Ondlsw3olxzuy5vdso2k

服装

CATEGORY | 服装

ハワイ3泊5日のおすすめモデルプラン紹介!これで持ち物・服装は完璧!

2018.10.02

海外に行きたい!けどスケジュールが取れない!そんな方へのおすすめが、3泊5日でも楽しめるハワイ!おすすめのモデルプランなら、短い滞在でもハワイを満喫できますよ。ハワイ3泊5日のモデルプランの予算から持ち物、気温に服装など3泊5日ハワイ旅行の「?」を解決します。

  1. ハワイは3泊5日のスケジュールでも十分楽しめる!
  2. ハワイ3泊5日モデルプランをおすすめする前に《予算は10万円前後から》
  3. ハワイ3泊5日モデルプランをおすすめする前に《意外とこんな持ち物があると便利》
  4. ハワイ3泊5日モデルプランをおすすめする前に《こんな服装で満喫しよう》
  5. ハワイを3泊5日で満喫!おすすめモデルプラン《ハワイ1日目はワイキキを満喫》
  6. ハワイを3泊5日で満喫!おすすめモデルプラン《ハワイ2日目は少し遠出してノースショアへ》
  7. ハワイを3泊5日で満喫!おすすめモデルプラン《ハワイ3日目は買い物デー》
  8. ハワイを3泊5日で満喫!おすすめモデルプラン《ハワイ最終日もギリギリまで満喫》
  9. ハワイを3泊5日で満喫!おすすめモデルプラン《アナザープランも超おすすめ》
  10. ゆとりの予算で3泊5日ハワイ旅行を存分に楽しもう!!
引用: https://img.travel.rakuten.co.jp/mytrip/content/ranking/sightseeing-hawaii/images/01_01_waikiki_.jpg
せっかくの海外旅行も、予算と休暇の関係で、スケジュールが3泊5日しか取れないとなると、少し不安に思う人もいるかもしれません。でも、コンパクトにまとまっているハワイなら、事前にプランをしっかり練ることで、3泊5日のようなショートスケジュールでもしっかり堪能できます。
引用: https://www.hawaii-arukikata.com/img/hiinfo/photo//waikikibeach/5.jpg
今回は3泊5日でハワイを楽しむモデルプランを紹介しながら、ハワイを楽しむコツをご紹介します。

関連記事

引用: https://i2.wp.com/isopon-hawaii.com/wp-content/uploads/2017/05/%E3%83%9B%E3%83%8E%E3%83%AB%E3%83%AB%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E7%A9%BA%E6%B8%AF.jpg?fit=640%2C480&ssl=1
3泊5日のハワイ旅行というと、気になるのが予算。ツアーで行く場合、予算は6万円台から20万円台と、日程やグレードにより幅があります。
引用: http://xn--cbk233gi1g79mz65b.jp/hawai/wp-content/uploads/2014/10/honoruru1.jpg
たとえば飛行機一つとっても、航空会社やシートクラスで、その費用は天から地まで。予算をなるべく抑えたいならエコノミークラスを使いたいところですが、短くても6時間はかかるハワイへのフライト。3泊5日のハワイ旅行を味わい尽くすなら、移動の機内ではぐっすり休みたいですよね。
引用: https://www.aviationwire.jp/wp-content/uploads/2016/06/160610_0666_777_jal_bc-640.jpg
そう考えると、予算をかけてでもビジネスクラスをチョイスしたいところです。機内のサービスはもちろん、空港でもラウンジが使えたりと、ゆとりのある過ごし方ができるのが、ビジネスクラスのメリットです。予算に余裕があるなら、飛行機のシートにもこだわりましょう。
引用: https://hajimete.hawaii-g.com/wp-content/uploads/2016/10/laggage-at-hnl.jpg
海外旅行というと、どうしても持ち物が増えがち。かといって、現地で買おうとすると、意外と値段が高くて困った経験がある人も多いのでは。そこで、3泊5日のハワイ旅行であると便利な持ち物をピックアップしてみました。

ハワイであると便利な持ち物①雨具

引用: https://green.xgoo.jp/cdn/column/upload/img/thumbnail/yamahack/yamahack-1328.jpg
まずは雨具。意外かもしれませんが、スコールもあり、何日も雨が続くことも、ハワイでは決して珍しくありません。コンパクトにまとまるカッパをバッグに忍ばせておけば、いざというときに安心です。

ハワイであると便利な持ち物②洗剤

引用: https://shop.r10s.jp/auc-sp-gift/cabinet/02607023/03201936/imgrc0069876676.jpg
ハワイのホテルの多くは、コインランドリーを備えています。そこで洗濯できれば、持って行く服を減らすこともできますよね。ビーチなどで意外と服装が汚れることもあるので、洗剤や柔軟剤を持ち物に加えておくと、役立ちますよ。

ハワイであると便利な持ち物③スリッパ

引用: https://www.hotelwing.co.jp/ikebukuro/wp-content/uploads/2017/09/%E3%80%90%E5%82%99%E5%93%81%E3%80%91%E3%83%93%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E4%BD%BF%E3%81%84%E6%8D%A8%E3%81%A6%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%91.jpg
日本とは違い、ハワイのホテルでは、スリッパを常備していないところがほとんど。土足文化のアメリカとはいえ、ホテルの室内くらいは靴を脱いでリラックスしたいですよね。そんなとき、使い捨てでいいのでスリッパがあれば、気分も楽になります。
引用: http://www.familyphoto-hawaii.com/img/plan/coupletour/top_03.jpg
ハワイの気温は、年中20度を下回ることがない常夏アイランド。なので、服装のベースは半袖になります。
引用: https://i2.wp.com/alohasmile-hawaii.com/wp-content/uploads/2017/09/4de76a2fd718eb27dc182bb4e49cd9fa.png?w=637&ssl=1

男性の服装は短パン・半袖シャツ

引用: https://feel-aloha.jp/wp-content/uploads/2018/02/icat2.jpg
男性の服装は、半袖のTシャツやポロシャツに、ショートパンツがベストチョイス。また、ハワイは日差しが強いので、サングラスや帽子も欲しいところです。

女性の服装はショーパン・ノースリーブ

引用: https://i1.wp.com/alohasmile-hawaii.com/wp-content/uploads/2017/06/iStock-495576744.jpg
女性の服装も、基本は男性と同じく半袖シャツやショートパンツでOK。また、ノースリーブのワンピースなどもハワイ旅行ではおすすめです。ただし、ショッピングセンターなどでは冷房が思った以上に効いているので、羽織れるパーカーやストールもあると安心です。

涼しい季節は長袖も用意を

引用: http://hawaii-tour.xyz/wp-content/uploads/2017/07/squall.jpg
気温が年間を通して暖かいハワイですが、いわゆる雨季は、気温も低くなりがち。日本の猛暑をイメージしていくと、気温と天候のギャップに驚くかもしれません。
引用: https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/bfa0321cd07f5eb5af567bbd1acaed06/5C2218FF/t51.2885-15/e35/29094581_782772958583838_1979059189841920000_n.jpg
気温が比較的涼しい季節に訪れるなら、半袖だけでは肌寒く感じるかもしれませんね。そんな低めの気温の季節は、半袖だけでなく、薄手の長袖シャツなど、保温もある程度できるような服装を準備しておきたいですね。
引用: http://aloha-life.info/wp-content/uploads/2016/06/image2-1.jpg
とはいっても、雪が降るような気温にはなりませんので、ダウンジャケットのような厚手の防寒準備は不要。事前に天気予報などで現地の天候や気温を確認して、快適に過ごせる服装を選びましょう。

関連記事

引用: https://cdn.4travel.jp/img/tcs/t/album/src/10/97/98/src_10979828.jpg
日本を夜に飛び立つと、ハワイ到着は翌日の朝。そんな3泊5日ハワイ旅行の初日は、ハワイの中心地であるワイキキを満喫するスケジュールを組んでみました。
引用: https://www.hawaii-arukikata.com/wp-img/2014/07/dh1.jpg
まずはお馴染みダイヤモンドヘッド。初心者向けのトレイルルートがあり、頂上からのハワイの眺望は格別です。また、冬シーズンなら頂上から日の出を拝むこともできます。もしそんな日の出を楽しむなら、ダイヤモンドヘッドトレイルはハワイ2日目や3日目に組み込むスケジュールをおすすめします。
引用: https://cdn.4travel.jp/img/tcs/t/album/src/11/03/47/src_11034791.jpg
山に登ったあとは、海も満喫。アラモアナビーチパークから、幻想的なサンセットをゆったり味わいましょう。日中も楽しいコースですが、夕暮れ時の景色は絶景。日本では味わえない、ハワイならではの優雅な景色を堪能しましょう。
引用: http://alohapost.info/wp-content/uploads/2016/11/15802258_746771532153175_6805711194767228928_n-810x539.jpg
3泊5日ハワイ旅行の2日目は、せっかくなので少し遠くまで足を伸ばし、ノースショアへ行ってみませんか。いま勢いがあるハレイワエリアで、朝ごはんから満喫してみましょう。
引用: http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/11/0000382611/92/imga03d1589zikezj.jpeg
ハレイワは、かわいい雑貨店やカフェが多い街として日本人には知られていますが、サーファーが多く集まるビーチもあります。ハレイワ・ビーチパークは、穏やかで落ち着いた雰囲気ながら、豪快なサーファーの妙技も楽しめます。ビッグウェーブに興奮するもよし、波の音に癒されるもよし、贅沢な時間がそこに流れています。
引用: https://hawaii-okinawa-trip.com/wp-content/uploads/2016/03/foodpic7271686.jpg
ハレイワに来たら、お昼はガーリックシュリンプでお腹を満たしませんか。ハワイの定番B級グルメとして知られるガーリックシュリンプは、にんにくベースのソースでエビを炒めた一品。ジョバンニをはじめ、名店揃いのハレイワで、美味しい料理に舌鼓を打ちましょう。
引用: https://www.kaukauhawaii.com/wp-content/uploads/sites/1/2014/12/DSC_1061-2.jpg
そして、もうひとつハレイワに来たなら、立ち寄りたいのがシェイブアイスの名店、マツモト・シェイブアイス。インスタ映えするメニューで、旅自慢してみませんか。
引用: https://www.compathy.net/magazine/wp-content/uploads/2016/07/alamoana.jpg
3泊5日ハワイ旅行の最終日にお土産を買っていると、目移りばかりして、欲しいものを買いそびれる、なんてこともしばしば。そこで、ハワイ3日目は買い物しまくる日に決めてしまう、そんなスケジュールはいかがですか。
引用: https://i0.wp.com/lighthouse-hawaii.com/hi0022/hawaii_tmpl/uploads/2017/03/AlaMoana_eyecatche.jpg
まずは、ハワイ最大級のショッピングセンターであるアラモアナ・ショッピングセンター。日本ではお目にかかれないブランドも多く、ここだけで1日つぶれてしまうかもしれないほど。ハワイの中心ワイキキから近いので、アクセスもしやすく、なんでもそろいますよ。
引用: https://child-tabi.com/wp-content/uploads/2017/08/wwssdd-1183x720.jpg
お得に目がないあなたなら、ワイケレ・プレミアム・アウトレットもおすすめ。ワイキキからはシャトルバスでラクラク訪れることができます。アウトレットは、なんといってもその安さが魅力。日本で買う半額で手に入るアイテムも少なくないので、つい買いすぎてしまうなんてことも。USブランドをお得に買うなら、要チェックのスポットですよ。
引用: http://highfive-aloha.com/wp-content/uploads/2016/04/219.jpg
日本に戻る日も、スケジュールのギリギリまで、ハワイをしゃぶりつくしたいですよね。そこで、ハワイらしい朝ごはんで締めてみては。ハワイ定番のマラサダは、レナーズベーカリーで。早朝から営業しているので、午前便で帰る人でも購入可能。シュガーやシナモンをまぶしたマサラダで、3泊5日ハワイ旅行の最終日も気持ちよく過ごしましょう。
引用: https://cdn.4travel.jp/img/tcs/t/pict/src/46/52/87/src_46528761.jpg
また、午後までスケジュールに余裕があるようなら、クヒオビーチでのんびり過ごすのもおすすめ。ワイキキから歩いて行けるビーチで、日本に帰る前に、もう一度ハワイの風に吹かれてみませんか。
引用: https://d2znjoo7p8l5rk.cloudfront.net/column_cover/news/2193/17012809011186229.jpg
さて、3泊5日のハワイ旅行モデルプランをご紹介しましたが、ハワイの魅力はこれでは終わりません。まだまだ味わいつくせない、ハワイの魅力スポットをご紹介しましょう。
引用: https://highfive-aloha.com/wp-content/uploads/2015/12/ad2f1f99b41cbcf7c385bd72759501452-825x510.jpg
ハワイの夜景を楽しむなら、タンタラスの丘がベストスポット。海もきれいですが、丘から眺めるホノルルシティの夜景は、これまた日本では味わえない独特な雰囲気。そして、日中に訪れても、街と海を一望できるので、昼夜2回訪れる人も少なくありません。
引用: https://highfive-aloha.com/wp-content/uploads/2015/11/0000.jpg
また、マウイ島に足を伸ばせるなら、ぜひ訪れたいのがハレアカラ山。徒歩はもちろん、車で頂上まで行くこともでき、絶滅危惧種の貴重な植物にも出会えるエリアです。サンライズやサンセットの時間に合わせて訪れれば、非日常の世界を体験できますよ。
引用: https://x.hankyu-travel.com/photo_db/image_search_kikan5.php?p_photo_mno=00000-EBP09-10475.jpg
ハワイは、3泊5日のスケジュールでも、思う存分楽しめるエリアです。だからこそ、予算には余裕を持ちたいところ。急にプランを変えたいなんてときにも、ゆとりがあれば柔軟なプラン変更も可能です。
引用: https://tabippo.net/wp-content/uploads/20170228165243/shutterstock_557636224-680x437.jpg
せっかくのお休みは、3泊5日のハワイで心も体もゆったり過ごしてみてはいかがですか。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://konkatu-blog.com/wp-content/uploads/2017/11/hawaii-4.jpg