// FourM
Kojzpvn6kqddx41xeg7l

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

耳年齢のチェック方法とは?テスト方法と年齢が高い原因を解説!

2018.08.24

普段の生活を送るうえで欠かせない聴力。モスキート音を使った耳年齢のチェック、診断テストで年齢が高い人には原因がある。ウェブサイトや耳年齢のチェックやテストをする方法をご紹介。さらに、耳年齢の診断テストで年齢が高い原因をチェックしてみよう!

  1. 耳年齢の高い原因は?耳年齢診断テストをチェック!
  2. 耳年齢チェックテストで診断するためのモスキート音とは?
  3. 原因を知る前にチェック!耳年齢テスト診断方法
  4. 耳年齢チェックテストでモスキート音が聞こえない?その原因とは
  5. 若者に増えている「ヘッドホン難聴」
  6. 原因を打破!「難聴」にならない為に耳を鍛える方法はあるの?
  7. 耳年齢チェックテストで分かる!加齢が原因の聴力低下を回復させる方法①:脳トレを行う
  8. 耳年齢チェックテストで分かる!加齢が原因の聴力低下を回復させる方法②:薬を利用する
  9. 耳年齢チェックテストで分かる!加齢が原因の聴力低下を回復させる方法③:補聴器を利用する
  10. 耳年齢の高い原因が分かるチェックテストを実施して、聞こえやすい耳を保とう!
引用: https://image.freepik.com/free-photo/nosy-curiosity-ear-young-interesting_1127-2623.jpg
普段何気なく使っている聴力には個人差があり、環境や状況によっては衰えが早くなる可能性もある。通常モスキート音と呼ばれる、ある周波数を使った診断テストによって、耳年齢の高い・低いを判断することができる。音を聞いて、聞こえるか聞こえないかの判断をするだけの簡単な診断テストとなっており、ウェブサイトなどで診断できる。
引用: https://image.freepik.com/free-icon/ear-lobe-side-view-outline_318-46573.jpg
歳を増すごとに、また、環境や状況によって衰える聴力。はたして、耳年齢を正しく診断するための年齢ごとの基準はどんなところにあるのだろうか。また、モスキート音を使った診断で耳年齢診断と自分の年齢に差があった場合は、聴力はどのように回復させることができるのか。耳年齢と診断方法、耳の年齢が高い原因をチェックしてみよう!
引用: https://i.ytimg.com/vi/PBAAebuARp0/maxresdefault.jpg
引用: https://image.freepik.com/free-icon/big-mosquito_318-100181.jpg
モスキート音とは、17kHz前後の高周波音のことである。 年齢が若い人はこの周波数帯域の音を聴くことができるが、30代以上の成人は聴き取りづらくなることから、若者除けとして開発された。 蚊の飛ぶときのようなキーンという高い音をしていて不快感を増長するため、店先などで若者がたむろするのを防ぐ効果があるといわれている。Mar 5, 2014

引用: https://image.freepik.com/free-photo/young-man-wearing-a-blue-outfit_1298-118.jpg
音は周波数によってその高い・低いを分けることができる。モスキート音とは、高周波数の音の事を指す。耳年齢の若い人や、年齢の若い人はこの17キロヘルツ前後の音を聞き分ける。しかし、耳年齢の高い人や高齢者になってくると、このモスキート音を聞き取ることができない。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/3d-render-of-a-close-up-of-an-ear-with-music-notes_1048-4222.jpg
店先や店舗内でモスキート音を発生させることで、若者がたむろするのを防ぐ効果があり、また、ネズミなどを撃退する効果もあると言われている。モスキート音で耳年齢を診断するための方法として、各周波数ごとに音を聞くという方法がある。そのウェブサイトをご紹介しよう。
自分で耳年齢の診断をするなら、以下方法で2つの動画から、聞こえるモスキート音をピックアップしてみよう。
モスキート音を使った耳年齢の診断では、自分の耳によって聴くことが可能な周波数の音を判断する方法。その周波数に応じて、耳年齢が何歳くらいなのかをチェックする方法だ。あくまで大まかな診断となるので、もし正式な診断をしたい場合は医師に相談することおおすすめしたい。
・8kHz(全世代)
・10kHz(51~60歳の耳年齢)
・12kHz(41~50歳の耳年齢)
・15kHz(31~40歳の耳年齢)
・16kHz(25~30歳の耳年齢)
・17kHz(18~24歳の耳年齢)
・19kHz(13~17歳の耳年齢)
・20kHz(13~17歳の耳年齢)
引用: https://image.freepik.com/free-photo/portrait-of-irritated-young-man-plugging-ears-with-fingers_1262-12847.jpg
耳年齢の診断を行ったところで、自分の年齢よりも耳の年齢が低い人や高い人がいるのではないだろうか。人間の耳は、20ヘルツの低音に始まり、20,000ヘルツの高音までを聞き取る能力がある。20代までの人なら高音も難なく聞き取ることができるが、年齢を増すごとに、普段の環境や状況によって高音が聞き取れなくなってくる。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/woman-covering-ears_23-2147812518.jpg
ある程度までなら生活に支障はないが、この症状が進むことで難聴になってしまう。普段の会話を聞き取りにくいなどの症状が出てくれば、耳で音を聞いているにも関わらず、脳が認識しないという状態になってくる。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/lifestyle-concept-portrait-of-beautiful-african-american-woman-joyful-listening-to-music-on-mobile-phone-yellow-pastel-studio-background-copy-space_1258-999.jpg
イヤホンやヘッドホンを大音量で聞くことで難聴になる若者も増えている。好きな音楽を大音量で聴くのはストレス発散になると考えがちだが、それらを意識的に避けることも予防策として挙げられる。耳は「音」という振動を脳に伝える役割を果たしており、耳や中耳・内耳といった器官を酷使することは、若年性難聴の第一歩といえるからだ。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/curious-business-man-holding-hand-near-ear-and-looking-aside_1262-12646.jpg
実は生活習慣などにも大きな影響を受ける聴力。耳に悪い環境を避けるのももちろん大切ではあるが、騒音や、過度な喫煙や飲酒、高血圧や糖尿病、動脈硬化なども耳を衰えさせる原因となる。まずは、生活習慣を整えることが、耳を良くする第一歩といえるだろう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/young-woman-with-hand-behind-ear-listening-closely_23-2147838739.jpg
また、騒音や大音量を避け、耳の鼓膜から内耳までの各器官を健康な状態に保つことも大切なファクターとなる。では、耳を鍛える・回復させることができる方法をチェックしてみよう!
引用: https://image.freepik.com/free-photo/3d-male-medical-figure-with-brain-highlighted_1048-8496.jpg
脳と耳はつながっています。 聴覚を回復するには「脳トレ」も効果的だといわれているのをご存じでしょうか。 実際、聴覚テストを実施したノースウェスタン大学では、1日1時間の聴覚テストをした人たちの聴力が回復しました。

引用: https://image.freepik.com/free-photo/3d-medical-figure-with-brain-highlighted-on-white-background_1048-8259.jpg
耳からの信号をキャッチする脳を鍛えることで、聴力が向上するという研究結果が出ているのはご存じだろうか。実際に、脳を鍛えることによって、耳年齢が回復する。耳年齢を若返らせるための教本や教材がリリースされているのでチェックしたい。

「難聴」聞こえがクリアになるCDブック

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51JTPesoTAL._SX343_BO1,204,203,200_.jpg
「難聴」聞こえがクリアになるCDブック (脳幹を刺激する聴覚トレーニング)
価格 ¥ 1,543
現代医療でも治療の困難な難聴。しかし、聴覚トレーニングによって 聞こえをクリアにすることはできる! 付属のCDに収録された「音源定位」 「速聴」「昭和の音」といった特殊音を聴けば、脳幹が刺激されて、聴覚の明瞭 度が上がる。「聴力が回復した」「耳鳴りが消えた」「耳閉感が取れた」体験手記 も満載。

引用: https://image.freepik.com/free-vector/health-care-design_1270-72.jpg
一般的には、聴力が衰える原因の一つとして、内耳の中にある有毛細胞の衰えが原因と言われている。海外の医療団体の報告には、この内耳の有毛細胞を再生させることで聴力を回復した事例があると言われている。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/row-of-capsules-candies-on-blank-backdrop_23-2147877843.jpg
なお、薬を利用する場合は、症状によって使用する薬剤が違ってくるので、まずは専門医の診断が必要となる。 また、市販の医薬品の中で、体の組織構成を助ける薬品も販売されているのでチェックしておこう。

【第3類医薬品】コンドロイチンZS錠

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51afsLt07yL.jpg
【第3類医薬品】コンドロイチンZS錠 270錠 ×4
価格 ¥ 26,316
関節や血管、角膜などに存在しているコンドロイチン硫酸。これを補助するための薬品であるコンドロイチンZS錠は、難聴にも効果があるとされている。もし、難聴が深刻である場合は、医師の診断を仰ぐように心がけよう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/516by7onAFL._SY355_.jpg
耳でどうしても聞き取りづらいという人なら、最終手段として導入したいのが補聴器。補聴器は、耳に伝わる振動をキャッチして、普段聞き取りにくい会話や音を聞き取りやすくしてくれる。ただし、補聴器は一時的に聴力が回復した状態にはなるものの、自分の聴力自体が回復するわけではないので、補聴器を使わなくなると音を聞き取りづらくなるという側面も考えられる。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/happy-woman-touching-ears_23-2147812522.jpg
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSTMDjLBnn7avsPdq-1nPPWamfw3cdPsXE1Qsk8qrbFpN_aiGTslQ
耳年齢は、自分が思っているより高い場合もあれば低い場合もある。なぜなら、耳年齢は個人差や過ごしてきた環境などが大きく影響するからだ。遺伝的なものも考えられるが、耳年齢を回復させることができる方法もある。なによりもまず最初に、自分の状態を知ることが大切だ。耳年齢の高い原因が分かるチェックテストを実施して、聞こえやすい耳を保とう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://image.freepik.com/free-photo/focused-beautiful-woman-holding-hand-near-ear-and-looking-at-camera_1262-14212.jpg