// FourM
Oh5rhki1rnmbtaum440h

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

ホワイトニング向き歯磨き粉おすすめ厳選2018!海外製は?【市販】

2018.08.05

今回は市販されているホワイトニング向きの歯磨き粉のおすすめ商品を紹介していきます。歯医者さんに見てもらわなくても日々のケアで白い歯を維持できるのがベスト。それに役立つ海外製や日本製の市販されているホワイトニング歯磨き粉のおすすめを研磨剤の成分や効果とともに紹介。

  1. 海外製?研磨剤?歯医者?市販でホワイトニング効果のある成分が含まれた歯磨き粉のおすすめ
  2. 海外製?研磨剤?歯医者?市販でホワイトニング効果のある成分が含まれた歯磨き粉のおすすめ:歯磨き粉はなくてもいい?
  3. 海外製?研磨剤?歯医者?市販でホワイトニング効果のある成分が含まれた歯磨き粉のおすすめ:唾液の利用
  4. 海外製?研磨剤?歯医者?市販でホワイトニング効果のある成分が含まれた歯磨き粉のおすすめ:飲み食いしたら水を飲め
  5. 海外製?研磨剤?歯医者?市販でホワイトニング効果のある成分が含まれた歯磨き粉のおすすめ:3~4ヶ月に1度歯科医院へ
  6. 海外製?研磨剤?歯医者?市販でホワイトニング効果のある成分が含まれた歯磨き粉のおすすめ①:ライオン ブリリアントモア
  7. 海外製?研磨剤?歯医者?市販でホワイトニング効果のある成分が含まれた歯磨き粉のおすすめ②:TO BE WHITE(トゥービーホワイト)
  8. 海外製?研磨剤?歯医者?市販でホワイトニング効果のある成分が含まれた歯磨き粉のおすすめ③:Colgate(コルゲート) オプティックホワイトシリーズ
  9. 海外製?研磨剤?歯医者?市販でホワイトニング効果のある成分が含まれた歯磨き粉のおすすめ④:Ora2(オーラツー) ステインクリア
  10. 海外製?研磨剤?歯医者?市販でホワイトニング効果のある成分が含まれた歯磨き粉のおすすめ
引用: http://jp.sunstar.com/company/press/images/100113_02_1img.jpg
現在ドラッグストアにいけば非常にバリエーションに富んだ歯磨き粉が販売されていることがわかります。歯磨き粉は歯ブラシとともに日常生活にはなくてはならないアイテムとなりました。同じメーカーの歯磨き粉でもホワイトニングをはじめ、われわれのニーズに合わせたものを選ぶことができます。
引用: https://happysma.com/wp-content/uploads/2017/03/AdobeStock_108772925-724x360.jpeg
今回のテーマであるホワイトニング用の歯磨き粉ですが、歯科医院でしか行えないイメージのあるホワイトニングを市販の歯磨き粉を使って行うことが可能なのでしょうか?結論から言ってしまうと、本格的なホワイトニングはできないがホワイトニングに効果のある成分を含んだものであれば「歯を白く」するもしくは保つことは可能です。ですが、そのまえにできるだけ歯を白く保つための習慣を紹介していきたいと思います。
引用: https://shibuya-dental.net/wp-content/uploads/2015/08/%E6%AD%AF%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B7.png
まず最初に知っていただきたいのが「歯磨き」に「歯磨き粉」は必ずしも必要なもの、というわけではないことです。確かに歯磨き粉には清涼感やホワイトニング効果のあるものもありますが、それと歯磨きの本来の目的である「プラークコントロール」や「歯垢の除去」は直接的な関係はありません。つまり、歯磨き粉をつけないブラッシングが歯を白く保つために役立つことはあれど、歯磨き粉が歯垢やプラークの除去に役立つものではないといえるのです。
引用: https://img.dmenumedia.jp/bibeaute/wp-content/uploads/2017/07/9pixta_20004207_M-450x300.jpg
歯磨き粉のブラッシング後の清涼感が特徴ですが、この清涼感が「磨いたつもり」という自体を招く危険性があるのです。またブラッシングの際に発生する泡により歯の位置をしっかりと確認しずらいため正確なブラッシングの邪魔となる要素も含んでいると考えられます。これは歯磨き粉を使ってはいけない、という警告ではなく1日に1回のブラッシングでは歯磨き粉をつけない正確なブラッシングを行ってください、という意味です。今日からぜひ歯磨き粉なしブラッシングを取り入れてみてはいかがでしょう?
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41olKWrUDFL.jpg
ホワイトニングや口臭予防に非常に効果的ななのが「唾液」です。日本では最近になって唾液の効果に注目が集まるようになりましたが、欧米では「食後にガムを食べる」などむかしから唾液の分泌を促す習慣がありました。食後に唾液を出すことで口臭の予防はもちろんのこと、余計な歯垢やプラークが歯に付着することを防げたりするのでガムなどを積極的な食べたいものです。
引用: https://img.dmenumedia.jp/bibeaute/wp-content/uploads/2015/06/VOL4_sam2.jpg
もしガムが苦手な場合でしたら、唾液の分泌を促すマッサージや舌のエクササイズを行えば唾液が多くでますので、そちらを取り入れてみるのもおすすめです。
引用: http://www.cmoney.tw/notes/cmstatic/notes/capture/114718/20140806120920816.jpg
ホワイトニングのまえに「歯を白く保つ」ことのほうが重要です。歯を白く保つには歯に付着したものをできるだけ早く、洗い流す必要があります。そこで最も簡単なのが「飲食後に水を飲む」という習慣。絶対的な効果、とまではいいませんが習慣にするだけでこれまでよりも歯の汚れがつきにくくなるはずです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81dcERA8sDL._SL1500_.jpg
また毎食後に歯磨きを習慣にされている方でしたら、歯磨き粉の代わりにマウスウォッシュを使用していくのもおすすめです。最近ではホワイトニング向けのマウスウォッシュも販売されはじめているので、そちらを使用するのもいいかもしれません。
引用: http://www.niho-dent.net/image/free/isu.jpg
ここまで紹介したことを実践・習慣化するだけでこれまでよりも歯の汚れのつき具合に変化がでてくると思います。それでも毎日飲食を行っている場合、歯は少しずつ汚れていきます。特に歯と歯の間などの目視しにくいところはブラッシングもしにくいため汚れがたまりやすいです。そのため3~4ヶ月に1度、きちんと歯科医院に行って歯のクリーニングをしてもらいましょう。
引用: http://www.ashino-dc.jp/uploads/photos3/28.png
ホワイトニングをしなくても3~4ヶ月に1度プロにクリーニングをしてもらうだけで健康的な歯の色を保つことができます。ホワイトニングをするのはプロのクリーニングを行ってもなお歯の黄ばみが気になる場合だけにしたほうが経済的にも優しいはずです。

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71tnX3pY51L._SL1500_.jpg
ここからはホワイトニング効果のある成分を含んだ歯磨き粉を紹介していきます。市販の歯磨き粉にホワイトニング効果を求める場合に注目してほしい成分が「ピロリン酸ナトリウム」です。このピロリン酸ナトリウムという成分には歯の表面からステインなどの着色を浮かせる働きがあります。この成分が入っている歯磨き粉はほかのものよりも価格が高いのが難点ですが、これがホワイトニング用の歯磨き粉の効果が価格に比例するといわれる理由なのです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81xY1Ozx%2BZL._SL1500_.jpg
この「ピロリン酸ナトリウム」を含んでいる歯磨き粉の代表例が1つ目に紹介するライオンの「ブリリアントモア」です。この手の商品にしては価格が手頃で通販なら1000円以下で購入することができます。まず、この商品から使ってみることをおすすめ致します。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71nx8pGRGqL._SL1280_.jpg
続いて紹介するのは「トゥービーホワイト」の歯磨き粉です。ドラッグストアにいけば、どこにでもおいてあると高級歯磨き粉。トゥービーホワイトから出ている歯磨き粉には「歯を白く」がコンセプトのため、どの商品にもピロリン酸ナトリウムが配合してあり価格の差は「+α」される成分の差ととらえていただきてかまいません。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71pBrwalqYL._SL1280_.jpg
選び方は「ホワイトニング効果」に何か別の効果を加えていきたいかどうか。また別の効果を付け加えるのならどのようなものがいいか?といって具合で選んでいただければと思います。歯磨き粉は必要最低限の使用量でかなり長く使い続けることができるので、少々価格の張るものでも損はしません。高級なものでも2000円もしないので、ぜひ1つお試しください。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71I6IinFjGL._SL1500_.jpg
ここで3つめに海外製品のホワイトニング用歯磨き粉を紹介してみましょう。歯の白さへの探求心はやはり日本よりも海外のほうが高いです。なかでもアメリカは歯の白さをファッションポイントのひとつとしている国のひとつ。ホワイトニングは研磨剤を使って歯の表面を削る方法もあるのですが、なにがなんでも歯を白くしたい、という方以外はその方法には抵抗があります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31EmnSe-EJL.jpg
そこでアメリカらしい大雑把なものであるけれど歯をけずることなく白くする効果が期待できるのがコルゲートの「オプティックホワイトシリーズ」です。シリーズなのでいくつか種類がありますが、歯を白くさせたいなら「ハイインパクト」という種類がおすすめ。日本のものでは物足らない、ハリウッド俳優のような白い歯を目指す方はこちらをお試しください。
引用: http://jp.sunstar.com/company/press/images/100113_02_1img.jpg
最後に最も一般的な「オーラツー」をおすすめしておきます。オーラツーは上記3商品よりも効果は遥かに劣りますが「とりあえず何か対策を」という方にはおすすめの商品です。本来、歯の着色予防に効果的なのは歯磨き粉ではなく正確なブラッシングである、ということは上記にてお伝えしたとおり。
引用: https://image.biccamera.com/img/00000004682748_A01.jpg?sr.dw=320&sr.dh=320&sr.jqh=60&sr.mat=1
歯の着色がおこりにくく、1日に1回正確で丁寧なブラッシングができるという方はオーラツーでも十分といえるでしょう。

関連記事

引用: https://ha-laboratory.com/wp-content/uploads/2017/05/17df6cdd0c38b6a592d8ac398e39e171.png
市販のホワイトニング向け歯磨き粉特集いかがでしたか?市販でもライオンとトゥービーホワイトのものは効果が高いですので、おすすめできるとともにブラッシングも入念に行っていただくとより効果的ですので、ぜひお試しください。
引用: https://happysma.com/wp-content/uploads/2017/03/AdobeStock_108772925-724x360.jpeg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://ha-laboratory.com/wp-content/uploads/2017/05/17df6cdd0c38b6a592d8ac398e39e171.png