// FourM
N4qaxrzqj34uanqd8uws

種類

CATEGORY | 種類

お墓参りの花の種類・値段の相場を紹介!造花はOK?タブー?【仏花・生花】

2018.08.29

お盆やタイミングができれば言っておきたいお墓参り。花の種類や値段なども気になるところ。花の種類は様々で仏花である生花がある。お墓参りに造花はタブーなのだろうか?お盆や命日など、タイミングができたら行っておきたいお墓参りの花の種類と値段をご紹介しよう!

  1. マナーを知ってお花を供える!お墓参りで添える花の値段と種類とは?
  2. 造花はタブー?仏花・生花など値段の豊富な種類を飾る「お墓参り」をおさらい!
  3. 値段も気になる綺麗な花!お墓参りの花の種類とマナーとは?
  4. 花の種類や値段で選ぶ!お墓参りのマナーその①:花のカラー
  5. 花の種類や値段で選ぶ!お墓参りのマナーその②:長持ちする花を選ぶ
  6. 花の種類や値段で選ぶ!お墓参りのマナーその③:避けたほうがいい花
  7. 花の種類や値段で選ぶ!お墓参りのマナーその④:故人が好んでいた花を選ぶ
  8. 花の種類や値段で選ぶ!お墓参りのマナーその⑤:造花という選択肢もある
  9. お墓参りに添える花の種類と値段をチェック!
  10. お墓をきれいに飾る仏花や生花の種類その1:菊
  11. お墓をきれいに飾る仏花や生花の種類その2:カーネーション
  12. お墓をきれいに飾る仏花や生花の種類その3:アイリス
  13. お墓をきれいに飾る仏花や生花の種類その4:ユリ
  14. お墓をきれいに飾る仏花や生花の種類その5:コスモス
  15. お墓をきれいに飾る仏花や生花の種類その6:スイートピー
  16. お墓参りの際は、感謝を込めてお墓にきれいな花を飾ろう!
引用: https://i.pinimg.com/564x/f1/9b/71/f19b71385b5f4504078931b6d15ebca8.jpg
1年の中で、定期的に行く機会のあるお墓参り。お墓の掃除や雑草の掃除を行った後は、お線香に火をつけ、花を添える。お墓に添える花には種類が豊富にあり、色鮮やかな花でお墓を飾るのにはぴったり。長持ちする仏花や生花を添えることは、お墓参りのマナーとして必須のタスクと言えるだろう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/4d/e3/43/4de3435360a923a1b0970a8c36a88a7c.jpg
花の種類が多ければ、どんな花が適しているのか迷ってしまうこともあるのでは。果たして、お墓参りでお墓に添える花の種類には、どんなものがあるのだろうか。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61QmJ2npEqL._SY355_.jpg
また、花の値段や、造花などを添えるのはタブーなのだろうか。命日やお盆に行くお墓参りに添える花についてご紹介。命日にタブーをおかさないよう、基本的なマナーも加えてご紹介しよう!

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/6f/1e/a7/6f1ea77cfe552e6a9cd1b57605bf411c.jpg
お墓参りとは、古代神話では「死者をお祀る」(後代の供養)として、その後の風習では「死者と出会って、心いくまで会話を交わす」という意味を持っており、お墓での供養によって、「ご先祖様が恩恵をもたらしてくれるという」考えが根付きました。 現在でも、お墓は故人を偲び、お祀りする場所ということには変わりなく、お墓は家族の「心のよりどころ」になる大切な場所なのです。

引用: https://i.pinimg.com/564x/68/6d/51/686d51cd195231d8146d82f19061afe2.jpg
仏教が根付いている日本において、命日などのお墓参りは家族行事として根付いている。ご先祖さまや家族の命日や、お盆休みにお墓を掃除して、ご先祖様に感謝を述べる行事としてほとんどの人が行っているであろう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51kMTKmGfML._SY355_.jpg
近年では、お墓参りの文化も昔ほど盛んではないものの、健康に生きられることに感謝の意を込めて、ご先祖様には挨拶を行っておきたい。
引用: https://i.pinimg.com/564x/b3/ce/56/b3ce56f73041458aa20b3d4b496a8576.jpg
家族行事であるお墓参りは、家族なら両親が花を用意してくれる。しかし、あまりお墓参りに行ったことのない人なら、どんな花を購入すればいいのか、また、生花と造花のどちらがいいのかなどが気になる。命日などでタブーを侵したくはないだろう。お墓参りにどんな花が適切なのか、基本的なマナーも含めてご紹介しよう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/6a/2a/86/6a2a867979c764483038c84f781560f7.jpg
お墓参りの花の特徴といえばやはりカラー。仏花を見て分かるように、カラーの選び方にもマナーがある。故人が亡くなってから間もない場合は、白を基調とした淡いカラーの組み合わせで花を添えよう。また、通常のお墓参りであれば、白・赤・黄色・紫・ピンクなどの色の組み合わせで、3~5色の組み合わせを作るのが一般的だ。値段を考慮しつつ、最適な組み合わせを選ぼう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/4b/43/ba/4b43ba7536bb813fc4f84fc0b6882f68.jpg
場所によっては、過酷な環境に添えられる花。直射日光の当たる場所などであれば、あまりに貧弱な花を添えてしまうと、すぐに枯れてしまうもの。花を選ぶときは、できるだけ長持ちする花を選ぶのが通例。菊やカーネーション、スイセンカなどが好まれる。できるだけ長持ちする花を選ぶように心がけよう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/d0/38/26/d038265e5402ff06a8969b816582764e.jpg
命日やお盆に行くお墓参りは、どんな花を飾ってもタブーとは言えないが、仏さまに添える花として、好ましくないと言われているものも存在する。例えば、「とげのある花」や「毒のある花」「臭いがきつい花」など。花を選定するときは、そのカラーや美しさなどだけで選んでしまうとマナー違反になることも。彼岸花やバラなどは避けたほうがよさそうだ。
引用: https://i.pinimg.com/564x/be/44/5a/be445a6a3885c7b53261a90300293911.jpg
仏花や好みの花を添えるのであれば、やはり故人が生前から好んでいた花を添えるのも一つの選択肢。とげのあるものや、毒のある花をさけて、故人が好きだった花を添えてあげよう。長持ちしない花だった場合は、他の花に交えてカラフルに飾ってあげるのも良いかもしれない。
引用: https://i.pinimg.com/564x/82/d4/04/82d40401a59226831fd41716acfef2ac.jpg
最近人気の花の一つとして、プリザードフラワーなどが挙げられる。造花に見えるが、もともとは生花。特殊な加工によって、新鮮な花をいつまでも綺麗に保存することができる。近年では、造花を添える人も増えてきてる。しかしながら、お寺の宗教上の理由から、造花がNGな場合もあるので、お寺に直接問い合わせてみるのが得策。
引用: https://i.pinimg.com/564x/8f/57/8f/8f578f6cf2a3ae945eb41f61ca3df7d8.jpg
お墓参りの際に、お墓に添える花のおすすめの種類をご紹介。いろんな花が目白押しだが、まずは基本的なところから押さえてみよう。これらの花は、仏花として束ねて売られている場合も。命日にタブーにならないように基本を押さえつつ、きれいな花をチョイスしよう!
引用: https://i.pinimg.com/564x/3a/b3/b4/3ab3b4839bf96b3b59fd044aabb3c19d.jpg
お墓参りの定番中の定番である菊の花。春先に飾ることができ、仏花としての色合いもちょうどいい。また、菊の花を添えるひとつの意味として、邪気を払うというものが含まれる。菊の種類の一部であるキンセンカなども人気だ。キンセンカの花ことばは、別れを惜しむという意味であり、お墓参りに好まれる花として有名。プリザードフラワーなら値段も上がるが、長持ちする。
引用: https://i.pinimg.com/564x/6e/40/b1/6e40b133e48bac4767178b1e1edbd4c9.jpg
母の日に贈るカーネーションは、お墓でもよく見かける花の一つ。優しい色遣いと、ふんわりした外観は、優しさや愛情を連想させる。その見た目の通り、花言葉は「愛情」という意味。淡いピンクやホワイトのカーネーションをお墓に飾れば、ご先祖さまや個人も喜んでくれるはずだ。仏花用で値段も安く購入可能。
引用: https://i.pinimg.com/564x/5a/13/0c/5a130c6a6fa51826118eb3b27e6f098a.jpg
春から夏にかけて見られるアイリスは、その花の美しさだけでなく、花言葉も上品。「希望」や「信じる心」という花言葉であり、その言葉のごとく長持ちする強さも持っている。色鮮やかで人気のアイリスをお墓に飾る人も多い。値段も安く購入できる。
引用: https://i.pinimg.com/564x/19/3e/50/193e50737ecfce1cbeb4b53522f78c41.jpg
色鮮やかでゴージャスなユリの花は、夏のお盆の時期などにお墓に飾れば、季節もマッチするので良い仏花となる。花言葉としては、「純粋・無垢」。お墓の雰囲気をガラッと変えてくれる力のあるユリの花は、丈夫で長持ちする花。夏のお墓参りにはぜひ持参したい花だ。セットにもよるが、価格は少し高め。
引用: https://i.pinimg.com/564x/e0/61/2b/e0612ba60cc2237c46f622e7d346e71d.jpg
日本の秋桜として知られているコスモスは、秋のお墓参りにぴったりの花と言えるだろう。その淡くかわいらしい色と外観は、まさに女性らしい花と言える。花言葉としては、「優美」「乙女の心」といったものが挙げられる。寂しさを感じる秋には、優しい色のコスモスが良く似合うだろう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/ee/76/37/ee76377b4439e590128281dbd7756422.jpg
独特な花の形と色合いで魅了するスイートピー。スイートピーは冬の仏花として人気のある花の種類。香りが良く、春が近い冬の花として人気がある。花言葉は「門出」。冬の花ではあるものの、新春にふさわしい花ことばと言えるだろう。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/61/b9/12/61b9125c18f8aaf5b630b3992207f04d.jpg
家族行事であるお墓参りは、世代から世代へ受け継がれる風習と言えるだろう。お墓をきれいに掃除したあとは、お線香と一緒にお花を添える。故人が好きだった花や、色鮮やかな季節の花を添えれば、お墓が彩られて綺麗。お墓参りの際は、感謝を込めてお墓にきれいな花を飾ろう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71cyIM2Z5SL._SX355_.jpg