Clz0wgzafdaweavxui0j

一人暮らし

CATEGORY | 一人暮らし

引っ越しの挨拶の時間は平日|土日|休日の朝?夜?一人暮らしだと必要?

2018.09.28

一人暮らしが始まる際は引っ越し挨拶を近所の方にすべきものですが、土日平日休日・朝夜などの時間帯、そもそも一人暮らしで挨拶は必要か?など悩みの種は尽きません。そこで今回は、引っ越し挨拶は「平日か土日休日か?」また「時間帯は朝か夜か?」などの疑問にお答えします。

  1. 一人暮らしの引っ越し挨拶は平日?土日休日?時間帯は朝と夜ならどちらがおすすめ?
  2. 一人暮らしの引っ越し挨拶におすすめな時間帯は朝?
  3. 一人暮らしの引っ越し挨拶におすすめな時間帯は夜?
  4. 一人暮らしの引っ越し挨拶に行く時間帯は…相手に合わせて狙い撃ち!
  5. 一人暮らしの引っ越し挨拶に行く時間帯は…相手の生活パターンを知ってから!
  6. 引っ越しの挨拶【平日】正午から夕方までの時間帯が◎
  7. 引っ越しの挨拶【土日・休日】時間帯が掴みづらいが…
  8. 引っ越しの挨拶の時間も大事!でも一人暮らしで必要?
  9. 時間も大事だけど!一人暮らしの引っ越し挨拶が必要か?【性別】
  10. 時間も大事だけど!一人暮らしの引っ越し挨拶が必要か?【近隣住民の構成】
  11. 引っ越しの挨拶の時間(平日|土日|休日/朝夜)や一人暮らしでの必要性でした!
初めての一人暮らしや家族みんなでお引越しなど場面は色々あるものの、引っ越しが決まった後に考えなければならないのが引っ越し先での挨拶。
これまでいた自宅周辺の挨拶もしつつ、新居に行ったら新しい近隣住民にお世話になることになるので印象を良くするためにも挨拶は欠かせません。
始めの挨拶がなければ近隣からも怪訝な目で見られることもありますから、その役目はとても大切。しかしそんな挨拶もタイミングが大事で、平日|土日|休日や朝夜など時間だけでも第一印象が変わります。
そこで今回は、一人暮らしや家族で引っ越しした際の挨拶のタイミングについて平日|土日|休日や朝夜など時間を解説すると共に、そもそも必要なのか?を紹介します。

関連記事

引っ越しの挨拶を朝にするのはあまりおすすめできません。というのも、朝にやることと言えばまず起床から始まり、朝食の準備・食事、身だしなみを整える、学校や社会人ならお仕事に行くなど分単位で忙しく行動します。
もし自分の立場で考えて、寝ている時や寝起きに挨拶に来られたら・・・食事や身だしなみの準備の時間に挨拶に来たら・・・学校や仕事に出発する直前に来られたら・・・と考えると、明らかに迷惑に感じると思います。
自分が同じことをされたときにどう思うかを考えると、朝に引っ越しの挨拶をされても明らかに印象は良くないので避けるのが無難です。
引っ越しの挨拶を夜にするのはあまりおすすめ出来ません。夜と言ってもここで言う時間帯は、20時過ぎから深夜にかけての遅い時間帯の事です。
通常この時間帯はお仕事や学校が終わって食事やお風呂を済ませ、1日の疲労を癒すリラックス・遊びの時間に入ります。
そんな時間帯に挨拶に来られても邪魔に感じるのはもちろん、夜遅い時間帯に来客が来たら普通は警戒心を相手に与えるので明らかに避けるべきです。
防犯上の観点からしても下手をしたら通報されかねないので夜は避けましょう。
引っ越しの挨拶をする上で見逃せないのが忙しくない時間帯を狙い撃ちすること。忙しくない時間としては朝や夜を避けるのはもちろん、昼間の食事をしている12時から13時辺りも避けるのが無難です。
その他の時間帯のおすすめとして、まず朝が終わる9時から12時程度なら忙しさがひと段落つく時間なので挨拶には適しています。
その後はお昼過ぎてからの13時以降で、17時前くらいまでが忙しくない時間帯として狙い撃ち出来ます。
17時以降になると学生や社会人の方々が帰ってくるタイミングなのでおすすめしたいところですが、ちょうど食事やお風呂に終われる時間帯なのでやはりおすすめとは言えません。
夜の時間帯として忙しくない時間を選ぶなら、17時以降で夜遅くなる前かつ食事やお風呂を済ませた後でリラックスし始める前の少ない時間を狙うのがおすすめです。
1人暮らしの相手に対する引っ越しの挨拶なら、その人の生活パターンに合わせるというのもポイントです。人によっては朝型・昼型・夜型・深夜型などお仕事によって生活パターンが変わり、いざ挨拶に行ったら不在ばかりで挨拶出来ない可能性もあります。
そんなときは相手の生活パターンを観察して、合いそうなタイミングで挨拶を交わしてください。ただし相手が昼間に寝ていて夜に行動する人だった場合は夜の挨拶は避けるべきです。
夜の挨拶は相手に警戒心を与えますし、昼間の寝ている時に挨拶をしても起こしてしまったら印象は最悪です。無難なのは、相手が休日の日の昼間あたりになります。
もし挨拶が全然出来ないという場合は、お手紙と粗品を添えて見るというのもいいでしょう。無反応な場合もあれば、相手から暇なときに顔合わせをしてくれる方もいるかもしれません。
平日の引っ越しの挨拶におすすめの時間帯は、10時から12時までとお昼を除いて13時から夕方にかけての時間です。
この時間帯なら休みの方はゆっくりしている時間で、家族の家庭でしたら自宅でのんびりした主婦の方などが出迎えてくれるかもしれません。
土日や休日の引っ越し挨拶は、相手がお仕事や学校がないため自宅にいる可能性が高い反面、逆にお出かけをしていて不在の場合もある事からおすすめの中間程度です。
挨拶をしたいときはまず不在か在宅かの確認をしつつ行ってみてください。この時に相手の貴重な時間を挨拶に使わせていただくことになるので、「お忙しいところ失礼します。」といった言葉を添えると印象も良くなりやすいです。
土日・休日の挨拶時間についても朝とお昼・夜は避けつつ、明るい時間帯を狙ってください。
引っ越しの挨拶についてここまでタイミングに関する話題ばかりでしたが、そもそも挨拶は必要なのか?という問題があります。最近は単身で1人暮らしをする方も多く、引っ越しの挨拶の必要性は場面によって異なります。
そこで今回は、1人暮らしの挨拶について「性別」と「近隣住民」に分けて解説します。
性別に分けて解説します。

男性なら特に自由

男性の一人暮らしで引っ越しの際の挨拶は特に自由にしていただいて大丈夫です。成人男性であれば自分の身は自分で守ればいいだけなので、防犯上の観点から見てもそこまで問題ありません。
逆に1人暮らしを始めたときに、女性の一人暮らし相手に挨拶するとなった場合は相手側が警戒する可能性があるため、避けたほうがいい可能性も出てきます。
引っ越しの挨拶を済ませるのもありですが、同じ建物内ですれ違った際に軽く挨拶を済ませたり、相手が興味を示すようなら引っ越しの軽い会話をしてみるというのもいいでしょう。

女性なら防犯の観点でしなくてもOK

女性の1人暮らしの場合は寂しいから近隣住民とのコミュニケーションが取りたいと思うかもしれないですが、防犯上の観点からすると「1人暮らしの女性アピール」になって逆に危険な可能性があります。
そのため挨拶の際は複数人で挨拶をしたり、男性と共に挨拶をするといった工夫をしてみたほうがいいかもしれません。
また、何かあった場合のために近隣の方の挨拶よりも、大家さんとの関係を良好にしておくというのもポイントです。

家族連れが多いなら挨拶してみる

家族連れが多い場所に引っ越してきた場合は、相手も円滑なコミュニケーションを取れることが期待出来るので粗品を添えつつ挨拶を交わしてみるのが無難です。
特にマンションやアパートタイプですと、家族連れが多いので近隣住民の様子を確認してみてください。

単身者ばかりならしなくてもOK

単身者ばかりが住んでいる場所に引っ越したときは、基本的に挨拶の必要性はそこまで重要ではありません。挨拶をしたいという方もいれば、逆にほっといてほしいというタイプもいるのですれ違い様の軽い挨拶などで済ませてみてもいいです。

関連記事

引っ越しの挨拶について、時間やタイミングなどをご紹介させていただきました。1人暮らしや家族連れなど色々とありますが、相手に第一印象を悪くさせないことを重点的に意識してみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BngSpNuAoIP/?tagged=%E5%BC%95%E3%81%A3%E8%B6%8A%E3%81%97