Ng8euez2ulljkf0uhh4n

ファッション

CATEGORY | ファッション

デニムジャケットのインナーはどうする?メンズの丈はこれくらいで。

2018.07.22

メンズにもレディースにも大人気のデニムジャケット。そのインナーには結構迷うものですが、皆様はどうされていますか?今回はデニムジャケットに合わせるおすすめインナーの紹介ということで、色や丈感にも注意しつつコーディネートを紹介していきます。

  1. はじめに:デニムジャケットで日々のコーディネートに華を!
  2. 【メンズのデニムジャケットコーデ/インナーはどうする?半袖?その丈は?インナーの色は白?黒?色移り平気?】デニムジャケットのインナーの丈感はどのくらい?
  3. 【メンズのデニムジャケットコーデ/インナーはどうする?半袖?その丈は?インナーの色は白?黒?色移り平気?】インナーの色①白
  4. 【メンズのデニムジャケットコーデ/インナーはどうする?半袖?その丈は?インナーの色は白?黒?色移り平気?】インナーの色②黒
  5. 【メンズのデニムジャケットコーデ/インナーはどうする?半袖?その丈は?インナーの色は白?黒?色移り平気?】インナーの色③グレー
  6. 【メンズのデニムジャケットコーデ/インナーはどうする?半袖?その丈は?インナーの色は白?黒?色移り平気?】インナーの色④ストライプ
  7. 【メンズのデニムジャケットコーデ/インナーはどうする?半袖?その丈は?インナーの色は白?黒?色移り平気?】気になるのは”色移り”
  8. 【メンズのデニムジャケットコーデ/インナーはどうする?半袖?その丈は?インナーの色は白?黒?色移り平気?】色移りしてしまったら
  9. 【メンズのデニムジャケットコーデ/インナーはどうする?半袖?その丈は?インナーの色は白?黒?色移り平気?】ファストカラーデニムという存在も
  10. まとめ:デニムジャケットはインナーの丈感・色を考えて着よう!色移りにも気を付けて!
引用: https://clubd.co.jp/wp/wp-content/uploads/2017/01/j617_t922_b602.jpg
引用: https://clubd.co.jp/wp/wp-content/uploads/2017/02/j617_t547_b634_a872_a075.jpg
非常におしゃれな佇まいのアイテムとして知られているデニムジャケット。その人気は21世紀に入る前から始まっており、メンズ、レディース共に絶大な人気を誇っていることで有名です。何故こんなにも人気が高いのか、それは汎用性の高さです。まず合わせるインナーが非常に豊富なこと、そしてそれがに合ってしまうことですね。ジーパンが何にでも合うような汎用性をもっているのと同じように、デニムジャケットも同じような汎用性の高さをもっているのです。今回はそんなインナーの中でも、どんな丈感のものを選んだら良いのか、色はどうしたら良いのか、という点について解説していきます。
引用: https://clubd.co.jp/wp/wp-content/uploads/2018/02/denimjacket_shirtcode_j712t144b429.jpg
引用: https://vogueword.click/wp-content/uploads/2016/06/eaff8ac4a8b3f0885dc9ad425b337988.png
ではデニムジャケットのインナーの丈感はどのくらいにしたら良いのか、実際に見ていきましょう。まず上に参考になる画像を貼りましたので合わせてご覧ください。どのコーディネートも【インナーの丈はベルトに少しかかるくらい】になっていることが分かります。デニムジャケットのインナーはこれがベストの丈で、これより短くても長すぎても良くないかと思われます。よく思い切って非常に長い丈のインナーを合わせる方がいますが、それよりもこちらの方がスッキリまとまっていてスタイリッシュなので、こちらをおすすめしますよ。勿論インナーには幅広い選択が利くので色々と試してみましょう。
引用: https://shop.menz-style.com/printimage.php?id=cd20242_1
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/x4ku58/20170920164726335/20170920164726335_500.jpg
ではデニムジャケットに合わせるインナーの色を少し見ていきましょう。まずは白ですね。王道カラーの白、これはデニムジャケットとの相性が非常に良く、スッキリと爽やかな佇まいを演出させてくれます。元々青系の色に白というのは相性が良く、よく白×ネイビーが良いと言われますが、これもそのルーツから来ています。白と言いましたがそのインナーの種類に関しても前述したように幅が広いので、シャツ、Tシャツ、パーカー、薄手のニットなどを合わせることができます。
引用: http://kurumani.com/wp-content/uploads/2016/08/0121.jpg
引用: https://img1.kakaku.k-img.com/images/tasclapicv/450/000/000/0/891/tasclapimage_891_53_1.jpg?d=20170823143643
次に黒のインナーですね。デニムジャケットに黒のインナーを合わせると少しワイルドな印象になり、メンズらしさが引き立ちます。1枚目の画像のように白に近いデニムジャケットと合わせても良いですし、通常の青のデニムジャケットと合わせてもおしゃれです。黒のインナーを着る時はデニムジャケットは少しブルゾンなものを選択すると良いでしょう。ブルゾンとは丈の短い服のことで、ブルゾンのデニムジャケットはこれまた人気がありますが、黒色のインナーとかなり相性が良いです。
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/r9xgbp/20160104210422031/20160104210422031_500.jpg
引用: https://fashion-basics.com/wp-content/uploads/2017/04/4-7.jpg
最後に紹介するのはグレーですね。グレーのインナー、勿論Tシャツやニットなどでも良いのですが、やっぱりグレーを選ぶならパーカーです。グレーのパーカー×デニムジャケットの組み合わせはかなり人気が高く、また女子ウケの良いとされています。デニムジャケットからフードを出して首元に少しふんわりとした感じを演出し、また少し肌寒く感じる日は防寒にも一役買ってくれます。かなり汎用性が高い上に人気のコーディネート、且つ敷居の高いアイテムでもないので、明日から試すのも簡単ですよ。
引用: http://mensbrand.rash.jp/wp-content/uploads/2015/01/802f905e093af45b65f86cb4cb1758a7.jpg
引用: https://fashion-basics.com/wp-content/uploads/2017/04/mens-denim-jacket.jpg
色ではなく柄ですが、ストライプのTシャツを合わせるというコーディネートも人気です。ストライプTシャツはそれ単体で着ると少し身体の横幅が大きく見えてしまうことがあるうのですが、デニムジャケットを合わせることによってその効果を打ち消し、ワイルドなデニムジャケットからストライプ柄が見えるという少しギャップ効果のある組み合わせになります。柄物をあえて外に出さないクールな印象とも捉えられるので、この着こなしだけで色々なイメージが生まれる面白い組み合わせです。
引用: http://sixty8.ocnk.net/data/sixty8/image/20150228_4a1b5b.JPG
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61Oao5fo2lL._SY355_.jpg
デニムジャケットにおいてかなり気になってしまうのはやはり色移り。デニム地のものはどうしても仕方のないことなのですが、できれば防止したいところですよね。まず簡単な対策として【雨の日に着ないこと】。濡れることによっていろ移りが促進されてしまうので必ず雨の日にはデニムジャケットを着ないようにします。また【脇で抱えないこと】。脇はどうしても汗をかきやすい場所なので、デニムジャケットに水分を含ませるきっかけになってしまいます。簡単にできる防止策はこのくらいですが、さらに行っておきたいのはデニムジャケットに防水スプレーをかけるなんて裏技もできます。スプレーで万全、というわけではないですが、一種の防止策にはなりますよ。
引用: http://img-cdn.jg.jugem.jp/08a/2980886/20180218_2185572.jpg
引用: https://img1.kakaku.k-img.com/images/tasclapicv/300/000/000/2/2090/tasclapimage_2090.jpg?d=20160815111015
「あれ?色移りしてる」そう気づいた瞬間にはすぐにその衣類と離すようにしてください。離したらインナーには手洗いで色抜きを行います。おすすめは泡で出てくる汚れ落とし剤です。これは泡なので衣類を劣化させることなく色抜きを行うことができます。優しく叩くようにつけて落としていきましょう。しかしどうにも落ちない色移りはクリーニング業者の方にお願いしてみましょう。酷くなってしまったら市販のものでは手が付けられないので、専門の方にお願いするのが一番です。大抵の場合きれいに色抜きしてもらえますよ。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/161/8210161/8210161B_34_D_500.jpg
引用: https://byts-navi.com/wp-content/uploads/2018/02/16911335B_b_01_500.jpg
さて、色移りに関して少し触れましたが、皆様は【ファストカラーデニム】をご存知でしょうか。ファストカラーというのは【染色堅牢度】のことを表しており、最も高い等級のことを表しています。2番手にウォッシャブルカラー、3番手にコマーシャルカラーというのが存在しますが、このファストカラーを使ったデニムであれば、すべての項目において染色堅牢なので、全く色落ち、色移りの心配がありません。そのため、もしも色移りが心配、白のインナーを合わせることが多い、なんて方は少し高くてもファストカラーのデニムを選択すると良いでしょう。
デニムジャケットのインナーの丈感、インナーの色、そして色移りについて解説させていただきました。メンズの場合デニムジャケットを着る機会はかなり多いと思うので、インナーの丈感は適切なものを選びたいところ。ベストは【ベルトにかかるくらい】、せっかくおしゃれなアイテムなのですから、台無しにはしたくないですよね。ポイントを忘れずにコーディネートするようにしましょう。
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20140915%2F22%2F2646732%2F13%2F370x370x7ef2744ea926e0b80d54e1b0.jpg&twidth=1200&theight=1200&qlt=80&res_format=jpg&op=r
引用: http://beststyle.me/blog/wp-content/uploads/2015/03/af89d95924429ccd4e88bfffb0e48062.jpg