// FourM
Mp4lgfyhgsovdxg9ypd8

雑貨

CATEGORY | 雑貨

ロディアカバーおすすめ厳選!ノートサイズ別の人気ランキングは?【2018】

2018.09.28

ブロックメモで有名なロディアですが、実はメモ帳のカバーにも非常に優れています。11と13でサイズも豊富ですし、本革などデザイン性も高いので誰にでもおすすめできる良品。今回はそんなロディアカバーをサイズごとのおすすめ、また簡単な使い方もあわせてご紹介します!

  1. ブロックメモで有名なロディア
  2. ブロックメモの種類
  3. 【ロディアカバー】おすすめのサイズが豊富!
  4. 【ロディアカバー】おすすめの11サイズ①エピュレ
  5. 【ロディアカバー】おすすめの11サイズ➁復刻版モノグラム
  6. 【ロディアカバー】おすすめの11サイズ➂ドゥラム<本革>
  7. 【ロディアカバー】おすすめの13サイズ①ジョッター付きカバー
  8. 【ロディアカバー】おすすめの13サイズ➁ジップケース カモフラージュ
  9. 【ロディアカバー】おすすめの13サイズ➂本革のカバー
  10. サイズも豊富なおすすめロディアカバーで大事なメモを守りましょう!
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/614zpTjFzOL._SL1100_.jpg
「ロディア」とは、一体どのようなブランドなのか、皆さんはご存知でしょうか。ロディアは、フランスの文房具ブランドです。1934年、フランスのリヨンでアンリとロベールの兄弟二人で創設されました。ロディアのデザインにも刻印されている2本のツリーは、兄弟の絆を表しているそうです。そんなロディアで最も有名な商品とされているのが、「ブロックメモ」。ブロックメモとは、シンプルなロゴを入れたメモ帳のことです。
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/mindo/cabinet/slib0712/s07120211.jpg
どの商品がロディアのブロックメモであるか見定める方法は、表面のカバーです。ロディアのカバーは、厚紙のオレンジ色をしています。もちろん、「RHODIA」と2つのツリーも記載されています。ロディアの特徴はその他にもあり、カバーには、3本の折り線が入っており、360度折り返すことが可能。また、中身のブロックメモは、薄紫の5mmの方眼、そして、上部にはマイクロカット加工のミシン目がついているため、切り離すことが簡単にできるのです。そのため、いつでも綺麗な状態のブラックメモを使用することができるのです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41gQ0JW0%2BNL.jpg
ロディアのブロックメモは、全部で3種類あります。まず一つ目は、ロディアを象徴するといっても過言ではない、「ブラックロディア」。「ブロックロディア」は、世界87か国で愛されており、豊富なサイズバリエーションを持つ、人気ナンバーワンの商品です。ベラム紙80gの軽量さ、持ち運びも便利なうえ、表紙は、独自の撥水加工で丈夫な仕上がりに。一度持つと手放せなくなる逸品です。サイズバリエーションは、No8・10・11・12・13・14・16・19・38・148を販売しています。中でも一番人気は、No11と13だそうです。
引用: https://www.shop.quovadis.co.jp/img/brand/img_b_rhodia4_02.jpg
二つ目は、「ブロック R」です。ブロック Rは、ブロックロディアのハイスペックラインでもある「R」シリーズ。ブロックロディアよりも少し集めの紙が使用されているのが特徴です。サイズは、No11・13・16・19の4種類を販売しています。
引用: https://www.shop.quovadis.co.jp/img/brand/img_b_rhodia4_03.jpg
そして、三つ目は、「ドットパッド」。ドットパッドは、ブロックロディアのドットシリーズで、5mm間隔にプリントされたドットが特徴です。このドットを描いていることにより、図などが描きやすいうえ、コピーやスキャンをしても目立たず見やすいのだそうです。サイズは、No12・16・19・38の4種類を販売しています。
引用: http://img15.shop-pro.jp/PA01209/074/product/58785620.jpg?20141218151733
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71RjXlBbYjL._SL1007_.jpg
ブロックメモを汚れや傷から守るために、ロディアでは専用のカバーも販売しています。カバーは、本革を使用していものがほとんどで、ブラックメモに合わせたサイズ展開を行っています。今回ご紹介するのは、そんなロディアカバーの中でも人気の高いNo11とNo13専用のカバーです。それぞれのサイズをランキングで3つずつ載せました。是非、ロディアのブロックメモNo11・No13を持っている方、また、これからロディアのブロックメモを購入しようと思っている方は是非、チェックしてみてはいかがでしょうか。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71UTIw8HmrL._SL1500_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81i-X69i2HL._SL1500_.jpg
まず初めにご紹介するのは、ブラックメモNo11専用のカバーです。おすすめは、「エピュレ」。使用している素材は本革ではなく、人口皮革。ですが、厚手のビニールを使用しているので、通常ビニールカバーに比べて高級感があるそうです。使い方は、ブラックメモの表面カバーを外し、裏面カバーを本体カバーに差し込むだけ。ブラックメモ表面のカバーを外しておけば、本体カバーを開くだけでブラックメモをストレスなく使用することができます。
引用: https://shop.r10s.jp/bunguya/cabinet/doc40/rhodia-0019_4.jpg
引用: https://shop.r10s.jp/bunguya/cabinet/doc40/rhodia-0019_3.jpg
No11専用のカバーとして次におすすめなのが、「復刻版モノグラム」です。ロディアのロゴがいくつも刻印された、モノグラムデザインで、カバー表面には、撥水加工を施し、雨の日でも安心して利用できるようになっています。使い方は、No11のブラックメモの表裏をカバーのポケットに差し込むだけ。カラーは、ブラック、レッド、ブルー、グリーンの4色を用意しています。見返しポケットにもモノグラムのデザインが施され、さりげないおしゃれさを演出ています。
引用: https://shop.r10s.jp/htdd/cabinet/option8/kb111-img1.jpg
引用: https://shop.r10s.jp/htdd/cabinet/option9/kb111-img3.jpg
No11専用のカバーとして次におすすめなのが、「ドゥラム」。このカバーの特徴は、しっとりと滑らかな肌触りが特徴の本革を使用している点にあります。しわ感もなく長く愛用すればするほど味わいも増して、愛着もわきます。また、カバンの中で開かないようにボタンで留めるというのも、おしゃれなポイント。使い方は、ブラックメモ裏面をポケットにしまうだけ。柔らかい生地のカバーですので後ろに折りたたんで書きやすいというのも魅力です。
引用: http://www.bloc-rhodia.jp/img/lineup/limited/limited_jotter2015_02_1.jpg
引用: http://www.bloc-rhodia.jp/img/lineup/limited/limited_jotter2015_02_3.jpg
No13のブラックメモ専用で利用できるおすすめカバーは、「ジョッター付きカバー」。このカバーの特徴は、本革の光沢感を活かした落ち着いたデザインにあります。開閉はマグネット式でスムーズとなっており、ブラックメモとペンを同時に収納する使い方ができるため、とても便利なカバーとも言えます。本革を使用していながらも軽量であるという点では、持ち運びもとても便利です。
引用: http://www.bloc-rhodia.jp/img/lineup/limited/round_zip_a3.jpg
引用: http://www.bloc-rhodia.jp/img/lineup/limited/round_zip_a2.jpg
続いてご紹介するNo13のおすすめカバーは、「ジップケース カモフラージュ」。ロディアのカバーは本革を使用して作られているものがほとんどですが、このカバーは、牛革を使用して作られています。また、開閉にはジッパーを取り付け、ペンホルダーも搭載。遊び心あふれるデザインで人気を集めています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61hXQaaOl%2BL._SL1280_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51TeLTMRi7L.jpg
続いてご紹介するNo13のおすすめカバーは、ヌメ革素材を使用して作られたカバーです。ヌメ革は、程よい硬さが特徴の本革で、一般的な革カバーよりも上部にできています。使い方は、ブラックメモの裏面をカバーのポケットにはめるだけ。カラーも、オリーブやキャメル、オレンジなど豊富なラインナップです。落ち着いた色合いは、これからの季節にもピッタリです。

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61joXYn7BaL.jpg
ロディアのNo11・No13専用カバーや使い方について色々とご紹介しました。ロディアには、豊富なサイズのブラックメモが存在していることから、カバーの数もサイズに合わせて豊富にあります。ブラックメモ自体、ビジネスやプライベートなど色々な場面で使用するという使い方がありますが、専用の本革カバーを使用することにより、よりおしゃれなブラックメモへと変化させることができます。もちろん、他のメモ帳のカバーとして利用するという使い方も良いかもしれません。
ロディアは、長い間世界中の人々から愛されている文房具ブランドです。日本にも様々な文房具ブランドが存在しますが、ロディアの文房具はシンプルでありながら、高級感もあるのが最大の特徴ではないでしょうか。自分専用はもちろん、プレゼントにもピッタリな文房具が「ロディア」なのかもしれません。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41gQ0JW0%2BNL.jpg