// FourM
Vlmf1ah5bpoxeeyfb3bv

勉強

CATEGORY | 勉強

勉強に疲れた時の回復法は?気分転換や休憩でやる気を維持しよう!

2018.09.30

勉強をしていると避けられないのが疲れたという状態。疲れたまま勉強していても効率が悪くなってしまい困りますよね。そこで今回ここでは勉強に疲れた時の回復法をご紹介。気分転換のやり方や休憩の取り方、やる気回復法をお送りしていきます。勉強に疲れたときは試してください。

  1. 勉強に疲れた時の回復法を大特集!
  2. 【勉強に疲れた時の回復法】①王道の気分転換である散歩
  3. 【勉強に疲れた時の回復法】②近年注目を浴びているポモドーロ法
  4. 【勉強に疲れた時の回復法】③飲み物や食べ物でリラックス
  5. 【勉強に疲れた時の回復法】④眼精疲労はホットアイマスクで解決
  6. 【勉強に疲れた時の回復法】⑤入浴も気分転換におすすめ
  7. 【勉強に疲れた時の回復法】⑥疲労回復のためには短時間睡眠も効果的
  8. 【勉強に疲れた時の回復法】⑦糖分を摂取してやる気をアップ
  9. 【勉強に疲れた時の回復法】⑧休憩をとるときの注意点
  10. 勉強に疲れた時は休憩や気分転換でやる気を回復しよう!
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/150415392570_TP_V.jpg
勉強をしていて避けることができないのが「勉強疲れ」。疲れたまま勉強していても効率が悪くなってしまい、せっかく勉強していても無駄になってしまいがちです。そこで以下ではそんな勉強の疲れを回復させる方法を大特集!効果的なやる気アップの方法から、気分転換のやり方、休憩のポイントなどをまとめました。

外の空気を吸ってリフレッシュできる

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YUKA9V9A7615_TP_V4.jpg
まず最初にご紹介するのが「休憩の際に散歩をする」という方法です。勉強の疲れはその環境によって左右されますが、外の空気を吸うことのできる散歩は気分転換にぴったり。いつも同じ景色になりがちな勉強シーンをいったん離れることで精神的なストレスを軽減することができます。外の新鮮な空気は、脳に酸素を行きわたらせる効果も期待することができます。

全身の血行が良くなる効果も期待できる

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/E146_jyunnbiundousuru_TP_V4.jpg
散歩をすることで期待できるのは気分転換効果だけではありません。散歩は、軽い運動になるため、勉強で滞ってしまっていた血流を促進する効果もあるのです。血流が促進されることで、勉強疲れの原因となる肩こりや腰痛を緩和。脳への血流も活発になるため、すっきりした頭でまた勉強に向き合うことができるようになります。

25分+5分のサイクルで長時間勉強が可能に

勉強をする上では、「疲れにくい勉強方法を選ぶ」というのも重要となります。そこでおすすめなのがこちらの「ポモドーロ法」です。ポモドーロ法とは、ポモドーロと言われる25分の勉強時間と5分のショートブレイクを組み合わせる方法のこと。要するに25分勉強したら5分休んで、を繰り返す勉強法となります。25分という短い時間に設定されているため、集中して勉強しやすいのが特徴で、5分休憩をこまめに挟むため、疲れにくくなります。

アプリなども活用してみよう

引用: http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/y/yamaimo0625/20160202/20160202095903.png
こちらのポモドーロ法は、専用のアプリもリリースされているのでそちらもうまく利用しましょう。上記のアプリは「Be Focused」というアプリ。25分のタイマー機能はもちろんのこと、タスクの管理なども行える便利なアプリとなっています。

覚醒作用があるコーヒーや紅茶がおすすめ

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/ookawa1224IMGL1788_TP_V.jpg
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/B102_kukki-toocya_TP_V4.jpg
勉強に疲れた時には、食べ物や飲み物の力を借りるというのも一つの手段です。おすすめなのがカフェインが入っていて覚醒作用のあるコーヒーや紅茶など。カフェインの作用で勉強の疲れを一時的に感じさせなくしてくれるため、ここぞの時の追い込みにぴったりです。暖かいコーヒーや紅茶は、体を温めてリラックス効果も高くなります。

ビタミンCが含まれる食べ物で疲労回復

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAKUIMGL9540_TP_V.jpg
勉強に疲れた時には、ビタミンC入りの食品もおすすめ。ビタミンCは、ストレスを軽減する効果があるため、勉強疲れに効果を発揮してくれます。ビタミンCは、体内では合成することができず、ためておくこともできないため、適宜食事で摂取していきましょう。食事で補うのが難しい時には、サプリで補助をしてあげるのも良いでしょう。

目の疲れは勉強の大敵

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/OZPA87_megaitaindesu20130707_TP_V.jpg
勉強の疲れはまず最初に目にくるものです。目が疲れていると、集中もできず、勉強の効率がダウンしてしまいますよね。特にパソコンでの勉強を主体としている方は要注意。画面から発生するブルーライトは、目の神経を刺激して眼精疲労を引き起こしやすくさせます。

おすすめホットアイマスク

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81G9sBwD6xL._SL1200_.jpg
【まとめ買い】 めぐりズム 蒸気でホットアイマスク 完熟ゆずの香り 14枚入 ×2
価格 ¥ 1,920
目の疲れは、ホットアイマスクなどのグッズを使うことで軽減することができます。中でもおすすめかつ人気が高いのがこちらの「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」です。こちらは使い捨てタイプのホットアイマスクで、封を開くとじんわりと暖かくなるのが特徴。熱すぎない温度で、蒸気が発生するアイマスクとなっているので、目の疲れを癒しながら美肌効果なども期待することができます。

ストレス解消にも効果がある入浴

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/SAYAPAKU4747_TP_V.jpg
勉強に疲れた時には「入浴する」というのも重要な休憩の取り方です。入浴すると、全身の血行が良くなり、ストレス物質が排出されやすくなるばかりでなく、自律神経の働きも整うというのが嬉しいところ。自律神経の働きがよくなると、ぐっすり眠りやすくなったりなど勉強する体力を維持するのに役に立ちます。日ごろシャワーだけの方は、たまにはゆっくり湯船につかってみましょう。

熱すぎるよりは少しぬるめがおすすめ

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/HOTEL86_onsen20150221101452_TP_V.jpg
ちなみにお風呂の温度は、少しぬるめがおすすめ。熱すぎるお湯につかってしまうと、交感神経が優位になってしまいリラックスできないばかりでなく、体温をもとの温度に戻そうと体が頑張ってしまいかえって疲れてしまうことにもつながります。39~40度の温度に設定しておきましょう。

疲れた時には短時間睡眠を取り入れるのもおすすめ

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK82_deskdeneochi20140125_TP_V4.jpg
疲労を回復してやる気をアップさせる方法は、何といっても「睡眠」です。しかし、長時間寝るのは時間的にも制約が多いですよね。そこでおすすめなのが「短時間睡眠」。15~30分ほどの短時間睡眠をとると、意識がリセットされ、また新しい気持ちで勉強に向き合うことができます。医学的には10分ほどの睡眠でも、一時的な眠気を十分カバーできるといわれており、特に昼食後のどうしようもない眠気を対策するために効果的です。

眠りすぎには要注意

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PJMIMGL0285_TP_V.jpg
休憩で睡眠をとるときの注意点は「寝すぎないこと」。人間は30分以上睡眠をとってしまうと深い睡眠に移行するという性質を持っています。深い睡眠に入ってしまうと脳が本格的に休息モードになってしまうため、勉強に復帰するのが困難になります。休憩で睡眠をとるときには、15~30分程度を厳守するのが重要と言えるでしょう。

糖分はやる気をアップさせる効果あり

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/NAT86_eijishinbuntochoko_TP_V.jpg
一時的に勉強のやる気をアップさせるには「糖分をとる」というの良いでしょう。脳はブドウ糖という糖の一種をエネルギーを使って動いているため、それをお菓子などで補給してあげるとより活発に動くようになります。勉強で疲れた時にはチョコレートやアメをつまんでみましょう。注意したいのが、糖分はあくまで一時的に疲れを感じにくくさせているという点。根本的に疲れを吹き飛ばしているわけではないので、ひどい疲れの時には睡眠やしっかりとした食事をとるということを心がけましょう。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK86_mablechoko_TP_V.jpg

15分以上の休憩はかえって疲れる原因にも

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK85_nobiwosuruOL1292_TP_V4.jpg
勉強をしていて休憩をとるときの注意点ですが、「なるべく15分以内におさめる」というのが原則。それ以上休憩をとってしまうと、勉強の頭からリラックスモードの頭になってしまい、勉強に復帰するのが難しくなります。

休憩中は勉強と関係ないことをしよう

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAKU6233_TP_V.jpg
休憩中はなるべく勉強と関係のないことをするのもポイントの一つ。座りっぱなしのことが多いため、ストレッチなどで血行を促進したり、コリ対策をするとさらに勉強の質が上がります。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/kaigoIMGL7634_TP_V.jpg
以上、勉強に疲れた時のやる気回復法や気分転換のやり方などをご紹介いたしました。勉強では、その内容も重要ですが、実は休憩の取り方などもテクニックとして非常に大切になってきます。ぜひ皆様もこの記事を参考にして、効果的に休憩をとってみましょう。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/150415092468_TP_V.jpg