J5pgijvd32dsjxvpe0s7

効果

CATEGORY | 効果

骨盤ベルトは腰痛に効く?効果とおすすめの選び方、注意点をご紹介!

2018.10.05

腰痛に効果があるとおすすめの骨盤ベルト。本当に骨盤ベルトは腰痛に効くのでしょうか。正しい使い方をしないとかえって腰を痛め悪化してしまうという意見もあります。今回はそんな骨盤ベルトをテーマに、骨盤ベルトの効果と選び方、注意点をまとめます。

  1. 腰痛に効果的な骨盤ベルトとは?
  2. 腰痛に効果的な骨盤ベルトの選び方・注意点:①骨盤ベルトの幅は?
  3. 腰痛に効果的な骨盤ベルトの選び方・注意点:②骨盤ベルトの素材は?
  4. 腰痛に効果的な骨盤ベルトの選び方・注意点:③骨盤ベルトのデザインは?
  5. 腰痛に効果的な骨盤ベルトの選び方・注意点:④専門家の意見を聞こう
  6. 腰痛に効果的な骨盤ベルトの選び方・注意点:⑤巻き方の注意点
  7. 腰痛に効く骨盤ベルトを効果的に使う方法:①骨盤ベルトを付ける期間は?
  8. 腰痛に効く骨盤ベルトを効果的に使う方法:②運動する時付けていていいの?
  9. 腰痛に効く骨盤ベルトを効果的に使う方法:③寝ている時は付けるの?
  10. 腰痛に効く骨盤ベルトをさらに効果的に使う方法や注意点でした!
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61y83Nod%2BKL._SL1000_.jpg
骨盤ベルトというと、産前産後に妊婦さんの腰をサポートするためのベルトを指しますが、今回のまとめではもう少し広い意味で、コルセットまで広げて骨盤ベルトとしてまとめていきたいと思います。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/713f3eNaKYL._SL1100_.jpg
コルセットは、妊婦さんに限らず男性でも女性でも、腰のサポートとしてよく使われるアイテムです。腰痛に効くといわれていますが、使い方を誤るとかえって腰痛を悪化させる恐れがあるともいわれています。腰痛に効くからといって、せっかくつけていたのに痛みが増加して悪化させてしまっては元も子もありません。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/514S5ay%2BDbL._SL1000_.jpg
骨盤ベルトは、痛み止めの薬ではありませんから、直接痛みに効くもではありません。しかしながら、腰をしっかりと固定することで、腰をひねって痛みを増加させたり、痛む部分への刺激を防御する役割は果たすかもしれません。一方で付け方を間違うとかえって症状を悪化させる危険もはらんでいます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81cMESdhK4L._SL1500_.jpg
実際、腰を痛めている時に、骨盤ベルトをしてみると、日常生活の動きをサポートに効く効果を感じることができます。腰痛の度合いにもよりますが、絶対安静のケースでなけれは、動かないでいるよりも体を動かしていたほうが、他の部位の機能を悪化させずに活発な回復を促すことになるかもしれません。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/512RAAvAF8L.jpg
また、腰痛だからといって、仕事や家事を休むわけにはいかないケースも多いことでしょう。そんな時には骨盤ベルトをサポート役として使っていく事は効果があるのではないでしょうか。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71YkfNjOk8L._SL1500_.jpg
骨盤ベルトというと、妊婦さんの腰を保護するのに効くグッズを想定しますが、広い意味では腰にまくベルトを指すケースもあります。今回は腰に巻くベルト全般についてまとめていますが、コルセットとか、腰痛ベルトとか、複数の呼び方で呼ばれています。幅や素材やデザインがたくさんありますので、自分の症状に合った物を選ぶのがベストです。腰痛で病院で診察を受けているケースなどは、専門の医者の意見を聞くのが良いでしょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51T1R0tWcaL._SL1000_.jpg
骨盤ベルトは、さまざまな幅のモデルが提案されています。腰痛に効く可能性と悪化をさせないためにも症状にあったベルトを選びたいものです。一般的に幅の狭いベルトは腰を固定する力は強くありあせん。その代わり、目立たず気軽に付けることが可能でしょう。痛みの度合いによってはいいかもしれません。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71YQ3r8ddjL._SL1001_.jpg
幅が広いベルトほど、腰を広範囲に固定します。痛みが強い場合は、幅の広いベルトでしっかり固定することで、日常生活や仕事が可能になるかもしれません。しかしながら、可動域は狭くなる可能性も出てくるかもしれませんし、服の上からも目立ってしまうかもしれません。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71oFLhBeIFL._SL1500_.jpg
骨盤ベルトの素材は大きく分けて3つの素材が使われているケースが一般的です。腰痛に効く可能性と悪化をさせないためにも症状にあったベルトを選びたいものです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41cN941DGdL.jpg
1つ目は、綿とポリエステルを素材にしたベルトです。一般的にやや厚手で、固めの構造になっているベルトが多く、腰痛を悪化させないように伸縮力のあるゴム製の分部を組み込んでいるケースが見られます。重なりのある厚手の構造のタイプは、蒸れやすいので、気温が高いシーズンはやや難を感じるかもしれません。逆に冬場は、保温も兼ねて、腰痛の悪化を和らげるかもしれません。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81LSCB%2B0VJL._SL1280_.jpg
2つ目は、メッシュ素材のベルトです。こちらは伸縮性と通気性を重視したタイプといえるでしょう。気温が高くなる季節にはとよい味方になるはずです。メッシュ素材の薄手のモデルなら、ベルトをつけても目立たないという効果も期待できます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41EOuWZUAbL.jpg
3つ目は、ゴム製のモデルです。ゴム製のモデルは、伸縮性を期待できますので、可動域が広くなりそうです。一方で通気性は期待できないかもしれません。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71bFbnFSj3L._SL1200_.jpg
骨盤ベルトのデザインは、さまざまなデザインのものが提案されています。腰に巻くシンプルなデザインから、広い範囲を覆う複合タイプまで、用途に合わせてアラブのが良いでしょう。腰痛で病院で診察を受けているケースなどは、専門の医者の意見を聞くのが良いでしょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71NkgDtNVqL._UL1500_.jpg
骨盤ベルトの幅と、素材とデザインを紹介しましたが、骨盤ベルトは、沢山のモデルが提案されています。自分の症状に合った物を選んで、日常生活や仕事ができるように活用したいのですが、症状に合った骨盤ベルトがどれなのかを判断するのは難しいかもしれません。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/717icgkJd5L._UL1499_.jpg
骨盤ベルトを選ぶ基準のひとつに、痛みの度合いがあるでしょう。強い痛みを感じる時には、幅が広く広い範囲をしっかり固定できるモデルが有効かもしれません。痛みが和らいできた時期でしたら、幅が狭くて薄手のタイプでも、日常生活や仕事ができるように活用できるかもしれません。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/619ohiSNwPL._SL1118_.jpg
一番は、整形外科の医師などに日常生活や仕事ができるように活用できる骨盤ベルトはどのようなタイプがおすすめなのかを相談するのがいいでしょう。腰痛で病院で診察を受けているケースなどは、受診している医者の意見を聞いてみましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41cMeD0OZTL.jpg
骨盤ベルトを締める時の注意点は、しっかりと腰を固定することです。モデルの取扱説明書に巻き方がのっていることが多いはずですので、注意点を守って、正しい巻き方を心掛けましょう。しっかり固定しなければといって、あまりにも強く固定しすぎると、日常生活や仕事に支障をきたすかもしれませんので、こちらも適切な程度で固定するようにします。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81PyIFu6ExL._UL1500_.jpg
骨盤ベルトは、日常生活や仕事ができるようにサポートするツールですから、腰に負担がかからない場面では骨盤ベルトを付ける必要はありません。腰痛が治ったらもちろん付ける必要はありません。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51XWMqL0zHL._SL1000_.jpg
骨盤ベルトは、インナーマッスルや骨格をサポートする効果もあります。ただし、骨盤ベルトを付けることでインアーマッスルが弱くなってしまう可能性が出てきます。本来の姿は、骨盤ベルトを着けていない状態ですから、必要が無くなったら、骨盤ベルトは外すようにしましょう。楽だからといって付け続けると、大切な筋肉を弱体化させてしまうのです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61urbuWJHsL._SL1000_.jpg
骨盤ベルトは、腰に負担がかかる時に付けるものです。スポーツの多くは、腰に日常生活以上の負担がかかります。骨盤ベルトは必要に応じて付けるほうが良いでしょう。スポーツの種類により、負担にならない素材で可動域が広く、軽量で通気債がいいモデルが望ましいところです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/4174ztUwnUL.jpg
寝ている時は、腰に負担はかかりませんので、骨盤ベルトは外しておきましょう。もちろん、けがなどで、医師からベルトを着用するように言われている時は別です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71ACIqsHBSL._UL1500_.jpg
今回は骨盤ベルトをテーマに、効果とおすすめの選び方、注意点を紹介しました。今回のまとめでは広い意味で、コルセットまで広げて骨盤ベルトとしてまとめいます。骨盤ベルトは、直接的には腰痛を治すわけではありませんが、腰痛の痛みがあるときでも、腰に負担のかかる日常生活や仕事の場面でのサポートには有効なツールです。正しい付け方で、症状に合った骨盤ベルトを選ぶことがおすすめです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81x18hOINKL._UL1500_.jpg