// FourM
Pflbi1rhadwciw4iiv30

おすすめ

CATEGORY | おすすめ

自律神経をサプリで整える?改善におすすめのサプリと漢方を厳選してご紹介!

2018.08.25

めまいなどの原因である自律神経の乱れは漢方やサプリで整えることができることをご存知でしょうか。最近では市販のものでも改善できるものもあり、非常におすすめです。今回は自律神経を整える漢方やサプリを厳選して紹介していきます。

  1. 自律神経は漢方やサプリで整えることはできる?
  2. めまいの原因は乱れ!市販でも改善できる!おすすめの自律神経を整える漢方とサプリ:更年期障害
  3. めまいの原因は乱れ!市販でも改善できる!おすすめの自律神経を整える漢方とサプリ:自律神経失調症
  4. めまいの原因は乱れ!市販でも改善できる!おすすめの自律神経を整える漢方とサプリ:混同されるリスク
  5. めまいの原因は乱れ!市販でも改善できる!おすすめの自律神経を整える漢方とサプリ:対策
  6. めまいの原因は乱れ!市販でも改善できる!おすすめの自律神経を整える漢方とサプリ:半夏厚朴湯
  7. めまいの原因は乱れ!市販でも改善できる!おすすめの自律神経を整える漢方とサプリ:柴胡加竜骨牡蛎湯
  8. めまいの原因は乱れ!市販でも改善できる!おすすめの自律神経を整える漢方とサプリ:桂枝加竜骨牡蠣湯
  9. めまいの原因は乱れ!市販でも改善できる!おすすめの自律神経を整える漢方とサプリ:サポニン
  10. 漢方やサプリで自律神経の乱れを改善しよう
人間は年齢を重ねていくうちに、疲れが取れにくくなったり、頭痛に襲われるようになったり、肩こりが頻繁に起きたりなど、体の不調が増えていきます。多くの人は年齢のせいだということで我慢していますが、実は年齢のせいではなく、自律神経の乱れが原因であることが多いです。自律神経というのは、人間が本来持つものであり、交感神経と副交感神経のことを総称して自律神経と呼んでいます。女性に特に多く、更年期障害に起こりがちな症状ということで認知されていますが、最近では自律神経失調症という症状も出てきており、特に最近は子供でも自律神経失調症に悩まされるということも増えています。
引用: http://biznot.xsrv.jp/wp/wp-content/uploads/2017/06/jiritsu_title.jpg
引用: https://kaigo.news-postseven.com/wp-content/uploads/2017/05/jiritsushinkei.png

関連記事

そもそも更年期障害とは一体何なのかわからないという人も中にはいるはずです。更年期障害というのは主に女性に起こりがちなものであり、人間にはさまざまな期間があり、女性の人生において45歳ごろから55歳ごろの間のことを更年期と呼んでいます。この更年期というのが体の変化においても大きなターニングポイントとも呼ばれており、この時期から体のいたるところで老化というものが始まる時期でもあります。また女性の場合、若い頃起こっていた月経、すなわち生理というものがこの更年期の時期に閉経をします。そのときに自律神経が乱れやすい状態になり、同時にホルモンバランスも崩れやすくなります。
引用: http://ohiromisama.com/wp-content/uploads/2017/11/20170310142828850.jpg
引用: http://www.tsumura.co.jp/kampo/nayami/img/kounenkishougai01-img01.jpg
一方で自律神経失調症というのはどういうものかということになりますが、これは先ほどの更年期障害とは違い、女性だけでなく男性でもなることがあり、年齢に関係なくそのような症状になる可能性があります。こちらも症状はめまいや頭痛、膀胱炎や不眠症などと、更年期障害でよく起こる症状とかなり似ています。さらに厄介なことに、最近では若年性更年期という、若い女性でも更年期障害になるということが怒ったり、男性更年期障害という、男性でも更年期障害になるということが増えてきています。それにより、その症状が出てきているのではないかと思い病院にいっても、医者によっては間違った診断をされてしまうという可能性も高くなりつつあります。
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20150912%2F17%2F1333077%2F0%2F512x578xbdc3006d6a43523bbdd51e21.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20151110%2F72%2F7474682%2F2%2F300x349x85598ff4abd7543023732068.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r

関連記事

更年期障害と自律神経失調症がかなり似ているということについては先の部分で触れたとおりですが、なぜこれほどまでに似ているのかというと、すべては自律神経の乱れが原因であることです。原因が一緒であれば治療法も一緒なのではないのかと考える人も多いですが、実は更年期障害か自律神経失調症かで、治療法や処方される薬が大きく異なります。実際に本来は更年期障害であるはずなのに、病院に行くと自律神経失調症と診断され、結果的に症状が悪化したということもよくあります。もしも病院にいくことがある場合は、なるべく信頼できる病院にて診断するようにしましょう。
引用: http://brain-disease.net/img/dysautonomia/img17.gif
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20150120%2F79%2F7040569%2F0%2F624x640xd88fa154f245636c35dd7416.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r
しかし、信頼できる病院にいくことがおすすめだからといっても、その病院が正しい診断をすることができるとは限りません。そのためには、自分自身でもある程度どのような治療がされるのかについて知っておくことが重要です。更年期障害の場合は、ホルモンを直接注入する薬を用いる治療法が一般的です。しかし一方で自律神経失調症の場合は、明確な治療法が確立されておらず、場合によっては副作用が起こる可能性もあります。また、自律神経失調症の治療に用いられる薬は基本的にうつの治療に用いられるものであるため、場合によってはさらに症状が増えるという恐れもあります。
引用: http://shinkei.kenkou-100.com/%95a%89%40%82%C5%82%ED%82%A9%82%C1%82%C4%82%AD%82%EA%82%C8%82%A2%8F%C7%8F%F3.jpg
引用: http://www.jinaishinryojo.jp/imgdb/webman_blog/33-1.jpg?1533387175
ここまで聞くと、病院にいくこと自体が怖くなったという人も多いはずです。何とかして自分でも何とかできないのかと考える人も多いですが、そんなときは漢方やサプリなどを飲みましょう。自律神経を整える漢方やサプリについてはいくつかありますが、その中でも特に効果のあるものをいくつか紹介します。半夏厚朴湯という漢方は、心身ともに疲れやすい人や冷え性の人に効果があり、症状としては動悸、めまい、吐き気がひどいという人におすすめの漢方です。気分がふさぎがちになったり、冷え性がひどかったり、うつのような症状がある人は、この漢方を飲んでみましょう。
引用: https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/none/path/sbba07559da9dcfaa/image/i3e6d7b35123d57de/version/1488182022/image.png
引用: http://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/9/957ed1feec0c7303ebd120dcf173ddd0be888989.16.2.9.2.jpeg
柴胡加竜骨牡蛎湯という漢方は、先ほどの漢方とは違い、比較的体力がある人向けの漢方となっています。体力があるなら問題ないのではと考える人も多いですが、体力だけで解決できないことというのも数多くあります。この柴胡加竜骨牡蛎湯という漢方は、頭痛や肩こりをはじめとする自律神経の乱れが原因で起こりがちな症状のほかに、不眠や不安感、イライラなどの心理的な部分にも効果がある漢方となっています。血圧はそれほど高いわけでもなく、疲労感もないがなぜかいらいらするという方や、突然不安な気持ちに襲われることが多くなったという人などにおすすめです。
引用: http://www.tsumura.co.jp/products/common/img-item/item-med-012.jpg
引用: https://jp.rohto.com/~/Media/com/wakansen/160930/img_product_item04_improvement.png
桂枝加竜骨牡蠣湯という漢方は、先ほどまで紹介した漢方とは違い、元々の体質が虚弱な人向けの漢方です。他の漢方とは違い神経の高ぶりを鎮めて気力をつけることにより、不安感からくる動悸などの、いわゆる病は気からということわざが当てはまりそうな症状に効果があります。元々虚弱体質である人はもちろん、常に不安感に襲われており、動悸などの症状が激しいという人におすすめです。漢方のよいところというのは、他の医薬品とは違い副作用がおきにくいというところなので、もしもそのような症状に見舞われるようになった場合、少しずつ漢方で治療していくとよいでしょう。
引用: http://www.tsumura.co.jp/products/common/img-item/item-med-026.jpg
引用: https://www.nagae-ph.com/upload/save_image/03031438_56d7cdbaea1aa.jpg
ここまで漢方を中心に紹介してきましたが、最近では自律神経を整える効果があるサプリというものも増えてきています。そのサプリの多くに含まれている成分が、このサポニンという成分です。サポニンというのは、大豆や光来人参などの植物の葉や茎、根の部分に多く含まれている成分であり、交感神経と副交感神経のバランスを整え、結果的に自律神経の乱れを改善し、感情や気分を安定させる働きがあります。そのほかにも血流の改善や肥満、ストレスの軽減、さらには脳機能にも良い効果があり、非常に優れた成分となっています。最近では市販でも売られることが多くなったので、容易に入手できるようになったのもよいことです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51FX4SaGjnL.jpg
引用: https://auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/dr000/auc0407/users/416c231a122b6761f97a7e896b7a7ff408270061/i-img900x1200-15330461468ystll19887.jpg
いかがでしたか。今回は自律神経を整える漢方やサプリについて紹介すると同時に、自律神経の乱れが引き起こす更年期障害と自律神経失調症について紹介しました。更年期障害というのは今までは40代から50代の女性に多く出てくる症状でありましたが、最近では若い女性や男性でもなることが多くなりました。また、更年期障害に似たものである自律神経失調症という症状も増えてきており、これに関しては子供でもそのような症状になるということもよくあります。最近のストレス社会の影響で、このような病気というのはいつ起こるかわからなくなっています。皆さんも普段から気をつけましょう。
引用: https://seishindo.info/wp-content/uploads/2016/09/hutei.png
引用: https://byouin-sagashi.com/wp-content/uploads/2018/05/20180405_dysautonomia_-1024x682.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61ZImKC9ruL._SY355_.jpg