// FourM
Xwbzf9k7auspwemv7tz4

雑貨

CATEGORY | 雑貨

【珪藻土バスマット】おすすめ商品を比較!驚きの吸水性で手放せない!

2018.10.08

おすすめの珪藻土のバスマットを比較してみよう。最近人気の珪藻土は、手入れも簡単で吸水性に優れている。よく割れるとも言われているアイテムだが、水を吸わない製品もあるのだろうか。手入れで復活させるのも簡単な珪藻土のおすすめバスマットを比較してみよう!

  1. 吸水性の高いバスマットを比較!手入れも復活も簡単な珪藻土バスマットとは?
  2. 手放せない吸水性!比較したいおすすめの珪藻土バスマットとは?
  3. 珪藻土を使ったバスマットが人気!おすすめ珪藻土のメリットとデメリットとは?
  4. 手入れも簡単!比較して選びたいおすすめ珪藻土を使ったバスマットのメリット①:吸水性
  5. 手入れも簡単!比較して選びたいおすすめ珪藻土を使ったバスマットのメリット②:手入れの簡単さ
  6. 手入れも簡単!比較して選びたいおすすめ珪藻土を使ったバスマットのメリット③:復活ができる
  7. 手入れも簡単!比較して選びたいおすすめ珪藻土を使ったバスマットのメリット④:洗濯しなくていい
  8. 手入れも簡単!比較して選びたいおすすめ珪藻土を使ったバスマットのメリット⑤:サラッとして使用後も気にならない
  9. 手入れも簡単!比較して選びたいおすすめ珪藻土を使ったバスマットのメリット⑥:カビなどの発生を防ぐ
  10. 水を吸わない・割れる場合も?比較して選びたいおすすめ珪藻土のデメリット①:寒い時期は足が冷たい
  11. 水を吸わない・割れる場合も?比較して選びたいおすすめ珪藻土のデメリット②:重量がある
  12. 水を吸わない・割れる場合も?比較して選びたいおすすめ珪藻土のデメリット③:廃棄する際の手間
  13. 水を吸わない・割れる場合も?比較して選びたいおすすめ珪藻土のデメリット④:粉が落ちる
  14. 水を吸わない・割れる場合も?比較して選びたいおすすめ珪藻土のデメリット⑤:割れやすい
  15. おすすめ珪藻土のバスマットを購入する際にチェックしたいポイントとは?
  16. 珪藻土バスマットを購入する際のチェックポイント①:置き場所と製品のサイズ
  17. 珪藻土バスマットを購入する際のチェックポイント②:生産地
  18. 数ある製品の中から珪藻土バスマットのおすすめ商品を比較しよう!
  19. 割れるが復活も出来る!おすすめ珪藻土バスマット比較①:天馬 珪藻土 バスマット
  20. 割れるが復活も出来る!おすすめ珪藻土バスマット比較②:アイリスオーヤマ 珪藻土バスマット
  21. 割れるが復活も出来る!おすすめ珪藻土バスマット比較③:Tocyhf 珪藻土バスマット
  22. 珪藻土バスマットを比較して、快適で最適なアイテムをゲットしよう!
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71UpSfDrbfL._SX355_.jpg
最近人気が高まっているバスマットといえば、珪藻土を使ったバスマット。通常、バスマットは濡れてしまうので乾燥が必要。また、こまめな洗濯をしないと匂いがついてしまったり、汚れてしまったりして手間がかかってしまう。その点、珪藻土のバスマットは吸水性に優れており、手入れも簡単で、色がついても復活させるのが簡単。
引用: https://assets.media-platform.com/lifehacker/dist/images/2017/10/17/20171017sael-w960.jpg
しかしながら、珪藻土という性質上、割れる可能性も大いにある。また、水を吸わなくなった場合はどのようにメンテナンスをすれば良いのだろうか。数ある珪藻土のおすすめバスマットからいくつかを比較。自宅に置いて便利に使える珪藻土バスマットのメリットとデメリット、購入の際のポイントなどをご紹介しよう!
引用: https://static.prasm.blog/wp-content/uploads/2016/08/11025326/2a0c12163644d84a5deeb0d77bf12089.jpg
珪藻土とは? 珪藻土とは、藻類の一種である珪藻の殻の化石よりなる堆積物(堆積岩)です。 藻は地球誕生後、最も早く地球上に出現した原生生物の一つで、光合成(こうごうせい)により地球上に酸素を供給しオゾン層を作り、人間をはじめ動植物の誕生を促した、と言われています。

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61ZUi4Y3xbL._SY355_.jpg
珪藻土に馴染みのない人なら、珪藻土って何?と思う人も多いのではないだろうか。珪藻土とは藻類の一種であり、珪藻の殻が積み重なって出来上がった堆積岩。固くて石の板のような外観をしている。プランクトンなどが重なり合って凝固した物質になり、自然が作り出したアイテムと言えるだろう。
引用: https://cdn.iecolle.com/img/3c149b277e65469/ci/-/728x400/s/images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71E1E0lPKPL._SL1500_.jpg
建材としても使われる素材であり、世界各国で採取することが出来る自然物。建材など色々な場面で使われる理由は、そのメリットにある。硬い石の板という印象の珪藻土だが、珪藻土バスマットにはどんなメリットやデメリットが有るのだろうか。これから珪藻土バスマットを購入したいと考えている人へ、そのメリットとデメリットをご紹介。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81lS9r14%2B7L._SX355_.jpg
珪藻土バスマットにはどんなメリットやデメリットが有るのだろうか。吸水性の良さと、割れるポイントも気になるが、手入れをすれば水を吸わない場合でも復活する性質は有名。その他に、どんな性質があるのだろうか。珪藻土バスマットのメリット・デメリットの性質を知って、生活に取り入れよう!
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41Ara84bDaL.jpg
比較したい珪藻土バスマットの最大のメリットとも言えるのが吸水性の高さ。通常家庭で使われている布製のバスマットを考えれば、その差は歴然。お風呂から上がって、体や髪の毛を拭いている間に足元が乾いてしまうほどの吸水性をもっている。その吸水性には、使ったことがない人なら驚くだろう。便利に使えるアイテムと言える。
引用: https://i0.wp.com/sakidorico.s3.amazonaws.com/wp/wp-content/uploads/2018/08/5b6174438ee40-500x500.jpg?ssl=1
珪藻土バスマットは手入れがとても簡単。なによりもまず、通常手入れを必要とすることはない。1年に1.2回の手入れだけで大丈夫ということを覚えておこう。その点だけでも、布製バスマットと比較してかなり優れている。水を吸わない事もないので、お風呂の出入り口に置いておくだけで大丈夫。割れてもこすれば復活でき、秀逸なバスマットとしておすすめできる。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31fYuG3%2BVOL._SX355_.jpg
年間を通して珪藻土のバスマットを使う中で、吸水性が落ちる事も考えられないことはない。もし、水を吸わないなぁと感じたときは、紙やすりで表面を削れば復活する。また、色がついてしまったときも同様の手入れで復活。細い目の紙やすりで表面をこすれば、それだけで水を吸わない珪藻土バスマットが、比較的完全に復活する。割れた場合も紙やすりで角をこすれば復活できるだろう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91RFGshy1-L._SX355_.jpg
珪藻土のバスマットは前述にもあるように洗濯が不要。布製のバスマットと比較すれば手間もかからず嬉しいメリットとなっている。また、珪藻土バスマットは使用後は陰干しをするのがおすすめ。天日干しはバスマットが割れる可能性もあるので避けよう。使用後は少し乾かすだけでいいので使い勝手も良い。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71VDTb0IIDL._SY355_.jpg
家族のメンバーが多い家庭なら、布製バスマットはすぐに濡れてしまい使い勝手が悪い。その点、珪藻土を使ったおすすめのバスマットは、吸水性に優れているので、あとの方にお風呂に入る人が不快な思いをせずに済む。使ったらすぐに水を吸う吸水性なので、水を吸わないということがない。サラッといつでも使えるイメージなので、こちらもおおきなメリット
引用: https://image.freepik.com/free-photo/biological-elements_1048-5156.jpg
通常水気のある場所であれば、カビなどが発生するのは通例。しかしながら、珪藻土を使ったバスマットはカビの発生などを防いでくれる大きなメリットがある。使ったら立てかけて乾かすだけで、カビなどにより不快な思いをせずに済む。湿気の多い梅雨時期でもカビは生えないので是非活用したい。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/wooden-table-on-the-snow_1048-4253.jpg
布製のバスマットと比較して、メリットも多い珪藻土を使ったバスマット。しかしながら、寒い冬場は足が冷たくなるデメリットもある。お風呂から出て足を乗せれば、石の板のような形になるのでひんやりする可能性も考えられる。秀逸な珪藻土のバスマットだが、冷たいと感じる場合は布製と併用するのもひとつの方法だ。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/senior-man-making-effort-while-loading-cardboard-boxes_1187-3358.jpg
建材としても使える珪藻土。その他のデメリットとしては、重たいという点。水を吸う・吸わないに限らず、珪藻土は重量が重い。どれくらい重いかというと、通常のバスマットサイズを考えれば3kgほどの重さになる。見た目に比べて結構重量があるので、乾かす際にも重いと感じることもあるのかもしれない。
引用: https://image.freepik.com/free-vector/illustration-of-trash-bin-icon_53876-5598.jpg
珪藻土は廃棄する際も少し手間がかかる。通常のゴミとして出すことは出来ないので、破砕ごみ、もしくは粗大ごみなどが一般的なカテゴリーとなるだろう。詳細については、各地域の自治体に確認しなければならない。割れる、または割れやすい製品でもあるので、廃棄の際は砕いて捨てることも出来る。
引用: https://image.freepik.com/free-vector/abstract-shiny-glitter-blue-background_1035-11425.jpg
珪藻土のバスマットは、表面に細かい粉が付着しており、この点もデメリットとも言えるかもしれない。しかしながら、粉と言ってもそこまでひどいものではない。指を走らせれば少し付く程度。もし、白い粉が出てしまうのが苦手という人であれば、デメリットになりうる。
引用: https://image.freepik.com/free-vector/vector-illustration-in-realistic-style-of-broken-cracked-glass_1441-341.jpg
珪藻土のバスマットは石の板のような形をしている。固い製品だが、同時に割れやすいという点もデメリット。割れやすい場所や、高いところから落としてしまうと真っ二つに割れてしまう可能性がある。そうなったら復活させるのに紙やすりなどを使わなければならない。脆いという部分はデメリットになりうるだろう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61YbH3qiFTL._SY355_.jpg
メリットとデメリットを加味した上でゲットしたい珪藻土バスマット。購入時にはどんなことに気をつければ良いのだろうか。様々なメーカーから製品がリリースされているが、チェックしておきたいポイントはどこなのだろうか。チェックポイントを確認しよう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/faucet-and-sink_1203-2705.jpg
珪藻土バスマットは、大きめの石の板のような外観のイメージ。布製のバスマットと違い折りたたむことやサイズ調整ができない。珪藻土バスマットを購入する際は、バスマットを置く場所と製品自体のサイズをチェックして、お風呂場前にフィットするものを選びたい。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/digital-world-map-hologram-blue-background_1379-900.jpg
珪藻土バスマットで多く出回っているのは中国製の製品だ。安価で購入できて、なおかつ日本製と比較しても引けを取らない。しかしながら、モノによっては粗悪品が出回っていることも考えられる。中国製の珪藻土バスマットが嫌だという人、または産地に拘りたいという人なら、どこで作られたものなのかもチェックしておこう。
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/G/09/detail/review/B00E7NG4LU_01.jpg
珪藻土バスマットには様々なラインナップがある。人気の珪藻土バスマットを比較して、コレというアイテムを見つけたい所だ。人気の商品のなかから幾つかをピックアップ。それぞれの珪藻土バスマットの特徴をチェックしてみよう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71kZOisi3PL._SL1500_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71JJwlYwHTL._SL1500_.jpg
天馬 珪藻土 バスマット ライトブラウン S 34×46cm 速乾 洗剤洗い可 PORISH プレミアム
価格
一般的な珪藻土バスマットより、さらに足跡も残らないほどグングン吸収。抜群の吸収性と速乾! 天日干しと洗剤での洗浄が可能なので清潔・安心。 タイル形状なので割れにくく、足裏にぴったりフィットして吸水性アップ。 タイルが床面に接地しないので通気性もよく、湿気も溜めにくい。 付属のシートでしっかり床に固定し滑らない。

中国産ながら、珪藻土バスマットとして人気が高いアイテム。その性能とデザイン性などから、インテリアにも溶け込もう秀逸なバスマットと言えるだろう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41ARA25H9%2BL._SL1000_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61P%2BNVuxjAL._SL1000_.jpg
アイリスオーヤマ 珪藻土 速乾 バスマット Mサイズ SKBM-4535
価格 ¥ 1,613
安価ながら秀逸な製品が多いアイリスオーヤマ。そんなメーカーがリリースする珪藻土バスマットは、価格も安く手を出しやすいアイテムと言える。サイズの大きさに比べて、薄手で作られているので重量も軽く、2kg程度となっている。吸水性と速乾性にすぐれた珪藻土バスマット。比較して安心のアイテムと言えるだろう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61XUo9JK87L._SL1500_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61WrbZT6V3L._SL1500_.jpg
Tocyhf 珪藻土バスマット 風呂マット 速乾 消臭 足拭きマット 防カビ・ダニ 抗菌 約60cm×39cm
価格 ¥ 2,880
吸水性にすぐれているTocyhf珪藻土バスマットは、お風呂から出たあとに水分が多い場合でも、縁の凹んだ部分が水を吸水してくれるので、外に水が漏れることを防ぐ効果が期待できる優れもの。もちろん、防カビやダニなどの抗菌機能も優れており、レビューでも評判のいいバスマットだ。
引用: https://www.dinos.co.jp/kp/defaultMall/images/goods/C11/0152/etc/603013c1.jpg?Mode=main1s
珪藻土のバスマットは、吸水性に優れており、防カビ機能もある自然のおくりもの。自宅のお風呂の出入り口で水を吸い取り、布製のバスマットとは一味違う使い勝手を体感できるだろう。割れた場合は紙やすりでこすれば復活するので活用しよう。珪藻土バスマットを比較して、快適で最適なアイテムをゲットしよう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61wZlY%2BiDxL._SL1280_.jpg