Mkqc0g4kd8jenvvnvjwo

おすすめ

CATEGORY | おすすめ

すき家メニューサイズ比較!値段・量・コスパの違いとおすすめサイズは?

2018.08.10

すき家のおすすめサイズといっても、何を求めるかでかなり違いが出てきます。当然ながら値段も違えば、コスパも違います。メガとミニではかなり違うことになり、カレーでも同様のことは言えます。今回はすき家のサイズの違いとおすすめについて紹介します。

  1. すき家のサイズの違いとおすすめとは
  2. カレーでもミニとメガでは値段もコスパも違う?すき家のサイズの違いとおすすめ:中盛り
  3. カレーでもミニとメガでは値段もコスパも違う?すき家のサイズの違いとおすすめ:メガ
  4. カレーでもミニとメガでは値段もコスパも違う?すき家のサイズの違いとおすすめ:牛丼キング
  5. すき家はサイズによって値段もコスパも違う
通常の牛丼などのサイズといえば、並み盛り、大盛り、特盛りの3つが一般的ですが、すき家はそのようなものの他にも、さまざまなサイズを用意しています。サイズが多いということは、それだけ食べたい量を選びやすいということになります。そのため、おなか一杯食べたい場合はかなり大きいサイズのものを、小食の人はミニサイズのものを、というようにさまざまなニーズに対応しています。しかし、その中にはなぜそのようなサイズがあるのか疑問を持つサイズもあります。今回はそんな豊富なサイズを用意しているすき家のサイズの違いとおすすめのサイズについて紹介します。
引用: https://www.sukiya.jp/menu/img/in/photo_gyudon_100100.jpg
引用: https://www.sukiya.jp/menu/img/in/photo_gyudon_102900.jpg

関連記事

中盛りと聞くと、おそらく多くの人が並盛りの別の呼び名だと考える人が多いですが、すき家では別のサイズということで用意されています。見た目では並み盛りと変わりなく、その存在意義を疑ってしまうものですが、実は中盛りのほうが肉が多いです。その分ご飯の量を少なくしているため、中盛りということとなっています。ちなみに肉の量は大盛りサイズよりも多いため、ご飯よりも肉を多く食べたいという人は、実は大盛りよりも中盛りのほうが肉を多く楽しむことが出来ます。どうしても牛丼などは割合的にご飯の割合が大きくなり、なかなか具の肉に満足しないという人が多いため、肉を楽しむことが出来るように出来たものです。
引用: http://c.m.mbs.jp/pc/mahou/images/shop/2000/2378-3.jpg
引用: https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/26995/26995538.jpg
少しでも多く食べたいと考え、大盛りを頼んだとしても、実際に食べたらご飯が多いと感じてしまうという人が多いです。では肉も満足できるほど食べたい場合はどのサイズが良いのか、ということになりますが、それにはメガがおすすめです。並み盛りや中盛り、大盛りになるとご飯の割合を取るか肉の割合を取るか、ということになりがちですが、さすがにメガ盛りとなると、そのような次元は吹き飛んでしまうほど量が多いです。価格は他のサイズと比べると高めですが、満足感ということに関しては、かなり高いです。すき家でおなか一杯食べたいという人は、メガがおすすめです。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/icecrimer/imgs/3/7/3713a848.JPG
引用: https://pds.exblog.jp/pds/1/200710/17/92/b0040692_21182270.jpg

関連記事

しかし、世の中には大食いの人がいます。つまり、メガでも満足できないという人です。さすがにここまで行くと食べすぎだということになりますが、それでも満足できないというのも事実です。そんな方にとっても満足してしまうサイズが、牛丼キングです。元々は期間限定のメニューとして出ていましたが、現在でもメニューには乗っていないものの、裏メニューとして注文することは可能です。量としてはメガの倍ほどあり、波盛りに換算するとご飯は並盛りの3倍弱、そして肉に関しては並盛りの6倍という、途方もない量となっています。それでいて価格は990円と、大食いにとっては非常にコスパが良いサイズということで知られています。
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/allmashit/20180604/20180604194733.jpg
引用: https://i.gzn.jp/img/2009/08/12/gyudon_king_review/P1170336.JPG
いかがでしたか。今回はすき家のサイズについて解説してきました。今回はあくまで並盛りから上のサイズのみしかとりあげませんでしたが、もちろんすき家には小さいサイズもあります。ちなみにすき家のサイズの中でも最も小さいサイズはミニであり、値段も290円とかなり安いです。さらにそれよりも前には、プチ牛丼というサイズもあり、こちらは牛丼キングとは比べ物にならないほど小さく、お茶碗1杯分の量となっています。それだけにかかくは150円とかなり安く、小腹がすいたときに丁度良いサイズであり、かなりおすすめです。ちなみにカレーも同様に豊富なサイズを用意しているので、カレーが食べたい場合も安心です。
引用: https://au-wallet.com/wp-content/uploads/2016/07/%E7%89%9B%E4%B8%BC%E4%B8%A6%E3%81%AE%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%80%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88_%E3%81%99%E3%81%8D%E5%AE%B6.png
引用: http://i.gzn.jp/img/2007/10/17/mega_gyudon/mega_gyudon01.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.kansai-airport.or.jp/sites/default/files/styles/tenant_image_main/public/2017-10/d019-main.jpg?itok=fyF78AkE