Fup7tjzs8wgomologgnr

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

水槽の水換えの頻度や楽なやり方は?ろ過装置などおすすめ道具も紹介

2018.07.23

水槽の水が汚れてきたと思っても、どの位の傾度ですればいいのか分からないですよね?またその水換えのやり方が分からないという方もいると思います。そこで今回は、楽な水槽の水換えの傾度ややり方、ろ過装置などのおすすめ道具などを紹介していきます。

  1. どうして水槽の水換えをするの?
  2. 【水槽の水換えする傾度と楽なやり方:その1】まずは準備する道具をチェック
  3. 【水槽の水換えする傾度と楽なやり方:その2】ポンプで吸いバケツにうつす
  4. 【水槽の水換えする傾度と楽なやり方:その3】バケツに水を入れる
  5. 【水槽の水換えする傾度と楽なやり方:その4】バケツの水の温度を合わせる
  6. 【水槽の水換えする傾度と楽なやり方:その5】バケツの水に調整剤を入れる
  7. 【水槽の水換えする傾度と楽なやり方:その6】ゆっくりと水槽に注ぐ
  8. 【水槽の水換えする傾度と楽なやり方:その7】1ヶ月に二回
  9. 【水槽の水換えする傾度と楽なやり方:その8】水換えの量も大切
  10. 【水槽の水換えする傾度と楽なやり方:その9】時間は10程度
  11. 【水槽の水換えをするおすすめ道具】電動水交換ポンプ
  12. 【水槽の水換えをするおすすめ道具】ダブルスポンジろ過装置
  13. 【水槽の水換えをするおすすめ道具】バクチャー
  14. 【水槽の水換えをするおすすめ道具】微生物の素
  15. 水槽の水換えの頻度や楽なやり方は?ろ過装置などおすすめ道具も紹介のまとめ
引用: https://i.pinimg.com/564x/dc/4d/8a/dc4d8ac98756d1eb41fa9bee8f212383.jpg
水槽の水は何か月も放っておくと、水あかなどで自然と汚れていくのは誰でもわかることですが、どうして水槽の水換えをしなければいけないのか疑問に思う方もいると思います。そんな水槽の水換えをする主な理由として、魚にとっての有害物質を取り除かなければ死んでしまうこともあるからです。ろ過装置で水を綺麗にすることもできますが、ろ過装置にも限界があるので水替えをしなければいけないのです。その魚にとって有害物質となるものまずは以下に紹介していきますので参考にしておいて下さい。

排泄物

引用: https://i.pinimg.com/564x/8b/8b/d8/8b8bd82f1ffa166f89c1b9c1b99bb3ed.jpg
魚にとって、魚自身の糞などの排泄物も有害となってしまいます。その排泄物が溜まってしまうと、死んでしまうこともあるので定期的に水槽の水を綺麗にしてあげなればいけないのです。

食べ残し

引用: https://i.pinimg.com/564x/1a/e6/a2/1ae6a237a6aeb93cd2abe9452e5c519c.jpg
また排泄物だけでなく、魚の食べ残しも有害な物質になってしまいます。食べ残しが水槽内に溜まっていくと水が汚れていくだけでなく、それが原因で死んでしまうこともあるので注意が必要です。

有害バクテリア

引用: https://i.pinimg.com/564x/53/3b/6e/533b6ed3f8c342332e90966d49206a7d.jpg
バクテリアは基本的に、水槽内を綺麗にしてくれますが、水槽の水換えをしないで汚していくと魚に有害となるバクテリアが繁殖してしまい、水が汚れるだけでなく魚が死んでしまう原因となることもあるんです。

コケ

引用: https://i.pinimg.com/564x/cb/7a/d1/cb7ad162e5040fc4bfa1d46f9fc7f389.jpg
魚の種類にはコケを食べる魚もいますが、水槽の水換えを定期的に行わないと水槽にコケが増えてしまい、そこから水槽が汚れてしまうこともあるので、水槽の水替えは必要なのです。もちろんろ過装置などでも楽に除去することもできますが、魚にとっては常に新鮮な水を与えることも大切な作業でもあるのです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/25/d6/b6/25d6b64ce8c4ad7096aa37afb6534aeb.jpg
水槽の水換えをする軽度と楽なやり方として、まずはあらかじめ準備しておく道具があります。その道具は、水を吸い上げるポンプと、そのポンプからの水を入れるバケツが必要です。またその他にも、水温を測る温度計、調整剤なども用意しておくことをおすすめします。
引用: https://i.pinimg.com/564x/55/55/c6/5555c67bb836c1cfaf22c344a82057ba.jpg
ポンプやバケツを用意したら、その水槽内の水をバケツにうつしていきます。水をうつすポイントとして、ポンプより低い位置にバケツを置くと、自然と水槽の水をバケツに入れることができます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/94/a6/b8/94a6b81daed9a2845c761a789d1034e0.jpg
水槽の水をバケツにうつしたら、その水をなげて新しい水をバケツに入れていきます。そのバケツに入れる水は基本的に水道水で良いのですが、バケツに入れ過ぎてしまうとこぼしてしまうこともあるので入れ過ぎには注意です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/52/5f/94/525f94f5761f4aa0270d1b386df4fac4.jpg
次にバケツの水の温度と水槽内の水の温度を合わせることも大切です。水槽内の温度と、新しく入れる温度を合わせないと、急激に温度が変化してしまい魚などの負担になってしまうことがあるので、必ず温度を合わせてから水槽に入れることをおすすめします。
引用: https://i.pinimg.com/564x/1c/0f/ef/1c0feffea352385f464474f8cc0d03c8.jpg
新しくバケツに入れた水の温度と水槽内の温度を合わせたら、調整剤を入れるようにしましょう。そもそも水道水には魚に有害となる物質が含まれているので、そのまま温度を合わせたからといって入れてしまうと、それだけ魚などに負担をかけてしまうので必ず調整剤を入れることをおすすめします。
引用: https://i.pinimg.com/564x/28/1f/69/281f69ad02a8133615f457da2e8bcf3b.jpg
バケツに入れた水に調整剤を入れたら、ゆっくりと水槽に入れると水槽の水換えは終了です。しかし勢いよく水を入れてしまうと水槽の水が濁ってしまうだけでなく、コケが発生する原因ともなるのでゆっくりと淹れることが大切です。ゆっくりと入れることが難しいという方は、ポップを使って入れるのも一つの方法です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/8b/40/64/8b406416839506659c8469d1c6ab3f82.jpg
そんな水替えをする軽度は、たとえ水槽内の水が汚れていなくても1ヶ月に二回することをおすすめします。特にろ過装置を設置していると、水槽は綺麗に見えますが汚れていることもあるので、1ヶ月に二回を目安に水換えをした方がいいと思います。しかし環境の変化などによって、それよりも早く汚れてしまうこともあるので、これを目安として場合によって増やすことも大切です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/9a/6a/08/9a6a08ef3f4dbe54f3a5e6a724b77ed8.jpg
水換えはポンプとバケツで基本的にできますが、その水換えの量も大切なポイントです。そんな水替えの量は1回に対して、水槽の三分の一程度を目安として行わないと水質が変化してしまい、生体バランスが崩れてしまうこともあるのですべての水をポンプですくい上げるのではなく、三分の一を目安に水換えする様にしましょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/fb/8d/ba/fb8dba6cce6abfa7353f64374e5fbea1.jpg
また水換えの量だけでなく、時間も大切なポイントになります。ポンプで抜かれた汚れた水で何時間も、いてしまうとそれだけ魚などの負担になることもあるのです。水槽のすべてを掃除するのであれば、何時間もかかってしまうと思いますが、水替えだけであれば、それだけの時間があればポンプとバケツですることができます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61mZUguuVBL._SL1000_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61C5LGIq7oL._SL1001_.jpg
一つ目におすすめする水槽の水換えをする道具は、こちらの電動水交換ポンプです。このアイテムは、水換えだけでなく、水槽についたコケやそこの掃除をすることができ、水槽内を常に綺麗にしておくことができます。またその用途によってノズルを合わせることができる3WAY仕様となっているので、定期的に水槽のメンテナンスをすることができるおすすめの便利アイテムとなっています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61XpcJVS75L._SL1000_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41HpCNPFK7L.jpg
次におすすめするアイテムは、水替えの傾度の負担を減らすことができるろ過装置です。このろ過装置は、ダブルスポンジ式フィルターを採用されており、程よい水流を作り出しながらも、水槽内を常に清潔にすることができるアイテムとなっています。またスポンジを絞るだけで何度も水替えする時に使うことができるので、掃除も簡単にできるおすすめアイテムです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41EhHONqahL.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51nFnTpsvKL.jpg
次におすすめする水替え道具は、一年間も水換えが不要とされるこちらのアイテムです。自然の魚が住みやすい水質にすることができるので、中々水槽の水換えができないという方にもおすすめの道具です。水槽の管理もとても楽で、水の節約にもなるので水換え初心者の方にもおすすめしたいアイテムとなっています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81nx6fxGt-L._SL1500_.jpg
最後におすすめするこちらのアイテムは、水換えした後でも安定してバクテリアなどの微生物を発生させることができるアイテムです。様々な栄養素が含まれているので、水質の改善に繋げることができ、水換えの傾度まで減らすことができるおすすめのアイテムとなっています。
引用: https://i.pinimg.com/564x/4a/09/9f/4a099f4213bb676b78a354cb5cf97445.jpg
水槽の水換えの傾度や楽なやり方はいかがでしたか?今回は傾度や楽な水換えのやり方と共に、ろ過装置などのおすすめの道具を紹介してきました。水槽の水換えは、魚などの有害物質となる排泄物や食べ残しを取り除く為に必要なことなのです。そんな今回紹介した水換えの楽なやり方を参考に、水槽内の水を常に綺麗に保ってあげてやって下さい。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/ff/61/35/ff6135dcc46c8c94fe4343628d44d8c4.jpg