P35c5mfq19kfz3de20fk

ファッション

CATEGORY | ファッション

ユニクロのカシミヤアイテムってどう?商品まとめ・洗濯方法・評価は?

2018.09.03

皆さんはユニクロが多くのカシミヤアイテムを展開しており、非常に高評価なのをご存知ですか?ユニクロのカシミヤは洗濯などの手入れを行う必要があります。今回はユニクロのセーターやニット、マフラーなどのカシミヤアイテムの洗濯方法と評価やサイズ感について紹介します。

  1. [洗濯の仕方から評価まで]メンズのユニクロ カシミヤニットアイテム:知っているようで知らないカシミヤニットとは?
  2. [洗濯の仕方から評価まで]メンズのユニクロ カシミヤニットアイテム:カシミヤニットの特徴は?
  3. [洗濯の仕方から評価まで]メンズのユニクロ カシミヤニットアイテム:カシミヤニットのデメリットはあるの!?
  4. [洗濯の仕方から評価まで]メンズのユニクロ カシミヤニットアイテム:カシミヤアイテムの基本手入れは?
  5. [洗濯の仕方から評価まで]メンズのユニクロ カシミヤニットアイテム:カシミヤクルーネックセーター
  6. [洗濯の仕方から評価まで]メンズのユニクロ カシミヤニットアイテム:マフラー
  7. [洗濯の仕方から評価まで]メンズのユニクロ カシミヤニットアイテム:ウールカシミヤチェスターコート
  8. [洗濯の仕方から評価まで]メンズのユニクロ カシミヤニットアイテム:ウールカシミヤキャップ
  9. [洗濯の仕方から評価まで]メンズのユニクロ カシミヤニットアイテム:手袋
  10. [洗濯の仕方から評価まで]メンズのユニクロ カシミヤニットアイテムまとめ
秋・冬・春の寒い季節に欠かすことの出来ないニット素材の中でも、特に高級と言われている素材のカシミヤニット。多くのブランドでこのカシミヤニットが販売されていますが、元々どの様な特徴があるのかご存知でしょうか?カシミヤニットと言うのはカシミヤヤギからとれる毛のニットの事を差しているのです。このカシミヤヤギと言うのは極寒の場所に住んでいるとともに、このカシミヤヤギから実際に取れるカシミヤニットの量が非常に少ないことから、ニットの中でも特に高級で、手に入れにくいものとなっているのです。特にカシミヤニットなどはセーターやマフラーなどに一般的に使用されています。
引用: https://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/400643/sub/400643_sub3_popup.jpg
引用: https://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/400643/sub/400643_sub7_popup.jpg
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kodawari_life/20161215/20161215021816.jpg

関連記事

カシミヤニットの特徴と言えばその肌ざわりと暖かさ、そして光沢と言っても過言ではありません。一般的にニットは繊維が肌に当たるとチクチクとした感触がありますが、カシミヤニットには繊維が細いという特徴があるので、肌に当たってもチクチクとした感触が少なく、非常に柔らかい肌ざわりを持っているのです。また、軽くて保温効果が高い特徴を持っているので、重ね着を行う寒い季節でもカシミヤのニットセーター等を持っていれば、多くの重ね着をしなくても寒い冬を乗り切ることが出来ます。ニットセーターやマフラー等冬服のアイテムとして完璧な使い心地を持っているのがカシミヤニットの特徴です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/73/61/a9/7361a94f365420026f238d63409631e1.jpg
引用: https://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/400643/sub/400643_sub5_popup.jpg
一般的にカシミヤニットのニットはその着心地の良さからメンズ、レディース問わず非常に人気のあるアイテムとなっていますが、良い点ばかりではないのです。カシミヤの欠点と言うのは、手入れを頻繁に行わないといけなく、繊維として非常に弱いことが挙げられます。カシミヤは繊維が細く、柔らかい着心地を持っていますが、繊維が細いので、洗濯等を行うと繊維の絡まりで毛玉などが非常にできやすいのです。ですので、何度もヘビーローテするような場合はこまめにマフラーやニットセーター等の毛玉取りを行う必要があります。また、このカシミヤのニットと言うのは服の天敵であるヒメマルカツオブシムシ等の大好物であり、服に汚れがあったり、防虫管理が出来ていないと、すぐにお気に入りのニットセーターやマフラーに穴が開いてしまうことになってしまうのです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/7d/9f/56/7d9f56ab3a9307f0c6e9c068a0ffc89c.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/eb/21/3a/eb213a028b54336daab869567538623c.jpg
カシミヤアイテムを長く着用するためには基本的に手入れをきちんと行うほかありません。カシミヤのニットの天敵である汚れや毛玉を出来るだけ少なくするためには、カシミヤの繊維に沿ってブラッシングを定期的に行うほか、出来るだけ汚れを付けず、必要なクリーニングの回数を減らすことも重要です。もともとカシミヤの繊維と言うのは水に弱い特性を持っているので、水に濡れるとシミになってしまうこともあるほどです。定期的なブラッシングと、必要なクリーニング回数を極力減らすことが長くカシミヤのアイテムを使い続ける秘訣になります。どうしてもクリーニングが必要となった場合はカシミヤのクリーニングを得意とするクリーニング店に任せてみるのも良いでしょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/82/df/dd/82dfdda3952e1ab243b97d195a1a37e2.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/9a/7d/84/9a7d84e5831d698c2a0bbeb544248643.jpg
ユニクロのカシミヤアイテムと言えばセーターを真っ先に思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。 カシミヤと言えば高級なイメージが強く、手入れは面倒な上、値段もそれなりにしますので、なかなか手の出しにくいアイテムと思われています。 しかし、そんな常識を覆したのがユニクロのカシミヤアイテムです。 カシミヤの高級感はそのままに、値段は手ごろ価格で提供出来るのはさすがユニクロですよね。 カシミヤ100%を使ったセーターはとても肌触りがいいため着ごこちが良いです。 ユニクロのカシミヤニットのサイズ感はタイト過ぎず、ゆったりとしたシルエットが出るようになっていますので、他のアイテムと同じサイズ感で購入すると大きく感じる方も多いかもしれません。ジャストやタイト目なサイズ感が好きな方は通常よりワンサイズ小さめ、しっかりとインナーを着込むことを想定する方は通常通りのサイズを購入し、ゆったりめのサイズ感とするのがおすすめです。このカジュアルでゆったりとしたサイズ感はメンズだけでなく、レディースでも使えるためとても人気があるアイテムです。 カシミヤ100%ですので、お手入れとしては家で洗わずドライクリーニングに出すようにしましょう。
引用: https://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/410647/item/03_410647.jpg
引用: https://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/410647/sub/410647_sub1_popup.jpg
カシミヤのアイテムと言ったらセーターの他、マフラーを思い浮かべる方も多いのはないでしょうか?ユニクロは通常のウール製のマフラーの他、カシミヤのマフラー展開も行っております。ユニクロでのカシミヤマフラーは男女兼用のモデルとして販売されているので、夫婦やカップルお揃いでつけるのもおすすめのアイテムとなっています。
引用: https://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/409337/item/08_409337.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/2a/2d/e8/2a2de83dc997cacc2a2d3b4d14d68367.jpg
ユニクロのカシミヤアイテムにはチェスターコートも展開されていいます。チェスターコートは冬の仕事の時にジャケットの上から羽織ることもできるアイテムでもあり非常に重宝されているのです。サイズ感も絶妙となっており、スーツなどのジャケットの上から着用しても着膨れしているようには見えないサイズ感でありつつ、普段の生活でセーターなどの上に直接着用してもゆとりがありすぎないサイズ感となっているのはさすがです。また、コートで気になる首後ろの部分ですが、カシミヤで非常に柔らかい肌ざわりをしているので、よくある首後ろのスレなどの心配もありません。
引用: https://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/415717/item/08_415717.jpg
引用: https://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/409337/sub/409337_sub3_popup.jpg
ユニクロはセータやコートのみではなく、カシミヤのキャップも販売しているのです。一般的にキャップにはウールやその他の素材が多く使われていますが、ウールカシミヤのキャップはなかなかありません。通常のウールキャップよる肌ざわりがいい事はもちろん、カシミヤ独特の光沢が出ていますので、非常に上品なキャップとなっています。カシミヤウールによって季節感が強くでるキャップですので、秋から、冬には大活躍すること間違いがないアイテムとなっています。
引用: https://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/409341/item/69_409341.jpg
引用: https://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/409341/sub/409341_sub7_popup.jpg
ユニクロの人気アイテムのひとつであるカシミヤニットの手袋です。人間の手には非常に多くの神経が通っているので、特にカシミヤニットでできた手袋を着用したときの肌ざわりや感触は他の手袋と違いが出る点でもあります。冬の手がかじかんで動かないようなシーンでもカシミヤのウールの特性の一つである高保温性によりいつでもあたたかなか状態を維持することが出来ます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/ac/bb/68/acbb684a4748f3ff99d24fe4ca18a95e.jpg

関連記事

ユニクロのカシミヤニットのアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?ユニクロは低価格でありながら、非常に高品質なカシミヤニットのアイテムを多く展開していますので、これまでカシミヤに手が出せないと思っていた人でも取り入れることが出来るのではないでしょうか?カシミヤはキチンと手入れを行えば、冬には非常に強い味方となってくれるアイテムです。まだ、カシミヤアイテムを取り入れていない方は是非、その肌ざわりと暖かさを体感してみてくださいね。
引用: https://i.pinimg.com/564x/ce/52/4c/ce524c0f273ed70bf27327c90cfee8cf.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/67/d6/7a/67d67a5b458452925364170b3a7469fe.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/8c/1f/4f/8c1f4f85ed71763fa9ce76cc0d2b576b.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31A77TwSDjL.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/9a/19/c6/9a19c632695048e94dfbf15503836062.jpg