// FourM
Atiymkmsr8y9jjwwje2i

インテリア・雑貨

CATEGORY | インテリア・雑貨

水槽のエアレーション|ろ過装置を自作!効果や必要性はある?なし?

2018.08.05

最近水槽のエアレーションのろ過装置を自作する方も増えてきています。しかし実際に効果があるのか、自作する必要性があるのかも疑問に思う方もいると思います。そこで今回は水槽のエアレーションのろ過装置を自作する必要性や水はねや音の効果、なしの際のデメリットをご紹介!

  1. 水槽のエアレーションとは?
  2. 水槽のエアレーションの自作ろ過装置の種類:生物ろ過
  3. 水槽のエアレーションの自作ろ過装置の種類:物理ろ過
  4. 水槽のエアレーションの自作ろ過装置の種類:化学ろ過
  5. 水槽のエアレーションとろ過装置を自作するメリット
  6. 【水槽のエアレーションの自作ろ過装置の必要性と効果】バクテリアの維持
  7. 【水槽のエアレーションの自作ろ過装置の必要性と効果】水草の成長
  8. 【水槽のエアレーションの自作ろ過装置の必要性と効果】魚などの生命の維持
  9. 【水槽のエアレーションの自作ろ過装置の必要性と効果】水面の膜の除去
  10. 水槽のエアレーションなしのデメリット
  11. 【水槽の自作エアレーション方法:その1】外掛けフィルター
  12. 【水槽の自作エアレーション方法:その2】エアカーテン
  13. 【水槽の自作エアレーション方法:その3】エアストーン
  14. 水槽のエアレーション|ろ過装置を自作!効果や必要性はある?なし?のまとめ
引用: https://i.pinimg.com/564x/9e/c8/9a/9ec89aed9a7b777ad52d25a7ebed3075.jpg
そもそも水槽のエアレーションとは一体どのようなものの事を言うと、水槽の水に酸素を溶け込ませる事をエアレーションというんです。そのエアレーションを人為的に水槽に行うことで、水槽内の酸素量を増やすことができるんです。

エアレーションの酸素量は水槽内の環境で変化することもある

引用: https://i.pinimg.com/564x/d0/75/37/d07537b59e92c3bcdbcb25733399de3f.jpg
そんな水槽の酸素量を増やすエアレーションですが、人為的に行ったとしても環境の変化によって変化することもあるんです。水槽の水温や気圧、汚れなど水槽内の環境によって、たとえエアレーションを行っていたとしても酸素量が少なくなってしまうこともあるので注意が必要です。またエアレーションは、フィルターをろ過装置に通して水素の水を綺麗にすることができますが、その場合でも環境によって変化することがあります。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/1a/2d/54/1a2d54fe70beda2a2a22a5a32e2baaca.jpg
そんな水槽のエアレーションを自作のろ過装置には、種類もあるのでチェックしておきましょう。その自作ろ過装置の一つ目の種類として、バクテリアなどを水槽に入れて水を綺麗にする生物ろ過があります。水槽内のバクテリアが、きれいに分解してくれるので水槽内を綺麗保つことができます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/38/18/b1/3818b11a48a3918722fbb9e9fe09e538.jpg
物質ろ過は、物質的にろ過をする装置を備える事で、餌の食べ残しや糞などを除去することができます。この種類は網などで取り除く方法でもあるので、機械のような音はしないのですが、自分で取り除かなければいけないので、掃除が苦手な方には不向きなろ過方法です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/66/eb/d3/66ebd3de27bb85431d7a4379048f8a3f.jpg
化学ろ過は、人為的に活性炭や過機材などを水槽に入れて、魚などに有毒になる物質を分解し綺麗にすることもできます。この種類は初心者でも自作で、ろ過することができるのではじめての方には良いと思います。
引用: https://i.pinimg.com/564x/b0/5f/e9/b05fe989ada1b69177cdd525cf8ddb96.jpg
そんな水槽のエアレーションろ過装置を自作でするメリットとは、一体どのようなものがあるのか疑問に思う方もいると思います。もちろんエアレーションろ過装置は、市販などでも購入し水槽に設置することができますが、自作することでもメリットがあるんです。

コスパが良い

引用: https://i.pinimg.com/564x/50/f6/d4/50f6d4756588ffd588aef71f9a4bb0f2.jpg
エアレーションを自作でするメリットの一つ目は、市販で購入するよりコスパに良いということが言えます。また市販の物であれば、水はねやうるさい音がするものもあるので、自作で水はねやそんなうるさい音をしないように自作ができるメリットもあります。

水槽の大きさに合わせることができる

引用: https://i.pinimg.com/564x/ea/1e/78/ea1e780bdc1e344047f3f02bdfca4ad9.jpg
次のメリットとして、自作で設置することで水槽の大きさに合わせることもできます。市販のエアレーションろ過装置であれば、もともとの大きさが決まっているので、持っている水槽の大きさと合わないということもあるんです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/21/bf/76/21bf76c3fb52cd60b48ebc9aef5fd936.jpg
基本的にエアレーションろ過装置は、自作でなくても購入することができますが、自作で水槽に設置することで様々なメリットがあるので最近人気を集めています。そんなエアレーションの自作ろ過装置は、必要ないという方もいるかもしれませんが、魚などを育てていく為には必要性の高い装置なのです。バクテリアでもろ過をすることができますが、そのバクテリアにも酸素が必要なのです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/64/3c/e2/643ce22aac5e4d0463e25feb56003989.jpg
二つ目の必要性と効果として、水草の成長が考えられます。自作ろ過装置を水槽に設置することで、水草の成長にも効果があるので必要性の高いアイテムでもあるんです。水草は草木と同じように、夜になると酸素を吸収して成長していくんです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/1c/b9/0c/1cb90c985f34dd98c01615bcbd3f5533.jpg
自作ろ過装置の必要性と効果として、魚などの生命の維持にも必要不可欠なアイテムとなっています。水中で生きている魚なども、人間と同じように酸素を取り込む生き物ですので、水中内の酸素がなくなってしまうと死んでしまうこともあるんです。
引用: https://i.pinimg.com/236x/98/68/17/986817f5b9d195ccf9ee04f6f52910c6.jpg
自作のエアレーションろ過装置は、水面の膜の除去にも効果があります。水面に油のような膜が浮いてしまうことがあると思いますが、設置することでそのようなものを除去するにも効果があるんです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/0a/34/32/0a34324f421ce772c71df5f36decab49.jpg
基本的にエアレーションは水槽には必要不可欠な存在となっていますが、最近ではエアレーションなしでも良いと言われている所もあります。エアレーションをすると水はねや音が気になることもありますが、エアレーションなしにしてしまうと、水槽の溶存酸素量が不足してしまい様々なデメリットを引き起こしてしまうことがあります。

飼育魚が死んでしまう

引用: https://i.pinimg.com/564x/8d/fa/a5/8dfaa5d8a08ba8d526c8fc90c7710c7a.jpg
エアレーションなしにすると、育てている飼育魚まで死んでしまうこともあります。これは自作でエアレーションをするだけでなく、市販の物でも関係なくエアレーションなしにすると引き起こしてしまうこともあるので、注意しなければいけないのです。

水草が成長しない事もある

引用: https://i.pinimg.com/564x/85/e4/90/85e49068420d145065d71739050f31ca.jpg
エアレーションをすると水はねなどが気になる場合もありますが、エアレーションなしにしてしまうと、水草が成長しないということが考えられます。水草は先ほどお伝えしたように、陸の草木と同じように酸素を必要とするので酸素不足になると成長を妨げてしまうのです。

有害バクテリアの繁殖

引用: https://i.pinimg.com/564x/6c/89/40/6c894036470dc0b4116c29c1e5bd9c10.jpg
バクテリアは水のろ過にも必要な存在でもありますが、エアレーションなしにしてしまうと、有害なバクテリアが繁殖してしまい、水が白く濁るだけでなく水を逆に汚してしまうこともあるんです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/67/67/9f/67679f8fd597179aa34c3e87399246b9.jpg
外掛けフィルターも水槽の酸素量を増やす定番の方法でもありますが、簡単に自作で改造することができます。もちろん市販などでも購入することもできますが、そのタイプによって水はねや機械音の音がうるさいこともあるので、自作でするのも良いと思います。
引用: https://i.pinimg.com/564x/56/94/be/5694becefa1da5ed92d288d1b4241338.jpg
次の方法として、カーテンのように空気を自作で出せるエアカーテンがあります。エアカーテンは市販でも売っていますが、チューブなどで酸素を出す位置などを決めて自作ですることができます。しかしエアカーテンを自作でする場合は、穴の大きさに注意しないと、水はねやぶくぶくとうるさい音も出ることがあるので注意が必要です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/66/eb/d3/66ebd3de27bb85431d7a4379048f8a3f.jpg
エアレーションといえば音や水はねをしてしまうエアポンプをイメージする方もいると思いますが、その他にも自作エアレーションをする方法があります。一つ目は水中の中に入れるだけで、酸素量を増やすことができるエアストーンです。エアストーンの種類も様々あるので、自作をする際に好みの物を見つけ出してみて下さい。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/ad/94/a2/ad94a2d17586d12c71077243d7331025.jpg
基本的にエアレーションは、自作でなくてもすることができますが、自作ですることによってメリットもあるので音や水はねなどが気になる方にはおすすめします。またエアレーションろ過をしないと、デメリットもあるので、飼育魚を育てたいと考えている方は、必ずエアレーションをして綺麗な水を保つことが大切だと思います。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/1b/6c/75/1b6c7562d898cee12fee5ef70d6ae357.jpg