Rq8ukwjt1yhj9wx6mxzp

ファッション

CATEGORY | ファッション

白のTシャツのメンズコーデ特集!透ける時のインナーやブランド紹介!

2018.07.28

ワードローブの王道アイテム、白Tシャツ。インナーにもアウターにもできる利便性はあるもののどうしてもマンネリ感も出てしまう。そこで白Tシャツをおしゃれに着こなせるメンズコーデのポイントをご紹介。透けるときのインナーからおすすめブランドもあわせてご紹介します!

  1. メンズ【白Tシャツ】コーデはむずかしい?
  2. メンズ【白Tシャツ】コーデを着こなす!ポイント① 『サイズ感を考えよう』
  3. メンズ【白Tシャツ】コーデを着こなす!ポイント② 『生地の厚みを考えよう』
  4. メンズ【白Tシャツ】コーデを着こなす!ポイント③ 『ベージュのインナーで透け防止』
  5. メンズ【白Tシャツ】コーデを着こなす!ポイント④ 『Vネック?クルーネック?』
  6. メンズ【白Tシャツ】コーデを着こなす!おすすめブランド① 『HANES』
  7. メンズ【白Tシャツ】コーデを着こなす!おすすめブランド② 『BEAMS T』
  8. メンズ【白Tシャツ】コーデを着こなす!おすすめブランド③ 『Adam et Rope'』
  9. メンズ【白Tシャツ】コーデを着こなす!おすすめブランド④ 『Champion』
  10. メンズ【白Tシャツ】コーデを着こなす!おすすめブランド⑤ 『SUNSPEL』
  11. メンズ【白Tシャツ】コーデを着こなす!おすすめブランド⑥ 『Goodwear』
  12. メンズ【白Tシャツ】コーデで快適な夏を!
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/882/32921882/32921882_1_D_500.jpg
夏はさわやかに白Tで過ごしたい。でも、下着感がどうしても出てしまう……。そんな悩みを持つメンズも多いのではないでしょうか。そこで、さわやかな「白Tコーデ」が決まるポイントを押さえれば、おしゃれな着こなしを楽しめますよ。

関連記事

引用: https://d35omnrtvqomev.cloudfront.net/photo/article/article_part/image_path_1/168322/3808e923b54ce072d1df1cf792c0fb.jpg
インナーとして着るならともかく、単体で白Tシャツを着るなら、ジャストサイズで着るのがベター。ビッグシルエットやオーバーサイズが近年のトレンドですが、白Tシャツではだらしなく見えてしまうことも。フィットサイズでかっこよく見せたいですね。
引用: https://d35omnrtvqomev.cloudfront.net/photo/article/article_part/image_path_1/168068/50955141e95052bf01d8683dec1844.jpg
もしビッグシルエットで着るなら、生地にハリがあり、丈が長すぎないものを選べば、トレンドや旬をアピールできますよ。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRLHTp3G9VLkTPy9xpAnlJBtMsnHoPE-6XtA2dKWnTUzn-g5JF6aA
「白Tシャツは透けるから、インナーでしか着ない……」という方は、生地の厚みにもこだわってみては。厚みは、透ける・透けない問題だけでなく、周りへの印象も変えてしまう、実は重要なポイントなのです。
引用: https://wing-auctions.c.yimg.jp/sim?furl=auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/dr238/auc0304/users/9/2/5/0/onescrewbob-imgbatch_1493371835/450x600-2017042500058.jpg&dc=1&sr.fs=20000
厚みがあるヘビーウェイトの白Tシャツは、がっちりした印象を与えます。コットン生地が多く、透ける心配は少ないですが、ハードワーカーのような作業着感が出てしまわないように、注意したいですね。
引用: https://img.muji.net/img/item/4549738626046_1260.jpg
一方、ライトウェイトな白Tシャツは、身体のラインが出やすく、肌が透けることもあります。ぜひタンクトップなどインナーを着て透け感を防止したいですね。
引用: https://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/170947/sub/170947_sub4_popup.jpg
薄手の白Tを着るなら、考えておきたいのが「透けないインナー」。最近はメンズアイテムでもベージュカラーのインナーが増えてきました。たとえば「ユニクロ」の「エアリズムシームレスVネックT」。シームレスでアウターに響かないデザインなので、Tシャツのインナーにしても透ける心配がありません。速乾性もあるので、汗をかく夏場にも大活躍ですね。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/725/7299725/7299725B_1_D_500.jpg
サイズや厚みと並び、白Tシャツを着こなすポイントは「ネック」。首の開き具合の違いで、印象も変わって見えますよ。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/0m4wem/20180421165213017/20180421165213017_500.jpg
Vネックは、ドレッシーな印象を与えてくれるネックタイプ。シャープなラインで小顔効果もあり、大人っぽく魅せたいときにチョイスするといいですね。一方のクルーネックは、カジュアル感のある雰囲気になります。首が詰まり、華奢な体型をカバーできるメリットもありますよ。
引用: https://img.buzzfeed.com/buzzfeed-static/static/2017-06/27/21/asset/buzzfeed-prod-fastlane-01/sub-buzz-21785-1498612940-2.jpg?downsize=715:*&output-format=auto&output-quality=auto
これらを踏まえて、ここからは一枚でもおしゃれに着こなせる“白Tおすすめブランド”を紹介しましょう。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/930/14986930/14986930_1_D_500.jpg
パック入りTシャツのパイオニア的存在の「HANES(ヘインズ)」は、アメリカで生まれた王道ブランド。発売当時は画期的だった「パック入り」の誕生から70年経った今でも、ベーシックながらおしゃれ感のあるブランドとして、知られていますよね。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/930/14986930/14986930_B_04_500.jpg
そんなヘインズのおすすめは「ビーフィー」。ヘビーな厚手生地は、肌が透ける心配もなく、安心して着られます。首がちくちくしないタグレス仕様や、縫い目のない丸胴ボディなど、細かい配慮でストレスなく着られるのがうれしいですね。カジュアルに、普段使いに、オールマイティで着られるアイテムです。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/938/19772938/19772938_1_D_500.jpg
「BEAMS T(ビームス ティー)」は、ビームスのボーダーレスな感覚をTシャツで表現、発表するブランド。ジャストサイズも豊富ですが、トレンドに乗るならビッグシルエットで楽しむのもあり。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/h9kpg8/20170427130536135/20170427130536135_500.jpg
ボリュームたっぷりの白Tは、ハーフパンツと組み合わせて足元を軽くすると、軽快な印象に。キャップなどの小物も合わせるとカジュアル感もアップ。
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/0101marui/cabinet/to417/331/to417-33171-10b.jpg
世界の国々からの文化を絡めて、トレンドをほどよく取り入れた「Adam et Rope'(アダムエロペ)」。レディースはもとより、メンズアイテムもおしゃれ感のあるアイテムが揃っています。
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/0101marui/cabinet/to417/331/to417-33171-d09b.jpg
クリーンな印象の白Tには、品のあるチノパンを合わせて、カジュアルながらも清潔感あふれるコーデはいかがでしょうか。白Tシャツ1枚でサマになるフォルムも絶妙です。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/473/10450473/10450473B_20_D_500.jpg
大学や米軍でも採用される「Champion(チャンピオン)」のウェア。新しいものを追求する精神は、今も製品づくりに根付いています。そんなチャンピオンの「リバースウィーブ」Tシャツは、厚手の生地で透ける心配ゼロ。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/473/10450473/10450473B_b_06_500.jpg
生地を横向きにすることで、タテ方向への縮みが軽減されるから、だらしなくならずに着こなすことができます。日本人のシルエットにぴったりのデザインは、ジーンズにピッタリの一着です。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/106/30090106/30090106_1_D_500.jpg
「SUNSPEL(サンスペル)」はイギリス生まれの老舗ウェアブランド。モダンなデザインと着心地の良さを両立させる、英国の技が詰まっています。
引用: https://image.rakuten.co.jp/fermart/cabinet/mb2img8/mb2-sunsp30025-008_3.jpg
そんなオトナな1枚は、トレパンのようなカジュアルパンツと合わせても上品に着こなせます。ルーズな着こなしにもセレブ感が生まれますよ。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/601/32065601/32065601_1_D_500.jpg
マサチューセッツで誕生した「Goodwear(グッドウエア)」は、Tシャツをメインとしたアパレルブランド。肉厚のポケTに代表される、クラシックスタイルなデザインは、日本人にもフィットするおしゃれ感です。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/ua2kre/20180517023738506/20180517023738506_500.jpg
ワイドパンツと合わせて、ラクチンなスタイルもサマになりますね。ワンサイズ上のアイテムをチョイスして、トレンドのビッグシルエットにチャレンジするものアリですよ。

関連記事

引用: https://img.100life.jp/2016/07/160711FFFFFFT_003-700x464.jpg
おしゃれな白Tシャツを見ていたら、着たくなった方、多いのではないでしょうか。自分に合ったサイズやウェイトの白T、さっそく探してみましょう。
そんな白Tは、リアル店舗はもちろん、ネットショップでも豊富な品揃え。暑い夏は涼しいお部屋でくつろぎながら、スマホでポチポチお買い物も、熱中症対策のひとつですよ。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d35omnrtvqomev.cloudfront.net/photo/article/article_part/image_path_1/168322/3808e923b54ce072d1df1cf792c0fb.jpg