Fraa5qvj0zezhwzifyu7

インテリア・雑貨

CATEGORY | インテリア・雑貨

白い部屋で清潔感アピール!モテる男のおしゃれインテリアとは?

2018.05.05

白い部屋に憧れたことはありませんか?どこかおしゃれで清潔感の感じるその部屋に男は誰しも一度は憧れを抱いたと思います。そこで、今回は白い部屋のメリットやデメリット、またモテること間違いなしの白い部屋のおしゃれなコーディネートをご紹介していきます。

  1. 部屋のインテリアに『白』を取り入れるメリット
  2. 部屋のインテリアに『白』を取り入れるメリット①生活感が少なく、おしゃれっぽい印象になる。
  3. 部屋のインテリアに『白』を取り入れるメリット②部屋が明るく、広く見える。
  4. 部屋のインテリアに『白』を取り入れるメリット③カーテンなどの色が他の家具の色に左右されず、自由に選べる。
  5. 部屋のインテリアに『白』を取り入れるデメリット
  6. 部屋のインテリアに『白』を取り入れるデメリット①汚れが目立つ
  7. 部屋のインテリアに『白』を取り入れるデメリット②目が疲れやすい
  8. 部屋のインテリアに『白』を取り入れるデメリット③まるで病院にいるかのような気分になって落ち着かず、余りリラックスできない。
  9. 部屋のインテリアに白を取り入れたおしゃれなモテ部屋コーディネート①
  10. 部屋のインテリアに白を取り入れたおしゃれなモテ部屋コーディネート②
  11. 部屋のインテリアに白を取り入れたおしゃれなモテ部屋コーディネート③
  12. 部屋のインテリアに白を取り入れたおしゃれなモテ部屋コーディネート④
  13. 部屋のインテリアに白を取り入れたおしゃれなモテ部屋コーディネート⑤
  14. 部屋のインテリアに白を取り入れたおしゃれなモテ部屋コーディネート⑥
  15. 部屋のインテリアに白を取り入れておしゃれなモテ部屋コーディネートをしよう!
Kroskid7wbu5kzo3cclp
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTriAJZlZzbjfFf9YqSECZ96BRHf533uTDPBEYhX2KAFNUQ3PQ-_A
部屋のインテリアに白を取り入れるメリットは多くあります。ここでは、そのメリットの中で主なものをご紹介していきます。

関連記事

Yea1dyvhpsmuob2vyvhv
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQqmmtbqNx-Cnit-PEE2g5Kk3BbZikk4MrIvJS_32jm_NKS-JfWwA
部屋のインテリアに白を入れると、生活感が少なく、おしゃれっぽい印象になります。生活感のあるごちゃごちゃした部屋が好きだという人も中にはいるかと思いますが、たいていの人はあまり生活感のない部屋の方が良いかと思います。何より、白が多く使われている部屋は清潔感が出されて、おしゃれっぽい印象になります。
Qhw18xtoulgt9zrsoqjh
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQM-vZKNdK5P4WfVW6PgUtST-PXPrCRVzV34NgSwMiJZWjx30xA
Mzopcq4vsdbod6ererhr
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQHmZPux8N5U7g5ZaPnAL2SYnDzuA9BDg4rz5C09UNXWNkKqoHt
部屋のインテリアに白を取り入れると、部屋が明るく、広く見えます。何より、白はすべての色の中で最も明るい色であると言われています。なので、部屋が明るい印象になります。また、白には奥行きを感じさせる効果があるとも言われているので、奥行きのある広い部屋に見せることができます。
引用: https://woman-money.nifty.com/cms_image/mn-woman/kaji/1895/1895.jpg
Jkbo7v6owa8ee0h4sver
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQJwjY_duy-uChgFcRW2KyqUwuQx-T-HOQzMBWVhVhAO6IiuP7B
部屋のインテリアに白を取り入れると、カーテンなどの色が他の家具に左右されず、自由に選べます。白は有彩色で、基本的にどの色とも合わせることができます。なので、他のカーテンやインテリアは、基本的にどんな色でも選ぶことができるので便利です。

関連記事

Zfe9jkwgx4i7adnqcm8f
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRFL7Dxo6ZYb-x23hDP_Ub3iipalslV6ZH83dEpicHjikCdW1-jNg
もちろん、部屋のインテリアに白を入れることによるデメリットもあります。ここからは、そのデメリットについてご紹介していきます。
引用: http://99diy.tokyo/wp-content/uploads/2017/06/05-21-2.jpg
当たり前のことですが、白はとにかく汚れが目立ちます。特に白のインテリアを置く使用している部屋なら少しの汚れがすごく目立ってしまいます。汚れがあったらせっかく清潔感を与える効果のある白のインテリアの部屋も台無しですよね。白のインテリアを使う時には汚さないように注意が必要です。
T2ql5ka9lo3vvlh70o0r
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTcXQV7qxtsuHU6RCsCpmHaLBv6JaZR-gJUct8VtgK6cxS2x4mq
白のインテリアを使っている部屋は、明るく清潔感があるのはもちろんですが、太陽の光が多く入る部屋に白を使いすぎると逆にまぶしく感じてしまいます。自分の部屋がまぶしかったら目が疲れて嫌ですよね。なので、太陽の光が多く入る部屋の場合は、そこまで白は使わないようにするのがおすすめです。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20171019/09/chu-lip-7/7c/7e/j/o0600039914051828078.jpg
部屋の壁や床、家具などのインテリアをすべて白で統一すると、光の反射が多く、無機質でネガティブなイメージを感じることもあります。ひどい場合には、頭が痛くなったり、全く疲労がとれず逆に疲労がたまっていって、リラックスできないなんてことも起きてしまいます。白を使いすぎる際には、注意が必要です。
引用: http://www.1hitorigurashi.com/coordinate/assets_c/2012/07/040102100_g_034_bt_interior_m_600-thumb-600xauto-2967.jpg
部屋にあるほぼすべてのインテリア、壁、床、机、ソファーなどを白のみで統一しているコーディネート。ただ、単に白と言っても、少し色味が違う白を混ぜていて、部屋に寂しさや孤独感を出さないように工夫してあります。すべてを白で統一してもこのコーデメンズなら、真っ白で目が疲れるなんてことはないですね。各々の素材が持つ白の色味を最大限利用しているコーディネートです。
引用: http://www.1hitorigurashi.com/coordinate/assets_c/2012/09/040500039_g_017_bt_interior_m_600-thumb-600xauto-3733.jpg
真っ白のソファーと黒のテレビボード、黒のチェストを合わせたモノトーンコーディネート。また、机を透明感のあるガラスのものにすることで、スタイリッシュで男前な印象に仕上がっています。こんな部屋で休日に映画鑑賞なんて男の理想ですよね。リラックスするには、このくらい物が少なくすっきりとした部屋の方が、物が溢れている部屋よりは落ち着けるのでおすすめです。
引用: http://www.1hitorigurashi.com/coordinate/assets_c/2012/09/040102920_g_003_bt_interior_m_600-thumb-600xauto-4014.jpg
アイボリーなどの白の中でも落ち着いた白で統一してあるコーディネート。どこか暖かい雰囲気を感じさせるその部屋は、可愛い雑貨などが好きな女性からのウケが良い事間違いなしです。居心地の良い部屋で、休みの部屋にこんな部屋でくつろいでいると、仕事の疲れなども取れやすそうですよね。
引用: http://cdn.roomclip.jp/v1/w/640/roomclip-bucket/img_640/5e64b0b7c4bc20c0bb678ca846c83a5088b621db.jpg
きれいに白ばかりで統一された部屋はやっぱり明るく品の良さが目立ちます。照明なども白に統一している徹底ぶりもうかがえます。また、ポスターやクッションに少し黒の柄が入っていることで、部屋全体としてコーディネートをすっきりと引き締めてくれています。
A4wg8jo0qxxmmkusjoyd
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRM7MvVhOC9iUaZBBRy-gMxiG2Xur2i8HfqnTjeKMKVgj-jnq9dTw
引用: http://cdn.roomclip.jp/v1/w/640/roomclip-bucket/img_640/fdce88207fb7f1868997fe5956b4ab389e42f925.jpg
かなり大きなソファーが主役のこのコーディネートですが、ここまで大きなソファーでも白なら不思議と圧迫感を感じません。また、窓際に置いてあるテーブルや、クッションなどところどころに黒色が混ざっていて、コーディネートを引き締めています。
G3sicjzrrvkpyhsekeqp
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRf9bIa1EUZXmpsayz7grtgc8Lf9pyMv2pUXY5yDKO_8ia9NVzd
Cwjg9zpft04mdry78htq
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQYGuFsIpnDTGJB68uCzbbQfX-P5batw3f8pXx3Xrurdm8S0scTtA
とてもシンプルな部屋のコーディネートですが、緑の植物がおしゃれでどこかセンスの良い部屋であることを感じさせます。緑の植物などは白のインテリアと非常に相性が良いので、どこか殺風景だなと感じた場合には、積極的に取り入れるようにしましょう。
Lf028iikvsjqzpxujxw8
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSe0QwldjQTgKsLXUam4wq109Gzb9KpSxR9-Q9O22-j6_GxKIQc
Ejf1gdu60kmtse4bikf7
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQoA9LDxivx9nNxzg56UP9ApzcK_gd8sNbbn3s6LFMHQPelwkREcA
いかがでしたか?今回は、そもそもの部屋に白のインテリアを取り入れるメリットやデメリット、また部屋のインテリアに白を取り入れたおしゃれなモテ部屋コーディネートをいくつかご紹介してきました。白のインテリアを取り入れることには、いくつも効果があることは分かって頂けたかと思います。白のインテリアは、部屋を明るく、広く見せる効果があるだけでなく、生活感があまりないおしゃれな印象を作れます。インテリアの色だけでここまでの印象を与えれるのは凄いですよね。また、おしゃれな部屋に見えると、もちろん女性からの評価も上がること間違いなしです。また、白は基本的にどんな色とでも合わせることができるので、部屋の多くに白色を取り入れると、他のインテリアも選びやすくコーディネートがしやすくなります。逆に、白が多く使われている部屋では、目がまぶしくなったり、疲れがたまったりするということもあります。特に、太陽の光が多く入ってくる部屋では、白がその光に反射してまぶしく見えてしまいます。なので、壁や床、インテリアを白で統一させたい時には、その部屋にどのくらい太陽の光が入ってくるのかを確認してからにするようにしましょう。窓が多く光が多く入ってくる部屋では、まぶしくて落ち着きがなくなるので、リラックスしたい部屋での白の多用はおすすめしません。また、冬場の真っ白い部屋だとどこか寒い印象になってしまうので、その際は他の色も取り入れて真っ白にはならないように気をつけましょう。もちろん様々なデメリットもありますが、いずれも気を付ければあまり気にならないことなので、やはり白のインテリアを多く取り入れることはおすすめです。では、これからも部屋に白のインテリアを取り入れておしゃれなモテ部屋コーディネートを楽しんでいきましょう!