Kvic2u3k0vcrnjouhwjt

キッチン収納

CATEGORY | キッチン収納

食物繊維の多い野菜ランキング!野菜のおいしい食べ方・簡単レシピも!

2018.09.21

食物繊維の多い野菜ランキングということで、皆さんは普段から食物繊維は摂取していますか。野菜の食べ方によってはおいしいものや、レシピによって簡単に効果を高めることができるものもあります。今回はそんな食物繊維の多い野菜をランキングで紹介します。

  1. 食物繊維の多い野菜ランキングについて
  2. 食物繊維の多い野菜ランキング第10位:もやし
  3. 食物繊維の多い野菜ランキング第9位:キャベツ
  4. 食物繊維の多い野菜ランキング第8位:まいたけ
  5. 食物繊維の多い野菜ランキング第7位:さつまいも
  6. 食物繊維の多い野菜ランキング第6位:人参
  7. 食物繊維の多い野菜ランキング第5位:ニラ
  8. 食物繊維の多い野菜ランキング第4位:大根
  9. 食物繊維の多い野菜ランキング第3位:オクラ
  10. 食物繊維の多い野菜ランキング第2位:かぼちゃ
  11. 食物繊維の多い野菜ランキング第1位:ごぼう
  12. 食物繊維の多い野菜はレシピ次第で効果倍増
皆さんは普段の生活で食物繊維をとっていますか。他の栄養素とは違い体内には吸収されないものの、町内環境を整える上では非常に有効な栄養素である食物繊維は、野菜などに多く含まれています。食物繊維が多く含まれている野菜は簡単に食物繊維を摂取することができ、おいしい食べ方やレシピで、さらに効果的に食物繊維を摂取することも可能となります。最近は栄養が偏った食生活を送る人が多く、どうしても便秘などに悩まされるという人も少なくありません。今回はそんな食物繊維の多い野菜をランキング形式で紹介し、さらには簡単で効果があり、それでいておいしいレシピや食べ方についてもあわせて紹介していきます。
引用: https://production-orp.s3.amazonaws.com/uploads/ckeditor/pictures/612/shokumotsusenni_content.png
引用: https://imgc.eximg.jp/i=https%253A%252F%252Fs.eximg.jp%252Fexpub%252Ffeed%252FGODMake%252F2017%252FGODMake_123263%252FGODMake_123263_led-design43-720x477_1.jpg,small=600,quality=80,type=jpg

関連記事

野菜の値段の高騰が問題となっている現在において、最も安く、そして簡単に食物繊維を摂取できる食物繊維の多い野菜として人気があるのがもやしです。もやしの特徴はなんと言っても価格が安いことです。もやしはいためたりしても変な味が残るからあまり好きではないという人も中にはいますが、おいしい食べ方としては、燃やしに付いている種のような部分をとるだけで、簡単においしく食べることができます。もちろん効果が半減したりするということもありません。レシピとしてもかなりレパートリーがあり、例えばもやしのゴマ和えであったり、燃やし炒めなど、簡単でありながらもおいしいレシピや食べ方があり、効果的に食物繊維をとることができます。
引用: https://moneyforward.com/media/wp-content/uploads/sites/2/2017/04/moyashi.jpg
引用: https://www.sirogohan.com/_files/recipe/images/moyasi/moyasiyoko2.JPG
昔とある飲み物の撮影で、キャベツは食物繊維が豊富に含まれていることを知り、定食屋でキャベツの千切りのみをおかわりする客がいて、料理人が一生懸命キャベツの千切りを作っているというCMを見たことがある人もいるはずです。それくらい実はキャベツは食物繊維の多い野菜です。簡単な食べ方としては、揚げ物などについてくるキャベツの千切りですが、それ以外にもおいしいレシピは多くあります。その中でも有名なものが、ロールキャベツです。ロールキャベツで効果的に、そしておいしく摂取することで、効率よく食物繊維を摂取することも可能となっています。
引用: http://www.kagome.co.jp/library/vegeday/img/vegetables/img_cabbage_main.jpg
引用: https://www.sirogohan.com/_files/recipe/images/ro-rukyabetu/ro-rukyabetu9915.JPG
まいたけってブナシメジと比べるとあまりレシピが多く無さそうで、簡単でおいしい食べ方なんてあるのだろうか、と考える人も多いはずです。しかし最近では、まいたけを使用したレシピというのは増えてきています。まいたけも食物繊維が多く含まれており、便秘にも効果があるといわれています。しかしブナシメジと比べると、イメージ的にレシピのレパートリーは少なくなってしまいます。しかしその分鍋の具材として投入したり、シンプルに鉄板焼きにするという人もいるなど、まいたけのおいしい食べ方というのは、ここ最近で急激に増えつつあります。普段の料理でもまいたけを使ったレシピを作ってみてはいかがでしょうか。
引用: https://happylife-ikuzi.net/wp-content/uploads/2018/07/6cbfcbfbe4d7795833400ae558052e7d_s.jpg
引用: https://www.ichimasa.co.jp/outputt_image/ImageView_recipe_image.asp?id=357
これからの時期になると食べたくなるさつまいも。こちらもかなり食物繊維の多い野菜として有名です。さつまいものおいしい食べ方として有名なレシピといえば、真っ先に思いつくものとして焼き芋です。焼いただけであるにもかかわらず甘みがあり、おいしく食物繊維を摂取するにはかなり効果的です。最近ではスイートポテトや、給食などでも出てくるほど根強い人気である大学いもなどもレシピとしては人気があります。特に大学いもに関しては、最近では家庭でも手軽に作ることができる簡単レシピが多く出てきており、人気が上昇しています。
引用: https://cdn.macaro-ni.jp/image/summary/37/37257/52a151d0d9a47104c78faec27dc2fd40.jpg
引用: https://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/3/11dbd4d9cf4cbe52d61377d60c0ffb42e98a68d0.33.1.3.2.jpg?thum=58
カレーやシチューの具材として入ると問題ないものの、それ以外のレシピになるととたんに子供から嫌われることが多い人参。そんな人参も実は食物繊維が多い野菜なのです。人参などの緑黄色野菜というのは、栄養価が非常に高い野菜といわれており、食物繊維はもちろん、栄養が多い野菜として知られています。そんな人参のおいしい食べ方としてここ最近話題を呼んでいるのが、にんじんしりしりです。沖縄の郷土料理であるにんじんしりしりは、ツナ缶と混ぜることでさらにおいしくなります。また、大量に作っておけば保存食としてもうってつけであるため、毎日の食事の添え物としても丁度良い一品です。
引用: http://korekininaruyone.com/wp-content/uploads/2016/12/42-3.jpg
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/708989/280/a9df6cfaa25b648aa0d99bcad9e2cdd0.jpg?u=32252&p=1231280719

関連記事

残暑が厳しい季節、ともいえないほど夏の暑さはかなり和らいできましたが、それでもなぜか疲れが取れなかったり、ばてているような状態になっているという人も多いはずです。そんなときにはニラです。ニラも実は食物繊維が豊富に含まれており、スタミナをつけると同時に、腸内の環境を整えてくれるという優れものです。ニラを使ったおいしいレシピといえば、まずは餃子です。そのほかにも簡単にできるおいしい食べ方としては、ニラ玉などもかなり有名です。レバーなどが好きだという人はニラレバもおすすめです。本格的な秋に入っても、ニラは人気の野菜であることは変わりません。
引用: http://www.daichi-m.co.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/10/DS-01214089-02A.jpg
引用: https://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/3/313831a352e76a1f11085541858c10eb3b7251d5.93.2.3.2.jpg?thum=58
おでんの具材として絶対的な人気を誇る大根。実は大根も食物繊維が豊富に含まれています。最近では糖質制限ダイエットというものが流行っており、大根は糖質制限ダイエットにおいてかなりおすすめの食材として人気ですが、食物繊維も豊富に含まれているため、毎日食べることで腸内環境が改善され、便秘なども治ります。そんな大根のおいしい食べ方としては、おでんです。これからの時期気温が低くなるにつれて、おでんのおいしさはより格別なものになります。そのほかにもふろふき大根などの暖かい料理に用いることができたり、たくあんなども大根を使用しているため、毎日の食事のパートナーとしてもおすすめです。
引用: http://www.kagome.co.jp/library/vegeday/img/vegetables/img_radish_main.jpg
引用: https://image.excite.co.jp/jp/erecipe/recipe/1/b/1b25e4b9ede8fe8588a3096e2842a3ca/a7c6d5931b46003ea166ae07023a8a51.jpeg
牛丼屋などのトッピングとしても人気があるオクラ。ねばねばが特徴であるオクラも実は食物繊維の多い野菜です。おいしい食べ方としては、やはり生で食べることが一番です。生のオクラを輪切りにし、そして牛丼などに載せれば、牛丼の豊かな味わいにオクラのねばねばが加わり、癖になること間違いありません。さらにおいしく食べるには、ゆでるのも一番です。ゆでるときはオクラを切る前にゆでてしまい、ゆでた後に着ることで、生で食べるオクラよりもさらにおいしく食べることができます。
引用: https://tguchi.s3.amazonaws.com/uploads/topic/image/4858/retina_pixta_1751092_S.jpg
引用: https://image.walkerplus.com/lettuce/img/dish/1/5088_0_0.jpg?x=450
秋の味覚の野菜部門の代表格であるかぼちゃ。こちらも人参と同じく緑黄色野菜のひとつとして数えられており、食物繊維が多い野菜です。また食物繊維以外にも、ビタミンAやカロテンなども豊富に含まれているため、風などの病気を予防する体を作ることもできます。かぼちゃもさまざまなレシピが出ており、かぼちゃのコロッケやかぼちゃを使ったお菓子などは子供からも人気です。その中でもかぼちゃの煮物は、昔からおふくろの味として親しまれており、特に最近では常備菜としても人気があるほどです。ハロウィンでかぼちゃもって騒ぐのもよいですが、食べて食物繊維を摂取したほうがなおよいでしょう。
引用: http://recipe.suntory.co.jp/data/special/002_img/1307top_02.jpg
引用: https://production-orp.s3.amazonaws.com/uploads/recipes/image/0000133563/20131003152433_w300hf.jpg
ここまで色々な野菜を紹介しましたが、このランキング堂々の1位として選ばれた野菜は、ごぼうです。どれだけ緑黄色野菜のひとつだといわれても、食物繊維の多さに関しては、ごぼうの右に出るものはいません。それくらい圧倒的な食物繊維の量を含んでおり、食物繊維の多い野菜としても真っ先にあがるほど有名です。そんなごぼうのレシピは、やはりきんぴらごぼうです。毎日の食事としてだけでなく、お弁当のおかずにも使えるほどの万能なレシピです。そのほかにも冬になるとどうしても食べたくなる豚汁の具材としてもぴったりであり、これからの時期多くの人はごぼうを食べることになるはずです。
引用: https://img.furusato-tax.jp/img/x/product/details/20171201/pd_cf1f9a49b2b900aae9b87061c40f551cc0e135ce.jpg
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/1743175/280/a55242573246dfc275cfc8d7fc974340.jpg?u=3197048&p=1338097666
いかがでしたか。今回は食物繊維の多い野菜をいくつか紹介しました。やはり食物繊維の多い野菜を語る上でごぼうは欠かせない存在です。それほど食物繊維が多く、レシピも幅広い野菜となると、ごぼうがやはり一番です。もちろんそれ以外の野菜も多く食物繊維が含まれています。特にもやしに関しては、野菜の価格高騰が問題となっている現在において貴重な安価の野菜ということで人気があり、栄養価もそれなりに高いことから、一人暮らしの人から家族暮らしの人まで、多くの人に人気があります。皆さんも普段の食生活に、食物繊維の多い野菜を取り入れてみてはいかがでしょうか。
引用: http://www.euglena.jp/midorijiru/column/wp-content/uploads/2017/08/dietary-fiber.jpg
引用: https://basefood.co.jp/magazine/wp-content/uploads/2018/05/%E9%A3%9F%E7%89%A9%E7%B9%8A%E7%B6%AD_01.jpeg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.otsuka.co.jp/health-and-illness/fiber/img/index_im01.png