Rjhhzky6nfridlkhlbre

家電

CATEGORY | 家電

SSDの容量の目安は?自分に合ったおすすめの容量の選び方を紹介!

2018.09.27

通信速度向上に役立つSSDを選ぶときに悩んでしまうのが、どのくらいのSSDの容量が必要なのかです。ここではSSDの容量の目安のおすすめを紹介しますので容量で迷っている方は必見!またSSDの容量を増やす方法も紹介しますので、SSDの容量を増やしたい方も必見です!

  1. SSDはHDDより速いが高額なのでどのくらいの容量を購入すればいいのかが問題
  2. SSDのメリットやデメリットを紹介
  3. SSDの容量を決める前に重要なSSDの規格について
  4. SSDを選ぶときの容量の目安
  5. SSDにも内蔵タイプと外付けタイプがある
  6. SSDの容量を増やす方法をいくつか紹介!
  7. WindowsでSSDの容量を増やす方法① hibernate(休止状態)を無効にして容量を増やす
  8. hibernate(休止状態)を無効にしてSSDの容量を増やす方法
  9. WindowsでSSDの容量を増やす方法② ページングファイルを無効にして容量を増やす
  10. ページングファイルを無効にしてSSDの容量を増やす方法
  11. WindowsでSSDの容量を増やす方法③ 8.3形式(MS-DOS形式)ファイル名の生成を無効にして容量を増やす
  12. 8.3形式(MS-DOS形式)ファイル名の生成を無効にしてSSDの容量を増やす方法
  13. WindowsでSSDの容量を増やす方法④ ファイルインデックスを無効にして容量を増やす
  14. ファイルインデックスを無効にしてSSDの容量を増やす方法
  15. WindowsでSSDの容量を増やす方法⑤ システムの復元を無効にして容量を増やす
  16. システムの復元を無効にしてSSDの容量を増やす方法
  17. SSDは用途に合った容量を目安にして選ぼう!
Fwy0ajqfhefsk1gijrgx
Eppmywfbsuyfn8xjtsd5
SSDはHDDと比較をすると2018現在でもまだ高額ではありますが、SSDにすればパソコンの速度が明らかに速くなるので、SSDに変更をするのがおすすめです。しかし選ぶときにはどのくらいの容量があればいいのかなどで迷ってしまうかもしれません。なのでここではSSDの選び方や特徴などを紹介しますので、SSDのことを知りたかったり選び方がわからない方は見る価値がある内容になっています!

関連記事

Rmmqpouqbu8dcg6oxj4h
Fudx0urjgskhupy7mspi
SSDのメリットは速度が速いデータ通信ができることです。速度以外にも省電力であったり動作音がしないので静音であることや振動や衝撃にも強い点でもおすすめです。速度以外にもメリットが多いSSDですがHDDと比較をしたときのデメリットはHDDよりも値段が高いことやサーバーであったりデータベースの用途をSSDを使うと寿命が短くなってしまうことがあったり、SSDが故障したときのデータ復旧が困難なことがSSDのデメリットになっています。
しかしSSDは速度が速いのが特徴なので、HDDからSSDに変えることで、パソコンの速度が速くなることから快適にパソコンを使うことができるようになります。特にパソコンの動作が最近遅くなったと感じるのであれば、HDDをSSDに変えると明らかな速度の違いを実感することができます、オンラインゲームなどのロード時間の速度が速くなるので、快適にゲームができるようになるので、パソコンの速度を速くしたいのならSSDにするのがおすすめです!
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71qOUuzjvgL._SL1000_.jpg
A3hxqgklb4m9cktswfoy
SSDを使用しているパソコンのHDDと取り替えて使うのであれば、まず容量の前にSSDの規格を間違えないようにして選ぶ必要があります。もし違う規格のSSDを購入してしまうようなことがあると使うことができないので、SSDが無駄になってしまう可能性もあります。2018年現在のSSDの主な規格となっているのは、SATA,mSATA,M.2の3種類になっています。
一般的なノートパソコンであればSATAが採用されています。SATAだと販売されている製品数も多くなっているので、選択肢を増えるのが嬉しいところです。モバイルノートパソコンに採用されていることが多い、SATAよりも小型になっているのがmSATAです。とても薄い形状になっているので、ノートパソコンを薄型にすることができるのが特徴です。現在もっとも新しいSSDの規格となっているのがM.2になっています。mSATAの後継規格となっていて、SATAと比較をすると転送速度が向上しているので、小型であることと高速化の両方を実現しています。2018年現在は主にデスクトップパソコンで使われているSSDの規格です。
Bsu6zyn8ztqe3rhspc1e
Yim2m7hcwhqytt2qsofn
SSDはHDDと比較をすると、1GBあたりでの単価が高くなっていることから、予算の上限が決まっていたりするのであれば、使う人が必要とする容量と価格を見て考えて購入をする必要があります。その目安としてはパソコンを使っての文書作成であったりオフィスソフトを使うことが中心なのであれば、目安としてSSDの容量は500GB以下の容量であっても目安としては問題ありません。HDDからSSDに変えることで作業をスムーズに行うことができるようになり、SSDの効果を実感できます。
SSDの目安として容量が大きい画像や動画などを保存するのであれば、目安として1TB以上のSSBの容量があれば安心して保存をすることができます。パソコンでゲームを遊ぶのであればSSDにインストールをすれば快適に遊べるのですが、ゲームは容量が大きいのが多いことからどういうゲームをインストールするのかによって違いがありますが、複数のゲームをインストールするのであれば、目安となる容量は難しいのでSSDは大容量のを選ぶのがおすすめです。
Bh6ezfrqxgzu2sk6k9me
Rqeefwcrvuhwyhslzdnm
SSDにもHDDと同様に内蔵タイプと外付けタイプの2つのタイプがあります。現在使用しているパソコンのHDDと取り替えて使うのであれば、内臓タイプのSSDを購入するのがおすすめです。HDDをSDDに変えることでパソコンが起動するまでの時間を短くすることができるなどのパソコンの高速化をすることができます。自分でHDDをSSDに変えることに自信がないのであれば、外付けのSSDを購入をするのがおすすめです。
外付けのSSDの場合はUSBケーブルをパソコンに接続をするだけで、パソコンのファイルなどを保存することができますし、コンパクトで持ち運ぶことができるので、自宅と会社のデータを手軽に持ち運ぶような使い方もすることができます。ポータブルHDDと比較をしてもSSDは軽量になっていて耐久性にも優れていることから、このような使い方でも十分にSSDのメリットを活かすことができる使い方になっています。

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61QZd-IhAEL._SL1000_.jpg
Taue51sw40s0bsdyrraz
WindowsでSSDを使っていると様々なファイルやデータが溜まっていくので、容量が不足してしまったり、場合によってはパソコンの処理速度が遅くなってしまったり、動作がおかしくなってしまうこともあります。このようなときにはSSDの容量を増やす方法を増やす方法がありますので、その方法をここからはいくつか紹介をしていきます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51%2BzCglFCeL._SL1000_.jpg
Tzspodbolvqnaoazou2y
Hibernateを有効にしていると、hiberfil.sysという名前の容量が大きい隠しファイルが作成されてしまっているので、この機能を無効にすればSSDの空き容量を目安としては20GBくらいを増やすことができます。休止機能を使っていないのであれば必要がない機能になっているので、無効にするのがおすすめです。
Cw7mcxedr7jgnpq64cps
無効にするためにはまず、Windowsキーを押しながらRキーを押します。そうすると「ファイル名を指定して実行」が起動しますので、そこに「cmd」と入力をして「コマンドプロンプト」を起動させます。起動したら「hiberfil.sys」と入力をしてEnterキーを押して実行させます。そうしたらパソコンの容量を確認してみて容量が増えていたら完了です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51xVcIzUbhL._SL1000_.jpg
Onprr26exxgysuvf864y
SSDの容量を増やすためにはページングファイルを無効にするのも有効な方法になっています。この機能もかなり大きい隠しファイルが作成されてしまうので、無効にすることがでSSDの容量を増やすことができます。
Uda9n9jcqhudgv4rz0j4
まずWindowsキーを押しながらPause Breakキーを押してシステム画面を開きます。開いたら左側に表示されている「システムの詳細設定」を選択します。そうしたらシステムのプロパティが表示されますので、一番目のパフォーマンスのオプションの設定を選択したら、パフォーマンス画面が表示されますので、詳細設定を選択して開きます。
次に仮想メモリの変更を選択したら仮想メモリが表示されるので、「すべてのドライブのページングファイルサイズを自動的に管理する」チェックを外してください。SSDのCドライブを選んだら「ページングファイルなし」にチェックを入れたら、設定ボタンの次にOKを選択したら設定完了となります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61XhwJMDAoL._SL1179_.jpg
K3tknk757seamh7n0pfq
MS-DOSとの互換性のために2018年現在でも8.3形式のファイル名が自動生成されてしまっているので、普段あまり使うことはない機能になっているので、無効にすることでSSDの容量を増やすことができます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/617Ckm3CiQL._SL1200_.jpg
Hdfpepdemsvkw2jefbuu
まずWindowsキーを押しながらRキーを押して「ファイル名を指定して実行」を開きます。次に「regedit」と入力をしてレジストリエディターを起動させます。レジストリエディターが表示されたら「HKEY_LOCAL_MACHINE」の「SYSTEM」の「CurrentControlSet」の「Control」の「FileSystem」に移動をして「NtfsDisable8dot3NameCreation」を開いてください。開いたら値のデータを16進数で1にしてOKを選択したら、レジストリエディターを終了させてパソコンを再起動したら設定の変更が完了します。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81hJPtrTRtL._SL1500_.jpg
Kuxgg5ggqth8k7vhipyo
SSDは速度が速いことからインデックスを有効にしてもそれほど効果はないので、ファイルのインデックスを無効にすることで、SSDへの書き込み回数などを減らすことができます。
Riuhr9eutvyizp5ivowl
まずパソコンを操作して、インデックスを無効にしたいドライブを選び右クリックをしてプロパティを起動させます。プロパティが表示されたら全般タブのもっとも下にある、「このドライブ上のファイルに対し、プロパティだけでなくコンテンツにもインデックスを付ける」のチェックを外してから、適用を選択します。次にCドライブの場合は「変更をドライブC:\、サブフォルダーおよびファイルに適用する」にチェックをしてOKを選択したら完了です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/714bfd-5SHL._SL1100_.jpg
Cxiehc0ixkj8xt0t4fcl
復元ができなくなるので、使っているパソコンの環境によってはしないほうがいい方法になりますが、システムの復元を無効にすることで容量を増やすこともできます。
Hpftt4mreiauu8rvd4gj
まずWindowsキーを押しながらPause Breakキーを押してシステム画面を表示します。システム画面が表示されたら左メニューの部分にある「システムの保護」を開きます。そうしたらシステムのプロパティが表示されますので、「保護設定」のタブ下で「ローカルディスク(C)(システム)」が有効になっているのであれば、それを選択して構成を選択して「システムの保護を無効にする」にチェックされていることを確認したらOKを押して完了です。
しかしこの方法はどうしてもSSDの容量を増やしたいときではなければおすすめできる方法ではないので、もし無効にするので危険性を把握して無効にするようにしてください。

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61ChCZvdNoL._SL1500_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/810ia2XBTQL._SL1500_.jpg
使っているパソコンがHDDなのであれば、SSDにすることで快適にパソコンを使うことができるようになるので、パソコンの動作を快適にしたいのであればHDDをSSDにするのがおすすめです。SSDの問題はHDDと比較をすると高額なことなのですが、その価値はあるのでSSDに興味があるのであれば、容量の目安を参考にして思い切って購入してみるのがおすすめです。パソコンのHDDをSSDにしてパソコンを快適に使えるようにしましょう!