F0emimz4wd6mchmfqzrm

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

日本人のNBA選手の特徴、身長、経歴!世界での活躍とは?

2018.08.29

バスケットボールの世界では最高峰と言われるリーグのNBA。日本人にとっては高いハードルとなるNBAだが、現在活躍する選手の中には、NBAですでに活躍している人や、近いと言われる選手が存在する。彼らの経歴や特徴、身長や活躍も含めて、NBA日本人選手をご紹介!

  1. 高いハードルであるNBAリーグに参戦間近!期待できる日本人選手の活躍や経歴とは?
  2. 日本人選手の参戦が待ち遠しい!アメリカNBAリーグとは?
  3. 身長・経歴・身長・特徴など!NBAで活躍できる日本人選手①:渡邊 雄太 (わたなべ ゆうた)
  4. 身長・経歴・身長・特徴など!NBAで活躍できる日本人選手②:富樫 勇樹 (とがし ゆうき)
  5. 身長・経歴・身長・特徴など!NBAで活躍できる日本人選手③:八村 塁 (はちむら るい)
  6. 今後に期待!NBA選手として活躍できる日本人選手から目が離せない!
引用: https://image.freepik.com/free-photo/young-basketball-player-shoot_53876-14085.jpg
世界的に見ても、段違いでレベルの高いバスケットボールリーグといえばアメリカのNBA。これまで数々の日本人選手がトライしてきた。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/professional-basketball-player-holding-the-ball-under-his-arm_23-2147604923.jpg
なかなか日本人選手として活躍することが出来なかったNBAだが、現在ではこのリーグ参戦している選手や、NBAに最も近いと言われている日本人選手たちが存在する。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/basketball-player-jumping-acrobatically_23-2147604912.jpg
はたして、彼らの経歴や特徴はどんなものになるのだろうか。また彼らの身長や活躍、現在の状況などはどのようになっているのか。これからのバスケットボール界で輝ける日本人選手たちをご紹介しよう!

関連記事

引用: https://image.freepik.com/free-photo/close-up-view-of-basketball-and-net_23-2147644445.jpg
北米のバスケットボールのプロリーグ。本部はニューヨーク州ニューヨーク。1949年競合するナショナル・バスケットボール・リーグ (1937設立) とバスケットボール・アソシエーション・オブ・アメリカ (1946設立) の 2団体が合併して結成された。

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41pUF4f694L._SY355_.png
NBAは、National Basketball Associationの略である。北米のプロバスケットボールリーグであるNBAは、圧倒的に技術レベルやフィジカルレベルの高い選手が活躍する場所として有名。オリンピックの際は、アメリカのNBAスター選手を集めた「ドリームチーム」が華麗で鮮やかな試合運びを見せてくれる。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/two-male-player-playing-with-basketball_23-2147871615.jpg
日本人選手の活躍が待ち遠しいNBA。そんな日本人の若者の中で、NBAに既に参加している選手や、もうすぐNBAに参戦できるかもしれない選手たちをチェック。彼らの活躍を注視したいところだ。
引用: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/7/76/Watanabe_yuta.jpg/800px-Watanabe_yuta.jpg
身長:206cm (6 ft 9 in)   体重:93kg (205 lb)

現在、メンフィス・グリズリーズに所属している渡邊 雄太 (わたなべ ゆうた)。香川県出身の彼は、尽誠学園高等学校卒業後、ジョージワシントン大学を卒業した経歴を持つ。両親が実業団で活躍した経歴を持ち、姉もバスケ選手として活躍していたことから、バスケットボール一家ともいうべき家庭に育つ。
身長は2mを超えており、なおかつスピードが武器というオールラウンドプレイヤー。3ポイントシュートやカットインなどのアウトサイドプレーを得意としている。2018年よりメンフィス・グリズリーズと契約を交わした。今後の活躍が期待される選手である。
引用: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/c/cb/Togashi_yuki_2016.jpg/800px-Togashi_yuki_2016.jpg
身長 167cm (5 ft 6 in) 体重 70kg (154 lb)

バスケットボール選手といえば、身長の高さは必須項目というべき点。しかしながら、身長の低さを身体能力と技術でカバーする選手が居るのも確か。富樫 勇樹は、そんなタイプの選手と言える。学生時代は、日本選抜としても活躍し、2014年のアジア競技大会では、チームで銅メダルを獲得する快挙を成し遂げる。
また、同年には、NBAのチームであるマーベリックスと選手契約を結び、その後テキサスレジェンズに加わる。日本人によるNBAとの契約については史上2人目となる快挙であった。現在はBリーグの千葉ジェッツふなばしに所属し、活躍をしている。
引用: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/6/64/Hachimura_rui.jpg/800px-Hachimura_rui.jpg
身長 204.5cm (6 ft 9 in) 体重 106kg (234 lb)

201㎝という大柄な体格に恵まれている八村 塁は、父親がベナン人で、母親が日本人というハーフ。全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会において3連覇を果たし、世界選手権にも出場。パワーフォワード・スモールフォワードとして、その身体能力を存分に生かすプレイが魅力。
現在はアメリカはワシントン州スポーケンにあるゴンザガ大学にて在学中。今後が期待できるプレイヤーだ。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/two-street-player-playing-basketball-against-clear-sky_23-2147871602.jpg
身体能力や技術面において、日本人選手の参加は難しいと言われてきたNBAリーグ。現在は、そのNBAで契約を果たした選手や、これから活躍できる日本人選手が他にもカレッジなどに通っている。ご紹介した選手以外にも、ポテンシャルの高い選手がいる。今後に期待!NBA選手として活躍できる日本人選手から目が離せない!