G28vlwyjentrjgsqusrg

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

日本人の特徴は?海外の人の価値観の違いはどこにある?【恋愛観】

2018.09.20

海外の各地域ごとに価値観・恋愛観や性格には違いがあり、日本人の特徴も同様に違いがあります。そこで今回は日本人の特徴や性格に焦点を当てて、海外での反応や恋愛観の違いなどをご紹介。海外の方は日本人の性格や恋愛観にどんな反応を持つのか知りましょう!

  1. 日本人の特徴や性格とは?海外の反応と恋愛観の違いをご紹介
  2. 日本人は「恥ずかしがり屋」な特徴を持つ
  3. 日本人は「真面目・几帳面」な特徴を持つ
  4. 「我慢強さ」を持つ日本人の特徴
  5. 「マナーの良さ」が日本人の特徴
  6. 日本人の「同調意識」は特徴的
  7. 本音と建前が交差する日本人の特徴
  8. 特徴として細かいことにこだわる完璧主義な日本人
  9. 日本人と海外・・・恋愛観の違いとは?
  10. 日本人の性格や特徴と恋愛観の違いでした!
海外には様々な種族がいて、種族の数だけ文化や価値観・恋愛観の違いが生まれています。その中でも我々日本人に見られる特徴や性格は、海外とは一味違いのある印象を持っているため反応も気になるところ。
まず第一に考えられる海外の日本人に対する反応と言えば「マナーが良い」という点でしょう。それ以外にも日本人の性格は「恥ずかしがり」、「我慢強い」、「真面目」などがあることもわかります。
引用: http://pbs.twimg.com/media/CGgWCg_WoAEgFZ6.jpg
そこで今回は改めて日本人の性格や特徴に焦点を当てて解説。合わせて、それに対する海外の反応や恋愛観の違いなどを紹介していきます。

関連記事

海外の反応で言う日本人は「恥ずかしがり屋」なイメージを持たれがちです。というのも海外の方は陽気でコミュニケーション能力が高く、知らない相手でもグイグイと話しかけていくため。
海外の方が日本人に対してグイグイと言ったときには、反応として鈍いものや苦笑いだけ見せてそそくさと去ることがあります。
それを見た海外の人からしたら、恥ずかしがり屋な日本人は冷たいと思われるでしょう。実際のところ日本人は民族性なのか恥ずかしがり屋で大人しくしている方が多いです。
これは日本人の民族性として「秀でた物は撃つ」といった物や、「調子に乗る物は陰湿に攻める」といった物があるのが原因と考えられます。
もちろん日本人の中にも陽気な方はいます。ですが、そういった方を良く思わない人の存在こそが日本人を恥ずかしがり屋にさせることになるのです。
Jrrvgh9yc3ugvw7z3yuv
引用: https://www.instagram.com/p/BmqBnj_F8Dl/?tagged=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%A7%E3%82%88%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F
日本人の特徴として挙げられる真面目・几帳面な点は海外との大きな違いです。例えばアルバイトやお仕事でも「お客様は神」と言われたり、ビジネスは堅苦しい文章・やり取りで繰り広げられるのが通例です。
仕事中に人がいたらしっかりと接客するのはもちろんですが、人がいないときでも座ったり休んだりするのが許されないというのが日本人あるあるなのもご存知でしょうか。
その点、海外ではビジネスのやり取りも接客もかなりフランクで「お客様は神」なんて言葉は通用しません。そんな海外の方が見る日本人は「真面目すぎるなぁ」という反応になるでしょう。
日本人について言われることは我慢強い点が挙げられます。痛みを例にした場合は、痛さを我慢することで「よく頑張りました」と言われたり、仕事や学校を休まなければ「皆勤賞」なんてものが与えられます。
海外なら痛みがあったり具合が悪ければ休むのも普通なのに、なぜか日本人はそれを良いものとしない風潮がある点が我慢強さを助長しているでしょう。
ちなみに日本人は怒りに対するストレスも強いです。ただし我慢強い日本人が怒りを笑いながら我慢した時は、爆発すると大変になるのが海外の反応からすると恐ろしい点になります。
日本人のマナーの良さは海外からも高く評価される点です。例えばライブやイベントといったものが開催されると、ルールを守って楽しんで最後はゴミの片付けもしっかりとやるというのが日本人です。
一部マナーの悪い方も確かにいますが、ほとんどの方はマナーを守ることからその点が高く評価されます。震災があったとしても海外で起きたときは暴動や盗難が相次ぎますが、日本の場合は救援物資を並んで受け取り盗難なども起こりません。
そういった面に対して海外からはマナーと礼儀の良さが評価され、犯罪もない住みやすい場所と言われるでしょう。
日本人は同調意識が強いと言われています。
学校であればクラスなんかで何かあったとしても、団結するのが見得として扱われたり、仕事なら多数意見が採用されて少数意見はそこに同調しなければならない空気になるのが一般的でしょう。
Gh64rmrqlx5wf2spjewa
引用: https://www.instagram.com/p/BmFYMVGHcPV/?tagged=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%A7%E3%82%88%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F
それ以外にも日本では「KY=空気読めない」という言葉もあるように、同調しないことは悪と扱われる節があります。これに対して同じ意見や同調する日本人を見た海外の反応は、「個性がない」と言われます。
日本人の中でも特徴的なのが「本音と建前」と呼ばれるもの。極端な例は、面接などで「私服OK」と称されているのに、実際に私服で行ったら「君なんで私服で来たの?」と言われるパターンです。
このように建て前があったのに実際は違ったという事は日本人だとよくありがちで、素直に従うか裏をかいてみるかで日本人でも迷ってしまいます。
これについて本音と建前の文化がない海外の反応からすると、素直に言うことを聞いたのに誤った行動として扱われることがあって「理不尽」と思われたりします。
日本人は細かい部分にこだわりを持ちます。故に精密機器など、ほんの少しのズレも許されないパーツを作る現場では職人気質の人がいたり、そこらへんに〇〇職人といったその道のプロがいます。
このように日本人は細かい部分であっても妥協しない民族性がうかがえるでしょう。また、日本の電車で見ても細かい部分を許さない完璧主義な点を感じます。
電車の場合なら何かが起きない限り時刻表通りに動くのが普通だと日本人は思うでしょう。この点海外の電車事情は、時刻表通りに運航するほうがレアだったりするため海外の方は驚かれるようです。

関連記事

日本人の海外の方の恋愛観には一般的な違いが見られることもあります。今回はその違いを比較しつつご紹介。

告白がない付き合いもある

日本人の恋愛と言えば、気になる男女同士がデートを通したり最後に告白をお互い許容してからがカップルの成立点になると思います。
これについて海外では、異性同士のデートを何回か重ねていき、どんどん親密になっていくと告白を通さずに付き合っているという扱いになることがあります。
そのため日本人が付き合う気がなくても、親密になるほど相手は既に付き合っている気でいる可能性があるので注意が必要です。

両親の挨拶は一般的

日本においてカップルの両親の挨拶と言えば結婚の前段階と言われるくらいに大切なイベントです。これに対して海外のカップルの両親の挨拶とは付き合い始めの軽い挨拶くらいになります。
また、海外ではホームパーティなどがある度にカップルと両親が集まることもあり、日本よりも開放的です。

キャバクラはNG

日本におけるキャバクラは接待や好きな人ならよく行く場所ですが、海外の方からすると日本のキャバクラというのは存在価値に疑問を抱く存在になっています。
というのも海外では家族や恋人に時間を割くのが普通で、キャバクラに行くくらいなら他に時間を回すのが普通だから。
また、キャバクラに行くのは相手に不満があると捉えられてしまうこともあるため出来るだけ避けたいものになります。

離婚はよくあること

日本では結婚したら生涯共にすることが普通です。これは海外でも同じことですが、欧米なんかでは結婚しても割と当たり前のように離婚しています。
もちろん国にもよりますが、アメリカやロシアでは日本の離婚率の2倍から3倍程度あるので離婚に関しては日本と海外で差が生じています。
引用: http://tsubasakaiser.com/wp-content/uploads/2015/01/parter.jpg
日本人の性格や特徴を海外の反応と一緒にまとめるとともに、恋愛観の違いなどを軽く紹介させていただきました。グローバルな生き方をしたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bm-LMSXla8K/?tagged=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA