Wouqpegrybbgk3i70scp

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

ささみをレンジでしっとり茹でる!人気レシピ集も!サラダやチーズとも!

2018.08.05

高たんぱく低カロリーで知られるささみ。レンジでの調理法が確立されてからさらに注目度が高まっており、人気のレシピが日に日に増えてきています。チーズやサラダに合う時間のかからないささみのレンジでの調理法、人気のささみレシピ(しっとり茹でるなど)についても紹介します。

  1. はじめに:ささみはレンジで調理可能!?その簡単な方法とは?
  2. 【ささみをレンジでしっとり茹でる!?その時間や方法とは?サラダやチーズを合わせた人気のレシピも紹介!】ささみの基本的な調理法
  3. 【ささみをレンジでしっとり茹でる!?その時間や方法とは?サラダやチーズを合わせた人気のレシピも紹介!】ささみがレンジで調理できる!?
  4. 【ささみをレンジでしっとり茹でる!?その時間や方法とは?サラダやチーズを合わせた人気のレシピも紹介!】なぜ調理時間が短い?
  5. 【ささみをレンジでしっとり茹でる!?その時間や方法とは?サラダやチーズを合わせた人気のレシピも紹介!】レシピ①ささみのサラダ
  6. 【ささみをレンジでしっとり茹でる!?その時間や方法とは?サラダやチーズを合わせた人気のレシピも紹介!】レシピ②ささみのしそチーズ巻き
  7. 【ささみをレンジでしっとり茹でる!?その時間や方法とは?サラダやチーズを合わせた人気のレシピも紹介!】レシピ③ささみの照り焼き
  8. 【ささみをレンジでしっとり茹でる!?その時間や方法とは?サラダやチーズを合わせた人気のレシピも紹介!】レシピ④ささみとキャベツのネギだれがけ
  9. 【ささみをレンジでしっとり茹でる!?その時間や方法とは?サラダやチーズを合わせた人気のレシピも紹介!】レシピ⑤ささみのカレーソテー
  10. まとめ:ささみは毎日のおかずに大人気!ダイエット食としてもおすすめ!
引用: https://cdn.wanchan.jp/c/nekochan.jp/pro/resize/1200x630/100/3/29e6a1180a8456c75fb785e1fd77f36f.jpg
引用: https://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/3/268fb3e1bf3eb393700e70858e049d7633aa15ef.46.2.3.2.jpg?thum=58
近年大注目のささみ。鶏肉の一種で昔からあるものですが、どんどん人気が高まっている食物なのです。その理由はまず高たんぱく低カロリーな点。ジムに通う方が増え、筋トレ、筋肉にまつわる要素は全て需要が高い今日ですが、ささみはそのお供として人気が高いです。そのうえこのささみは”調理法が簡単なこと”も人気の点です。料理に関しては結構ズボラな方も多い価もしれませんが、このささみはそんな料理初心者の方でも簡単に取り扱うことができるのです。そんなささみの調理法、いったいどのようなものになっているのでしょうか。
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20160804%2F79%2F7561469%2F36%2F500x500x829ad4189e0d0c9e04f7b5e4.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/2385210/280/c6b1c8cf2ec5fb4818109ee639ca3513.jpg?u=4326925&p=1382607296
さて、まずはささみの基本的な調理法から見ていきましょう。ささみは肉の一種にあたるので、お肉の調理法は大体流用することができ、そして全てが美味しいものにになります。焼いて照り焼きにするも良し、茹でてサラダに使うも良し、揚げてフライにするのも良し、かなり万能なものになっています。普通の肉とは違って脂身がないのでその部分を取り除く必要などはありませんが、筋があるのでそれだけは取り除いて使うようにしましょう。その点さえ抑えてしまえば他の下処理は必要なし、技術がなくても簡単に扱えます。
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/4634961/280/4a92215c4b3f5568f9a0dd0e9dadbcbe.jpg?u=15316076&p=1500861092
引用: https://kumiko-jp.com/wp-content/uploads/2018/01/3P9A4700-2-560x387.jpg
さて、そんなささみですが、より簡単に、そしてより時短で調理できる方法があります。それが電子レンジでの調理法ですね。最近は電子レンジの技術も向上してきており、それ一つでたくさんの料理が作れるようになりました。しかしそんな最新の電子レンジを使わずともささみは調理することができるのです。まず下味を付ける工程としてボウルに入れたささみに塩と酒を振ります。そののち、ボウルにふんわりラップをし、レンジで温める、これだけで”蒸す”という状態が完成です。温め時間はなんと600Wで2分、非常に短い温め時間で完成してしまいます。
引用: https://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/3/2e30f3fe092cebb655a414534586dd57135361bb.08.2.3.2.jpg?thum=58
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/3454416/280/042c79429658833c2600e3dd4c330931.jpg?u=514262&p=1444629545
「電子レンジで2分って、お肉なのに大丈夫なの?」という声もよくありますね。ささみはお肉、当然ながら生食は食中毒の危険性があります。そのような危険性故に温め時間を長くした方が良いのではないか、という意見もありますが、実はささみはその必要性が皆無です。それは何故か、まずはお察しの通りですがささみは非常に火の通りが良いです。そしてさらに、ささみは長く温めてしまうと固くなってしまうという性質をもちます。この性能故に短い温め時間で柔らかく、ということを実現するために調理時間が短いのですね。忙しい時間での調理にも大活躍してくれます。

関連記事

引用: https://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/3/74a5f905796cd683a0fec076ed3462eedfacb362.07.2.3.2.jpg?thum=58
引用: https://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/3/f70de6af008568f45b243c124d3f5686c8a020e7.78.2.3.2.jpg?thum=58
さて、それではささみの人気レシピを紹介していきましょう。まずは定番のサラダですね。サラダチキンというものがコンビニに売っていると思いますが、あれってささみなんですよね。割いてサラダに入れるととても美味しいものですが、当然のことながら普通のささみでも実現が可能です。電子レンジでの調理が終わったら手で割いて野菜と和えるだけ、非常に簡単にできるレシピです。合わせる野菜はきゅうりやレタス、トマト、水菜などですね。梅肉を添えたり、下味の時点でレモン汁で味付けするなど、色々アレンジが試せるので万能なレシピです。
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/4409801/280/350039ae443f800f113ca9b4aa06b8bd.jpg?u=4437368&p=1489321645
引用: https://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/3/3133a9f0e1156d7e74ae5330bad0a97246e6d5cc.08.2.3.2.jpg?thum=58
こちらは大人気のささみのしそチーズ巻きです。しそが切りな方は多い価と思いますが、チーズのマイルドさがしその独特な風味を軽減し、コクと酸味が共存する何とも美味しいものになります。作り方は簡単ですが人それぞれ、結局のところ巻いてあればOKです。簡単な方法としてはささみを2枚に薄くスライス、間にスライスチーズとしそを挟み、サンドしたら一口大に切って焼くだけです。焼く際には周りに小麦粉や薄力粉を付けて焼くと色が鮮やかになるのでおすすめです。ソースは色々と会いますが、さっぱり食べたければおろしソース、子供にも食べられるものにしたければマヨネーズなんかも合いますよ。
引用: https://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/3/c42537627851e8e5a1099f7322c5dff3f2f95fd9.65.2.3.2.jpg?thum=58
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/3240520/280/89fe5d119f4e3b8a19babc0994519f82.jpg?u=10974219&p=1434431831
こちらも比較的オーソドックスなレシピとして有名なささみの照り焼きです。作り方も簡単、ささみに片栗粉をまぶして焼き、タレを絡めるだけの簡単なものになっています。アレンジの幅が広いのが人気なところで、さまざまな応用が利かせられます。例えばカロリーを気にする方は焼くときの油をオリーブオイルやカロリーハーフのものにしたり、少しレモンの風味を効かせたい場合は下味の時点でレモン汁を絞ったり、仕上げに白ごまなどを振ったり、色々な食べ方ができます。タレに関してですが、醤油、酒、砂糖、みりん、しょうがチューブを合わせたものがオーソドックスです。
引用: https://cdn.oceans-nadia.com/upload/save_image/20/20140620123815_tmp.jpg
引用: https://imgc.eximg.jp/i=https%253A%252F%252Fimage.excite.co.jp%252Fjp%252Ferecipe%252Frecipe%252F2%252F4%252F24aa87505ee48eedb25d29148b34acde%252Fe85fa549de18d51163826c33c6485b62.jpeg&small=350&quality=100&type=jpeg
サラダのようにあっさりささみを楽しむことができるささみとキャベツのネギだれがけです。作り方はかなり簡単、茹でたキャベツの上に、こちらも茹でたささみを割いて乗せるだけ、そしてネギだれをかけて完成です。ネギだれは市販のものでも構いませんが、自作で作るのも勿論OKです。ネギだれは砂糖、酢、醤油、ラー油、塩コショウ、にんにくチューブを混ぜたものに小ネギを加えれば完成します。ネギだれが少し苦手な方はポン酢やおろしソースなどをかけても美味しく召し上がれますよ。
引用: https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/0a/24/60149582feecd15383f992a5633fc5de.jpg
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/2110989/280/c5876dcd209a13a09be0b1917d455af2.jpg?u=1023513&p=1360307317
お弁当のおかずにも大人気、冷めても美味しいささみのカレーソテーです。作り方はほとんど照り焼きのときと同じ、片栗粉の代わりに小麦粉や薄力粉をまぶし、コンソメ顆粒もまぶしたささみを焼いて、カレー粉をまぶすだけで完成です。このレシピは市販でも売られているほど有名なレシピですが、子供にも人気があるレシピなので、作れるようになると毎日の食事の一品プラスとして活躍できますよ。またお好みで粉チーズをかけてもOK、本格的なカレーチキンが低カロリーで味わえますよ。

関連記事

ささみのレシピ、そして調理法について紹介してきましたがいかがだったでしょうか。ささみは難しいことは考えずに調理をすることができるので、料理がズボラな方でも安心。そのうえ高たんぱく低カロリーでダイエットにも最適、かの有名なライザップなども推している食物なので、ダイエット中にお肉が食べたいときもこれで解決です。その他色々な場面に流用できるので、皆様も是非ささみを幅広く使えるようになりましょう。
引用: https://kinarino.k-img.com/system/press_images/000/396/552/02f158fa8506a78e70854f52204446b940ab1b6a.jpg?1434598468
引用: https://c-chefgohan.gnst.jp/imgdata/recipe/52/43/4352/rc732x546_1606281918_ba6f3902cbadbd9da670268fc04f9d47.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/3/268fb3e1bf3eb393700e70858e049d7633aa15ef.46.2.3.2.jpg?thum=58