Eijrhsjntpjdcereqilx

洗い方

CATEGORY | 洗い方

眼鏡の洗い方!レンズやフレームをピカピカに磨く方法を伝授!

2018.09.27

眼鏡を使っているといつの間にかレンズやフレームに白い汚れが付いていることがあります。眼鏡は家にある中性洗剤や石鹸で洗ってもいいのでしょうか。眼鏡の洗い方を間違えてしまうと逆に眼鏡を汚してしまったり、壊してしまうこともあるので正しい眼鏡の洗い方を覚えましょう!

  1. 眼鏡の洗い方を紹介
  2. 眼鏡の洗い方では力を入れるのは避ける必要がある
  3. 眼鏡の洗い方では中性洗剤を使うのが重要
  4. 眼鏡の洗い方を説明
  5. 眼鏡のフレームに白い汚れが付いてしまったらどうすればいいいのか?
  6. 眼鏡の白い汚れを取るための洗い方
  7. 正しい洗い方を知ってキレイな眼鏡を使おう!
M1uehyrox5ec5xhkc36y
Phjdiofbvat0knndt5tx
眼鏡を使っているといつの間にか眼鏡のレンズに白い汚れが付いていることがあります。この汚れを取るためには眼鏡の洗い方を覚えて洗う必要があります。ここでは眼鏡を洗うための方法を紹介しますので、眼鏡を洗うときの参考にしてください。
Rch5i2fog42gqoj6mmmq
Simdaqiq9wtrbqsyz5ys
力を強く入れて擦るような眼鏡の洗い方をしてしまうと眼鏡のレンズの表面に傷が入ってしまうので、このような洗い方は避ける必要がありますし、もしこのような力を入れた洗い方をしてしまうと、眼鏡の持つ手にも多くの力が入ってしまっているので、レンズだけではなく眼鏡のフレームやその他の部分も壊してしまうことがあるので、力は入れないで眼鏡を洗うようにしましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51tuAhd4arL._SX342_.jpg
引用: http://www.cleal.jp/upload/save_image/kaopro-0145-a.jpg
眼鏡を洗うときには使う洗浄剤はなんでもいいわけではなく、中性洗剤を使わなければ眼鏡に白い汚れができる原因となってしまいます。酸性であったりアルカリ性の洗剤を使ってしまうと眼鏡のレンズに加工してあるコーティングが剥がれてしまうことがあるので、使わないようにする必要がありますし、固形タイプのを使うのも眼鏡の傷を作ってしまうことになるので避けるようにしましょう。
また石鹸は弱アルカリ性の石鹸もあることから、眼鏡を洗うのに使うことができそうではあるのですが、石鹸を使うのも眼鏡のコーティングが剥がれてしまうこともあるので、石鹸も使わずに中性洗剤を使って眼鏡を洗うようにしましょう。

関連記事

Temanyfyltd5sthms3au
最初にレンズの表面の汚れを落とす必要があるので、コップなどに水を張り眼鏡をすすぎます。こうすることでほぼ全てのホコリを取り除くことができますが、またすすぐことでより確実に汚れを無くすことができるので、2回すすぐようにしましょう。このときに重要なのは2度目にすすぐときには新しい水を張りすすぐことです。次に眼鏡が濡れている状態のときに、眼鏡のレンズのところに中性洗剤を一滴だけ垂らします。
それを伸ばして裏面やもう片方のレンズにも伸ばしていきます。次にまたコップなどに新しい水を張り眼鏡を入れ眼鏡をすすぎます。最後に乾いた布やティッシュなどを使って眼鏡に付いている水分をしっかり拭き取ります。このときには汚れた布を使わずに強い力で拭かないようにすることです。
Slabbrbbod7mxip5cbze
眼鏡の白い汚れはレンズだけではなくフレームにも白い汚れが付いてしまうことがあります。この汚れは拭いたりしたり洗浄をしたりしても白い汚れを落とすことができないことがあります。気になるこの白い汚れは皮脂や整髪料が原因になっていて、日常的に眼鏡のフレームを洗っているのであれば問題はないのですが、皮脂や汗がフレームに付いたままになっていると、それが白く変色をしてしまって汚れてしまいます。
Fsftzijn8alxgwxon8x6
白く変色をしてしまうと、水では白い汚れを取ることはできなくなってしまうので、フレームの表面を少し削って汚れを落とすようにする必要があります。なので手早く汚れを落とすのには研磨剤が含まれている歯磨き粉を使うようにしましょう。変色を落とすことができたら、綺麗な布を使って眼鏡を磨いていきます。その後は水で濡らしたタオルを使って歯磨き粉を拭き取って、仕上げとして乾いているタオルで水気を拭き取って下さい。
Ajm86lmwre3hp1qqtrac
眼鏡は洗い方を間違えてしまうと、汚れを落とせないどころか傷を作ってしまったり、最悪は眼鏡を壊してしまう可能性もありますので、しっかりと眼鏡の洗い方を覚えて眼鏡の手入れをする必要があります。しっかりと眼鏡の手入れをして大事な眼鏡を長く使い続けることができるようにしましょう!