Fgvfcfrojdgznwrhbshe

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

寝る姿勢正しいのは仰向け?うつ伏せ?疲れが取れるおすすめ快眠マットレスも紹介!

2018.09.01

正しい寝る姿勢は仰向けなのかうつ伏せなのかで、わからないという人が多いです。最近では疲れが取れるマットレスなどのおすすめの快眠グッズが多く出回っています。今回は正しい寝る姿勢は仰向けかうつ伏せかについてや仰向け・うつ伏せ別正しい寝る姿勢を解説。

  1. 正しい寝る姿勢は仰向け?うつ伏せ?
  2. マットレスなどのおすすめの快眠グッズは疲れが取れる!正しい寝る姿勢は仰向けかうつ伏せか:仰向け
  3. マットレスなどのおすすめの快眠グッズは疲れが取れる!正しい寝る姿勢は仰向けかうつ伏せか:うつ伏せ
  4. マットレスなどのおすすめの快眠グッズは疲れが取れる!正しい寝る姿勢は仰向けかうつ伏せか:横向き
  5. マットレスなどのおすすめの快眠グッズは疲れが取れる!正しい寝る姿勢は仰向けかうつ伏せか:姿勢にこだわるな
  6. マットレスなどのおすすめの快眠グッズは疲れが取れる!正しい寝る姿勢は仰向けかうつ伏せか:寝具にこだわれ
  7. マットレスなどのおすすめの快眠グッズは疲れが取れる!正しい寝る姿勢は仰向けかうつ伏せか:トゥルースリーパー
  8. マットレスなどのおすすめの快眠グッズは疲れが取れる!正しい寝る姿勢は仰向けかうつ伏せか:六角脳枕
  9. マットレスなどのおすすめの快眠グッズは疲れが取れる!正しい寝る姿勢は仰向けかうつ伏せか:快眠ドーム
  10. 正しい寝る姿勢は疲れも取れやすい
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQ87yc-yQOz3QE0iK3Fft72WOhIyJ7w32lWoMUNWoEwdPy93l8f0Q
皆さんは普段の寝る姿勢はどんな姿勢でしょうか。多くの人は仰向けで寝たりうつ伏せで寝たりなど、人によってさまざまな姿勢をします。睡眠において寝る姿勢は非常に重要なものなのではないかと多くの人は考えているはずですが、そもそも正しい寝る姿勢って一体何なのかがわからないという人も多いはずです。人によっては仰向けが正しいといったり、うつ伏せが一番よいという人など、人によって正しい寝る姿勢というものは違うものです。では実際に寝る姿勢に正しいものなんてものがあるのかということについて、今回は解説していきます。そしてもうひとつ、おすすめの快眠グッズなどもあわせて紹介していきます。
引用: https://i0.wp.com/www.body-e.com/wp-content/uploads/2016/04/147739.jpg?resize=770%2C878
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/3/7/7/9/3/3/201608291237/yokoninaru.jpg

関連記事

寝る姿勢というものはさまざまなものがありますが、多くの人が最もとる姿勢が、仰向けです。ベッドなどの寝具の写真において、ほとんどの場合仰向けで寝ている姿を見ますが、それぐらい一般的な姿勢と言えます。仰向けで寝ることのメリットは、背骨を自然に延ばすことができることです。背骨を自然に伸ばすことができるということは、背骨が曲がってしまうというリスクを回避することができます。しかし一方で、いびきをかきやすくなったり、睡眠時の無呼吸症候群になりやすいというデメリットがあります。また、背骨を自然に延ばすことができたとしても、寝具によっては逆に負担がかかる姿勢ということにもなります。
引用: http://11rakuraku.cocolog-nifty.com/pij/images/2010/08/25/s31.jpg
引用: http://www.sleep.co.jp/category-latex/image/11-ori/3fld11ue1aa.jpg
赤ちゃんが眠るときに最もよい姿勢として有名なものが、うつ伏せです。最近では大人でもこの姿勢で寝ることが一番落ち着くという人が増えてきている姿勢としても知られています。うつ伏せの姿勢の利点は、安心感があるというメリットがあります。しかし、うつ伏せのままの状態で両足を伸ばした状態でいると、腰や背中に負担がかかってしまいます。もしもうつ伏せで寝るという場合は、どちらかの足を曲げた状態で寝るようにしましょう。また、枕を使用すると寝違えるなどして首を痛めてしまう可能性が高くなってしまうため、枕はなるべく使用しないようにしましょう。
引用: http://100tech.me/wp-content/uploads/2017/11/neru1.jpg
引用: https://fuminners.jp/wp-content/uploads/2017/05/news_170508_utubuse_01.jpg
仰向け以外の姿勢で一般的な姿勢が、この横向きです。人によっては、布団の暖かさを最も感じることができる市井であったり、胎児の姿勢に似ているから落ち着くという人もいます。横向きは安心感を感じることができるほか、横向けになることでいびきを防ぐことができます。しかしこちらも、寝具をしっかり選ばないと体を痛めてしまう姿勢です。特にマットレスや敷布団、枕には注意が必要です。最近では低反発マットレスというものが多く出回っていますが、沈みすぎると逆に体への負担が増えてしまいます。また、枕の高さがあっていないと、朝起きたときに肩が痛いということにもなります。
引用: http://youtsu-kokuhuku.com/wp-content/uploads/2016/01/neru_04.png
引用: https://retherapress.com/wp-content/uploads/2016/05/%E6%A8%AA%E5%90%91%E3%81%8D%E4%B8%8A%E5%8D%8A%E8%BA%AB.jpg

関連記事

ここまで多くの人がやりそうな寝る姿勢について紹介しましたが、一体どの寝る姿勢が一番正しいのかということを考える人が多いはずです。しかし、実際のところ寝る姿勢に正しい姿勢というものはありません。どの寝る姿勢にもよいところがあれば悪いところもあります。つまりどの姿勢で寝ても実はあまり変わりません。また、人間というのは寝ている間に無意識に寝返りを打つものです。つまり、寝始めたときにいくらこの姿勢で寝ようと思っても、気がついたら寝始めた姿勢と異なっているということが多いです。快眠をするときのコツとしては、寝る姿勢にこだわらないことです。
引用: https://100tech.me/wp-content/uploads/2017/11/neru.jpg
引用: https://www.skincare-univ.com/images/articles/11210/11210-1.jpg
では寝る姿勢にこだわらないで何にこだわればよいのだと、怒り出す人もそろそろ出てくるはずです。寝る姿勢にこだわろうとしてもなかなかできないものです。しかし、姿勢以外にもこだわることができるものは色々あります。その中でも最もおすすめのものが、寝具です。よりよい睡眠をとるには、よりよい寝具が最もよいです。寝具にこだわるだけでも、睡眠の質は大きく向上することができます。良質なマットレスを使用することにより背骨などにかかる負担を大幅に減らすことができ、そして良質な枕を使用することで、寝違えてしまうということも減ります。何より、寝心地がよいものを使用すると気持ちよくてすぐ眠れるものです。
引用: https://reborn2012.com/wp-content/uploads/2016/03/28eaf5755462cbd1751fb7208d72fd75.jpg
引用: http://ryuusennei.typepad.jp/.a/6a0128777ac1c8970c0133f2cbf277970b-500pi
では睡眠の質を上げるものとしてどういうものがあるのかについて、最後におすすめの快眠グッズをいくつか紹介していきます。マットレスというのは睡眠の質を上げることにおいて非常に重要なアイテムです。最近ではさまざまなマットレスが出回っていますが、その中でも現時点で最も人気のあるマットレスが、トゥルースリーパーです。通販番組でもよく出てくるマットレスですが、何度も取り上げられるだけあり、非常に高性能なマットレスです。機能性が非常に高く、それでいて価格もなかなかのお手ごろ価格であるため、マットレスを変えようと考えている人はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。
引用: http://www.truesleeper.jp/img/item/w260/single_w260.jpg
引用: http://www.truesleeper.jp/img/item/w260/mattress_cero_w260.jpg
名前からして癒されそうな名前ですが、この六角脳枕というものは、本当に癒される枕として人気があります。六角形の形をしているため、どんな寝る姿勢でもしっかり首を安定させることができ正しい寝る姿勢になります。脳科学を元に作られたものであるため、効果もかなり期待ができます。実際にアメリカの睡眠医学会の睡眠認定検査技師も認めるほどなので、この枕の性能は、睡眠に関する専門家からのお墨付きももらっているほどです。また、アスリートのなかでもこの枕を使用している人がいるなど、多くの人に使用されています。寝相が悪い人で枕を変えたいと考えている人にもおすすめの一品です。
引用: http://www.rabta-beirut.com/wp-content/uploads/2015/01/MG_6720.jpg
引用: http://img-cdn.jg.jugem.jp/1f2/2436161/20121013_1407885.jpg
都会に住んでいると、例えば朝の日の光で起きてしまったり、近所で工事をしているため、その騒音で起きてしまったりなどで、なかなか眠ろうと思ってもそのようなものの影響で起きてしまうという人も多いはずです。せめて寝るときぐらい何者にも邪魔されたくないという人は多いはずです。そんなときにおすすめの快眠グッズが、快眠ドームというものです。頭をつっこむだけで使用できるため簡単に使うことができます。人によっては、狭いところのほうが落ち着くという人もいるため、この快眠ドームを使うだけで安眠ができるという人もいます。誰にも寝ている邪魔をされたくないという人にはおすすめです。
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=https%3A%2F%2Finfo.felissimo.co.jp%2Fcompany%2Fsystem%2Fupload%2Fprtimes%2FNRR2016200286_7.jpg&twidth=1000&theight=0&qlt=80&res_format=jpg&op=r
引用: https://assets.media-platform.com/gizmodo/dist/images/2018/01/11/GIZ%2814%29-w960.jpg

関連記事

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcT6J8dJxBL9ATzzNhcsODnRUEsnNbynbSRIhK1XIJnq0bpUktpqIA
いかがでしたか。今回は正しい寝る姿勢とおすすめの快眠グッズについて紹介しました。寝る姿勢といってもさまざまなものがありますが、どの姿勢も一長一短あるため、一概にどの姿勢が正しいということはありません。何より健康によい寝る姿勢というのは、自分にとって寝心地がよい寝方で寝ることが一番です。また、そのような姿勢をとったところで、寝具がよくなければ体への負担が大きくなってしまいます。そのときはマットレスなどの寝具を良質なものに変えたり、快眠グッズを使ったりなどをすると、姿勢が悪くても安眠をすることが可能となります。もしも寝付けないときは、思い切って寝具を変えましょう。
引用: https://suiminkaigi.jp/wp-content/uploads/2017/11/tips-sleepposition01.jpg
引用: https://dol.ismcdn.jp/mwimgs/6/3/-/img_63dd2dff7e114fc6cf435ed05a43cc5592347.jpg