Qxn2fr1bnardvbkz5ixk

健康

CATEGORY | 健康

日本人は痩せすぎ?美に対する意識は?健康なダイエットを【男性・女性】

2018.09.06

日本人は世界の人と比べて、痩せすぎているのでは?と、感じる人も多いのではないでしょうか。今回は、日本人は痩せすぎているのではないかという検証と、美に対する意識、そして、健康なダイエット方法などをご紹介。痩せすぎ日本人の真偽を確かめましょう!

  1. 日本人は痩せすぎている?
  2. 日本人が痩せすぎている原因?!男性と女性の健康ダイエット
  3. 【日本人の痩せすぎを防げ!】男性の健康ダイエット①食事
  4. 【日本人の痩せすぎを防げ!】男性の健康ダイエット➁有酸素運動
  5. 【日本人の痩せすぎを防げ!】男性の健康ダイエット➂筋トレ
  6. 【日本人の痩せすぎを防げ!】女性の健康ダイエット①筋トレ
  7. 【日本人の痩せすぎを防げ!】女性の健康ダイエット➁マッサージ
  8. 【日本人の痩せすぎを防げ!】女性の健康ダイエット➂食事
  9. 男性・女性の美に対する意識とは?痩せすぎないためには
  10. 日本人は痩せすぎ?美に対する意識は?健康なダイエットを【男性・女性】のまとめ
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/c9/c9af1ce5b9a36cd830113537d1e4a53f_t.jpeg
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/f9/f97d63dd70f202a292a88ebc1020e513_t.jpeg
日本人は痩せすぎているというのは、本当なのでしょうか?確かに、世界の人に比べて日本人は小柄で、顔も小さいといわれています。そのようなことが理由で「痩せすぎている」ということにつながるのかと思いますが、日本人は元々それほど太りやす体系ではないのかもしれません。それは、日本人痩せたい願望に隠されているように感じます。特に日本人女性は、昔から過度なダイエットをしている人が多く、見た目を気にしすぎてしまう傾向があります。人と比べることで自分が太っていると勘違いしたり、憧れの人に近づきたいがためにダイエットを行う。そういった「自分が理想とする体形を手に入れたい」という願望が、日本人は痩せすぎているという理由となっているのではないでしょうか。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/fe/fe2a4126efec965dc025138b943f2538_t.jpeg
最近では、日本でも健康ブームが起こり、運動や食事に気を使っている日本人も多くなりました。これは、健康な体を目指すと共に、リバウンドしない体を手に入れるためのもの。ですが、日本人の中でも、男性と女性とではダイエット方法が異なるということをご存知でしょうか。男性は、内臓脂肪がつきやすいですが、内臓脂肪は太りにくく痩せやすいといった特徴があります。逆に女性は、皮下脂肪がつきやすく、太りやすく痩せにくいといった特徴があります。このように、男性、女性につきやすい脂肪が違うため、男性の方が女性に比べて痩せやすということになります。過度なダイエットが流行してしまったために日本人が痩せすぎているという印象を海外に与えたのかもしれません。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/3f/3fe026b7bc3b6f807f25100e665ebb22_t.jpeg
それぞれ異なる脂肪がついているため、男性、女性のダイエット方法が違うのは当然のこと。そこで、今回は男性、女性それぞれの健康なダイエット方法をご紹介します。男性の太る原因である「内臓脂肪」を減らす方法、そして、女性が太る原因である「皮下脂肪」を減らす方法を載せていますので、是非、チェックして「痩せすぎ」を防ぎ理想の日本人体型を手に入れましょう!
引用: https://kinarino.k-img.com/system/press_images/000/920/991/9eab24988f050f70aa514985711ee1929a76b879.jpg?1487870979
まずは、日本人男性の内臓脂肪を減らす方法からご紹介していきます。内臓脂肪を減らすためにおすすめするのは、「食事」。内臓脂肪を増やしてしまう食べ物は、脂質です。脂質が多い高カロリーばかりを食べてしまうと、消費されたなかった脂質が脂肪となってしまい、内臓脂肪を増やしてしまうことになってしまうのです。
もともと和食は脂質が少ない食文化であったため、更に脂質をへらすダイエットが痩せすぎな日本人という印象を与えたのかもしれません。しかし現代では食の欧米化が進み、必ずしも痩せすぎな日本人という印象は当てはまらないかもしれません。
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2013/07/13/01/22/fruits-155616__340.png
内臓脂肪を減らしてくれる食べ物は、キャベツ、トマト、豆腐、豚肉、オレンジです。キャベツには、皆さんもご存知の通り食物繊維がたくさん入っています。食物繊維は、一緒に胃に入れた食べ物の脂肪を吸収し、体外へと輩出してくれる役割を担うとともに、満腹感を得やすい食材としても知られています。そのため、食事をするときは、主食からいただくのではく、まず初めにキャベツを食べてお腹を膨らませておけば、食事をたくさんとるということも防げ、内臓脂肪を減らすことにつながります。食事をへらすのではなく、内容を変えることで日本人が痩せすぎになるのを防ぎましょう。
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2015/05/02/05/59/road-749528__340.jpg
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/03/09/09/10/man-1245658__340.jpg
続いてご紹介する内臓脂肪を減らす方法は、有酸素運動です。有酸素運動にはたくさんの種類がありますが、内臓脂肪に特にうってつけなのがウォーキングやランニング。日本人はマラソンで金メダルを取るなど陸上競技には長けています。普段運動をしない人は、ランニングではなく軽いウォーキングから始めることで、無理なく有酸素運動を続けることができます。また、ウォーキングは歩くスピードを上げることで脂肪燃焼効果もアップします。是非、運動不足の方は、ウォーキングから始めてみてはいかがでしょうか。過度な運動は痩せすぎの原因になってしましますので無理のない範囲で取り組みましょう。

関連記事

引用: https://www.shopjapan.co.jp/content/shopjapan/pc/diet_labo/waist/article_007/_jcr_content/par/column/col1/imagebox_0.img.jpg/1498459428042.jpg
続いてご紹介する内臓脂肪を減らす方法は、筋トレです。おすすめの筋トレは、自宅でも簡単に行うことができるスクワットや腹筋。スクワットは、正しいやり方でないただ腰を痛めてしまうだけですので、やっても意味がありません。日本人はマッチョなイメージがないかもしれませんが、適度な筋トレはダイエット効果とストレス発散にもなるため、痩せすぎに陥らないためにも有効な手法です。
痩せすぎにならない正しいスクワットのやり方は、まず初めに、両足を腰幅よりも少し広めに広げます。次に両腕を前に出し、広げた両腕を左右に広げながら腰を落とします。腰を下げるときは、お尻を突き出すような感じで落としていきましょう。また、体がぐらぐらしたりしないようにすることも大切です。腰を落としたら元の上体に腰を上げていきます。この時両腕も一緒に、開いた状態から元の位置に戻します。日本人でもできる筋トレ方法から実践し、痩せすぎないようダイエットすることがおすすめです!

関連記事

引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2014/03/12/00/55/sport-285773__340.png
それでは、ここからは女性の皮下脂肪を減らす方法をご紹介していきます。まず初めにご紹介する方法は、筋力トレーニング。日本人男性女性問わずおすすめするのは、男性の内臓脂肪を減らす方法としてもご紹介した、スクワットと腹筋。上記では、スクワットのやり方をご説明しましたので、ここでは、正しい腹筋のやり方についてご説明します。
正しい腹筋のやり方は、まず初めに、両膝を立てて床に仰向けに寝転び両腕を頭の後ろで組みます。次におへそを見るような感覚で腰を丸め、頭を少しだけ浮かせます。あまり頭を上げてしまうと、首と腰に負担がかかりますので、頭の位置は、あまり上げすぎないようにしましょう。やりすぎると痩せすぎとは正反対の筋肉質になっていしまうので要注意です!
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/ef/efe2128f3e9b4f3f1e7405508cbbd956_t.jpeg
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/1f/1f08ab4c130abafcea5061d146b7e94c_t.jpeg
日本人の痩せすぎを防ぐ方法として続いてご紹介するのは、マッサージです。マッサージは、血流改善や脂肪を柔らかくするといった効果があります。そのため、有酸素運動や筋トレと組み合わせることで、脂肪燃焼効果もアップ。また、マッサージは、リンパの流れを良くしてくれるので、冷え性の方にも抜群な効果を表し、血流改善で美への効果も期待できます。マッサージをして痩せすぎるということはないのでご安心を。

関連記事

引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2015/12/08/00/32/steak-1081819__340.jpg
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2015/05/04/10/16/vegetables-752153__340.jpg
女性でも痩せすぎないためには食事が大切です。皮下脂肪を減らす方法として次にご紹介するのは、食事です。皮下脂肪を減らすおすすめの食材は、牛肉、豚肉の赤身、魚介類、海藻類、野菜、フルーツ、大豆製品など、ありとあらゆるものです。皮下脂肪を減らすために、ビタミンやミネラルは欠かせません。これらは、燃焼系成分と呼ばれるもの。消化や代謝を促してくれるとともに、美への効果も十分期待できます。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/e6/e6b1445ddf59d85f62089e3f8bd8c959_t.jpeg
引用: https://smartlog-stat2.imgix.net/uploads/content/piece/2017/8/af99b132180f56ff9dbfd577bd2d7155/1.1.png?w=375&h=500&auto=compress&q=35
最近では、女性だけでなく男性も「美」への意識が高くなっているそうです。それを証明するかのように現在では、男性専用のサロンも登場しています。内臓脂肪で出るお腹や筋肉などの見た目と同様、肌に対しても今では、女性と変わらないくらい美しい肌を持っている男性も多くなりました。それだけ、日本人男性は、身だしなみを気にするようになったということでもあります。また、男性、女性に限らず、美への意識を持つことで、健康的なダイエットを心がけることにもつながります。日本人の痩せすぎを防ぐためにも健康に気を使うことが一番です。
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2015/12/09/17/11/vegetables-1085063__340.jpg
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2015/04/20/13/44/sports-731506__340.jpg
日本人は痩せすぎているのかという疑問や、男性女性の美への意識、健康的なダイエット方法をご紹介しました。日本人は、見た目にこだわる人が多いため、痩せすぎているというのは、街を歩いている人を見ても納得できると思います。特に女性は、痩せることに関して意識が高く、自分が痩せすぎていることに気づかない人もいるくらいです。あまり無理なダイエットして痩せてしまうと、様々な病気を引き起こしてしまう可能も。ダイエットをするときは健康的なやり方で、痩せすぎない程度に行うことが大切です。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/f9/f97d63dd70f202a292a88ebc1020e513_t.jpeg