G0gvsgtr5sw9eov0o0fw

シャツ

CATEGORY | シャツ

ジャケットを使ったコーデで差をつけたいメンズに!種類別に徹底解説!

2018.03.31

メンズファッションの定番のジャケットコーデ。ビシッとしていて男らしさを表現できることから、女性に人気のメンズコーデです。ですが、あなたはジャケットをカッコ良く着こなせてますか?ダサいと思われる前にジャケットコーデをマスターしておきましょう!

  1. おしゃれなジャケットコーデでワンランク上のメンズに!
  2. 知らなきゃ損!メンズのジャケット選びの4か条
  3. ジャケットをおしゃれに着こなす3つのポイント
  4. ジャケット別におしゃれな着こなし方を徹底解説!
  5. ジャケットメンズコーデの基本①『テーラードジャケット編』
  6. ジャケットメンズコーデの基本②『デニムジャケット編』
  7. ジャケットメンズコーデの基本③『ショールカラージャケット編』
  8. ジャケットメンズコーデの基本④『スタンドカラージャケット編』
  9. ジャケットメンズコーデの基本⑤『ダウンジャケット編』
  10. ジャケットメンズコーデの基本⑥『シャツジャケット編』
  11. ジャケットメンズコーデの基本⑦『キルティングジャケット編』
  12. ジャケットメンズコーデの基本⑧『レザージャケット編』
  13. ジャケットメンズコーデの基本⑨『ニットジャケット編』
  14. ジャケットメンズコーデの基本⑩『ミリタリージャケット編』
  15. ジャケットメンズコーデの基本⑪『スタジャン編』
  16. ジャケットメンズコーデの基本⑫『コーチジャケット編』
  17. ジャケットメンズコーデの基本⑬『ツイードジャケット編』
  18. ジャケットメンズコーデの基本⑭『デッキジャケット編』
  19. 【番外編】おすすめのメンズジャケットブランド3選
  20. おしゃれなジャケットコーデを目指そう!
引用: http://fashiondiary.net/wp-content/uploads/2016/01/706dbb0dae60f85bce1598bdb075fa97.jpg
ジャケットは流行に左右されず通年着こなしができることから1着は持っておきたいメンズアイテムです。ですが、ジャケットの着こなし方を間違えてしまうと、「あの人ダサいな…」「センスなさすぎ…」と陰で噂される可能性も。そうならないためにもジャケットのカッコイイ着こなし方を学び、ワンランク上のおしゃれメンズを目指していきましょう!

1.サイズ合わせをしっかりと!

引用: https://zexy-enmusubi.net/images/wp-content/uploads/2015/10/0918_19_02.jpg
ジャケットと言えど様々な種類がありますし、TPOに合わせて欲しいのですが、基本的には自分の体型に合ったジャケットを選ぶようにしてください。サイズ感を間違えてしまうとダサさが際立ってしまうのでしっかりと確認することが大切です。

2.ジャケットの質を重視しよう!

ファッションにお金を掛けたくない人ほど安価なジャケットを選ぶ傾向にありますが、それはNG。基本的に安いジャケットは質が低く安っぽさが出てしまうのでなるべく高めのジャケットを選び、質を重視することが大切です。おすすめとしては価格が2万円前後のジャケット。

3.肩パットが無いものを選ぶべし!

Jntwhi2ayegntavatb06
引用: http://img.paulsmith.co.jp/shop/front_product_properties_images/2153/6512/27417020302384____290_01_pc_xxx_large.jpg?1506933220
普段着としてジャケットを着るのでれば、肩パットの無いものを選ぶことが大切です。肩パットがあるものを着てしまうと上下のバランスがおかしくなってしまうので、基本的には肩周りがカッチリしていないものを選ぶようにしましょう。

4.通販で買う場合は試着をしてから!

通販で服を買う場合は、試着してから買うことををおすすめします。サイズや色合いなどを確認しないまま買ってしまうと失敗する確率が高まります。基本的には実物を見た上で購入に至りましょう。

1.全体のシルエットを意識すること!

引用: https://i0.wp.com/sakidorico.s3.amazonaws.com/wp/wp-content/uploads/2016/07/5789f383dae9e-500x667.jpg
ジャケットの種類にもよりますが、全体のシルエットを意識することが大切です。例えば、テーラードジャケットのようにピシッとしたジャケットを着るのであれば細身のパンツが◎!ジャケットに合うパンツやインナーをしっかりと吟味することでおしゃれに着こなすことができます。

2.カジュアルなアイテムを加えること!

引用: https://fashion-basics.com/wp-content/uploads/2016/09/1458186747095.jpg
スーツのようにバシッと決めすぎてしまうと逆に違和感が出てしまうのでジャケットとパーカーを組み合わせたり、スニーカーと合わせたりしてドレスダウンすることが大切。適度にカジュアルなものを混ぜ、ジャケット臭を和らげましょう。

3.色は3色以内に収めること!

引用: https://monde.jp/blog/image/corde/2016.10.12/1.jpg
基本的には、3色以内におさめましょう。色を使いすぎてしまうとそれぞれの主張が強すぎて、まとまりに欠けてしまいます。派手なコーデが好きなのであれば良いのですが、おしゃれに着こなしたいのであれば色を使いすぎないことが大切です。
ジャケット別におしゃれな着こなし方をご紹介します。ジャケットごとのおしゃれな着こなし方を知ることでどんなジャケットを着てもカッコよく着こなすことができます。是非、コーデの参考にして見てください。
引用: http://vanquish.jp/client_info/VANQUISH/itemimage/1001631000057-450/1001631000057-450-01-01.jpg
テーラードジャケットは女子ウケも良く、きれい目からカジュアルにも対応できることから1着は持っておくべきメンズアイテムです。また、おしゃれに着こなすには全体のシルエットを意識することが大切です。Iラインもしくは、Aラインを意識すること!

スタイリッシュな着こなしのIライン

引用: https://mensfashion-syosinsya.com/wp-content/uploads/2015/10/4a018cd37a22156bb6534102bb091b96.png
Iラインというのは自分の体型に合ったトップスにスキニーパンツなどの細身のパンツを組みわせるスタイルのこと。上記の画像のスタイルは女子ウケも良いですし、スタイリッシュな印象を与えてくれます。

男らしい印象を与えるAライン

引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/ygncdy/20150213234347592/20150213234347592_500.jpg
上記の画像がAライン。細身のジャケットにゆったりとしたパンツを組みわせるコーデのこと。男らしさ表現したい場合はAラインの着こなしがおすすめです。

テーラードジャケットの着こなし例①

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/rw15v1/20171012122733912/20171012122733912_500.jpg
黒テーラードジャケット×グレーニット×白シャツ×黒デニムを組み合わせたコーデ。「Iライン」を意識した細身のシルエット。ビジネスシーンにも対応できるきれい目コーデです。

テーラードジャケットの着こなし例②

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/36u6j1/20170324115950803/20170324115950803_500.jpg
青系テーラードジャケット×黒トップス×黒パンツを組み合わせたコーデ。ゆったりとしたAラインのシルエットを作っているのがポイントです。白シャツやアクセサリーのチラ見せもおしゃれ!

テーラードジャケットの着こなし例③

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/zbdysk/20180207180242881/20180207180242881_500.jpg
青系テーラードジャケット×パーカー×黒パンツを組み合わせたコーデ。ジャケットとパーカーを組み合わせることでラフな仕上がりになります。

関連記事

引用: https://image.rakuten.co.jp/d-holic/cabinet/m-jk16/704014_09.jpg
デニムジャケットは、メンズカジュアルの定番アイテム。ただし、着こなし方を間違えると野暮ったい印象になり、全体的にくすんだ印象になってしまうので注意が必要です。

長めのインナーを着用すること!

引用: https://fashion-basics.com/wp-content/uploads/2017/04/2016-03-2016-mens-jeans-jacket-dressing1.jpg
デニムジャケットの下は長めのインナーを着ましょう。日本人は胴長短足なので、そのまま着用するとスタイルが悪く見えがち。長めのインナーを着て、足の短さをカバーすることが大切です。

きれい目アイテムと合わせること!

引用: https://fashion-basics.com/wp-content/uploads/2017/04/9-7.jpg
また、きれい目アイテムと組み合わせることも大切です。デニムジャケットはカジュアルな要素が強いので、チノパンやパーカーなどを合わせてしまうと子供っぽさが前面に出てしまうので注意が必要です。
引用: https://clubd.co.jp/wp/wp-content/uploads/2017/08/86c19977953bb4404ee5e636f3ac6d9e.jpg
上記の画像を見てもらうと分かる通り、少し子供っぽい印象を受けませんか?よく見かけるコーデではありますが、カジュアルなアイテムを使いすぎないことが大切です。

デニムジャケットの着こなし例①

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/r5ml9o/20180117193337047/20180117193337047_500.jpg
青系デニムジャケット×パーカー×黒パンツの王道コーデ。インナーに大きめのパーカーを着ることがポイントです。また、ニット帽がコーデのアクセントになっていてとてもおしゃれ!

デニムジャケットの着こなし例②

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/36u6j1/20170311154847481/20170311154847481_500.jpg
こちらは、青系デニムジャケット×白系シャツ×黒パンツの正統派コーデ。シャツとスキニーパンツを組み合わせることできれい目コーデに仕上がります。

デニムジャケットの着こなし例③

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/l60jk3/20170314151852368/20170314151852368_500.jpg
青系デニムジャケット×黒ネックスウェット×黒パンツのコーデ。大きめのデニムジャケットにトップスをタックインしている所がポイントです。また、全身を黒で統一することでシックで大人な雰囲気に。

関連記事

引用: http://img.world.co.jp/upimages/070/07049082/item07049082_093p2L2.jpg
ショールカラーは、ヘチマのようにゆるやかな曲線の襟のジャケット。聞き馴染みはないかもしれませんが着こなすことで、周りのメンズと一気に差をつけることができるのでおすすめです。

とにかくシンプルを徹底すること!

ショールカラージャケットはきれい目コーデに適しているのでなるべくシンプルに着こなすことが大切です。例えばインナーを無地のTシャツにしてみたり、チノパンや革靴などを合わせるとおしゃれに決まります。

ショールカラージャケットの着こなし例①

引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/oz3bru/20160728224141241/20160728224141241_500.jpg
青系ショールカラー×ボーダー柄Tシャツ×白パンツのコーデ。白や黒のように落ち着いた配色にすることで、ショールカラージャケットの良さを引き出すことができます。

ショールカラージャケットの着こなし例②

引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/6m410o/20141222143949792/20141222143949792_500.jpg
白系ショールカラー×青系ニット×白パンツのちょい悪風コーデ。ダメージジーンズと組み合わせることで男らしい印象に。青のニットとの組み合わせも◎!
Ehghrt2jfgb8swgdr2mh
引用: http://img02.hamazo.tv/usr/m/e/n/menmel/057_7.JPG
スタンドカラーとは、襟が立っているデザインをのことを指し、男らしさを演出してくれるジャケットです。襟を立てることに抵抗があるかもしれませんがポイントを押さえることでカッコよく着こなしができるのでとてもおすすめです。

同色系の色で仕上げること!

派手な色は選ばずに決め過ぎないことがポイント。なるべく同色系の色を使い、シンプルに仕上げることが大切です。

スタンドカラージャケットの着こなし例①

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/w0qrg3/20170613145522326/20170613145522326_500.jpg
こちらは、青系スタンドカラー×白トップス×青系ジーンズを組み合わせたコーデ。上下を青の同色系でまとめることで爽やかな印象に!

スタンドカラージャケットの着こなし例②

引用: http://static.everforth.com/img/post/6514f968-2705-45eb-bf1d-02f4aabfb8c4/7cd8d3ea1052049b57e2cff3a898e5a5.jpg
こちらは、ベージュ系スタンドカラー×白シャツ×黒パンツを組み合わせたコーデ。3色でおさめることで落ち着いた印象になり全体にまとまりが出ます。
Wuj4elhchduwypi4vtnz
引用: https://img1.kakaku.k-img.com/images/tasclapicv/450/000/000/0/834/tasclapimage_834.jpg?d=20171212140119
ダウンジャケットとは、羽毛を詰めた保温性が高く、冬場に適したジャケットのこと。最近では、おしゃれかつ軽量なものが多く登場しているのでとてもおすすめです。

細身でスタイリッシュなものを選ぶこと!

ダウンジャケットは無地のものがほとんどなのでどんなコーデにも合わせやすいというメリットがあります。ただ、シルエットにボリュームが出てしまいがちなのでなるべく細身のものを着こなすようにしましょう。

ダウンジャケットの着こなし例①

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/ghsce1/20180208151404283/20180208151404283_500.jpg
シンプルなダウンジャケットコーデ。自分の体型にあったダウンジャケットを着ることでおしゃれに決まります。

ダウンジャケットの着こなし例②

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/gnlt3z/20171231150148511/20171231150148511_500.jpg
黒ダウンジャケット×白トップス×ベージュパンツを組み合わせたコーデ。厚めのダウンジャケットを着こなす場合は細身のパンツと合わせましょう。

関連記事

引用: https://cdn.thumb.shop-list.com/res/up/shoplist/shp/__basethum900__/zip/2014item2/br3006-e.jpg
シャツジャケットは春や秋の着こなしにおすすめのメンズアイテム。今流行しているメンズファッションの1つでもあります。是非、おしゃれに着こなしていきましょう。

カジュアルな着こなしに最適!

基本的にはジーンズなどと合わせたカジュアルな着こなしがおすすめ。また、アウターだけでなくインナーとしても着こなしができるので色々なコーデに対応可能。

シャツジャケットの着こなし例①

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/9okbs2/20170611182952462/20170611182952462_500.jpg
シャツジャケット×青系トップス×青系パンツを組み合わせたコーデ。青を基調としたコーデなのでとても爽やか!

シャツジャケットの着こなし例②

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/ekfamw/20170408084714429/20170408084714429_500.jpg
黒シャツジャケット×白パーカー×グレーパンツを組み合わせたコーデ。パーカーとの相性も良いですし、モノトーンで統一するのもおしゃれ!

シャツジャケットの着こなし例③

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/r2ntiw/20171024183458713/20171024183458713_500.jpg
緑シャツジャケット×グレートップス×黒パンツを組み合わせたコーデ。オリーブカラーのシャツジャケットが個性的!黒の帽子やネックレスもおしゃれ。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/047/15201047/15201047B_16_D_500.jpg
全体にステッチが施され、中綿を使用したジャケット。保温性もありながら、スタイリッシュなデザインが特徴です。細身のシルエットであることから上品な印象を与えることができます。

Iラインを意識すること!

キルティングジャケットは、細身なので、「Iライン」を意識した着こなしをするとおしゃれに決まります。また、黒などの暗めの色だと重たい印象になってしまうので、明るめの色を選ぶことがポイントです。

キルティングジャケットの着こなし①

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/d59gh6/20171213013144240/20171213013144240_500.jpg
赤系キルティングジャケット×黒トップス×黒パンツのコーデ。全体を黒で抑えながらも、赤系のキルティングジャケットを着ることで上品な印象に!また、ジャケットのロゴがワンポイントでとてもおしゃれ!

キルティングジャケットの着こなし②

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/v1lkga/20171124133901826/20171124133901826_500.jpg
スーツにキルティングジャケットを合わせたコーデ。スーツに羽織るだけでおしゃれを演出できるのでおすすめです。
引用: http://vanquish.jp/client_info/VANQUISH/itemimage/1001711000002-490/1001711000002-490-01-01.jpg
レザージャケットはタフでワイルドな印象を与えてくれるアイテム。レザージャケットは重たくなりがちなので、シンプルにまとめることが大切です。白や青などの爽やかな色を使い、レザー独特の雰囲気を中和させるとおしゃれに決まります。

レザージャケットの着こなし例①

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/d59gh6/20180130210925479/20180130210925479_500.jpg
茶系レザージャケット×黒トップス×黒パンツを組み合わせたコーデ。NIKEのアイテムを使用しているので、スポーティーで軽やかな印象を与えてくれます。黒と茶の組み合わせも◎!

レザージャケットの着こなし例②

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/d59gh6/20171101001209672/20171101001209672_500.jpg
黒レザージャケット×赤ハイネックシャツ×黒パンツを組み合わせたコーデ。2色に統一することで男らしさを演出。また、差し色の赤色がアクセントになっており、こなれ感を演出してくれます。
引用: http://www.uktsc.com/images/goods/608/W1674010/608_W1674010-EB_s01_p01.jpg
ニットジャケットは秋冬の定番アイテムとして親しまれており、上品なコーデに最適です。ニットジャケットを着用する際はシンプルにまとめることが基本。また、色を使いすぎず落ち着いたコーデを心がけるとおしゃれに仕上がります。

ニットジャケットの着こなし例①

引用: https://blog.at-scelta.com/uploads/21/2016/20160405114743_1295085365_ori.jpeg
ニットジャケット×白トップス×青系パンツを組み合わせたコーデ。シンプルにジーンズなどと合わせるとおしゃれに決まります。足元のスリッポンも◎!

ニットジャケットの着こなし例②

引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/40irfo/20150327192431495/20150327192431495_500.jpg
青系ニットジャケット×白トップス×グレーパンツを組み合わせたコーデ。青のニットジャケットが爽やかさを演出!スニーカーとの相性もバッチリです。
引用: https://cdn.thumb.shop-list.com/res/up/shoplist/shp/__basethum900__/zip/2015item/151001dn-d.jpg
ミリタリーは、軍隊を意味し、軍服を現代風にアレンジしたジャケット。迷彩柄やカーキなどの色合いのものが主流で今若者の間で大流行しているアイテムの1つです。着こなしのポイントは白や黒などでシンプルにまとめること。また、ミリタリージャケットはシルエットにボリュームが出るので、細身のパンツと合わせるとおしゃれに決まります。

ミリタリージャケットの着こなし例①

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/pyshux/20180102164348886/20180102164348886_500.jpg
青系ミリタリー×黒パーカー×黒パンツを組み合わせたコーデ。黒と白でシンプルにまとめ、青系のジャケットを差し色することで上品な仕上がりに。

ミリタリージャケットの着こなし例②

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/u1hv2y/20171205011128415/20171205011128415_500.jpg
ミリタリージャケット×赤系トップス×黒パンツを組み合わせたコーデ。カーキ×赤の組み合わせもおしゃれ!ジャケットを少し大きめのサイズにし細身のパンツで引き締める、お手本コーデです。

関連記事

Hlnasnqwixms9qylnzei
引用: https://i1.wp.com/fululuri.net/wp-content/uploads/2015/01/1513.jpg?resize=500%2C600
アメカジの定番アイテムのスタジャン。カジュアル要素が強いのできれい目なアイテムを組み合わせることが大切です。また、ロゴやワッペンがついたスタジャンは子供っぽさが出てしまうので基本的には無地のシンプルなものを選ぶようにしましょう。

スタジャンの着こなし例①

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/sf48oz/20170403232446001/20170403232446001_500.jpg
スタジャン×青系シャツ×黒パンツを組み合わせたコーデ。シャツと組み合わせることでおしゃれに仕上がります。袖の柄とアディダスのシューズの柄を合わせてるのが◎!

スタジャンの着こなし例②

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/h5fevz/20171217103709463/20171217103709463_500.jpg
黒スタジャン×グレーパーカー×黒パンツを組み合わせたコーデ。黒を基調としたモノトーンなので大人な雰囲気が漂います。パーカーと組み合わせるのもおすすめ!
引用: https://monde.jp/blog/wp-content/uploads/2016/10/master_640_1.jpg
ナイロン素材でできたコーチジャケット。基本的には、どのコーデにも合わせやすく着こなしやすいアイテムです。ボタンを絞めたり、開いたり、コーデに合わせて着こなしを変えてみるといいでしょう。

コーチジャケットの着こなし例①

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/36u6j1/20170923180011363/20170923180011363_500.jpg
黒系コーチジャケット×白トップス×青系パンツを組み合わせたコーデ。シンプルに仕上げるのもおしゃれでカッコイイですね!革靴との相性も◎!

コーチジャケットの着こなし例②

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/36u6j1/20171124122735060/20171124122735060_500.jpg
ロングコートの下に、コーチジャケットを着るのもおしゃれ。全体を黒でまとめて、ワインレッドのコーチジャケットを差し色にした上品なコーデです。
Uspj5sjadop0k2qindly
引用: https://img1.kakaku.k-img.com/images/tasclapicv/450/000/000/3/3308/tasclapimage_3308.jpg?d=20171002181422
ツイード素材を利用したジャケット。起毛のないゴワゴワとした厚い仕上がりになっています。上品な印象を与えることができ、保温性にも優れているので冬場のメンズコーデにおすすめです。また、着こなす際はシンプルにまとめるのコツ。

ツイードジャケットの着こなし例①

引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/gypuqx/20161212080952983/20161212080952983_500.jpg
グレー系ツイードジャケット×黒トップス×青パンツを組み合わせたコーデ。青系のパンツで爽やかな印象に!黒系で全身をまとめながらも、明るめの差し色を使うことで上品に仕上がります。

ツイードジャケットの着こなし例②

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/3c9zh0/20180210134947484/20180210134947484_500.jpg
茶系ツイードジャケット×白ニット×黒パンツのコーデ。モノトーンでありながらも、首、腰、足元に小物を配置したり、赤系の色を入れることで上手く差別化しています。
引用: https://cdn.thumb.shop-list.com/res/up/shoplist/shp/__basethum900__/zip/2014item3/c-4980015-d.jpg
海軍の防寒服を現代風にアレンジしたジャケット。襟と服の内部にウール製のボアがデザインされているのが特徴です。また、デッキジャケットはシンプルなものが多いので、どのコーデにも◎!基本的には、白パンやスキニーパンツなどと合わせるのがおすすめ。

デッキジャケットの着こなし例①

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/qffm1s/20171115095413180/20171115095413180_500.jpg
黒系デッキジャケット×白セーター×白パンツのコーデ。シンプルでありながらも男らしさが漂います。首元のボアが差し色のおしゃれな着こなしです。

デッキジャケットの着こなし例②

引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/qffm1s/20161027153603338/20161027153603338_500.jpg
カーキ色のデッキジャケットもおしゃれ。パーカーとの相性も◎!

BEAMS

引用: http://www.hepfive.jp/files/shopdata/release/1340/shop_image01/950x600/1-beamsstreet-120328-shop1.jpg
10代~30代まで幅広く愛されているセレクトショップです。スタジャンなどのカジュアルなアイテムがとても人気です。20代メンズでも手に届くお手頃な値段でアイテムを展開しているのでとてもおすすめです。

STUDIOUS

引用: http://openers.jp/wp-content/uploads/2014/02/322665/08_studious.jpg
2008年に創業したばかりの最新鋭のセレクトショップです。セレクトショップなのですが、アウターの人気が凄まじく、ファッション誌のmen’s FUDGEに特集が組まれるなど、今注目のメンズブランドです。

BEAUTY & YOUTH UNITED ARROWS

引用: http://beagoodneighbor.sakura.ne.jp/interior/wp-content/uploads/2012/06/byc_01.jpg
大人気セレクトショップのユナイテッドアローズが展開しているブランドで、20代のメンズに絶大な人気を誇っています。きれい目なアイテムが多く、上品なコーデを楽しみたい方におすすめです。
ジャケットをおしゃれに着こなすポイントとジャケット別におすすめコーデをご紹介しました。基本的には、「Iライン」を意識し、色は3色以内に収めるとおしゃれに仕上がります。ジャケットごとの特徴を捉え、おしゃれな着こなしをしていきましょう!