// FourM
Djueymgixas0xyvf6ahb

おすすめ

CATEGORY | おすすめ

髪のパサつき・広がり・うねりの原因は?おすすめ対策アイテムまとめ!

2018.09.03

髪のパサつきや広がり、うねりなどは女性だけでなく、男性にとっても面倒なものです。最近ではオイルやシャンプー、スタイリング剤などで髪のパサつきや広がり、うねり修復する方法が最もおすすめです。今回はそんな髪のパサつきや広がり、うねりの原因と対処法を解説します。

  1. 髪のパサつきや広がり、うねりとは
  2. 髪のパサつきや広がり、うねりの原因:やりすぎ
  3. 髪のパサつきや広がり、うねりの原因:紫外線
  4. 髪のパサつきや広がり、うねりの原因:乾かし方
  5. 髪のパサつきや広がり、うねりの原因:栄養不足
  6. 髪のパサつきや広がり、うねりの対処法:シャンプーの改善
  7. 髪のパサつきや広がり、うねりの対処法:丁寧に乾かす
  8. 髪のパサつきや広がり、うねりの対処法:紫外線対策
  9. 髪のパサつきや広がり、うねりの対処法:健康的な生活
  10. 髪のパサつきはオイルやシャンプーなどで直そう
多くの人はおしゃれのために、パーマやヘアカラーなどをして髪型もおしゃれにしています。そのようなことを何度もするうちに、髪にはさまざまなダメージが襲い掛かっています。そしてしばらくすると、それは髪のパサつきとなって影響が出始めます。さらには髪がやけに広がり始めたり、うねりが目立ってくるなど、思うようなヘアスタイルに仕上げにくくなります。最近ではパサつきや広がり、うねりなどを改善するおすすめのシャンプーやオイル、スタイリング剤など、さまざまなものが出てきていますが、それ以外にもはたして改善方法はあるのでしょうか。実はそれ以外にも原因というものはあるのです。
引用: http://shampoo-professionals.com/wp-content/uploads/2015/04/y5tryer.png
引用: https://beauty-architect.com/lily/wp-content/uploads/old-img/blog_import_55eabea0ba16e.png
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRFXeWWPk_r-XzarcxWC371QBU6ibQZ-hj5cMu-arJ-PRTxJxb6

関連記事

髪のパサつきや広がり、うねりの原因として真っ先に挙げられるパーマやヘアカラーのかけすぎ。実はそれ以外にも、シャンプーのかけすぎも原因であることをご存知でしょうか。最近では髪のダメージにおすすめのシャンプーというものも出てきており、少しでも修復しようと多くの人が使用していますが、だからといってそのようなシャンプーをしすぎると、実はかえって余計なダメージを与えてしまうものです。そのほかにもおすすめのオイルやスタイリング剤などもありますが、これらも使いすぎると逆に頭皮に余分な油などが蓄積されてしまい、結果的にダメージが悪化するのです。何事もやりすぎはよくありません。程々がおすすめです。
引用: https://www.ikumou-usuge.info/shampookouza/shampooyarisugi/img/shampoonoyarisugi.jpg
引用: https://love-lifehack.com/wp-content/uploads/2017/04/41aa70b527d0c7545c52162be2b77953_s.jpg
最近のおすすめのシャンプーやオイル、スタイリング剤は紫外線によるダメージを修復することができるものが多いです。特にスタイリング剤やオイルは、修復するほかにも紫外線から髪を守る成分も含まれています。つまり、それくらい紫外線は直接髪のダメージになりやすいということです。日焼け止めなどはありますが、それらは肌に塗るものですので、紙に塗るということはできません。また、普段の生活ではあまり紫外線を気にしていないという人が多いため、知らず知らずのうちに紫外線による髪のダメージが蓄積されており、同時に放置しているということになります。紫外線にも注意が必要です。
引用: http://kenbi-denshin.com/fukuoka/wp-content/uploads/2016/06/sigaisen.jpg
引用: https://tiful.jp/img_sln/article/002181/article_002181.jpg
先ほどシャンプーのかけすぎもよくないといいましたが、髪の乾かし方もやり方によっては髪のダメージとなります。特に女性の多くは、髪を乾かすときは基本的にドライヤーを使用して乾かすという人が多いはずです。実はただドライヤーをかけるだけでは、ドライヤーの熱によるダメージが蓄積されてしまいます。最近のヘアオイルやスタイリング剤は、そのようなドライヤーの熱から守るものや、逆にドライヤーの熱を利用して修復するというかなり優れたものがあるため、普段からドライヤーを使用しているという人は、そのようなヘアオイルやスタイリング剤を使用することをおすすめします。
引用: http://gacky0504.com/wp-content/uploads/2013/11/o05000750125138620521.jpg
引用: https://club.panasonic.jp/diet/kirei/biranger/img/09_3.jpg
ここまでシャンプーやヘアオイル、スタイリング剤で何とか修復させることができる原因を紹介しましたが、原因によってはそれらだけではどうにもできない原因というものもあります。そのひとつに栄養不足があります。髪によいとされる成分や栄養が含まれたシャンプーやスタイリング剤なども最近ではありますが、一番は普段の食生活からそのような栄養を摂取することです。無理なダイエットや栄養バランスが偏っている食生活をしていると、紙に必要な栄養を摂取することができなくなり、結果的に髪のパサつきなどの症状が出てきてしまいます。普段の食生活を見直すだけでも、かなり効果があるものです。
引用: https://www.sawai.co.jp/kenko-suishinka/news/images/news201803_ttl-pc.jpg
引用: https://www.mushuu.jp/uploads/img54efdd9d63d17.jpg
ここまで髪のパサつきや広がり、うねりなどの原因について解説していきましたが、ここからはもし実際にそのような症状が出た場合、どのように対処すればよいかの対処法について紹介していきます。最も簡単な対処法は、シャンプーを変えたり、シャンプーの仕方を見直すことです。場合によってはシャンプーに含まれている成分が原因でパサつきなどが出てきているということもあります。まずは髪のパサつきやうねり、広がりを改善する成分が含まれているシャンプーに改善して見ましょう。これだけでも効果がありますが、間違ったシャンプーの仕方をしていると、逆にダメージがひどくなってしまいます。シャンプーを変えると同時にシャンプーの仕方を今一度見直して見ましょう。
引用: https://img.hadalove.jp/wp-content/uploads/2016/06/473b59c8a35f0ec1221b80867a676376-300x300.jpg
引用: https://www.atama-bijin.jp/hair_care/wp-content/uploads/2015/12/cb8afc2bb5cfba50e1a7ca1ff036ee8d.jpg
髪を乾かすときも、雑に乾かしてしまうと髪へのダメージがひどくなってしまいます。特にドライヤーで乾かす場合、ただドライヤーをかけるだけであると、髪を乾かすことはできますが、同時に髪を痛めつけているということとなります。しかし丁寧に乾かすことで、髪へのダメージを減らすことができます。ドライヤーは基本的に髪から20センチほど離し、髪の根元や頭皮から乾かすようにしましょう。そしてその流れで上から下に移動するように乾かし、最後は毛先まで乾かすようにしましょう。そして最後に髪全体を、ドライヤーの冷風機能でまんべんなく乾かします。そうすることで髪へのダメージを減らすことができます。このときにヘアオイルなどをあわせて使うとなおよいです。
引用: https://img.hadalove.jp/wp-content/uploads/2016/11/08a446da13d91023ff84920869c4b97c-300x200.jpg
引用: https://www.atama-bijin.jp/hair_care/wp-content/uploads/2015/11/Fotolia_94724585_XS.jpg
髪のダメージは、決してパーマの当てすぎやドライヤーなどの人為的なことが原因とは限りません。環境によっても髪へのダメージが増えることもあります。紫外線によるダメージもありますが、乾燥もあまりよくありません。紫外線については日傘などで防ぐことはできますが、乾燥については物理的に防ぐことは厳しいです。しかし、湿度などを維持することはできます。まずは部屋の湿度を60%前後を維持するようにしましょう。そうするだけでも環境による髪へのダメージを減らすことができます。しかし冬になると、部屋の中などが乾燥しやすくなります。そのときはトリートメントやヘアオイル、スタイリング剤などで髪の潤いを維持し、髪のパサつきや広がり、うねりを防止しましょう。
引用: https://img.hadalove.jp/wp-content/uploads/2016/10/050aa5869a82d2d6a6fc4ef163c22d07-300x200.jpg
引用: https://googirl.jp/img/14/05/1405132top.jpg
湿度を維持したりスタイリング剤やヘアオイルを使うだけでも効果がありますが、いくらそのようなことをしても食生活が乱れているままでは何の意味もありません。食生活もそうですが、睡眠不足も髪のダメージとなります。しかし何より一番は、普段からバランスの取れた食生活を意識することです。最近はさまざまな影響でなかなかバランスの取れた食生活を取ることは難しいですが、少しだけでも実行するだけでもかなり変わるものです。また、血液の流れもよくすることで、体を冷やすことが無くなり、そして髪質もよくなります。しかし食べたり血行を浴するよりも、睡眠が大事です。とにかく寝ましょう。睡眠もまた、髪のパサつきや広がり、うねりをなくす対処法の1つなんです。
引用: https://img.hadalove.jp/wp-content/uploads/2016/11/widow-1148929_1920-300x199.jpg
引用: https://img.hadalove.jp/wp-content/uploads/2016/09/17697a9497fe6d32bf62c95951e911ac-300x202.jpg

関連記事

いかがでしたか。今回は髪のダメージによって起こるパサつきや広がり、うねりの原因と対処法について解説して着ました。多くの人はパーマやヘアカラーの当てすぎが原因だと考える人が多いのですが、実はそれ以外にもさまざまな原因があるのです。また、髪のパサつきなどについては、加齢も原因となることが多いです。年をとるにつれて特にパーマなどを当てていないにもかかわらず、なぜかパサつきなどの症状が出てくるということもありますが、それは加齢が原因です。しかしそれらの症状は基本的にシャンプーやヘアオイル、スタイリング剤などで直すことができます。皆さんももしもそのような症状が出てきたときは、シャンプーなどを変えてみてはいかがでしょうか。
引用: http://grace-g.com/wp-content/uploads/IMG_1741.jpg
引用: http://yasuaki-s.com/wp-content/uploads/2017/05/IMG_20170512_073047_236.jpg
引用: https://frei.jp/wp-content/uploads/2017/11/a54c851b-b002-4a8b-8be4-fb91c956aca0-800x800.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://fraya-hair.com/images/2014/10/20/dsc_0965.jpg