Lfg2kb3uiy7ogakl9gpe

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

営業に向いてない人と向いてる人の特徴や理由は?適正を診断しよう

2018.08.24

営業といえば、仕事の中でも過酷と言われてます。営業は向いている人と向いてない人が分かれる特徴の仕事でもあります。向いている人と向いてない人にはそれぞれ特徴が存在しますので、今回は営業に向いている人などの特徴や理由をご紹介していきます。

  1. 営業には向いている人・向いてない人が存在!
  2. 営業職といえば?
  3. 営業に向いている人と向いてない人の特徴はこちら!
  4. 営業に向いている人と向いてない人の特徴診断① 人から好かれるか
  5. 営業に向いている人と向いてない人の特徴診断② しっかりとアピールできるか
  6. 営業に向いている人と向いてない人の特徴診断③ 人を見る目
  7. 営業に向いている人と向いてない人の特徴診断④ ストレスの感じやすさ
  8. 営業に向いている人と向いてない人の特徴診断⑤ 就活内容
  9. 営業に向いている人と向いてない人の特徴診断⑥ 文系か理系か
  10. 営業に向いている人と向いてない人の特徴診断⑦ 行動力の有無
  11. 営業に向いている人と向いてない人の特徴診断⑧ 目的意識
  12. 【まとめ】営業の向き不向きは頑張れば変えれることも!
引用: http://careersupli.jp/wp-content/uploads/2016/01/asian-business-people-728x368.jpg
営業に向いている人と向いてない人の特徴はご存知ですか?実はこの特徴にはしっかりとした理由が存在し、向き不向きが存在します。向いていない状態で悩み、いつまでも続けていても苦しみを長時間続けるようなものなので、心が折れやすいです。今回はそのような営業の向き不向きの特徴を理由をつけてご紹介したいと思います。
引用: http://www.conyx.co.jp/images/recruit/salesman/img_01.jpg
営業職といえば、やはりみなさんが想像するように、スーツを身にまとい、法人や個人のお客様に対して自社の商品の魅力を伝える仕事となっています。実際に私も営業職を何年か行っていましたが、営業職でも特に外回りの営業は過酷と言っても過言ではないです。商品が売れるのは楽しいのですが、その分件数をこなさないといけないことも多いので、ノルマなどが大変な場合が多いです。
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/w/worqlip/20170125/20170125223627.jpg
営業職についてご紹介しましたが、次は実際に営業に向き不向きの人の特徴を診断しやすいようにご紹介したいと思います。もちろん向いている人の特徴・理由に該当する数が多ければ多いほど営業に向いている人だと言えます。今後のご参考にご覧いただけたらと思います。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcStjpeVxEWO4InJntzlqed9mFu7d21658pxQK0xieq7FekbCJwtLQ
引用: https://careerjourney.jp/wp/wp-content/uploads/2017/06/shutterstock_446573998.jpg
まず最初に挙げられるのが人に好かれているかどうかが向いている人と向いてない人の差です。やはり営業は対人の仕事でもあるので人に好かれるかどうかが大きく左右すると言っても過言ではないです。会社内でももちろんのこと外に出てもあまり人に好かれることがない人はあまり営業に向いていると言えません。
引用: https://learning-love.com/wp-content/uploads/2018/02/ninkimono.jpg
やはり営業に向いている人は人に好かれる人が多いです。そのため、上司に可愛がられる人や、部下から好かれるような人は営業に向いていることが多いです。もちろん身近な人に好かれるだけでなく、初対面の人とも意気投合するような方は営業に向いています。
引用: http://yonago-show.sakura.ne.jp/hometown/wp-content/uploads/2017/11/matching_main-1-348x215.jpg
次にご紹介する営業に向き不向きの特徴診断はしっかりとアピールできるかどうかです。このしっかりアピールができるという理由については自分をもちろんのこと商品などの魅力をしっかりと伝えることができるかどうかになります。なかなか難しい点ではあるのですが、ある程度の熱意がないと不可能です。そのため、アピールがなかなかできない、魅力が伝えることができない人は営業に向いてないと言えます。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/kaisya_hyouryuuki/imgs/0/d/0d1fe607-s.jpg
先程あげた理由と同じように、アピールがしっかりとできる人はやはり営業に向いている人と言えます。特に自分を売り込むことができる人はその魅力を十分に伝えることができる才能を持っています。ある程度の熱意があればある程度の許容範囲であれば購入してもらう、使ってもらうことが可能です。そのため、魅力を伝える技術を持っている人は営業に向いている人です。
引用: https://www.makeleaps.jp/blog/wp-content/uploads/2012/02/dreamstime_xs_173765641-300x200.jpg
次にご紹介する営業に向いている人、向いてない人の特徴診断は人を見る目です。人を見る目はとても大切で、営業ができるできないに大きく関係してきます。これはなぜかというと、理由はやはり営業はモノを売る、お願いする仕事でもあります。そのため、相手のことを探って納得して貰う必要があります。ターゲット層が違えば当然噛み合わないので売れにくいです。このような理由から人を見る目がない人は営業に不向きです。
引用: http://pinasan.com/wp-content/uploads/2018/07/have-an-eye-for.jpg
デキる営業マンはやはり人を見る目があります。人によって特徴はあると思いますが、その魅力を最大限に伝えることがデキるような人をいつも捕まえることができやすいです。そのため、人の表情や、動きなどをよく観察していることが多いので、このような人は営業に向いている人です。
引用: https://takeda-kenko.jp/assets/img/navi/navi/sutoresu/hero_01.jpg
次にご紹介する営業に向き不向きの特徴診断はストレスの感じやすさです。この理由はあまり関係ないイメージも少しあるかと思いますが、営業では特に大切です。どの仕事もストレスはどうしても感じるのですが、営業は最初からあまりいい印象で歓迎してもらえない状況も多いです。さらに、ノルマがあると精神的ストレスを感じやすくなるので、ストレスを感じやすい人は営業に向いてないと言えるでしょう。
引用: https://common-fitness.com/file:/public:/2018/08/07/120804-679796.JPG
一方、ストレスをあまり感じない人などは営業に向いていると言えます。ストレスを感じない人はいないと思いますが、あまり感じにくい人は前向きに頑張って突き進みやすいです。このような理由からもストレスを感じにくい人は営業に向いている人と言えます。
引用: https://kenjasyukatsu.com/blogs/wp-content/uploads/2016/06/imasia_13203650_S-1.jpg
次にご紹介する営業に向き不向きの特徴診断は就活内容です。こちらも全く関係なさそうなイメージですが、就活状況の段階でも大きく左右します。というのも、就活は多くの人が経験すると思いますが、とても大変です。自分の好みの会社に入ることができれば問題ないのですが、そうでない人も多いです。なかなか就活がうまく行かず、最終的に営業に落ち着いた人はその分自分のやりたいこととは離れているのでモチベーションが低く、向いている人が少ないです。
引用: https://www.revicglobal.com/wp-content/uploads/2015/12/126-00_00.jpg
就活の段階で営業職が第一候補の人は営業に向いていることが多いです。営業職は少なからず過酷なイメージがたくさんついているのですが、そのようなしんどい仕事に就きたいと感じている人はガッツがある人です。そのため、就活で失敗し続けた人よりかは向いている人と言えます。このことからもわかるように、就活の内容は大切です。
引用: http://entermeus.com/wp-content/uploads/2015/05/Fotolia_80329227_Subscription_Monthly_M-640x426.jpg
次にご紹介する営業に向き不向きの特徴診断は文系か理系かについてです。これはあまり関係になさそうですが、以外に関係もあったりします。というのも、理系の人はコツコツと物事を進めていくことが多いと思います。しっかりと考えて魅力を伝えることができやすいのですが、理系の人は自分の想像していたこと以外のことを聞かれると対応に困る人が多いです。そのため、文系より理系の人は営業は向いてないとされています。
引用: https://www.kurume-it.ac.jp/style/wp-content/uploads/2017/09/44ecd19c5e0677eb50b73ac38478fd19_s.jpg
一方、文系の人は文章能力があるのである程度の会話ならスムーズになりやすいです。文系はコミュニケーション能力が高い人が多いので、営業には特に向いていると言えます。文系はどちらかというと、女性の方が多いと言われているのですが、文系が得意な男性にもかなりおすすめです。そのため、文系でしっかりと多くの言葉を覚えている人などはおすすめです。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/sakaiyuki_cp/imgs/1/f/1f646127-s.jpg
次にご紹介する営業に向き不向きの特徴診断は行動力の有無です。やはり営業職は行動力はかなり大切です。行動力がない人は指示待ち人間である場合も多く、自分から進んで行動しないので数字を掴み取りにくいです。
引用: http://and-plus.net/wp/wp-content/uploads/2016/09/0afb3bcf046054b5a3bd693fa38a5b1b.jpg
一方、やはり行動力がある人は営業に向いていると言えます。意味を理解していなくても行動力があればある程度の熱意はあると感じられやすいです。そのため、行動力がある人は営業職に向いている人と言えます。
引用: https://i0.wp.com/xn--j2rs27b.biz/wp-content/uploads/2013/04/af9980025229-e1480320708873.jpg?resize=640%2C428&ssl=1
最後にご紹介する営業に向き不向きの特徴診断は目的意識です。目標意識が特にないという営業マンの人もたまに見かけますが、やはり目標意識があまりない営業マンは売上が伸びていないことが多いとともにノルマを達成していることが少ないです。そのため、目標意識がない営業マンは向いてないと言えます。
引用: https://thechange.jp/wp-content/uploads/2013/12/92868AFA8Cv89E6.jpg
目標意識がある方は営業マン向きの性格をしています。目標意識がある方が努力する人が多く、うまく行かなかったときに改善を必死にすることが多いです。そのような影の努力も大切になることが多いので、目標意識がある人のほうが営業に向いている人です。
引用: https://www.pasona.co.jp/job/shokushu/images/sales_main.jpg
引用: https://sm-c.jp/wp-content/uploads/2015/09/e3fb7fa4128e4a8c4fb533ddc89884bb.jpg
今回は営業に向いている人、向いてない人の特徴についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。営業に向き不向きの診断についてご紹介しましたが、営業は他の仕事とは違い自分の考え、行動がとても大切になります。さらに、周りの人の評価も大切なのでぜひ皆さんも意識してみていただけたらと思います。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://dol.ismcdn.jp/mwimgs/3/9/670m/img_392f18b71338b77cb47728d6c8e5a89237079.jpg