Ms8npju2ce5ud9lphgxt

髪型・ヘアスタイル

CATEGORY | 髪型・ヘアスタイル

髪の毛がチリチリ・ギシギシ・ザラザラ?改善方法はこれだ!

2018.07.22

パーマやヘアカラーを何度もしていくうちに、髪の毛がチリチリになったりギシギシ、ザラザラしてしまうという人が多いです。しかし、ドライヤーのかけ方次第では改善することが出来ます。今回は髪の毛のチリチリの治し方を紹介していきます。

  1. なぜ髪の毛がチリチリになるのか
  2. ドライヤーで改善!髪の毛のチリチリ・ギシギシ・ザラザラの治し方:ヘアカラー
  3. ドライヤーで改善!髪の毛のチリチリ・ギシギシ・ザラザラの治し方:縮毛矯正の失敗
  4. ドライヤーで改善!髪の毛のチリチリ・ギシギシ・ザラザラの治し方:皮脂汚れ
  5. ドライヤーで改善!髪の毛のチリチリ・ギシギシ・ザラザラの治し方:年齢
  6. ドライヤーで改善!髪の毛のチリチリ・ギシギシ・ザラザラの治し方:遺伝
  7. ドライヤーで改善!髪の毛のチリチリ・ギシギシ・ザラザラの治し方:ドライヤーで改善
  8. ドライヤーで改善!髪の毛のチリチリ・ギシギシ・ザラザラの治し方:ヘアアイロンを使う
  9. ドライヤーで改善!髪の毛のチリチリ・ギシギシ・ザラザラの治し方:シャンプーを変える
  10. 髪の毛のチリチリは改善できる
ファッションに気を使う人の多くは、服のデザインにあわせて髪の色を変えたり、縮毛矯正やストレートパーマなどのパーマを当てるという人が多いです。しかし、美容室などで行っている場合は定期的に通うことになり、どうしても何度も施すことになります。そうしたことを積み重ねるうちに、気がついたら髪の毛がチリチリになったりギシギシ、ザラザラ担ってしまうという人が多いです。そのような症状の多くの原因はパーマやヘアカラーが主な原因ですが、夏などの暑いときは皮脂汚れが原因となったり、年齢とともにそのような症状になることもあります。また、そもそも親の遺伝が原因ということもあります。
引用: https://beauty-architect.com/lily/wp-content/uploads/2015/10/wpid-20151021043006.jpg
引用: https://curetelier.com/wp/wp-content/uploads/2017/06/S__8511507.jpg
大学生や若い人の多くは、高校時代まで出来なかったということで、この機会にイメージチェンジをしたいということで多くの人が髪の色を変えます。ほとんどの人は茶色に変えるという人が多いのですが、中には派手な髪型にあこがれていたり、髪の色にこだわっている人はブリーチを当てます。しかし、当然ながら染めてしばらく経つと色落ちしてしまい、その色を維持するにはまた染めなければいけません。そうしたことを積み重ねると髪がチリチリになってしまいます。特にブリーチの場合、一回かけるだけでも髪へのダメージが大きく、何度もかけるとチリチリなどの症状が悪化してしまいます。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20170413/09/tkonokinosita/60/41/j/o0400060013912757616.jpg?caw=800
引用: http://kamikiriya-taku.com/IMG_4258.jpg
縮毛矯正やヘアカラーはもちろんですが、それ以外にも車の洗車やリフォームなど、いろいろなことは自分で行うよりもプロに任せたほうが安心するという人が多いはずです。しかしプロであるとはいえ、結局は人間です。人間である以上プロでも失敗することはあります。当然ながら美容室のカリスマ理容師も例外ではありません。縮毛矯正というのは、時には失敗することがあります。万が一失敗した場合でも美容室で直してもらうということも出来ますが。その際の美容室でももし失敗してしまうと、さらに悪化するということもあります。万が一縮毛強制が失敗してしまったときは、思い切ってカットしてもらうということもひとつの解決策です。
引用: http://blog-imgs-63.fc2.com/c/l/i/clickhair/DSC0656411.jpg
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRe05pj3yaflhrQMFzR9lgAFPUCEScHH31sVW4SWdzBgsOnXfxb
夏はどうしても暑いので汗をかいてしまいますが、実は冬も皮脂汚れがひどいことはご存知でしょうか。皮脂汚れによる影響といえば、薄毛や臭いなどの男性ならではの悩みが有名ですが、実はそれだけではありません。皮脂汚れというのは頭皮の環境を悪化させる影響があるということもありますが、それにより髪の毛に栄養が行き届かなくなり、それにより髪がちりちりになってしまうということになってしまいます。皮脂汚れというのはザラザラということにはなりにくいものの、ちりちりになったり、ギトギトになってしまいます。また、くしやブラシを通す際に引っかかってしまい、結果的に抜け毛に繋がるということもあります。
引用: http://shamlabo.com/img/057.png
引用: https://i0.wp.com/the-k-lab.com/wp-content/uploads/2016/12/klb0000752-1.jpg?fit=580%2C387
人間というのはどうしても年をとってしまう生き物です。年齢とともに衰えていくものは色々あります。多くの人が真っ先に思い浮かべるものとして、体力や筋肉など、普段の生活で必ず使用するものがあり、女性にとっては肌などが上げられます。しかし多くの人は意外にも髪の毛を見落としているものです。実は髪の毛というのも年齢とともに髪の毛のダメージや頭皮環境というものは変わってきてしまいます。そのため、若い頃は特に髪色を変えたりパーマを当てていないという人でも、年齢とともに髪の毛がチリチリになったりギシギシ担ってしまうということがあります。こればかりはどうしても避けられません。
引用: http://bikami-megami.com/img/016_hair.jpg
引用: https://img.dmenumedia.jp/bibeaute/wp-content/uploads/2017/02/pixta_20601291_S-450x383.jpg
髪色を変えすぎたりパーマを当てすぎるなどの原因や、皮脂汚れなどの環境や年齢が原因の場合もありますが、そもそも遺伝の関係で元々このような髪型になってしまっているということもあります。例えば親戚や親が基本的に剛毛であったり軟毛であるなど、生まれつきの髪質が原因でそのようなことになっていることもあります。最近では髪質を改善するシャンプーなどがありますが、遺伝などの場合は多少改善できたとしても、根本的な解決にはなりにくいものです。しかしその分、そのチリチリさを生かした髪型に仕上げるということも可能となるため、場合によっては非常に有利になることがあります。
引用: http://kusegebu.up.seesaa.net/image/FD778064-FF00-4E83-9CEA-AAB1A8E7496E.jpg
引用: https://i1.wp.com/nachu-bi.com/wp-content/uploads/2016/01/hairnayami-woman1-600x400.jpg?resize=600%2C400
ここまでなぜ髪の毛がチリチリになったりギシギシ、ザラザラになってしまう原因について解説していきました。こうなってしまったら毛改善することは出来ないのかと諦めてしまう人も多いですが、実は改善する方法があるのです。最後に改善するための直し方をいくつか紹介していきます。ドライヤーというのは髪を乾かすためのものではありますが、使い方によっては髪へのダメージがひどくなるということがあります。しかしその原因として、髪に塚付け過ぎていることが原因です。また、濡れた髪のままドライヤーをかけてしまうとダメージの原因となります。まずはタオルでしっかりと水分を取り、そして仕上げとしてドライヤーを髪から20センチ話した状態でかけると、ダメージを与えることは無く、むしろドライヤーでチリチリなどの症状を改善することが出来ます。
引用: https://alan-pics.s3.amazonaws.com/uploads/article/thumbnail/17120/large_woman-586185_640.jpg
引用: http://nbaccc.com/wp-content/uploads/2016/05/20160522.jpg

関連記事

コテなどをはじめとするヘアアイロンというのは、女子のヘアアレンジにおいて必需品ともいえるアイテムですが、最近ではメンズのヘアアレンジにも使用するという人が多いです。そしてもしドライヤーが自宅にないという場合は、ドライヤーの変わりにヘアアイロンを使用するということも可能となっています。また、チリチリがかなりひどいという場合にも非常に有効です。ポイントとしては、ヘアアイロンのみで使用すると余計ダメージがひどくなるので、ダメージを防ぎつつ、縮毛矯正の効果をアップさせるヘアクリームをつけた状態で行うと、ストレートヘアーに近づくので、チリチリがひどいときや縮毛矯正が失敗したときにすると良いでしょう。
引用: https://i0.wp.com/kami-q.net/wp-content/uploads/2016/05/5338e9a87c6f93855f413dec7a233dc1_s.jpg?fit=427%2C640&resize=350%2C200
引用: https://www.atama-bijin.jp/hair_care/wp-content/uploads/2016/04/c58910116bc31cc2798a1eae88efe687.jpg
髪の毛のチリチリやギシギシ、ザラザラなどの症状を改善する方法で最も簡単なものとしてシャンプーを変えるということがあります。これは最も手っ取り早いです。最近では使用し続けることで髪質が改善され、ダメージも修復できるシャンプーがかなり増えてきています。また、シャンプー以外にもトリートメントやリンスにもダメージを修復する効果のあるものもあるため、シャンプーを変えるということをしなくても、トリートメントを取り入れるのみでも十分効果があります。いずれもすぐに改善されるものではなく、使用し続けることで効果を実感するものであるため、もしも気になっているという人は今日から対策しておくことをおすすめします。
引用: http://www.na-r.com/photo/image5.jpg
引用: http://t18stellamaris.com/wp-content/uploads/2015/11/ecd5d7756e91f6e75db0e8b458f4b9e5-300x300.jpg

関連記事

いかがでしたか。髪の毛のチリチリやギシギシ、ザラザラは改善できることがわかったと思います。確かに若い頃というのはいろいろなことに挑戦したくなるものです。そして少しでもおしゃれになりたいということでパーマや髪色を変えます。そうしたことを積み重ねるとどうしても髪へのダメージも積み重なってしまいます。だからこそ、普段から髪へのダメージを最小限に抑えるための対策をしておき、そしてダメージに備えておくことが最も重要です。皆さんも髪へのダメージの対策をしっかりとしつつ、思い切って髪色を変えたりパーマを当てるなど、ヘアアレンジを大いに楽しみましょう。
引用: http://up.gc-img.net/post_img/2017/02/hkwZr52uNGcah7m_UudXD_105.jpeg
引用: http://masumikusumoto.com/wp/wp-content/uploads/2017/08/E70407E8-5C57-4197-BF60-84BD845CB1F9-300x300.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://masaki-okajima.com/wp-content/uploads/2017/01/20170111021158.jpg