// FourM
Nzmlq2bll73lko4he02i

シャツ

CATEGORY | シャツ

葬式にスーツってあり?レンタル可!色は紺?シャツはどうしたらいい?

2018.07.22

葬式にスーツを着ることは良いのか多くの人は迷うはずです。色は紺が良いのか、ダブルが良いのか、シャツはどのようなものが良いのか、レンタルできるかなど、さまざまな疑問を持っている人も多いはずです。今回は葬式にスーツはありなのかについて解説していきます。

  1. 葬式にスーツはあり?
  2. 葬式のスーツはレンタルできる?紺色が良い?シャツはどうする?ダブルがおすすめ?葬式の服装:喪服とは
  3. 葬式のスーツはレンタルできる?紺色が良い?シャツはどうする?ダブルがおすすめ?葬式の服装:通夜
  4. 葬式のスーツはレンタルできる?紺色が良い?シャツはどうする?ダブルがおすすめ?葬式の服装:葬儀
  5. 葬式のスーツはレンタルできる?紺色が良い?シャツはどうする?ダブルがおすすめ?葬式の服装:冬場
  6. 葬式のスーツはレンタルできる?紺色が良い?シャツはどうする?ダブルがおすすめ?葬式の服装:子供の場合
  7. 葬式のスーツはレンタルできる?紺色が良い?シャツはどうする?ダブルがおすすめ?葬式の服装:アクセサリー類
  8. 葬式のスーツはレンタルできる?紺色が良い?シャツはどうする?ダブルがおすすめ?葬式の服装:その後の法要
  9. 葬式のスーツはレンタルできる?紺色が良い?シャツはどうする?ダブルがおすすめ?葬式の服装:注意点
  10. 葬式はスーツでも良い
人の死というのは突然訪れます。そして突然起こるため葬儀などもいきなり行われるものです。しかし、だからといって普段着で参加するわけにも行きません。喪服というものを着なければいけません。とはいえ、女性の場合はフォーマルウェアとしてちゃんとしたものがあるのですが、一方で男性の場合はなかなかそのようなものというのはありません。そのため多くの人はスーツで葬儀に参加していますが、果たしてそれは大丈夫なのか疑問を持つ人も多いはずです。そのほかにも、子供がいる場合の子供の服装や、どの部分に注意すればよいかなど、葬儀の服装についてわからないことが多いという人もかなり多いはずです。
引用: https://shigotoup.com/wp-content/uploads/2015/09/sougimenhuku1.jpg
引用: https://image.customlife-media.jp/201701/a5a44db9-9b24-411a-91f2-65b1babc421c.jpg
葬儀や通夜の場合、古くから基本は喪服で参加することが常識とされています。これは喪に服しているということを服装であらわすためとされています。冠婚葬祭の服装には正式と略式というものがありますが、身内として参加する場合は略式や正式のどちらでも問題ありませんが、そうではない関係者として参加する場合は、正式を持っていたとしても遺族よりも格上という風に見られてしまうため、その場合は略式で参加することが良いとされています。よくスポーツの試合などで追悼試合などをする際、多くの選手が腕に喪章をつけていることがありますが、実はあれは喪服とはなりません。そのため、普段着の上から喪章をつけても喪服とは言いません。
引用: https://shop.r10s.jp/isyou-nb/cabinet/mens-sanretu/fset-kw-5.jpg
引用: http://voi.0101.co.jp/voi/webcatalog/img/vo104/213/vo104-21304-01c.jpg
葬式というのは、いきなり葬式を行うわけではありません。前日の夜には通夜というものが行われます。万が一通夜の翌日が友引であった場合は、通夜が2日間設けられ、その後に葬式が行われます。2日間設けられた場合の最初の通夜が仮通夜と呼ばれ、その次の日の通夜が本通夜と呼ばれています。1日しか行われない場合はその日が本通夜となります。通夜の際の服装というのは、基本的には葬式に参列する際と同じようにブラックフォーマルが良いとされています。しかし、仮通夜も行われる場合は、仮通夜の時点からブラックフォーマルで参加すると、不幸を予期していたという風に見られてしまいます。通夜の服装は、仮通夜の場合や急な場合は平服、そうでないときや本通夜の場合はブラックフォーマルが良いとされています。
引用: https://jo-shiki.com/wp-content/uploads/2016/02/996f3e1aa36d313a89f61cc6af2d0ffa_s.jpg
引用: http://manners-basic.com/wp-content/uploads/2015/11/%E9%80%9A%E5%A4%9C%E6%9C%8D%E8%A3%85.jpg

関連記事

葬式の場合は基本的に通夜に参列した場合の服装で問題ありませんが、通夜の場合とは少し違います。通夜の時点では濃い紺色やダークグレーのスーツで、目立たないストライプ柄が入っていても問題なく、ネクタイも黒や地味な柄のネクタイであれば問題ありませんでした。しかし葬式になるとさらに制約があります。スーツについては基本的にブラックスーツとなります。このときシングルやダブルなどについてはどれでも問題ありません。そしてシャツについては白のシャツのみであり、ネクタイも基本的には黒い無地のネクタイのみとなります。靴についても金具が付いていない黒の靴となります。葬式の服装についてはなるべく黒に統一することが重要です。
引用: https://dual-lab.com/wp-content/uploads/2014/11/sougi.jpg
引用: https://multimedia.okwave.jp/image/answers/6/64370/64370.jpg
葬式というのは決してどの時期に行うか決まっているものではありません。場合によっては冬に故人が亡くなられてしまい、冬場に行うこともあります。だからといってコートを着てはいけないということはありません。しかし、このときのコートの選び方も気をつける必要があります。冬場はコートを着る分には問題ありませんが、ビジネスマナーに準じて会場に入る際や焼香をする際は脱ぎましょう。また、コートに限らず手袋などの防寒具もそうですが、革や毛皮などの生き物の皮が素材となっているものについては殺生を意味しており、死を連想させてしまうため、別の素材のものを選びましょう。
引用: https://www.monoir.jp/contents/wp-content/uploads/2015/12/%E6%96%B0%E8%A6%8F%E7%94%BB%E5%83%8F_786.jpg
引用: http://rakiboro0428.com/wp-content/uploads/2015/06/paint-shoes-505682_1280.jpg
成人していたり社会人となっている場合は基本的にはスーツやフォーマルですが、子供はどうすればよいのかわからないという人も多いはずです。基本的に中学生や高校生など、制服がある場合は基本的に制服での参列ということになります。それ以外の小学生や幼稚園児などの場合は、子供向けのフォーラムウェアというものもあるので、そのようなものでよいでしょう。子供の場合は大人と比べてもきっちりとしたフォーマルウェアというものは少ないので、多少派手な柄が混ざってしまいますが、特に問題はありません。しかしなるべくは周りの人たちになじむように黒を基調としたものにすることがおすすめです。
引用: http://www.sougisya.co.jp/manner/images/post/img_01_001.jpg
引用: http://life-epilogue.jp/wp-content/uploads/2018/04/57366421fa.jpg
普段の仕事やプライベートなどで指輪やネックレスなどを身に着けているという人も多いはずですが、葬式のときははずしておきましょう。理由としては目立ってしまうためです。結婚指輪についてはいたし方ありませんが、それ以外の指輪やネックレスはもちろん、ネクタイピンも外しておきましょう。特にゴールドのアクセサリーを身に着けていると非常に目立ってしまいますので、外しておきましょう。バッグについては色は基本的に黒でよいですが、最近主流になりつつあるショルダータイプはあまりよろしくありません。やむをえない場合は肩にかけずに紐を結ぶなどの工夫をしましょう。
引用: https://www.arkbell-ceremony.com/sanretsu/02/img/accessories.gif
引用: http://img.nst21.com/gray/jyuz/jyuz110824-240-1.jpg
親しい友人や恩人の場合は通夜と葬式で終わりということが多いですが、家族ぐるみでの付き合いであった場合や身内の場合は、それだけでは終わりません。その後の四十九日法要や一周忌など、故人が亡くなられてからの期間に応じて法要というのが行われます。しかし、そのたびに必ず喪服を着用しなければいけないということはありません。一般的には四十九日法要などはまだも拭くでも問題ありませんが、一周忌などになるとさすがに喪服では失礼に当たります。期間が経つにつれて喪に服している状態を薄くしていくような服装が最も良いとされています。基本はスーツではありますが、黒でそろえるということはしなくても良いです。
引用: https://image.customlife-media.jp/201701/9695ded0-113b-412c-9ba8-f64c43922d51.jpg
引用: http://oiaukakdc.com/wp-content/uploads/2017/07/fff.jpg
ここ最近では通夜のみに参加するという人が増えてきております。仕事などの都合で葬儀に参加することが出来ないものの、それでも最後のお別れをしたいという人が通夜に参加するという人が多いです。先の通夜の際の服装についても書きましたが、急な場合は略装で濃い紺色などの派手ではない服装であれば問題ありません。しかし、最低限黒ネクタイに変えるということはしておきましょう。最近では100均やコンビニ、駅の売店などでも売られていることが多いため、通夜に行く前に購入しておくということも可能です。そして会場に着いたときは、派手なアクセサリー類などは外しておきましょう。
引用: https://cdn.e-sogi.com/magazine/wp-content/uploads/2016/05/65452_s_wi.jpg
引用: https://cdn.e-sogi.com/magazine/wp-content/uploads/2017/10/20171023.27.2.jpg

関連記事

いかがでしたか。葬式などの際の男性の服装はスーツでも問題ないということがわかったと思います。スーツといっても最近ではさまざまなデザインが出回っていますが、基本的には派手なデザインで無ければ問題ありません。特に通夜にのみ参加する場合は、普段着用しているスーツが派手なものでなければ、後は黒ネクタイをつけて余計なアクセサリー類を外すだけで十分です。最近では貸衣装として喪服をレンタルしているところもありますが、一番は突然のことに備えて普段から自分でそろえておくことがおすすめです。いざというときにあわてないためにも、今のうちから準備しておきましょう。
引用: https://kakitubata.com/img/iroha/fukusou.png
引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/image.syukatsu-net.jp/funeral/VRVGumLW85EmlrEchc0q.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://image.customlife-media.jp/201701/7e1b2215-c0ff-4080-9b8d-22ffc5425d31.jpg