Qz4nelwkcktgbchb3swv

カロリー

CATEGORY | カロリー

コンビニホットスナックおすすめ商品【2018】商品がない時間帯に注意!

2019.03.20

各コンビニのホットスナックはおいしいものが多く2018年もおすすめです。今回はコンビニホットスナックおすすめ2018をご紹介。カロリーを比較しつつ、深夜時間はないなど注意点を確認しましょう!2018年のおすすめコンビニホットスナックを食べてみてください。

  1. 2018年おすすめのコンビニのホットスナックをご紹介!
  2. 2018年おすすめのコンビニのホットスナック①「アメリカンドッグ」
  3. 2018年おすすめのコンビニのホットスナック②「フライドチキン」
  4. 2018年おすすめのコンビニのホットスナック③「フランクフルト」
  5. 2018年おすすめのコンビニのホットスナック④「焼き鳥」
  6. 2018年おすすめのコンビニのホットスナック⑤「唐揚げ」
  7. 2018年おすすめのコンビニのホットスナック⑥「フライドポテト」
  8. 2018年おすすめのコンビニのホットスナック「その他」
  9. コンビニホットスナックは深夜など商品がない時間に注意!
  10. コンビニのホットスナックを食べよう!
コンビニに行くと必ずレジ横で見かけるのがホットスナック。お弁当や飲み物を買って帰ろうと思っても、気づいたら注文してしまうというコンビニの戦略にハマってしまうという方もたくさんいると思います。
そんなコンビニのホットスナックは小腹を満たすのには最適で、安価で購入出来るため購入したことがない方はいないと思います。カロリーは比較的高いでしょうが、おすすめです。
今回はそんなコンビニのホットスナックについて、おすすめのモノをご紹介。各コンビニが力を入れている同種製品などを並べつつ見ていきたいと思います。
アメリカンドッグとは、ソーセージを串に刺して衣などを図太くつけて油揚げした食品の1つ。コンビニにおける定番ホットスナックとして各社が力を入れています。ソーセージと揚げパンという組み合わせのため、カロリーは高めです。各社で好みが別れると思うので、比較してみてください。

セブンイレブンのアメリカンドッグ

セブンのアメリカンドッグは縦よりも横幅が少し太くなっている印象があります。ケチャップとマスタードがついてきて、長年人気スナックとしての地位を持ちます。

ローソンのアメリカンドッグ

ローソンはジャンボサイズ。

ミニストップ・ファミマ・サンクスにもあり

定番なだけあって、アメリカンドッグはセブンやローソンだけでなく主要コンビニのほとんどが取り揃えています。どこも多少の違いがあって面白いので、食べ比べしてみるのもおすすめです。
外はサクっと中は柔らかいフライドチキンは、鶏肉を揚げることで生まれるホットスナックの定番商品。各コンビニでは名称に個性を出しながら普通なモノ、辛いモノ、期間限定オリジナルなど違いを見せつけることで顧客獲得に奮闘しています。言わずもがな、カロリーは高いです。各社名前の違うフライドチキンなので、味や値段を比較してみてください。

ファミマの「ファミチキ」

フライドチキンの中でも特に人気が高いのはファミチキです。期間限定やノーマルなど行くごとに違った味があるのでおすすめ。

ローソンの「Lチキ」

さっぱりと食べられるLチキは、値段がフライドチキンの中では安くなっているのが特徴。Lチキ単体で食べるのはもちろん、専用のバンズが販売されているためハンバーグ感覚でも食べられます。

セブンの「ななチキ」

セブンのななチキは198円とその他コンビニと比較したら割高ですが、値段の分をおいしさに還元しているためフライドチキンの中でも一番おいしいと言われています。
長い棒に大きなソーセージをどかんと差し込んだホットスナックのフランクフルトは各コンビニの人気主力の1つです。アメリカンドッグと比較するとカロリーは低めです。

セブンの「スペシャルビックフランク」

パリっとした食感と肉のうまみが口に溶けだすのが魅力のフランクフルトを展開するのはセブンです。スタンダードなおいしさを十分に堪能できます。

ファミマの「ジャンボフランク」

ファミマのフランクフルトは当たりが出たらもう一本食べられるのが魅力。大きさは各コンビニと比較すると大きめになっていてボリューミーです。

ローソン「ジャイアントポークフランク」

ローソンとフランクフルトは他とは違ってブラックペッパーが効いた味わいが楽しめます。独自路線を走っているため、各コンビニと差別化が取れた逸品です。

ミニストップ「フランクフルト」

ミニストップはやや小ぶりで、女性の方でも残さずおいしくいただけます。小さい分安いので、他の食べ物と合わせがいするのも魅力。
ホットスナックとして気づいたら登場していたのが「焼き鳥」。いつからかコンビニでも見られるようになり、今では各コンビニに色んな味のモノが展開されるようになっていました。約とりにも種類があり、皮やもも、胸などがあります。胸は比較的カロリーが低めですね。

セブンの焼き鳥

脂身のあるセブンの焼き鳥はさっぱりといただけます。

ファミマの焼き鳥

ファミマの焼き鳥は大振りな見た目をしていて、バリエーションが豊富なのが魅力。それでいて安いのでおすすめです。

ローソン「でか焼き鳥」

ローソンの焼き鳥は大きくて美味しいのが特徴。名前に恥じない大きさで、タレ味と塩味が効いたものがあって食べやすくなっています。
コンビニ唐揚げは、それぞれ個性のある商品が展開されていてどれも差別化が図られているのが特徴的です。違いもわかりやすく、食べにて比較するのは楽しめます。こちらもフライドチキンと同じくカロリーは高めです。

ローソンの「からあげクン」

「からあげクン」といえば昔からある定番唐揚げ。名前を聞いた事がある方が大多数だと思います。種類が豊富で期間限定も多く、一口サイズで食べられるため食が進みます。

セブン「からあげ棒」

セブンのから揚げは串に大振りのから揚げが刺さって販売されているのが特徴的。サクッとした食感がおいしく、そこまで濃くないサッパリした味が楽しめます。
じゃがいもを揚げたフライドポテトはスティック状で手軽に食べられるため、小腹が空いた時に調整しながら食べられるのが魅力。
細いポテトから太めまで、各社こだわりのホットスナックを出しています。揚げ物であるためカロリーは高いでしょう。

ローソンのフライドポテト

食べやすい大きさになったローソンのフライドポテトは、ホクホク食感が楽しめるのが魅力的です。塩味は控えめになっていて、じゃがいもらしい味わいを楽しめます。

ミニストップのXフライドポテト

X字になっているのが特徴のミニストップのフライドポテトは、サクサク食感がおいしくなっています。

ファミマのファミポテ

ファミマのファミポテは他とそこまで変わらないようにも見えますが、味付けがマヨネーズ・ケチャップ・岩塩・チリなど豊富なバリエーションから選べるのが魅力です。

セブンイレブンのフライドポテト

セブンのポテトは味の効いたマッシュポテトを揚げる形で出来ているため、中までしっかりと味付けが出来ているのが特徴的。
今回紹介したのはおすすめのホットスナックですが、これ以外にもおいしそうなモノは各コンビニで展開されています。 特にミニストップなんかはその場でアツアツの出来立てを用意してくれたりするのでおすすめです。

肉まん

肉まんやあんまんなどは定番。各コンビニで期間限定ものなど色々出しているので楽しみの1つでしょう。

自販機

コンビニではないものの、ホットスナック専用の自販機を使ってみるのもおすすめです。
コンビニのホットスナックは魅力的なモノが多くいつでも食べたいと思いますが、注意しておきたいのが深夜など時間帯によってない可能性があることです。
深夜の時間にホットスナックがないのは基本的に「人が少ないから売れない」というのが大きな理由ではあるものの、ないと深夜時間にがっかりするでしょう。
深夜とは言ってもコンビニのホットスナックがない状態になるのは夜9時から朝の6時くらいの時間帯なので、想像よりも長い時間がないです。
深夜などない時間の場合でもお店によってはわざわざ揚げてくれる可能性はありますが、大抵は機械の掃除などと言われるのがほとんどです。
そこでコンビニのホットスナックを食べたいという場合であっても、深夜に行くようならあるかどうかには注意しておきましょう。
各コンビニが販売するホットスナックのおすすめや、購入時の時間帯の注意点などをご紹介しました。深夜でも作ってくれるコンビニも多いです。ついつい食べてしまうホットスナックは魅力的なモノが多いので、ぜひ色んなコンビニの同種製品おすすめを食べ比べなどしてみてください。全体的にカロリーは高いので、食べ過ぎには注意してくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BndBV-jFkVC/?tagged=%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%93%E3%83%8B%E3%83%9B%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83%83%E3%82%AF