T3i8li8e3mgd70foio7m

ファッション

CATEGORY | ファッション

ブルゾンのメンズコーデ特集!おすすめの着こなしはパーカーと合わせる?

2018.07.22

ブルゾンのコーディネートはメンズを引き立てるおしゃれなものになっています。ブルゾンはコーディネートでどのように輝くのか、今回は色々なブルゾンの着こなしを紹介し、メンズのコーディネートの幅を広げるブルゾンの可能性について解説していきます。

  1. はじめに:ブルゾンのコーディネートはどのようにする?
  2. 【メンズのおすすめブルゾンコーディネート!春・夏におすすめの着こなしはパーカーと合わせる?ベージュカラーが○?】ブルゾンのインナー①Tシャツ
  3. 【メンズのおすすめブルゾンコーディネート!春・夏におすすめの着こなしはパーカーと合わせる?ベージュカラーが○?】ブルゾンのインナー②パーカー
  4. 【メンズのおすすめブルゾンコーディネート!春・夏におすすめの着こなしはパーカーと合わせる?ベージュカラーが○?】おすすめブルゾン①デニムジャケット
  5. 【メンズのおすすめブルゾンコーディネート!春・夏におすすめの着こなしはパーカーと合わせる?ベージュカラーが○?】おすすめブルゾン②MA-1
  6. 【メンズのおすすめブルゾンコーディネート!春・夏におすすめの着こなしはパーカーと合わせる?ベージュカラーが○?】おすすめブルゾン③ナイロンジャケット
  7. 【メンズのおすすめブルゾンコーディネート!春・夏におすすめの着こなしはパーカーと合わせる?ベージュカラーが○?】ブルゾンカラー①カーキ
  8. 【メンズのおすすめブルゾンコーディネート!春・夏におすすめの着こなしはパーカーと合わせる?ベージュカラーが○?】ブルゾンカラー②ベージュ
  9. 【メンズのおすすめブルゾンコーディネート!春・夏におすすめの着こなしはパーカーと合わせる?ベージュカラーが○?】ブルゾンカラー③ネイビー
  10. まとめ:ブルゾンコーデでメンズの高みを目指す!あなたらしさを演出して。
引用: https://clubd.co.jp/wp/wp-content/uploads/2017/10/j675_p560_t902_b429_a872_a109.jpg
引用: https://clubd.co.jp/wp/wp-content/uploads/2017/02/0112_30079-1.jpg
メンズのコーディネートの幅を大きく広げるアイテム、ブルゾン。最近はあまり聴かなくなったものですが、芸人の”ブルゾンちえみ”さんの人気によってその名前を知った方も多いでしょう。ブルゾンは【丈の短いアウター】のことを指しており、ブルゾン仕様になっているアウターで人気なのはデニムジャケット、MA-1などが挙げられますね。今回はそんなブルゾンの着こなしについて紹介していきますが、ブルゾンの下に合わせるインナーやその色、またパンツはどのようなものを合わせるのかについて徹底解説していきます。
引用: https://otokomaeken.com/wp-content/uploads/2016/09/e945e82d4ae11b9edebc5cf933e49ecf.jpg
引用: https://clubd.co.jp/wp/wp-content/uploads/2017/01/j301_t922_b602.jpg
まずはやっぱり王道のTシャツを合わせるコーディネートですね。ブルゾンは丈が短いので、Tシャツの方が丈が長くなることがあります。しかしそれはそれでブルゾンアウターのおしゃれ感が生きてくるので、そのまま生かしてしまいましょう。おすすめのTシャツはクルーネックです。VネックTシャツは勿論ものによっては合わせられるのですが、スッキリと着たいブルゾンが少しだらしない印象になってしまいます。それにアウターを着る時期的にも少し肌寒く感じますしね。できればシンプルにまとめたいので、無地のものを選ぶのも忘れずに。
引用: https://i2.wp.com/fululuri.net/wp-content/uploads/2015/02/613.jpg?resize=500%2C667
引用: https://i.pinimg.com/736x/14/69/c1/1469c13bffec8bfba095af8cc788fb42--osaka-lizards.jpg
ブルゾンアウターだからこそ生かすことのできるインナー、それがパーカーです。ここでのパーカーはジップが付いていないタイプを選択し、さらにパーカーの方が丈感が長いように調節しましょう。ブルゾンの基本コーディネートはインナーの方が丈感が長いようにするため、こうすることによってブルゾンの存在感、インナーの演出をより大きくします。フードは外に出し、少し首回りをもったりさせることによって少し幼さ、フレッシュさも演出。若々しさが映えるコーディネートになっています。
引用: http://00magazine.xyz/wp-content/uploads/2016/03/5-1.jpg
引用: https://fashion-basics.com/wp-content/uploads/2016/03/2016-03-2016-mens-jeans-jacket-dressing1.jpg
おすすめのブルゾンアウターとして外せないのはyはりデニムジャケットですね。デニムジャケットは元々ブルゾン仕様のものが多いですが、インナーの丈感を長くしてスッキリと見せます。デニムジャケットはダボついた漢字で着るよりも少しタイトに着ることが重要です。ジーパンのサイズ感が大きいとだらしないのと一緒で、デニムはスッキリと見せた方がカッコイイですよ。この時合わせるインナーはTシャツやパーカーですね。特にパーカーの合わせ技は王道とも呼ばれ、レディースにかなりウケるコーディネートと呼ばれています。
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/u39uyx/20140905212351711/20140905212351711_500.jpg
引用: https://fashion-basics.com/wp-content/uploads/2016/08/5a58758d65a5039f762552aac3b43ba0-1.jpg
次にこれも外せない、というのがMA-1ですね。MA-1も元々ブルゾン仕様のものが多いですが、これはシルエットが大きいのを中和するためのデザインですね。インナーの方を長く演出することによってメリハリがつき、大きすぎる印象を消していきます。中に合わせるインナーはTシャツやパーカーですが、おすすめは薄手のニットですね。ニットを合わせることによって、MA-1のワイルドな印象を柔らかくし、また防寒面においても完璧。色はMA-1とは真逆の色を合わせることによって、コントラストも生み出せるので、工夫が凝らせるブルゾンアウターですね。
引用: http://lymph-beautycare.com/wp-content/uploads/2016/02/25f7535686dcdd48ea5ac44aab6ef74c.png
引用: https://i7.wimg.jp/coordinate/kuc2rn/20160415152716551/20160415152716551_276.jpg
スポーティなデザインのナイロンジャケットにもブルゾン仕様のものが存在します。ナイロンジャケットは着ていても軽いですが、見た目もかなり軽装感が出るので、ブルゾン仕様のものはかなり映えてくれます。またカラーリングが豊富な点も魅力で、黒やカーキなどが一般的ですが、スポーティなデザインのものは少し明るめ、暖色系の色を使っていたり、寒色系にしても色合わせによってしっかり映える仕様にしていたり、街歩きに最適なデザインがたくさんあります。ナイロンジャケットは普段使いもOK、というところに気づいてしまうと、コーディネートの幅が爆発的に広がりますよ。
引用: https://vogueword.click/wp-content/uploads/2016/11/20161107115823616_500.jpg
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/cuxyzw/20150130085113211/20150130085113211_500.jpg
それではブルゾンの中でも特におすすめしたいカラーについて紹介していきましょう。まずカーキですね。今紹介した中だとMA-1やナイロンジャケットに多い色味で、メンズの潜在的名男らしさを引き立ててくれるカラーです。ポイントは大きくなりがちなシルエットをタイトに表現するように努めることです。これをするとスッキリとした印象が生まれ、ミリタリーのゴツイ漢字が払拭され、スッキリ見せてくれます。カーキというのは薄手のアウターでは結構敬遠されがちな色ですが、合わせ方次第では他のブルゾンでは絶対に敵わないような存在感が出ますよ。
引用: http://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/production.bsm/system/shop_items/pictures/296134/small.jpg?1482890201
引用: http://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/production.bsm/system/shop_items/pictures/270389/small.jpg?1482836505
多種多様なカラーが存在するブルゾンアウターですが、ベージュが意外にも人気を呼んでいます。ベージュはパンツでは合わせやすいものですが、アウターともなると少し合わせにくい印象が出ています。ましてカジュアルな傾向の強いブルゾンだと、少し敬遠されがち、と思いきや、合わせて見ると意外な姿がそこにはありました。ベージュ本来のエレガントさを保持しつつ、ブルゾン仕様でスッキリとまとめあげ、非常に落ち着いたスタイルにすることができます。いつもとは違うコーディネートが試せるかもしれないので、ベージュのブルゾンアウターは一見の価値アリですね。
引用: http://image.rakuten.co.jp/spu/cabinet/spu141411-2015/spu141411_sty_03-2.jpg
引用: https://fashion-basics.com/wp-content/uploads/2017/09/8-70.jpg
最後に紹介するのはネイビーですね。ネイビーカラーは非常に汎用性の高い色ということで知られていますが、ブルゾン仕様にしたときの映え方には凄まじいものがあります。とにかくクールな印象が出る、それでいてブルゾンのスッキリとした丈感が爽やかな印象も見せてくれます。さらにインナーには白色調のものを選ぶことによって、マリン使用の清涼感も出すことができます。これはメンズの誰もが似合ってしまう組み合わせなので、コーディネートに迷ったらとりあえずコレ、なんて考えでもOKかもしれません。
ブルゾンコーディネートについて紹介させていただきました。ブルゾンというのは万能なアウターなのですが、持ち主のセンスが問われる部分もあります。だからこそコーディネートを研究されている方がたくさんいるのですが、それだけ奥が深いアイテムということです。皆様もブルゾンコーディネートを研究して、あなたらしさを表現できるコーディネートを探してみてください。
引用: https://img1.kakaku.k-img.com/images/tasclapicv/450/000/000/1/1905/tasclapimage_1905_110_1.jpg?d=20171201124608
引用: https://otokomaeken.com/wp-content/uploads/2015/08/2311943f753568f7c2b9a96b347456d3-1.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://clubd.co.jp/wp/wp-content/uploads/2015/11/blouson_eye_2.jpg