Dwmih2evtrwnuffyhuia

雑貨

CATEGORY | 雑貨

ライターの捨て方とは?中身のオイルを簡単に抜く方法を紹介!

2018.10.05

ライターの捨て方や中身のオイルを抜く方法を皆さんはご存知でしょうか。最近のライターの捨て方にはコンビニに回収ボックスが設置されていたり、業者が安い値段で代行してくれたりというサービスも増えています。今回はライターの捨て方と中身のオイルを抜く方法を紹介します。

  1. ライターと中身のオイルの捨て方とは
  2. ライターの捨て方と中身のオイルを抜く方法:ガス抜き
  3. ライターの捨て方と中身のオイルを抜く方法:回収ボックス
  4. ライターの捨て方と中身のオイルを抜く方法:業者は安い?
  5. ライターを捨て方には十分注意しよう
コンビニなどで売られているライター。しかしオイルがなくなって使えなくなったとしても、そのまま捨ててしまうと火災の原因となってしまいます。しかしだからといって捨てずに取っておくと邪魔になってしまいます。そこで知っておくべきことは、ライターの正しい捨て方と中身のオイルを抜く方法です。これらを知っておくだけで、ライターがたまって邪魔になるということはありません。最近ではコンビニで購入したライターを自治体などが回収ボックスを設置して回収していたり、安い料金で業者が処分してくれるということもあるなど、さまざまなサービスがいたるところで始まっています。
引用: http://www.city.chuo.lg.jp/kurasi/gomi/topikkusu/spray.images/syaryou.JPG
引用: http://www.2060.jp/uploads/img566005c65a0a9.jpg
コンビニで購入したライター。しかしコンビニのライターというのは、どうしても中身のオイルがなくなる前に使えなくなってしまうものがほとんどです。しかしそのまま捨ててしまうと火災などの原因になります。そのため捨てる前には必ず中身のオイルやガスなどを抜かなければいけません。基本的な方法としてはスプレー缶と似ており、ライターの着火部分をゴムやガムテープなどで固定し、後はそのまま放置するのみです。基本的にこの作業は屋外で行い、半日から丸一日放置します。そしてその後日がつかなければ、中身のオイルは抜け切ったということになります。中身のオイルやガスを完全に抜くのが、正しいライターの捨て方です。
引用: http://www.city.nasushiobara.lg.jp/11/images/2015061816540000-.jpg
引用: http://www.city.mutsu.lg.jp/images/content/20057/20111129-153326.jpg
ライターの捨て方というのは、地域によって異なります。場所によっては燃えるごみの日に出したり、逆に燃えないごみの日に出すなど、地域によってルールは異なってきます。もしもライターの捨て方でわからないことがあれば、自治体などに問い合わせて確認するのもひとつの手です。また、最近では自治体を中心に、使用済みライターの回収ボックスを設置しているという自治体も増えてきています。回収ボックスであれば、ごみの出す日に関係なく、その回収ボックスのあるところに持っていけばライターを処分することができるので、もしもそのような回収ボックスがある自治体に住んでいるという方は、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。
引用: http://www.city.fujinomiya.lg.jp/citizen/llti2b0000001uz1-img/lighterup.jpg
引用: http://machigoto.jp/img/article/675/A_675_2_201101111557072_l.jpg
ライターの処分方法などを確認したところで、自宅に大量に使用済みライターがある場合、ひとつずつ処分するのは時間も手間もかかるものです。最近ではそのような使用済みライターを代わりに処分してくれる業者というものもあります。業者であるため、会社によって料金は異なり、安い業者もあれば高額な料金を請求する業者もいます。しかしいずれにしても、大量のライターの処分を代わりに引き受けてくれるということで、その分手間も時間もかからないということはかなりよいことです。もしも家に大量に使用済みのライターがたまっているというときは、業者に頼むということもひとつの手段です。
引用: https://d177jahnrdkgrk.cloudfront.net/media/article/BVG3MPkF5dTzN9620A27sKtwi0TpQkIJ.jpg?w=600&h=400&v=e175960deafb943a
引用: https://i1.wp.com/kinisuru.com/wp-content/uploads/2014/07/6505b9a6ce9ba4cc678f10ee6d20bdfb_s.jpg?fit=640%2C427&ssl=1
いかがでしたか。今回はライターの捨て方と、中身のオイルを抜く方法を説明しました。ライターはスプレー缶同様、正しい方法で処分しないと、火災に繋がります。実際にそのままライターを捨ててしまったことによって、ごみ収集車や焼却施設で火災が起きているということもあるため、そのようなことにならないためにも、正しいライターの捨て方を学びましょう。また、ライターを捨てるときの分別方法についても自治体によって異なるため、この部分はしっかりと確認しましょう。そしてもしも自治体に回収ボックスが設置されているという場合は、その回収ボックスを利用すると、確実にライターを処理することができます。
引用: http://www.city.kisarazu.lg.jp/images/content/49728/02.JPG
引用: https://s-godai.net/content/wp-content/uploads/2018/02/%E8%BB%8A%E4%B8%A1%E7%81%AB%E7%81%BD_%E3%83%80%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89_%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maegamix/20141215/20141215111017.jpg