// FourM
Vokafy7eg1kap0jh7kbi

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

海水浴の海開きはいつ?遊泳期間はいつまで?くらげはいつ頃?

2018.09.03

夏の季節になると海水浴・海開きを行いますよね。しかし、この海水浴の海開き後にすぐ行く人もいるのですが、いつまでか気になる人もいるかと思います。今回は日本海側を始めとした海水浴はいつまでかや、海開きの時期、遊泳期間、くらげはいつ頃なのか紹介します。

  1. 海水浴での海開きはいつまで?
  2. 海開きとは?
  3. 海水浴での海開きはいつから?
  4. 遊泳期間は?海水浴の海開きはいつまで?
  5. いつからいつまで海水浴場にくらげは現れる?
  6. いつまでがおすすめ?8月末頃は天候も悪くなりやすい!
  7. 【まとめ】遊泳期間までに訪れるのがやはりベスト!
引用: https://www.timesclub.jp/sp/tanomachi_ex/chiba/kujukuri/images/002_ph001.jpg
夏といえば海に行く人は多いですよね。普段はあまり訪れる人も少ないのですが、夏場になるとやはり海開きということで海水浴場が賑やかになります。しかし、この海水浴場でも海開きの日や、いつまでなら大丈夫なのかというものが存在します。これを見誤ると大量のクラゲに刺されたりする危険性もあるので、海水浴に行こうと考えている方はぜひご参考いただけたらと思います。
引用: http://kanko.city.izu.shizuoka.jp/big/p2522_1.jpg
引用: http://mycosme.jp/column/wp-content/uploads/2017/08/kaisuiyoku.jpg
海開きとは名前からもわかるように、海水浴場が大きく解禁されるようなものです。この海開きの遊泳期間では海水浴場に監視員もいることが多いので、安全に海を楽しむことができます。しかし、この遊泳期間以降は監視員もいないことが多いので、海で泳ぐことは大変危険です。そのため、海開きは海で遊ぶ場合はかなり重要なポイントと言えます。

関連記事

引用: https://cdn.4travel.jp/img/thumbnails/imk/travelogue_album/11/03/74/650x_11037412.jpg?updated_at=1439561182
海水浴場での海開きはいつからなのか気になる人も多いですよね。主に海水浴の海開き解禁となるのが7月頭のところが多いです。しかし、実はこの海開き解禁は地域によって誤差があるようです。もちろん身の安全のために時期をずらすところがほとんどなのですが、沖縄などでは3月から4月頃から解禁します。そのため、海開きの時期になると海水浴の主な時期などをニュースで取り上げられることも多いのでチェックしましょう。
引用: http://option.okitour.net/Common/img/cate/14702020_02.jpg
次は海水浴の海開き・遊泳期間がいつまでなのかについてご紹介したいと思います。この遊泳期間はとても大切で、海開き以上に大切なポイントと言えます。こちらも日本海側と太平洋側でも微妙に異なるのですが、遊泳期間が終わるのはやはりお盆以降と言えます。
引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/asuka-web/wp-content/uploads/2017/11/15005746/01.jpg
日本海側ではどちらかというと、遊泳期間の終わりは早いです。これはなぜかと言うと、日本海側では早い段階でくらげが現れるためです。くらげは一見見た目からもあまり危険そうに感じないのですが、毒を持っている種類も多く大変危険です。特に日本海側での海水浴を楽しむ場合は時期を意識するのが好ましいです。
引用: http://tassofirst.com/blog/wp-content/uploads/2016/07/ff09f0d6-718x538.jpg
くらげは危険ということをさきほどご紹介しましたが、くらげは主にお盆以降の海になると見かけることが多いです。特に8月20日以降からは見かける頻度も高くなり、海いっぱいにくらげが現れるようになりやすいです。そのため、お盆以降はあまり泳げないと思っても間違いないかと思います。
引用: http://tassofirst.com/blog/wp-content/uploads/2016/07/kurage2-300x200.jpg
クラゲに刺された場合は上記の画像のように晴れてしまうことが多いです。上記の画像はまだ軽度の状態ですが、猛毒を持っているくらげなどは赤くミミズ腫れのような状態になります。最悪神経麻痺などを誘発するくらげもいるほどなので、くらげにはくれぐれも注意しましょう。
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kailua020/20170612/20170612003331.jpg
さらに、遊泳期間もできるだけ早い時期のほうが好ましいと言えます。というのも、8月後半になると天候が崩れやすく、急な雨なども振りやすいです。雨が降ると蒸し暑くもなるのですが、急な天候崩れで雨に打たれ、風邪をひくという場合も多いのでぞの時期の海水浴には要注意です。
引用: http://disastress.com/wp-content/uploads/2018/08/storm-1265246_640.jpg
天候だけでなく、もちろん台風にも気をつけましょう。最近になって台風の影響は大きいものとなり、被害が各地でも出ています。もちろん台風の風もあるのですが、雨雲による豪雨での被害や津波での被害もたくさん出ています。このような危ないタイミングでも海水浴に行く人もいるので、大変危険なので辞めるようにしましょう。

関連記事

引用: https://i1.wp.com/xn--cbktd7evb4g747sv75e.com/wp-content/uploads/2016/04/ef7a346d5fd0b6e414bdaf623e9ac509_s_mini.jpg?fit=640%2C427&ssl=1
引用: https://mag.japaaan.com/wp-content/uploads/2014/08/P9060122222222222222222-660x350.jpg
今回は海水浴がいつまでやっているか、海開き、遊泳期間についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。海開きは待ち遠しく感じる人も多いと思いますが、時期を守ることも大切です。遊泳期間の間は監視員もいるので比較的安全に泳ぐことが可能なので、このタイミングでできるだけ海を楽しむようにしましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://image.space.rakuten.co.jp/lg01/78/0001090178/94/img3ab787fbzik3zj.jpeg