May7q0ytyjwmnoshdufk

食事・アルコール

CATEGORY | 食事・アルコール

自律神経を食事で整える!おすすめのメニューやレシピをご紹介!

2018.09.01

自律神経は日々の食事メニューやレシピで整えることができます。汗の発汗を促したり、夏バテやストレスの解消にもなるものもあるので食事メニューやレシピにこだわりを自律神経を整えることをおすすめします。自律神経を整えるための食事メニューやレシピなどを紹介します。

  1. 自律神経を整える食事メニューやレシピとは
  2. 発汗作用で夏バテやストレスにもおすすめ!自律神経を整える食事メニューとレシピ:ビタミンCの多い果物
  3. 発汗作用で夏バテやストレスにもおすすめ!自律神経を整える食事メニューとレシピ:緑黄色野菜
  4. 発汗作用で夏バテやストレスにもおすすめ!自律神経を整える食事メニューとレシピ:カルシウムも忘れずに
  5. 自律神経を整えるには食事から変えよう
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcR7mV5gwe9vKNw7b31DBdoVcJTnSmzs5BTgBIKnVOXaqK6-sDIC
ここ最近話題になっている自律神経の乱れ。最近では自律神経の乱れに効く漢方やサプリメントなどが多く出回ってきていますが、実は食事を見直すだけでも十分効果があります。どうしてもサプリメントなどに頼ってしまうと、過剰摂取となる可能性が高くなります。確かに自律神経を整えるための成分などは取るべきですが、だからといって取りすぎるとよくないものです。そんな自律神経を整えるための成分を取りすぎないためにも、普段の食事メニューやレシピなどに、自律神経を整える成分が含まれた食べ物などを取り入れることで、サプリメントなどに頼らなくても自律神経を整えることができます。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcR1Udqjmk0StKznmFEe2fNq0vNtuAeZJu-owlONratipmhzmsNyMQ
引用: http://www.8stage-space.com/wp-content/uploads/2017/08/8a64918db81f6fe32ed7f1055d083d36_s-300x225.jpg

関連記事

では自律神経を整えるための食べ物や成分ってどういうものがあるのかと、多くの人がぎもんを持っているはずなので、ここからは普段の食事に取り入れるべき自律神経を整える食べ物や成分について解説していきます。自律神経を整える成分として重要な成分のひとつに、ビタミンCがあります。ビタミンCと聞くと、多くの人が風邪予防や口内炎予防などを思い浮かべますが、実は自律神経を整える成分としての役割もあるのです。ビタミンCの多い果物は、レモンもそうですが、そのほかにもみかんやイチゴ、さらにはバナナなど、さまざまな果物があります。デザート代わりに果物を食べるのもよいものです。
引用: https://tabica.jp/entry/life/wp-content/uploads/sites/6/2016/10/02091144_56b9529a19d62.jpg
引用: http://agora-web.jp/cms/wp-content/uploads/2017/09/c61aa8590d330141d2d914da5273b9cf_s.jpg
野菜といっても、その種類はさまざまなものがあります。野菜の種類によって栄養価がかなり異なるということも多いです。その中でも特に栄養価の高い野菜のことを、緑黄色野菜といいます。緑黄色野菜というのは、ビタミンAやβカロテンなど、体の調子を整えるための成分などが多く含まれている野菜です。一般的に緑黄色野菜と呼ばれているものは、かぼちゃや人参、ほうれん草、トマト、ピーマンなどです。人によってはトマトやピーマンが嫌いだという人が多いのですが、美味しく調理すると意外にも美味しいものです。毎日の食生活で野菜が足りないと感じているときは、せめて緑黄色野菜を食事メニューやレシピに取り入れてみましょう。
引用: https://yasavia.com/wp-content/uploads/2016/11/deeply-colored-vegetables.jpg
引用: http://www.kagome.co.jp/library/vegeday/img/article/201804/img_9036_main.jpg
子供の頃は学校の給食などで必ず牛乳が出ていました。そのためカルシウム不足になるということはありませんでした。しかし大人になり、多くの人が一人暮らしなどをすると、子供の頃あれだけ飲んでいた牛乳を飲まなくなったという人も多いはずです。あえて飲まないという人もいれば、単純に忘れているという人もいるはずです。カルシウムと聞くと、骨粗しょう症などの骨に関する病気を連想する人が多いですが、実は自律神経を整える働きもあります。最近疲れ安くなったときや、倦怠感がひどいときなどは、ぜひカルシウムを取りましょう。チーズやヨーグルトなどはカルシウムを取るのにおすすめの食品なので食事メニューやレシピに取り入れましょう。
引用: http://www.mcdonalds.co.jp/content/dam/web/mcdonalds/cservice/images/cheese2.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/415PajP0SJL._SX425_.jpg
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTg1Ty6pfLO4RKMM36ncrCoqx_4Tp2k2qT4vRxK8FtwN9B8ZDXHkA
いかがでしたか。今回は自律神経を整える食事について解説しました。確かに自律神経を整えるには食事が大事ですが、一番はバランスのよい食事です。自律神経を整えるためとはいえ、さすがに生のピーマンを食べることは、逆にストレスとなって自律神経を乱してしまいます。だからこそ他の食材などと組み合わせて、そして美味しく食べることが、自律神経を整えるための食事メニューへの第1歩となるのです。また、食事に関しても最近では朝食をとらないという人が多いのですが、自律神経を整えるに当たり、食事は1日3食必ずとるようにしましょう。そのような小さな取り組みだけでも、自律神経を整えることができます。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20180523/17/heanyheany/ef/26/j/o1080081014196761885.jpg?caw=800
引用: https://plusq.s3.amazonaws.com/uploads/topic_element/filename/226/top_960_650_%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88_2018-02-19_20.23.28.png
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://hanamirei.com/wp-content/uploads/2015/10/ziritsukaizen4.jpg