// FourM
B2ogv1poamt1dm1pd6b8

シングル

CATEGORY | シングル

シングルクォーテーションとアポストロフィの違い【レポートで使える】

2018.10.02

皆さんはシングルクォーテーションとアポストロフィの違いについてご存知ですか?クォーテーションとアポストロフィは似ていることから違いをご存じない方も多いのですが、実は微妙な違いが存在するので、シングルクォーテーションとアポストロフィの違いについて紹介します。

  1. シングルクォーテーションとアポストロフィの違いは存在する!
  2. シングルクォーテーションとは?
  3. アポストロフィとは?
  4. シングルクォーテーション以外にもダブルクォーテーションが存在!
  5. シングルクォーテーションとアポストロフィどちらが使われることが多い?
  6. 【まとめ】シングルクォーテーションを把握して使おう
引用: https://www.earthlink.co.jp/manage/wp-content/uploads/2014/02/m.gif
シングルクォーテーションとアポストロフィの違いをご存知ですか?アポストロフィは「’」シングルクォーテーションは「’」と表すのですが、どちらもかなり似ていることから同じものだと思っている人も多いです。しかし、実はこのシングルクォーテーションとアポストロフィには違いが存在します。今回はそのようなシングルクォーテーションとアポストロフィの違いについてご紹介します。
引用: https://www.intrix.co.jp/blog/wp-content/uploads/2018/05/apostrohe-punctuation.png
まず最初にご紹介するのはシングルクォーテーションについてです。シングルクォーテーションは先程もご紹介したように「’」と表します。上記の画像の3つのうちならシングルクォーテーションは真ん中で「引用符」という意味です。他のよりも引用符を使うことによってさらに強調させる事が可能で、シングルクォーテーションは強調させたい部分の文頭と文末につけます。そのため、’引用符’というような使い方を行います。
引用: https://www.dascorp.co.jp/wp/wp-content/uploads/2016/04/160401_des-01.gif
シングルクォーテーションは引用符ということをご紹介しましたが、シングルクォーテーションは上記の画像のようにお互いが向き合った形で表す場合もあります。しかし、意味合いはどちらも同じで引用符として使い、強調したいときに文頭と文末に使って文をより強いメッセージ性を持たして表すことができます。
引用: https://specaid.net/storage/2017/09/comma-and-apostrophe_2x-700x525.png
次にご紹介するのはアポストロフィです。アポストロフィはシングルクォーテーションと一緒に見られることが多いのですが、アポストロフィは「’」と表します。実際に書く際にはシングルクォーテーションと同じような書き方をすることが多いのですが、アポストロフィは英文などに利用されることが多いです。そのため、シングルクォーテーションのような引用符とは違い短縮文字として使われうことが多いです。
引用: http://4.bp.blogspot.com/-pedeEDFd6kc/Te_LfoV_olI/AAAAAAAAAK4/ggL56stKj38/s320/80_03.jpg
アポストロフィは英文で使われることが多いとご紹介しましたが、上記の画像のような年数を表したい場合に使うも多いです。さらに、具体的にわかりやすく言えば、「you are」という英文を使う場合アポストロフィを加えて「you're」と略す場合や「can not」を「can't」と表す場合があると思います。このような省略形の記号として使われるのがアポストロフィになります。
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/okashi3/20170628/20170628095911.png
シングルクォーテーションについてご紹介しましたが、シングルクォーテーション以外にも上記の画像のようなダブルクォーテーションも存在します。ダブルになるとより強調された意味合いにはなるのですが、シングルクォーテーションと同様に引用符として使われることが多いです。
引用: https://webskillup.com/wp-content/uploads/quarto.gif
ダブルクォーテーションの場合は文頭と文末に両方使います。そのため、シングルクォーテーションと使い方は一緒というイメージでいると間違いないです。正確に言えばIT関連の仕事をする際にはシングルクォーテーションとダブルクォーテーションの場合違いが出てきます。その違いとされているのがシングルクォーテーションの場合は変数の内容を表示できないのに比べてダブルクォーテーションは変数の表示が可能です。そのため、使い分けることが必要になります。
引用: https://i2.wp.com/y-harada.net/wordpress/wp-content/uploads/2018/02/180218_quote.png?resize=400%2C137&ssl=1
シングルクォーテーションとダブルクォーテーションについてもご紹介していますが、アポストロフィとシングルクォーテーションは場所によって使用する頻度がやはり異なります。英文などを使用する際にはアポストロフィをより多く使用するというイメージでいると間違いないです。強調したい文などがある場合はシングルクォーテーションやダブルクォーテーションを使用するようにしましょう。
引用: https://www.uslf.jp/wp-content/uploads/2017/01/head_service04.jpg
IT関連の仕事をする際にはプログラミング言語やExcelなどを使うと思いますが、このような場合はシングルクォーテーションやダブルクォーテーションを使うことが多いです。しかし、先程も触れたようにシングルクォーテーションやダブルクォーテーションでも意味がこの場合異なるので、注意するようにしましょう。
引用: https://love-guava.com/wp-content/uploads/2014/04/201404_0360.png
今回はシングルクォーテーションについてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。キーボードなどで入力する際にはシングルクォーテーションもアポストロフィもどちらも「’」と表すのですが、使い方によって読み方や意味が大きく異なります。そのため、しっかりと意味を把握して使用するようにしましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pbs.twimg.com/profile_images/378800000730830762/c2e78b32749c1e70103a0265a97f0b8f.jpeg