Rgdionrsws7t0rveguax

健康

CATEGORY | 健康

栄養素不足していませんか?健康や美容に必要な栄養素の種類を紹介!

2018.09.23

ここでは日本人に不足しがちな栄養素の種類やその栄養素が不足することによるデメリットを紹介します。栄養素が不足してしまうと健康や美容にも悪影響があるので注意をする必要があります。不足しがちな栄養素のことを知って上手に栄養素を摂るようにしましょう!

  1. 日本人に不足しがち栄養素や不足することによるデメリットを紹介
  2. 栄養素が不足するデメリット【種類別】健康や美容に悪影響がある 不足しがちな栄養素① マグネシウム
  3. マグネシウムの栄養素が不足することによる健康や美容の影響やデメリット
  4. 栄養素が不足するデメリット【種類別】健康や美容に悪影響がある 不足しがちな栄養素② ビタミンB1
  5. ビタミンB1の栄養素が不足することによる健康や美容の影響やデメリット
  6. 栄養素が不足するデメリット【種類別】健康や美容に悪影響がある 不足しがちな栄養素③ ビタミンA
  7. ビタミンAの栄養素が不足することによる健康や美容の影響やデメリット
  8. 栄養素が不足するデメリット【種類別】健康や美容に悪影響がある 不足しがちな栄養素④ カルシウム
  9. カルシウムの栄養素が不足することによる健康や美容の影響やデメリット
  10. 栄養素が不足するデメリット【種類別】健康や美容への影響は?摂り方は?のまとめ
Sob820lkprfu3c0svrhj
Sbt9kcmmju5tbvrru7sv
ここでは日本人に不足しがちな栄養素であったり、それが不足することにデメリットを紹介します。栄養素が不足してしまうと健康や美容には多くの悪影響がありますので、栄養素が不足しないようにすることが重要です。日本人に不足しがちな栄養素を紹介していくので、どういう栄養素を摂るようにするのが重要なのかがわかりますし、不足することによるデメリットもわかるので、なぜ栄養素が重要なのかも知ることもできます。

関連記事

Gtjz4bylitf4pbggmjvu
Swgf6raaglrupdx9tnsw
日本人が不足しがちな栄養素としてマグネシウムがあります。マグネシウムは効果を把握していない人も多いのですが、マグネシウムには体内の代謝を助けてくれる効果がありますし、筋肉の動きを良くしてくれて心疾患を予防してくれるなどの効果もあるので、マグネシウムという栄養素は非常に重要になっています。日本人に不足しがちな理由としてはマグネシウムは大豆などには多く含まれていますが、あまり多くの食品には含まれていないことが原因として考えられます。
Kkoky8s1d1ltbdxti7q8
Ilzvcqmvdtovvmdj0frz
マグネシウムが不足してしまうデメリットとしてはまず、不整脈が生じやすくなってしまいますし、また慢性的にマグネシウムが不足をしてしまうと、虚血性心疾患であったり動脈硬化症などになる可能性が高くなってしまいます。他にも吐き気であったり精神障害が起こりやすくもなってしまいます。更には長期的にマグネシウムが不足をしてしまうと様々な生活習慣病になる可能性も高くなるとも言われていますので。
Knpnlw2xt4p8vx7pru8u
Qix6jry8zjvj7bgwk5fo
ビタミンB1は幅広い食材に含まれてはいるのですが、日本人の多くは推奨摂取量を満たしている人が少なくなっています。ビタミンB1には糖質をエネルギーに変えるためには絶対に必要となる栄養素になっています。他にも中枢神経であったり手足の末梢神経を正常にしてくれる効果もあります。
日本では玄米が重要なビタミンB1を摂る食べ物になっていたのですが、現代ではぬかを取り除いている精白米を食べることがほとんどになっているので、日本人は脚気にもなることが多くなっています。またインスタント食品を利用することが多くなっているのもビタミンB1が不足している原因にもなっています。普段から食べている白米を玄米にするとビタミンB1を摂ることができますのでビタミンB1不足の対策になります。
Fm4bvvg4juilgfshtqml
Iomhgjdel11omjs1wzy4
ビタミンB1が不足をしてしまうと、ブドウ糖からの必要な量のエネルギーを産生することができなくなってしまいます。その影響により食欲不振であったり疲労やだるさなどが起こってしまうことがあります。他にも脳はブドウ糖をエネルギー源にしているので、ビタミンB1が不足をしてしまうとエネルギーが不足をしてしまうことで脳や神経などに障害が起こってしまう可能性もあります。更に重症になってしまうと脚気であったりやウェルニッケ・コルサコフ症候群になってしまうこともあり、最悪は死んでしまうこともあります。
Exfu1ikmolyctldlrvyl
Igcaaqbvqovop8oliiz7
ビタミンAは日本人が特に不足しがちな栄養素になっています。ビタミンAを多く摂ることが食材もあるのですが、多くの日本人には毎日食べるような食材にはなっていないのが、ビタミンAが日本人の多くに不足している栄養素になっている原因として考えられます。ビタミンAには皮膚や粘膜であったり、目を丈夫にしてくれて免疫力を向上させてくれるという役割もあるので、可能であればビタミンAはしっかりと摂りたい栄養素となっています。
引用: https://k-nihondo.jp/gold/column/img/component/yasai6.jpg
しかしビタミンAというのはマグネシウムであったりビタミンB1などとは違っていて、ビタミンAには摂取上限があるので上手くビタミンAを摂るためには体の中で必要な分だけビタミンAになってくれるβ-カロテンなどといったプロビタミンAを上手く摂るようにするのがおすすめの方法になっています。
Akclxujrquigtua83iqx
Kiqkgglx1s5dzs8kw6sb
ビタミンAが不足してしまうと暗順応障害が起こってしまったりすることで、薄暗いところでの物が見にくくなったりしてしまい、そのまま進行してしまうと夜盲症にもなってしまうことがあります。他にも角膜であったり結膜上皮が乾燥してしまうことで角質化してまったりもしますし、皮膚であったり粘膜なども乾燥であったり肥厚や角質化が起こってしまいます。また小児がビタミンAが不足をしてしまうと成長が止まってしまう可能性もあります。
引用: http://img21.shop-pro.jp/PA01332/185/product/95765844.jpg?cmsp_timestamp=20151201215451
Eqp9d204mcl5qodzitue
和食は日本では海の幸であったり山の幸であっても、栄養素で考えてもバランスが良いと考えられています、しかしそんな日本食であったとしても不足しがちな栄養素がカルシウムになっています。その原因とまず近年では食が欧米化してしまったことにより魚よりも肉を食べることが多くなったことにカルシウム源を摂ることができることが減少してしまっています。
引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/bhive-jp/media/iewine/article/1520/1.jpg
また日本は火山が多いことにより土壌の栄養状態はあまり良くはないので、そこから摂れる作物はカルシウムがあまり多く含まれてはいないのも日本人がカルシウムが不足しがちな原因となってしまっています。また食材からの吸収率が悪くなっていることも原因となっています。カルシウムは種類によって吸収率が違うのですが、野菜や海藻類に含まれているカルシウムは吸収率が悪いのです。
Jhusa2edu9h7qnd3nuia
R5q9heucykgtidd7zmvx
カルシウムが不足をしてしまうと、よく知られていることですが骨が弱くなりますし歯も弱くもなってしまいます。幼児がカルシウムが不足してしまうと骨の発達障害が起こってしまうことで成長にも悪影響があります。カルシウムは不足していることが続いてしまうと骨密度の上昇が妨げられることにより、丈夫な骨の形成もできなくなり、高齢期の人であったり、閉経後の女性がカルシウムが不足してしまうと骨粗鬆症にもなりやすくなってしまいます。
またカルシウムは過剰摂取をしてしまうと様々な健康障害を引き起こしてしまうことにも注意をする必要があります。他にも亜鉛であったり鉄などといった他のミネラルの吸収を妨げしまいますので、普通に食事を食べてるだけであればあまり心配をする必要はありませんが、サプリメントなどのとりすぎには注意をする必要があります。

関連記事

Ngyqyxg98rvubmyywwxt
Bqkvjhrvokvekkjz253u
ここまで日本人に不足しがちな栄養素や、その栄養素が不足してときに起こるデメリットを種類別に紹介してきました。不足している栄養素を摂ることは健康や美容には重要な要素になっているので、普段から不足してしまっている栄養素を確認して毎日しっかりと摂るように心がけるようにすることが毎日を健康に過ごすためには重要です。なので健康や美容のためにも不足している栄養素を摂るようにしましょう!