B5ctjxekzktnggsw0oxb

インテリアコーディネート

CATEGORY | インテリアコーディネート

ラグの選び方!おすすめの色や素材、サイズとは?おすすめラグも!

2018.09.30

部屋をオシャレに飾ることもできるラグの選び方とおすすめの色をチェックしよう。一人暮らしの人なら、ワンルームの部屋を綺麗な色で演出できる。ラグ素材の選び方やおすすめのサイズ感、色なども含めて、一人暮らしのひとにおすすめのラグの選び方をご紹介しよう!

  1. 色やサイズが気になる!おすすめのラグの選び方とは?
  2. ラグを部屋に敷こう!色鮮やかに床を飾るラグのメリットとは?
  3. おすすめの色のなどのラグの選び方を知る前に!ラグを敷くメリット①:椅子や机で床が傷つかない
  4. おすすめの色のなどのラグの選び方を知る前に!ラグを敷くメリット②:騒音の防止
  5. ワンルームで一人暮らしの人におすすめのラグ!その選び方と注意点とは?
  6. おすすめのラグの選び方と注意点①:サイズ
  7. おすすめのラグの選び方と注意点②:素材
  8. おすすめのラグの選び方と注意点③:購入後のケア
  9. おすすめのラグの選び方をチェックして、部屋にオシャレで最適なラグを敷こう!
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81CwDfG4hfL._SX355_.jpg
引用: https://img06.shop-pro.jp/PA01177/243/product/106231751_o1.jpg?cmsp_timestamp=20160820171556
ワンルームで一人暮らしをしている人でも、6から8畳ほどの広さがある部屋でも使うことができるラグ。部屋のオシャレなインテリアに合わせて最適のラグを選びたい。部屋を飾る以外にも、様々なメリットが有るラグだが、買ったことのない人なら、どんなサイズでどんな色のラグを購入すれば良いのかよくわからない人も多いハズ。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71%2BbezCp46L._SY355_.jpg
ワンルームで一人暮らしをしている人がラグを購入するときに注意したほうが良いポイントはどんなところなのだろうか。また、ラグを選ぶ際の色やサイズ、素材などはどんな種類のラインナップがあるのだろうか。部屋をおしゃれに飾るおすすめのラグの選び方をご紹介しよう!

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81sKq8r305L._SY355_.jpg
オシャレで色鮮やかなラグは、一人暮らしでワンルームなどに住む人や、同じくらいのサイズの部屋に住むひとにとってメリットも多い。サイズや素材感なども気になるところだが、まずはラグを敷く上でのメリットについてご紹介しよう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51WmIaT3bjL._SX355_.jpg
一人暮らしの人や、ワンルームマンションに住む人であれば、賃貸の人が多いはず。賃貸の場合は、自分の部屋が傷つかないように暮らすことが必須となる。そんなときに重宝するのがラグ。部屋にちょうどいいサイズのラグを敷けば、机や椅子で床が傷ついたりするのを防いでくれる。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71Z%2BJjJvh3L._SX355_.jpg
ワンルームマンションに住む人などは、足音や物を落としたときの騒音が気になることもある。鉄骨造や木造のマンションなどに住んでいる人なら、ラグを導入することで気になる騒音を軽減する効果が期待できる。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51NT0XzOnxL._SY355_.jpg
ワンルームで一人暮らしをしている人の中には、ラグを購入することを検討している、またはこれから購入しようとしている人も居るのではないだろうか。オシャレなラグを選びたいところだが、部屋の広さなども考えると、どれくらいの大きさのものが最適なのだろうか?その他、ラグ購入の際に注意したい点をご紹介!
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81uBDAoCzhL._SY355_.jpg
一人暮らしをしている人であれば、あまり大きなサイズのラグを購入しても部屋との相性が良くない。机やベッドを置いているなら、その下に敷く必要がある。おすすめのラグサイズとしては、6畳間の人なら1.5畳程度のものがちょうどいい。空いているスペースにラグを敷くという認識であれば、手間もかからずおしゃれにラグを敷ける。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51rZm7jVTSL._SY355_.jpg
ラグの素材については、様々な素材のチョイスがある。おすすめとしては、上質なウールを使ったもの。ふわふわしている毛足も駄目になりにくく、丈夫で長持ちする。そのほか、季節によってもラグの素材を使い分けるのも方法の一つ。できれば、1年中使っていても違和感のないものが良いだろう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71ELglyojML._SX355_.jpg
購入後は、ラグを快適に使うためにも、ダニ対策は行っておきたい。高温に弱いダニは、アイロンを使ってラグをケアすることで死滅する。スチームを利用して、60度以上の高温を当てることを意識しよう。終わったらしっかり干すことも大事。また、コストは掛かるが、クリーニングに出すという方法もある。

関連記事

引用: https://img06.shop-pro.jp/PA01177/243/product/86202126_o1.jpg?20150126191551
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/810UXsj6C0L._SY355_.jpg
部屋のインテリアとして重宝するラグは、その色味や素材によって、部屋をオシャレに演出できる。それ以外にも、防音や床を傷つけずに守ってくれるメリットもある。おすすめのラグの選び方をチェックして、部屋にオシャレで最適なラグを敷こう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51oB-ZlaqdL._SY355_.jpg