Vmomlcvcssrhbezasjnw

平均

CATEGORY | 平均

冬のエアコン設定温度はどうする?平均温度で節電・電気代節約!

2018.09.21

皆さんは冬のエアコンの設定温度はいくらにしていますか?冬は外が寒いため、ついつい温かい設定温度にしてしまいがちですが、他の季節の平均より電気代がとても高くなります。もちろん節電・節約したい人にとっては痛手なのですが、冬のエアコンの設定温度について紹介します。

  1. 冬の季節の設定温度はどうしている?
  2. エアコンの設定温度の違いで電気代が大きく違う!
  3. 節電・節約したい人のおすすめの冬の設定温度とは?
  4. 冬のエアコンでも効率よく節電・節約する方法はこちら!
  5. 冬のエアコンで効率よく節電・節約する方法① 設定温度を外の気温に近づける
  6. 冬のエアコンで効率よく節電・節約する方法② エアコンを新しいものにする
  7. 冬のエアコンで効率よく節電・節約する方法③ 適切な広さでエアコンを使う
  8. 冬のエアコンで効率よく節電・節約する方法④ 自動運転にする
  9. 冬のエアコンで効率よく節電・節約する方法⑤ 風向きを下向きに設定する
  10. エアコンの設定温度と合わせて行ってほしいおすすめの方法はこちら!
  11. エアコンの設定温度を助けるおすすめの方法① 窓を断熱素材にする
  12. エアコンの設定温度を助けるおすすめの方法② こたつなどを使う
  13. エアコンの設定温度を助けるおすすめの方法③ 他の家電も合わせて使う
  14. 【まとめ】エアコンの設定温度を平均値にして節電しよう!
引用: https://www.4900.co.jp/smarticle/wp-content/uploads/2017/08/7963-00026-1-728x450.jpg
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTUzyE_Uw49n6cIpZYqSPO-ZDbyUN8fzQpUzxe2TRTRguzeD_MyOQ
冬の季節は皆さんどのように過ごしていますか?地域によって寒暖差はあると思いますが、多くの地域でやはり冬は寒いと思います。特に東北地方などは雪国とも言われているほどで、雪が降って道路が凍るほど寒いのですが、そのような場所以外でも冬は寒いと思います。しかし、寒いからと言ってエアコンの暖房を使いすぎると電気代がとても高くて問題にもなりやすいです。今回はそのような冬のエアコンについてご紹介したいと思います。

関連記事

引用: http://osharenaseikatsu.info/wp-content/uploads/2014/09/01.jpg
冬にエアコンを使って暖房を部屋で温める人も多いと思いますが、電気代が高くなりすぎたということはないですか?最初にも触れましたが、エアコンの設定温度で電気代は大きく左右し、節電を行うだけで簡単に電気代を安くし、節約することが可能なのです。例えば、冬のエアコンの設定温度を28℃と18℃を見比べてみると一人暮らしの場合ではたった3ヶ月でおよそ3,500円近くの差が出るのです。
引用: https://ggo.ismcdn.jp/mwimgs/c/0/-/img_c00347b9a292c6aaff9392e0fa14ed57150230.jpg
さらに、さきほどご紹介したのはあくまでも一人暮らしの場合ですが、家族で暮らす場合はさらに電気代の差が出ます。家族ぐらしでも家庭環境によってエアコンの使う頻度は異なると思いますが、28℃と18℃の設定の人の電気代を見比べると3ヶ月でおよそ11,000円近く違うと言われています。このような1万円近くもの差が出るので、節約・節電を行うだけで好きなことや食費に当てることができるお金が浮くのです。
引用: https://katadukekotsu.com/wp-content/uploads/2017/09/3600d4bd94bd6db3b325fe1f6bdeee50-500x380.jpg
冬のエアコンの設定温度によって電気代が大きく違うことをご紹介しましたが、では平均温度はいくつがいいのか気になる人も多いと思います。もちろんエアコンをつけず我慢すると節電でき節約できるのですが、快適に過ごせないと思います。1℃下げるだけでも電気代が平均10%下がると言われているのですが、目安としての平均温度は20℃が好ましいと言われています。そのため、平均温度で設定すると快適に過ごせやすいと共に節約できます。
引用: https://aircon-hanbai.jp/blog/wp-content/uploads/2017/08/151217-01.jpg
エアコンの温度では平均温度20℃が好ましいということをご紹介しましたが、次は冬のエアコンで効率よく節電できる節約術をご紹介したいと思います。平均温度だけでなく、次のような点を意識して変えていくことによって平均温度の20℃でも十分快適に過ごすことができます。そのため、節電・節約したいと考えている方を始めぜひご参考いただけたらと思います。
引用: https://pds.exblog.jp/pds/1/201210/11/10/b0111710_9101685.jpg
まず最初にご紹介する節電・節約方法は外の気温に設定温度を近づけるという点です。これは平均温度が20℃で20℃ぐらいにすると節約できやすいとご紹介したのですが、外との温度が少ないとエアコンの電気代も抑えることができやすいです。もちろん室内も外が寒ければ冷えていると思いますが、暖かくしようとすればするほど電力を消費するので、近い温度差だとそこまで電力を消費しないので節電になりやすいです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61vIajwh-1L._SL1000_.jpg
次にご紹介する節電・節約術はエアコンを新しいものに変えるという点です。これはやや最初の投資が必要になるのですが、最近のエアコンは技術が進化しているということもあって電力をあまり消費せずに部屋全体を快適な温度に変えることが可能です。時間がたった家電・エアコンも悪くはないのですが、傷んでしまっている分電力を消費して部屋を暖めることが多いので、新しいエアコンに変えてみるのもおすすめです。
ダイキン 12畳用 3.6kW エアコン CXシリーズ 2017年モデル S36UTCXS-W-SET ホワイト F36UTCXS-W + R36UCXS
価格 ¥ 88,742
引用: https://img2.mypl.net/image.php?id=255645&p=mp&s=600_740&op=
次にご紹介する冬のエアコンの節電・節約術は適切な広さでエアコンを使用するという点です。これはどういうことかと言うと、普段はあまり意識をしないと思いますが、エアコンを購入する際などに気にかけることが多いですよね。エアコンにも適切な広さが存在し、エアコンの目安の広さ以上の部屋で使用してしまうとその分電気を消費してしまいます。そのため、適切な広さでの仕様が好ましいと言えます。
引用: http://airconcleanpro.com/wp-content/uploads/2016/08/column0815_01.jpg
次にご紹介する冬のエアコンの節電・節約術は自動運転にするという点です。自動運転にすることによって部屋を快適な温度にすることが可能です。さらに、自動運転では自動的に過ごしやすい設定にしてくれるので、部屋が暖かくなれば自動的に止まってくれたりもします。最近のエアコンでは人を感知してエアコンの風向き、温度も変えてくれるので、自動運転は特におすすめです。
引用: https://shop.r10s.jp/stellamarksmarket/cabinet/04839687/imgrc0064904918.jpg
次にご紹介するエアコンの節電・節約術は風向きを下に向けるという点です。一見エアコンの風向きを下にしただけではあまり意味ないように感じやすいのですが、空気の性質を利用した方法となっています。というのも、空気は暖かい空気が上、冷たい空気が下に行く性質があります。そのため、暖かい空気を下に送ることによって部屋全体の空気を循環させ、部屋が暖かくなりやすいのです。

関連記事

引用: http://www.mikelurdangarin.com/img/9ac187d9973aea95022f63781fd1a3ef_m.jpg
冬のエアコンのおすすめの節電・節約術についてご紹介しましたが、最後は冬のエアコンの設定温度など以外でのおすすめの方法をご紹介したいと思います。エアコンと合わせて使ってもおすすめのものや冬にエアコンを使わなくても快適に過ごせる方法が存在しますので、ぜひもっと節電・節約したいと考えている方はご参考いただけたらと思います。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61LilEYundL.jpg
まず最初に挙げられるおすすめの方法は窓を断熱素材にする、または断熱シートなどを利用するという点です。断熱シートなどの断熱素材は外からの外気を防いでくれるだけでなく、内側で暖めた空気も外との寒暖差で冷めないようにしてくれる性質があります。そのため、少しの暖房でも部屋を長く暖めてくれることが可能なので、断熱シートなどは特におすすめです。
【断熱シート 窓 プチプチ 冷房 暖房 効率アップ 窓用断熱シート】断熱効果 水貼り断熱シート 12枚 ボーダー柄ブルー(X653-4-S3)
価格 ¥ 2,580
引用: https://www.cecile.co.jp/cmdty/img/81209/512/81209XI-1369_D1.jpg
次に挙げられるおすすめの方法はこたつなどの暖房機器を使うという点です。こたつは家庭でも使いやすく、足元や腹部を暖めてくれるのに役立ちますよね。こたつはピンポイントで暖めてくれるので、やはりエアコンよりも節電アイテムとして使われやすいです。しかし、こたつもいつまでもつけているとその分電気代が高くなってしまいやすいので、こたつの中の空気も逃げないように工夫するのが好ましいです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61ITkBWhruL._SL1070_.jpg
さらに、一人暮らしの人にもこたつはおすすめなのですが、そこまでこたつに入っていない・こたつをつけずに暖かくする方法では電気毛布を使うのがおすすめです。電気毛布だと自分の体に密着させることができ、快適に体を温めることが可能です。消費電力もこたつよりもさらに低いので、節電にも繋がりやすく、快適に過ごせやすいのでおすすめです。
Sugiyama 電気掛敷兼用毛布 NA-013K
価格 ¥ 3,420
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71A0s2aBvNL._SL1500_.jpg
次に挙げられるおすすめの節電・節約方法は他の家電も合わせて使うという点です。もちろんエアコンと他の家電を使うと消費電力も多くなるので、電気代が高くなりそうなイメージがあるのですが、エアコンと合わせて使うことよって暖房を入れる時間を少なくすることができるので、電気代の節約につながりやすいです。上記の画像のようなサーキュレーターを使うとさらに部屋の空気の循環を促してくれるのでおすすめです。
【Amazon.co.jp限定】 ZEPEAL サーキュレーター ホワイト DKS-20W
価格
引用: https://cdn.roomclip.jp/v1/1536/roomclip-bucket/img_1536/7016be9204aabe71f380409cbb217f1cd90e6d1e.jpg
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/3/0/2/5/6/7/201708231117/28174008130-14.jpg
今回は冬のエアコンの設定温度や節約・節電術についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。冬のエアコンの電気は意外と高くなりやすいのですが、ちょっとした点を意識するだけでも電気代を大きく下げることが可能です。もちろんご紹介したい点を合わせて行えばその分電気代を下げることが可能なので、節電したいと考えている方は是非挑戦してみていただけたらと思います。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/dist.tainavi-switch.com/wp/contents/wp-content/uploads/2016/10/28155056/Fotolia_87770920_Subscription_XXL2-640x427.jpg