// FourM
Dwaez0ynsqpaa7izhyoj

方法

CATEGORY | 方法

自律診断の診断方法まとめ!自律神経失調症かどうかを簡単チェック!

2018.09.01

自律神経失調症かどうかを自分で診断してチェックすることができると非常に良いです。自律神経失調症の診断・チェック方法も意外と簡単であり、診断することで何科の病院で検査などをすればよいかがわかります。自律神経失調症かどうか自分でチェックする診断について解説します。

  1. 自律神経失調症かどうかチェックする診断とは
  2. 簡単な方法で何科の病院で検査すべきかがわかる!自律神経失調症診断のチェック方法:注目すべき点
  3. 簡単な方法で何科の病院で検査すべきかがわかる!自律神経失調症診断のチェック方法:タイプに合わせた治療法
  4. 簡単な方法で何科の病院で検査すべきかがわかる!自律神経失調症診断のチェック方法:病院でもできる方法
  5. 自律神経失調症かどうかはまず自分でチェックしよう
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maldigestion/20170303/20170303013201.jpg
自律神経失調症というのは、更年期障害と症状が非常に似ています。更年期障害というのは、本来40代から50代の女性になりやすい物ですが、最近では若い女性に多い若年性更年期障害や、男性でも更年期障害になる男性更年期障害というものがあるなど、自律神経失調症と区別がつきにくくなっています。また、自律神経失調症というのは、その症状に効く明確な治療法というのが確立されておらず、現在でも抗うつ剤などの薬での治療が主流です。では自分自身で自律神経失調症なのかどうかがわからなくても、せめて自律神経が乱れているかどうかを知る方法は無いのかと多くの人が考えますが、実はあります。
引用: http://shinkei.kenkou-100.com/%91%BD%8A%BE%8F%C7.jpg
引用: https://static.yoku-naru.net/uploads/payload/image/image/38981/main_3b73049c-52f1-429a-9870-836c24ef8ce1.jpeg

関連記事

自律神経失調症かどうかまではわからなくても、自律神経が乱れているかどうかについては自分で診断してチェックすることができます。最近では色々なサイトにチェックシートというものが用意されており、その結果自分の自律神経が今どのような状態かを確かめることができます。このチェックシートで注目している点としては、日々の睡眠の状態、食事の状態や食後の体の状態、気持ちの問題などさまざまな部分から当てはまる項目にチェックを入れ、そしてその項目に書かれている指示に従うと、現時点での自分の自律神経の状態がわかるということとなっています。もしも最近体の不調が増えたと感じたら、まずはこのチェックシートで診断しましょう。
引用: https://www.karadane.jp/articles/upload_images/Autonomic%20nerve%20check5.jpg
引用: https://www.karadane.jp/articles/upload_images/Autonomic%20nerve%20check4.jpg
自律神経が乱れているかのチェックシートが書いてあるサイトには、診断結果とその結果に基づいた適切な対策などが書かれています。基本的に4パターンあり、まずひとつは自律神経が高いバランスで保たれている場合、そして交感神経が優位に立っている場合、それと対照的に副交感神経が優位に立っている場合、そして最後に、交感神経も副交感神経も弱いというパターンに分かれています。それぞれのパターンに葉、適切な処置や、普段から心がけるべきことなどが書かれており、診断結果に合わせたことを普段の生活に取り入れることができます。これだけでも十分自律神経を整えるために役に立つものです。
引用: https://www.karadane.jp/articles/upload_images/Autonomic%20nerve%20walking.jpg
引用: https://www.karadane.jp/articles/upload_images/c773fbc5dd97e7d27f29eb2597a902923dc9ca31.jpg
でもやっぱり病院できちんとしたものを受けたい、と考える人もかなり多いはずです。しかし、域内病院の先生に相談して間違った判断をされるのか心配、という人も中にはいるはずです。そういう人におすすめなのが、自律神経計測システムです。これは病院に設置されているものであり、チェックシートよりも専門的な部分で自律神経が乱れているかどうかがわかるシステムとなっています。基本的に耳たぶや指先に機械をつけて測定するものです。耳たぶや指先というのは、自律神経の状態を調べるのに最適な場所とされています。この結果を元に、何科の病院の先生に検査してもらうか判断するということもよいでしょう。
引用: https://ans-biz.com/wp-content/uploads/2015/04/hrspe_img01.jpg
引用: http://marutaka-p.co.jp/wp-content/uploads/2015/11/a55aed592ed3a581bf1b7cf0797877c2-490x380.jpg
引用: http://mazuro.net/wp-content/uploads/2017/06/490868.jpg
いかがでしたか。今回は自分でできる自律神経失調症かどうかを調べる診断とチェック方法について紹介しました。自律神経失調症の厄介なところは、何より明確な治療法が確立されていないところです。更年期障害であるはずなのに病院では自律神経失調症と診断され、抗うつ剤などを投与されて、結果的に症状が悪化したり、挙句の果てには本当にうつ病になるというケースもあります。そのようなことを防ぐためにも、まずは簡単なものでもよいので、自律神経が乱れているかどうかチェックすることが重要です。それから病院にいくほうが、症状の緩和において最もよい近道です。
引用: https://www.ikoma-footcare.com/wp-content/uploads/2017/12/c7afc3a09acd59af1a796e5b9d92a28d-640x438.jpg
引用: https://topic-good.com/wp-content/uploads/2016/11/%E8%87%AA%E5%BE%8B%E7%A5%9E%E7%B5%8C3.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://www.etc-karada.com/kenryou/images/jsck01.jpg