// FourM
I57j76xu6bapyg3xiun9

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

運動神経が悪い原因は遺伝じゃない?誰でも改善できる方法はコレ!

2018.08.29

運動ができない人や、スポーツが苦手な人は「運動神経が悪い」と言われている。運動が下手、または苦手なのは生まれつきの遺伝子が原因だと考える人も多いのでは。しかしながら、運動神経は「改善」が可能。悪い運動神経を改善する方法などをご紹介しよう!

  1. 運動神経が悪いのは生まれつきの遺伝子の問題?改善方法とは?
  2. スポーツは苦手?良い・悪いで判断される運動神経をおさらい!
  3. 「運動神経の悪い人」と遺伝子は関係ない!運動神経がいい人とはどんな人?
  4. 原因を改善したい!運動神経が悪いと言われる特徴をチェック!
  5. 遺伝ではない!運動神経が悪い人の特徴その①:関節の可動域が狭い
  6. 遺伝ではない!運動神経が悪い人の特徴その②:体のバランスが悪い
  7. 遺伝ではない!運動神経が悪い人の特徴その③:運転が不得意
  8. 遺伝ではない!運動神経が悪い人の特徴その④:球技が不得意
  9. 遺伝ではない!運動神経が悪い人の特徴その⑤:方向音痴
  10. 遺伝ではない!運動神経が悪い人の特徴その⑥:ランニングフォーム
  11. 大人になっても改善できる!運動神経が悪い人ができることとは?
  12. 大人でも子供でも出来る!運動神経の改善方法その1:ストレッチを行う
  13. 大人でも子供でも出来る!運動神経の改善方法その2:体を思い通り動かす
  14. 大人でも子供でも出来る!運動神経の改善方法その3:基礎体力をつけて体を作る
  15. 大人でも子供でも出来る!運動神経の改善方法その4:運動時・静止時の姿勢を良くする
  16. 遺伝子が原因ではない運動神経を改善して、ヘルシーで健康的な生活を送ろう!
引用: https://image.freepik.com/free-photo/smile-corporate-skyscraper-teeth-bare_1134-1439.jpg
学校の体育の時間や、クラブ活動でよく言われる運動神経の良い・悪いは、生まれつきの遺伝子の問題だと考える人が多いのではないだろうか。実際に、遺伝子によって形づくられている体なので、そう考えるのも無理はない。しかし、実は運動神経の良し悪しは、遺伝子によって受け継がれるものではないのだ。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/fit-woman-jumping-at-orange-wall_23-2147752583.jpg
自分の子供や家族に運動をさせている人なら、運動神経が悪いのは遺伝子のせいと思う必要なないようだ。果たして、運動神経はどんなファクターによって成り立っているのか。また、現在運動神経が悪いと感じている人なら、どのように改善していけばいいのだろうか。運動神経の良い悪いの仕組みと、改善方法をチェックしてみよう!
引用: https://image.freepik.com/free-photo/young-woman-warming-up-in-gym_23-2147789624.jpg

関連記事

引用: https://image.freepik.com/free-photo/sport-concept-smiling-handsome-muscular-guy-running-outdoors-against-the-white-wall_8353-6849.jpg
筋肉を支配する末梢神経で,中枢の興奮を末梢へ伝える遠心性線維から成る。興奮を末梢から中枢へ伝える感覚神経に対する。自律神経系の末梢神経 (血管運動神経など) も運動神経に含める場合があるが,ふつうは脳脊髄神経系に属するものをさす。

引用: https://image.freepik.com/free-photo/soccer-ball-near-faceless-sportsman-after-victory_23-2147817355.jpg
通常、運動神経とは、体の中に張り巡らされている、筋肉をコントロールする末梢神経の事を指している。筋肉の総合的な動きをつかさどる運動神経。それゆえ、運動が不得意な人や、体を動かすスポーツ競技で成績の悪い人は、「運動神経が悪い」という判断をされてしまうのだ。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/two-young-male-player-playing-at-early-morning-on-city-court_23-2147871616.jpg
「空間認識」「バランス感覚」「判断力」「反応の速さ」は、運動神経の重要なファクターだ。運動神経が悪いと言われる原因は、遺伝子にあると考える人も多い。しかしながら、遺伝するのは、その身長や骨格、筋肉量などであって、運動神経とは関係がないとされている。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/top-view-with-hoop-of-girls-playing-basketball_23-2147821057.jpg
つまり、運動神経は別個に鍛えられるということになる。運動神経の伸び率としては9歳前後がピークと言われているが、その後10代の間は運動神経が伸び続ける。まずは運動神経が悪い人や、運動音痴と言われている人の特徴をチェックしてみよう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/crazy-sports-man-angry-expression_1194-1240.jpg
学校に通っている人や、クラブ活動に精を出している人なら、運動神経について考える機会もあるだろう。大人になってしまえば、なかなか運動神経について考えることがない。運動神経の改善を目指すためにも、まずは運動神経が悪い、または運動音痴と言われている人が持っている特徴をチェックしてみよう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/smiling-fit-senior-man-exercising_23-2147859865.jpg
ケガをしないためにも、普段から柔軟に保っておきたい体。しかしながら、運動を離れてしまうと、体を柔軟に動かす機会も減る。運動神経が悪い人は関節の可動域が狭い。いわゆる「固い体」となってしまうので、運動をするときに如実に表れてしまう。また、固い体を放置し続けると、どんどん固くなってしまう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/crazy-sports-man-angry-expression_1194-1579.jpg
日常生活で利用する電車や公共機関で、姿勢が悪いと思える人に出会うこともあるだろう。運動神経が悪い人の特徴のひとつに、体のバランスが悪いという傾向がある。猫背などによって体のバランスが悪いと、座っているときや、立っているときの姿勢が悪くなってしまう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/driver-looking-at-mobile_1218-260.jpg
運動神経の悪いと言われている人は、車の運転が苦手な傾向がある。その理由としては、運転に必要な能力である「空間認識能力」と「バランス能力」にあると言われている。この両者は、運動にも欠かせないポイントであり、運動神経を司る能力。車に限らず、バイクや自転車の運転が苦手な人なら、運動神経が悪いのかもしれない。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/bearded-soccer-player-falling-and-kicking-ball_23-2147817312.jpg
野球やサッカー、バスケットボールなど、運動神経をフルに活用する球技。運動神経の悪い人は、球技があまり得意ではないだろう。こちらもやはり、飛んでくるボールに対応するための空間認識能力や、姿勢を保ちながら運動するバランス能力が必要になるからに他ならない。
引用: https://image.freepik.com/free-vector/vector-illustration-of-the-navigation-map-with-gps-icons_1441-361.jpg
空間認識能力と密接に関係する運動神経。運動神経の悪い人は、地図を読むのが苦手な傾向がある。方向を感知する感覚器官のない人間は、空間認識能力を使って方角を算出する。空間認識能力が苦手だと感じる人なら、ある程度の方角などを導き出すのが苦手だと感じるのではないだろうか。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/person-jogging-at-park_53876-14571.jpg
こちらは、姿勢の悪さや、体の固さにも大きく影響するが、ランニングフォームが悪い人は、運動神経が悪い傾向がみられる。どんな運動にも重要なフォームは、それ自体を正すだけで、動きやすくなったり、やりやすくなったりするもの。ランニングフォームが悪い人は運動神経が悪いと言えるかもしれない。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/young-handsome-man-doing-exercises-working-out-legs-listening-to-music_8353-6429.jpg
運動神経が悪いと感じているひとなら、改善させたいと願う人も居るのではないだろうか。確かに、幼少期であれば運動神経の伸び率は断然違ってくる。しかしながら、大人になっても運動神経を改善する手立てはあるのだ。運動神経を改善させるための手段をチェックしてみよう!
引用: https://image.freepik.com/free-photo/healthy-woman-doing-yoga_53876-13505.jpg
ストレッチを行うことは、運動神経の改善に役立つ。柔軟な体を作り上げることで、どんな動きでも固くならず、ケガをも防ぐことができるだろう。ストレッチは最初の2週間程度は、体が柔軟になっている感覚は得られないが、途中から体が柔らかくなり、筋が伸びる感覚が気持ち良いと感じるようになり、どんどん体が柔らかくなっていく。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/man-leaping-on-dark-background_23-2147775425.jpg
体を思い通り動かすことは、あらゆるスポーツ選手が行っているトレーニングでもある。目をつぶって両手をまっすぐ真横に伸ばしてみても、意外にも斜めになってしまっている場合が多い。イメージトレーニングは、スポーツ選手が行うトレーニングの一つ。頭の中で、どのように体を動かすかをイメージして訓練することは、運動神経の改善につながる。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/handsome-young-sportsman-doing-lunges-exercises-listening-to-music-at-the-stadium_8353-6428.jpg
ランニングや筋力トレーニングなど、運動能力を身に着けることは、運動神経の改善へとつながるだろう。基礎体力をつけるための運動などを日常的に行うことによって、運動神経が鍛えられる。逆に、運動神経があっても、運動能力が低ければパフォーマンスは見込めない。最低限の体を動かせるだけの運動を行おう!
引用: https://image.freepik.com/free-photo/fitness-sport-training-park-and-lifestyle-concept-girl-doing-exercises-outdoors_8353-5990.jpg
走っているときや歩いているとき、また、座っているときに自分の姿勢に意識を向けてみよう。姿勢を意識して改善することで、運動神経の改善に貢献することができる。とくに、猫背などは年齢を重ねるとどんどん悪化してしまう傾向がある。すこし背骨が曲がっていると感じたら、姿勢の改善に取り組もう。

関連記事

引用: https://image.freepik.com/free-photo/yoga-at-sunrise-sportive-woman-practicing-yoga-sitting-on-pier-in-lotus-position_8353-6928.jpg
運動神経が悪い原因は、遺伝ではない。引き継ぐ遺伝子情報と運動神経は別物。だからこそ、大人になっても改善が可能だ。原因さえわかってしまえば、あとは改善のための活動をするだけだ。体の健康も考えて、基本的なストレッチや姿勢の改善が役立つ。遺伝子が原因ではない運動神経を改善して、ヘルシーで健康的な生活を送ろう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://image.freepik.com/free-photo/happy-man-and-smiling-woman-doing-stretching-exercises-for-arms-during-workout_8353-6943.jpg