Jbshuf73bvmcnshniofb

ライター

CATEGORY | ライター

ライターの処分方法!簡単にできるガス抜きで安全に捨てる!

2018.10.16

ライターは便利なアイテムですが、処分をするためにはガス抜きをして自治体ルールに従う必要があります。ここではガス抜きを簡単にする方法を紹介しますので、ライターを処分したい方は必見です!また地域によっては回収ボックスを利用したり、業者に依頼するのもおすすめです。

  1. ライターの処分するときは捨て方のルールを守る必要がある
  2. ライターの中身を使い切ってから水に浸すと発火を防ぐことができる
  3. ライターを処分するときの自治体のルールは自治体によって違う
  4. ライターを処分するためのガス抜きの方法
  5. ライターを処分するためにライターを分解する方法
  6. ライターを処分するときには分別区分に従う必要がある
  7. ルールを守ってライターのゴミ出しをしないと処分の時に事故が起こることがある
  8. ライターを処分したくてもカナヅチで割るのはとても危険!
  9. 使い捨てライターを処分するときには回収ボックスがあるなら回収ボックスを使うのもおすすめ
  10. 未使用品のライターを処分したいのであれば売ったり譲渡する方法もある
  11. 高級ライターの場合は業者に売却するのがおすすめ
  12. 使い捨てライターを一度に大量に処分するためには業者に依頼するのが簡単
  13. 郵便でも宅配便でもライターは送れないことが多い
  14. ライターを捨てるときにはガス抜きは忘れないようにしましょう
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51O860AplkL.jpg
引用: https://taskle.jp/media/uploads/content/image/22543/672709581.jpg
ライターを処分したいのであれば、捨て方を知ってルール通りにしなければいけません。そのためには中身を使い切ることや。自治体のルールにもよりますが、水に浸す必要があったりもします。水に浸すとより安心してライターを処分できます。自治体のそのルールを確認して、ルールを守ってライターをゴミとして出すようにしましょう。
引用: https://i0.wp.com/x-bomber.co.jp/wp-content/uploads/2016/05/eab619fba24a1ea828eebee4f54a138f.jpg?ssl=1
ライターの中身を使い切ることが捨てるときにはとても重要です。。中身が液化石油ガスなので、ガスが残ったままゴミ出しをすると、他のゴミに引火したり、爆発してしまうこともあります。中身を使い切っても少しガスが中に残ることがあるので、水に浸せば発火することを防げるので、安全に捨てられます。ライターは中身を出し切れば、基本的には発火はしないので、自治体のルールではライターを水に浸すことがルールとはなっていることは基本的にはありませんが、より安全に処分するためには、水に浸しておくようにしましょう。
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20150226%2F42%2F4360542%2F36%2F300x225x6f65f81a015ad6275c46e8c1.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r
引用: https://taskle.jp/media/uploads/article/image/354/card_688919921.jpg
ライターの捨て方のルールは自治体によって違うので、住んでいる自治体のルールを守る必要があります。分解をして分類をする必要はあるのか、ゴミ袋を他のゴミと分けなければいけないのかなどのルールを確認することも重要です。ルールを絶対に守って処分するようにしましょう。
引用: http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/actwb/20160513/20160513155722.png
引用: http://777fukujin.net/wp-content/uploads/2018/07/light-bulb_04-300x165.jpg
ガス抜きに必要な物としては、ガムテープが必要となります。ガス抜きの手順はまず、ライターのレバーを押し下げ、着火した場合はすぐに吹き消しましょう。次にガムテープを使って押し下げたままのレバーを固定します。ガスが噴出してるか確認したら、そのまま火の気がなくて風通しが良いところに半日から1日ほど置きます。その後に着火操作をしてみて、火がつかなければガス抜きの完了です。
引用: https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-ca-2e/sy_5rougoya/folder/83949/28/16899628/img_1?1278729944
引用: http://vr-4.air-nifty.com/weblog/WindowsLiveWriter/bbddbcc65814_A9C2/20120219-015231.jpg
かなり少ないですが、住んでいる自治体によっては捨てるために分解をする必要があります、使い捨てライターであればプラスチックが使われているところと金属部分があるので、分解をする必要がある場合には分解をしてから捨てなければいけません。分解のためにはペンチが必要です。先が細いペンチだと分解がしやすいのでおすすめです。分解にはまずペンチの先を差し込み、金属部分を外します。その後に中の部分を取り出していき、ライター内に残っているところを外していきます。
引用: http://www.city.toyooka.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/000/946/59e70a5a016.jpg
引用: http://www.city.kitami.lg.jp/docs/7175/files/shigen.jpg
ゴミ出しは自治体が指定をしている方法通りに、ゴミ出しをする必要があります。ゴミの区分は自治体で違いますし、中にはライターだけを別の袋に分けて、危険物などと書いてゴミ出しをする必要があることもあります。他にも自治体によっては一度に捨てられる数が定められていることもあるので、このようなルールがあるのなら、大量に処分するときには面倒ではありますが、何回かに分けてゴミ出しをしなければいけません
引用: https://www.nikkei.com/content/pic/20160920/96958A9F889DE2E5E1E1EBE2E2E2E3E4E2EBE0E2E3E48AEBE1E2E2E2-DSXMZO0733901016092016X93001-PN1-6.jpg
引用: https://grapee.jp/wp-content/uploads/32031_main.jpg
ライターをゴミ出しすると、ゴミ収集車がライターを持っていきますが、ゴミ収集車は内部の機械でゴミを圧縮しているので、ガスがが残っているライターを圧縮するときに、着火装置が押されると、ライターの火がすぐに他のゴミに移り、ゴミ収集車が炎上してしまうことがあります。こうなると周辺の住宅とか住民にとって大迷惑ですし、ゴミ収集車の中には1台で1000万円以上したりするので、処分するなら面倒でもガス抜きは絶対にしましょう!
引用: https://shop.r10s.jp/tsukumi-kenzai/cabinet/00540921/kiku2.jpg
引用: https://illustcut.com/box/life/tools/tonkachi01_06.png
ライターのガス抜きをしたくても、やり方を知らずに中身を出すためにカナヅチを使ってライターを割って処分しようとする人もいます。確かにカナヅチを使えば簡単に割れますが、中にガスが残ってると、割ったときに引火や爆発をすることも。なので割るのは簡単ではありますが、ライターを割るためにカナヅチは使わないようにしてください!
引用: http://www.city.fujinomiya.lg.jp/citizen/llti2b0000001uz1-img/lighterup.jpg
引用: http://www.city.kakogawa.lg.jp/ikkrwebBrowse/material/image/group/67/20131009-173031.jpg
使い捨てライターを処分するのが面倒なことは、行政側も把握をしているので、地域によっては公民館に回収ボックスが設置されてたり、役所などにも回収ボックスが設置されてたりします。回収ボックスがあるなら、多くの使い捨てライターでも、回収ボックスに入れれば一度に処分できるので簡単です。回収ボックスがある地域なら、簡単に処分できる回収ボックスを積極的に使いましょう。
引用: http://www.toshimaen.co.jp/img/event_fleamarket_001.jpg
引用: http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/basic/service/img/ill11_01.jpg
1回も使っていない未使用のライターは、無理に処分をするようなことをしなくても、フリーマーケットであったりネットオークションサイトなどを使って売ったり、譲渡をしたりすることも可能です。売るのであれば、なかなか売れないかもしれませんが、無料なら簡単に引き取り手が見つかります。タバコを吸う人であればライターは必要なアイテムなので、ライターがいらないか聞いてみるとライターをもらってくれることが多くなっています。
引用: https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-f3-49/pjpbh832/folder/910600/54/20534954/img_0
もし処分したいのが高級ライターの場合はゴミとして捨てずに、業者に売却できるか聞いてみましょう。高級ライターの場合は少しの傷がある場合でも数万円の値段で買い取ってくれることもあります。なので家の中などから明らかに使い捨てライターではないライターが出てきたけど、高級なライターなのかどうかわからないのであれば、まずはそのライターがどういうライターなのか調べてみたり、業者に聞いてみたりするとお金になることがあるので、確認をしてみるのがおすすめです。
引用: https://yorozu-yokohama-company.com/blog/wp-content/uploads/2011051909240017e.jpg
家に大量のライターがあるなら、業者にお願いして処分することも可能です。業者にお願いする場合は、まず近くの不用品回収業者を調べなければいけません。インターネットなら、住んでいる地域名に不用品回収のワードを使って検索をしてみましょう。業者の連絡先を見つけたら、自分が住んでいる場所や回収をしてもらいたい、ライターの量や状態を業者に伝えて、業者に回収可能か聞きましょう。この方法はお金は必要ですが、大量のライターを一度に処分することができるので、一気に家の中をスッキリさせることができます。
引用: https://img.sirabee.com/wp/wp-content/uploads/2017/03/23112449/ThinkstockPhotos-511661096_compressed-600x400.jpg
ライターは危険性が高いので、郵便や宅配便で送ることは禁止されていることが多くなっています。なのでネットオークションなどを利用して、ライターの売却をしようと考えているのであれば、基本的には落札者にライターを渡すときには手渡しにするなど、危険性が高い方法は使わないようにすることが重要です。
引用: https://i1.wp.com/smilylife6.com/wp-content/uploads/2017/06/_1497102879-e1497102907494.jpg?resize=500%2C333&ssl=1
ライターはちゃんとガス抜きをしないと火事が起きることも珍しくないので、ちゃんとガス抜きをしましょう。またしっかりと自治体のルールを確認して、ライターを処分することも重要です。もし捨てるためにわからないことがあるのなら、メーカーとか自治体などに問い合わせてみましょう。ライターは便利ですが危険性もあるので、取り扱いには気をつけて、ルールをちゃんと守って処分しましょう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41lk20jTjlL.jpg