Mqnb45wnu5ckvf2eeiqs

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

中学生におすすめの本厳選20選【2018】最新小説から古典・ミステリーまで

2018.10.06

2018年、平成が終わる今こそ歴史や古典を学ぶにはぴったりな時期。今時の中学生だからこそ、おすすめしたい本がたくさんあります。そこで今回、2018年の今だからこそ中学生に読んでほしい本を厳選。ミステリーから恋愛小説まで、この20選はホントにおすすめです!

  1. 中学生のみんな、本読んでる?
  2. 中学生におすすめ!今人気の小説2018①『空色勾玉』
  3. 中学生におすすめ!今人気の小説2018②『ぼくらの七日間戦争』
  4. 中学生におすすめ!今人気の小説2018③『バッテリー』
  5. 中学生におすすめ!今人気の小説2018④『ふたり』
  6. 中学生こそ読んでほしい!おすすめ古典2018①『これで古典がよくわかる』
  7. 中学生こそ読んでほしい!おすすめ古典2018②『幼年期の終り』
  8. 中学生こそ読んでほしい!おすすめ古典2018③『アルジャーノンに花束を』
  9. 中学生こそ読んでほしい!おすすめ古典2018④『老人と海』
  10. 中学生へ!おすすめミステリー本2018①『三毛猫ホームズの推理』
  11. 中学生へ!おすすめミステリー本2018②『告白』
  12. 中学生へ!おすすめミステリー本2018③『十角館の殺人』
  13. 中学生へ!おすすめミステリー本2018④『退出ゲーム』
  14. 中学生だって恋愛したい!そんな気持ちになる本2018①『君の膵臓をたべたい』
  15. 中学生だって恋愛したい!そんな気持ちになる本2018②『トーキョー・クロスロード』
  16. 中学生だって恋愛したい!そんな気持ちになる本2018③『僕は何度でも、きみに初めての恋をする。』
  17. 中学生だって恋愛したい!そんな気持ちになる本2018④『蒼空時雨』
  18. 中学生におすすめ!歴史に興味が出る本2018①『漆の実のみのる国』
  19. 中学生におすすめ!歴史に興味が出る本2018②『蒼き狼』
  20. 中学生におすすめ!歴史に興味が出る本2018③『竜馬がゆく』
  21. 中学生におすすめ!歴史に興味が出る本2018④『火怨』
  22. 中学生のみんな、本を読もう!
引用: https://menzine.jp/wp/wp-content/uploads/2013/11/1115064.jpg
スマホに夢中で本なんて読んでない。そんな中学生も多いのではないでしょうか。でも、せっかく時間がある学生時代こそ、本に触れる時間は、その後の人生を豊かなものにしてくれます。今回はそんなあなたたちに贈る、おすすめの本を、ジャンル別に紹介します。
引用: https://assets.media-platform.com/lifehacker/dist/images/2015/08/150826_reading_breaks-w960.jpg
引用: https://shop.r10s.jp/book/cabinet/1667/9784198931667.jpg
まずは、神々が住む古代の日本を、神話をモチーフとして描き出した『空色勾玉』です。日本児童文学者協会新人賞を受賞した本作は、『白鳥異伝』『薄紅天女』といったシリーズ小説の1作目です。
引用: https://1.share.photo.xuite.net/wsunny530/111a3b2/10616296/491878858_m.jpg
“イザナギとイザナミの神話”の世界観が壮大に繰り広げられ、読んでいるとワクワクが止まりません。普段なかなか触れることのない、日本の古代神話の世界を楽しむ入門編に、おすすめですよ。
引用: https://shop.r10s.jp/book/cabinet/0033/9784046310033.jpg
1985年に出版された『ぼくらの七日間戦争』は、今なお読み継がれる、不朽の名作冒険小説です。映画化もされて、そちらを見た人も、もしかしたらいるかもしれませんね。
みんなのお父さん・お母さん世代が子供の時に共感したたこのストーリー。当時の世相もわかり、今にも通じる主人公たちの大人への反発心。今読んでも、共感できるところが多くあり、今の中学生にも是非手に取ってほしい一作です。
引用: https://shop.r10s.jp/book/cabinet/1016/9784043721016.jpg
天才ピッチャーとバッテリーを組む少年の姿を巧みに描写した『バッテリー』は、野間児童文芸賞を受賞した感動作です。
引用: http://ecx.images-amazon.com/images/I/515iQd4IPQL.jpg
野球への熱い思いや葛藤、挫折はもちろん、家族との関係や友情についても鮮やかにつづられた本作は、野球部の中学生男子はもちろん、それを見つめる女子にも読んでほしい本。女子にとっても、普段は分からない男子の一面を、垣間見ることができる小説になっていますよ。
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41s8D8aECiL.jpg
事故で亡くなったお姉さんと、その姉の声が聞こえるようになった妹との、不思議な関係を描いたファンタジー『ふたり』も、中学生にはぜひ読んでほしい名作です。
勉強もできてスポーツも万能なお姉さん。それに対してどちらも苦手な妹。比較されがちでちょっとイヤだった姉が、ある日事故死。そんな中で、お姉さんの声が突然頭の中から聞こえてきた妹。数々の試練や事件を、姉の声とともに解決していく妹の成長に、いつしか共感を覚える人もいるはずです。兄弟姉妹の微妙な関係性に、自分もあるあると思わず感じてしまうのでは。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51HSXYFNRHL._SX338_BO1,204,203,200_.jpg
古典って難しい…そんな中学生に、ぜひ手に取ってほしい一冊。それが『これで古典がよくわかる』です。この本は、古典の解説書ではありません。読んでいくと、古典が今の小説と決して変わらない創作物であることがわかり、決して肩肘張らずに読めるものだということがわかるはずです。
日本語が完成していなかった時代の言葉を使った物語たち。そう思って古典に接すると、これまでとは違う読み方ができるかもしれません。そして、そのことは、今にも通じることかもしれませんね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/514blw0RETL._SL500_.jpg
イギリス人作家によって書かれた古典的SF小説の名作、それが『幼年期の終り』です。
21世紀の今に読み返すと、当時は未来をどうとらえていたか、とても興味深く読めるはずです。そして、昔の人がいかに想像力豊かだったかがわかると思いますよ。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/513XtLW1qaL._SX335_BO1,204,203,200_.jpg
こちらも海外の古典的名作小説として評価が高い『アルジャーノンに花束を』。日本でも映画やドラマ化をたくさんされているので、そちらで見た人も多いのではないでしょうか。
今も社会問題になっている「いじめ」や「虐待」、そして障害者とのかかわり方を考えさせられる一冊。自分ならどうするか、物語の登場人物を置き換えてみると、より入り込める作品ですよ。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41eoTg-pitL._SX347_BO1,204,203,200_.jpg
海外古典の名作ともいえる『老人と海』は、学生の間に一度は読んでおきたい、そんな名作文学の一冊です。
引用: https://iwiz-movies.c.yimg.jp/c/movies/pict/c/p/ba/4f/25543_001.jpg
広大の海で、淡々とした老人の語り口で紡ぎだされるストーリーは、今はたとえわからなくても、将来きっと気づかせてくれる、そんな想いも溢れています。名作と呼ばれる海外文学の中では、比較的とっつきやすい一冊。ぜひ読んでみてくださいね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51r7ji066yL._SX349_BO1,204,203,200_.jpg
推理物を楽しみたいなら、『三毛猫ホームズの推理』がおすすめ。ユーモアあふれる作風は、大人も学生もみんなが楽しめるミステリーになっています。
引用: http://mhvc.jp/wp-content/themes/mhvc/img/top/main_img.png
人間たちと猫の心温まるストーリー。笑いも涙も満載で、一冊読み切った時には、すがすがしい気分になれる、そんな名作本です。
引用: https://shop.r10s.jp/book/cabinet/3448/9784575513448.jpg
映画で見た人も多いのではないでしょうか。『告白』は、まさに中学生を主人公にした、ホラー的な要素もあるミステリー小説です。
引用: https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-f5-b8/eigadaisukiningen7/folder/1189261/51/32480351/img_6?1309321672
小説で読むと、映像とはまた違う、独特の空気感の中で展開していくストーリーに、一気に読み終わること間違いなし。読み終わった後、あなたはどんなことを考えるのでしょうか。
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51qH15c6r6L.jpg
『十角館の殺人』は、誰が犯人か、最後までハラハラドキドキで読んでいくことができるミステリー小説です。
引用: https://yaplog.jp/cv/yoh3/img/995/img100106205813_p.jpg
大学の推理小説研究会メンバーに降りかかる数々の出来事。最後まで読み終わると、もう一回初めから読み返してみたくなる、そんなストーリー構成に、思わずうなされることでしょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51InKIdI9PL._SX350_BO1,204,203,200_.jpg
吹奏楽部を舞台にした『退出ゲーム』は、短編が連なる読みやすさで人気のミステリー。面白いシチュエーションに、くすっとしながらも、世界観に引き込まれていきます。
一風変わった謎に挑む主人公たちと自分を重ねていけば、少し大人の世界をのぞき見できるかもしれませんよ。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51VPC1RxO6L._SX348_BO1,204,203,200_.jpg
映画化もされた『君の膵臓をたべたい』は、ぜひ小説でもその世界観を味わってほしい恋愛物語です。
引用: https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2016/0825/kimisui_fixw_730_hq.jpg
余命わずかの彼女。そんな彼女と主人公の言動に、もどかしくなりながらも、いつしか応援したくなる…。そんな恋愛小説で、感動してみるのはいかがですか。
引用: https://shop.r10s.jp/book/cabinet/7859/9784591117859.jpg
高校生の、純粋だけど不器用な恋愛を描いた『トーキョー・クロスロード』は、さわやかな世界感で進むストーリーに、心がキュンとする小説です。
誰かを強く想うその気持ちに戸惑い、素直になれない主人公。男子は難しい乙女心を知るきっかけに、女子は共感しながら、読み進めていくことができる、そんな恋愛小説ではないでしょうか。
引用: https://shop.r10s.jp/book/cabinet/0432/9784813700432.jpg
女子高生を主人公に、不思議な雰囲気の少年に心惹かれる、そんな恋愛小説『僕は何度でも、きみに初めての恋をする。』も、中学生にぜひ読んでもらいたい一冊。
少年の持つ“不思議”な特徴に、自分を重ねてみるのもいいかもしれませんね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51OoIw8UyiL._SX349_BO1,204,203,200_.jpg
ミステリー要素もある、不思議な恋愛小説『蒼空時雨』は、電撃小説大賞も受賞した、新感覚のストーリーです。
男女4人それぞれの視点で進むストーリーは、少しずつ明かされる真実に驚きながらも、どんどん読み進めることができる恋愛小説。切なくて暖かいストーリーに、読み終わるとホッコリした気分になれますよ。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51D97TQN2XL._SX322_BO1,204,203,200_.jpg
最後は、歴史小説のジャンルからおすすめをご紹介。まずは『漆の実のみのる国』。藩の財政難を救うために奔走する主人公の目線で書かれた、異色の歴史小説です。
いまの日本にも重ねることができる、そんなストーリー展開に、ハラハラしながらも興味深く読み進めることができる、そんな一冊です。
引用: https://image.yodobashi.com/product/100/000/009/001/169/077/100000009001169077_10204.jpg
歴史上に類を見ない超大国モンゴルを作り上げたチンギスハンの世界観を描いた『蒼き狼』。彼の出生のミステリーから、その後の征服欲の強さまでを壮大なスケール感で描いた物語は一読の価値あり。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/zzcj/imgs/b/5/b58968e5.bmp
孤高のヒーローの強さと悲しみを感じ取ることができる、そんな世界規模の歴史小説は、読む人の心を揺さぶりまくりますよ。
引用: https://shop.r10s.jp/book/cabinet/5679/9784167105679.jpg
世界史のヒーローがチンギスハンなら、日本のヒーローはこの人では。そんな日本の歴史の人気者、坂本竜馬をイキイキを描いた『竜馬がゆく』は、中学生にこそ読んでほしい名作です。
引用: https://icotto.k-img.com/system/press_images/000/367/367/6b8a0061a4c50d5523d74aff09a32cedb8d1edbb.jpeg
周囲の人たちも魅力的ながら、やはり一番カッコ良く描かれているのが、坂本竜馬です。日本の国を変えた男の物語、ぜひ触れてみてくださいね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51XMVG5Z9DL._SX334_BO1,204,203,200_.jpg
歴史には、ヒーローもいれば敗れ去った者たちもいます。そんな歴史の“敗者”に焦点を当てたのが『火怨』です。
東北やさらに北に住んでいた蝦夷族と、当時の朝廷との対立、そして屈辱。教科書ではわからない歴史を知る意味でも、ぜひ中学生には手に取ってほしい、そんな本です。
引用: https://media-01.creema.net/user/110085/exhibits/2527514/2_803feec2bffff001e1032feb3e51152e_583x585.jpg
今回紹介した20冊の本、あなたが読んでみたい本が、1冊はあったのではないでしょうか。もちろん全部読んでほしい名作ですが、まずは1冊手に取ってみてください。本の面白さに、つい次の本も手に取りたくなりますよ。
いまはスマホでも本が読める時代。気になった本は手軽に読めますよね。さあ、あなたもきょうから読書を趣味にしてみましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://livedoor.blogimg.jp/kaigainoomaera/imgs/3/2/32943198-s.jpg