れを一瞬にして落とすことが出来る。もし汚れた珪藻土コースターが気になる人なら試してみたい。その手順についてご紹介しよう!
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81xCZ7QEJRL._SL1500_.jpg
珪藻土コースターの汚れが気になったら、落とし方としては汚れ部分にキッチンハイターを振りかける。汚れがしつこい場合は多めに、また、少しの薄い汚れであれば少量を振りかける。汚れの様子を見ながら、ハイターの量は調整するようにしよう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41-vo7F-BXL._SY355_.jpg
珪藻土コースターの汚れ部分にハイターをふりかけたら、30秒から1分ほど置いて様子を見よう。こちらもしつこい汚れの場合は長めに、また、少しの汚れであれば時間は短く調整すればいいだろう。その後、水で洗い流してハイターを落とす。乾かせば珪藻土コースターの汚れが落ちているのが確認できるだろう。

洗剤は使わずに洗ってしっかりと干す

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61EGZ6t1%2BqL._SY355_.jpg
カビやシミを落とすときはハイターを使おう。また、界面活性剤などが入っている洗剤は、吸水性を弱めてコースター自体を痛める可能性があるので使用を避けよう。直射日光を避けて、日陰干しを心がけよう。

紙やすりを使う

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91Q5amFPbeL._SY355_.jpg
吸水性が悪くなったと感じた場合は、細かい紙ヤスリが有効。表面を擦ることで、珪藻土独自の吸水性が復活する。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71CwL4z4v3L._SX355_.jpg
珪藻土コースターは吸水性もよく、夏場などにも重宝するアイテム。しかしながら、コーヒーやワインなどのシミが付いてしまった場合は、ハイターを使えばきれいに落とす事ができる。洗剤を使うのは避けて、ハイターと水洗いで、あとは日陰干しをすれば同じように活用できる。珪藻土コースターの汚れを落として、キレイで清潔に使いこなそう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71QmoEg88EL._SX355_.jpg